人気ブログランキング |

タグ:Ninja320 ( 4 ) タグの人気記事

 

Ninja320で木星土星M57を撮る

さて今日も休みだったのでNinja320の主鏡を組み直して、木星と土星を撮影した。
a0095470_01192977.jpg
光軸は木星の衛星で調整。割とちゃんと合わせた。でもシーイングはもうひとつで、ポンセットマウントのセッティングもいまいち。撮影結果もよくない。
a0095470_01195725.jpg
土星も写野からあっという間に逃げてしまい、この画像は170コマの短い動画から作った。その割には写りはいい。
a0095470_01203189.jpg
透明度は良かったので星雲はどうかとM57を撮ってみたが、風が強くてぶれてしまい、4秒露出で成功した2コマだけをコンポジット。光害地だが色が出ているのでよしとする。青すぎるけど。

M57も木星土星も眼視では昨日よりもよく見えていたが、この直後に大きな雨雲が来て撤収。自宅なのですぐに片づけられるのは楽だ。本当は空の暗い場所で撮影するつもりだったが、天気もいまいちだし腰も完全ではないので我慢した。

Ninja320は実にいい望遠鏡だと再認識した。性能は確かだし腰にやさしいし組み立て分解があっという間だ。Ninja400か500も製造中止前に買っておけばよかった。でもすぐに買える値段ではなかったし、10年前は腰も痛くなかったし。

by anettait | 2019-08-26 01:44 | Ninja320 | Comments(0)  

Ninja320を久しぶりに使ってみたら

せっかくの休みだが台風の影響で天気はいまいち。こんな時は機材で遊ぶのが一番。
というわけで、Ninja320を久しぶりに使ってみた。
a0095470_17311402.jpg
木星と土星を見てみたらシーイングは最悪。西側の木星はピント合わせにも苦労するほど。撮影は無理。
M57を見てみたが、なんだか暗い。
a0095470_17321500.jpg
もしかしてと思い主鏡をみてみたら、ひどい汚れが!
a0095470_17325821.jpg
このあと主鏡を洗ったらきれいになった。ブログによると前回洗ったのが2015年11月。
その後あまり使ってなかったし、ほこりがたまったのか・・・。
確か2001年頃に新品を購入したものだからロシア鏡だが、再メッキはまだ必要なさそう。

by anettait | 2019-08-25 17:40 | Ninja320 | Comments(0)  

11月10日夜のグスクロード公園

 すばるの会例会がグスクロード公園であったので、ちょっと顔を出すつもりで行った。出発する時は那覇はどん曇り。たぶん星は見えないだろうと思ったが、念のため軽量のNinja320と双眼鏡を車に載せておいた。

 着く頃にはすっかり夜になっていて、雲の間からは星が見える。雲はどんどんなくなっていき、そのうちにすっかり晴れてしまった。

 ホームズ彗星は双眼鏡ではよくわかり、肉眼でもどうにか見えた。まわりの電照栽培のおかげて空はいつになく明るく、透明度も悪かったので、彗星の見え方は悪かったはずだが双眼鏡ではよく見えた。

 そうなると双眼鏡だけでは我慢できずにNinja320を出して、彗星だけでなく天王星、海王星を探す。ホームズ彗星はNinjaよりも双眼鏡の方が面白かった。天王星は簡単に探せたけど、やぎ座が西に傾いていて、光害や透明度の悪さもあって、海王星は探せなかった。

 火星が出てきたので見てみると、びっくりするほどのシーイングの悪さ。かなり早い気流があるようで、火星が落ち着かない。肌寒いことよりも、シーイングで冬が近づいているのを実感した。

 赤道儀も望遠レンズも持ってなかったので、ホームズ彗星の写真は撮れなかった、というより撮る気力がなかった。すばるの会のメンバーと話をしながら、秋冬の有名どころをざっと見た。

 予定よりかなり遅く帰る。Ninja320とちょっと大きめの双眼鏡という組み合わせは、出し入れ簡単で観望には最適の組み合わせだと実感した。

by anettait | 2007-11-11 22:42 | 観望会 | Comments(0)  

ライトダウン星空観望会

 「夏至、冬至の夜は灯りを消してろうそくの灯ですごそう」という「キャンドルナイト」(だったかな)という運動が数年前からおこなわれているらしい。それに合わせて「ライトダウンして星空を楽しもう」というイベントも行われているようだ(県外の話)。

 沖縄でもやってみようかということで、すばるの会と大型スーパーでおこなう予定だったが、スーパーの都合か何かで中止になった。私は合流するか、独自でやるか迷っていたが、結果的に独自でやることになった。

 今回のキャンドルナイトは夏至の22日から24日までの3日間という期間だ。22日は南部の施設で観望会、23日は慰霊の日で忙しく、やはり24日になった。

 場所は沖縄県庁前の県民広場。この場所は(数名の小規模な観望会なら)許可がいらないということを去年そこの管理部門に確認済みだったからそこに決めた。やるのを決めたのは22日夜だったし。
a0095470_23305981.jpg

 メンバーはすばるの会のK氏とふたりで、夜7時半から9時頃までおこなった。ひとりではなく、ふたりということがけっこう重要だ。

 実は去年の七夕の日、同じ場所で望遠鏡を出して月を見せようとしたが、おじさんがひとりで望遠鏡のそばに立っているのはあやしすぎるのか、通行人は遠巻きに見るだけで、望遠鏡で月を見ていったのは数名だけだった。天気もかなり悪かったけど。

 今年おじさんだがふたりなので、しかも看板(ダンボールだけど)も作ったのでそれなりに格好がついたようだった。
a0095470_23315351.jpg

 親子、観光客を中心に20名以上の人が望遠鏡で月、金星、土星を見ていった。怪しいものを見るような感じの人は去年に比べて少なかった。

 望遠鏡を覗いた人はほとんどが驚きの声を上げ、50代の女性は「小学校5年生の時以来だ。」と言い、外国人の4人グループ(台湾か韓国?東洋系)はよくわからない感嘆の声を上げ、白人男性はデジカメで土星と月を撮影していった。小学生と保育園児の3人兄弟は争って覗こうとするので望遠鏡があっちこっち向いて大変だった。
a0095470_23322621.jpg

 ところで今回気がついたのは、日曜の夜ということもあるが、県民広場は人通りが少ないということだった。街灯はあるがそれほど明るくなく、夕方の西空もどうにか見えるので(西の低空は無理)観望会にはどうにか使える。しかし通行人のほとんどは国際通りから向かい側のパレット久茂地に行ってしまう。

 パレット久茂地前の広場は人通りがとても多いが明るく、しかも天頂から西は見えない。東、南、北も高いビルのため視界は悪い。人を集めるには好都合だが、星はとても見づらい。

 しかも観望会を行うためには2箇所の許可が必要で、それには時間もかかるしめんどうだ。数年前に火星観望会をした時には、警備の人が許可を取ってあるかを確認しに来た。勝手に観望会というわけにはいかないようだ。

 次はもっと多くの人に星を見せたいので、もう少し工夫して人を集められるようにしたい。規模が大きくなれば許可が必要だろうが、それはきちんとおこなうとして。

 ところで今回すばるの会のK氏にはとてもお世話になった。やはり一人よりは二人の方が心強いし、ひとりでやるよりも集客力がある。望遠鏡も2台になるのでお客さんに違うものを見せられる。今回は金星、土星、月と見せたいものが三つあったので、1台では無理だったろう。

 今回の望遠鏡は画像にもあるようにNinja320とK氏のペンタックスの屈折赤道儀。Ninja320は準備片付けが簡単でとてもよく見えるのでいいのだが、観望会ではやはり赤道儀が必要だなと今日は感じた。人数が少なかったからどうにかできたけど。

by anettait | 2007-06-24 23:47 | 観望会 | Comments(0)