人気ブログランキング |

タグ:超大口径ドブソニアン ( 213 ) タグの人気記事

 

60cmドブソニアン自作記(195) 台車を修理する

背中の痛みも引いたので、年末に壊れた60cmドブの台車を直すことにした。
a0095470_21123125.jpg
ドブをどうにか屋上に出して、状態を確認。バラバラになる寸前だ。
a0095470_21115113.jpg
年末はこれを持ち上げようとして背中を痛めたので、今回は助手1号に手伝ってもらい、台車からドブをおろす。
a0095470_21115627.jpg
台車がコの字型をしているのも壊れた原因だな。いい加減に作るからこうなる。まあこれでも数年使えたのだから十分か。
a0095470_21120441.jpg
で、今回はアルミ板を追加して、壊れにくいロの字型にした。
アルミにしたのは、他に適当な材料がなかったからだ。
アルミ材はドブの度重なる作り直しの結果、豊富に持っている。
a0095470_21122465.jpg
作業は全部で1時間ほど。また助手1号と一緒にドブを台車に載せて終了。

夕方は雲が少なくなり月も一瞬見えたので、期待して光軸修正をして待っていた。ところが結局曇りで星は見えなかった。
まあ台車は直ったので、そうあせることはない。晴れればいつでも60cmドブを使えるのだから。


by anettait | 2018-01-21 22:13 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(194) 2017年の星見納めをする

年末休みに晴れたので、久しぶりに60cmドブを出してみた。ブログの記録によれば、前回は旧暦七夕!
いやいや、その後も何回か出しているだろうと思ったが記録も記憶もない。
私の記憶はまったくあてにならないが、今年の夏以降は体調がとても悪かったので、こんなものかもしれない。
a0095470_17084135.jpg
上の画像に写っている望遠鏡の口径は合計で105cmだ。特に意味はないけど。旅ドブもただ出しただけで使わなかったし。

で、60cmドブでシリウスを見たら、まぶしすぎて伴星どころではない。仕方がないのでリゲルの伴星を見た後、月を撮影した。この時点までは快晴。あまり寒くないので17,8度はあったはず。
a0095470_17083546.jpg
シリウスを見た限りではシーイングが悪いような気はしなかったが、月を見たら主鏡から出る熱のせいか、かなりゆらゆらして見えた。片ボケ気味だし元画像が良くない。いろいろいじっても良くならない。

その後シリウスの伴星を見ようとSE250NCRを出したが、なんと斜鏡が回っていて光軸が合わない。ジャンクなので購入時から斜鏡は動いていた。そこがジャンクなのか?
で、光軸を合わせるのに手間取って、やっと合ったと思ったら全天曇ってしまった。そういえば天気予報どおりだ。まあ仕方がない。

その後60cmドブを片づけようとしたら台車が分解しかかっているのに気がついたが、そのまま片づけていたら分解してしまった。で、無理に部屋に入れようとがんばったら背中を痛めてしまった。その時は気づかなかったが朝起きたら五十肩状態に。

ということで、年が明けたら台車の修理からやらないといけなくなった。
さて台車を使わずにどうやって60cmドブを部屋から出そうか。とりあえず分解するか。
でもこの背中の状態では主鏡は持てない。治るまで待つか。実に今年らしい星見納めになってしまった。


by anettait | 2017-12-31 17:27 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(193) 旧暦七夕にてんびん座γの星食を見る

旧暦七夕(伝統的七夕ともいう)なので、月でも見ようかと60cmドブソニアンを出した。
で、月を見ていたら、すぐ近くに明るい黄色の恒星があるのに気がついた。
1等星の星食はないはずと思いアストロアーツのHPを見たら、てんびん座γ(ガンマ)の星食とある。3.9等星らしいが、60cmだと1等星くらいに見えた。
下の画像の、月の暗い側にある星がてんびん座ガンマだ。
a0095470_23201541.jpg
隠れるまでまだ時間がありそうなので、カメラを出して接近の様子を撮影した。
そして隠れる瞬間を見ようと、ずっと眼視で追いかけたが、風が強くてけっこう大変だった。
60cmドブは遮光布が付いているので、まるでヨット状態。気を抜くと風でぐるんと回る。

恒星が隠れる瞬間は一瞬だと天文の本にあるが、まったくそのとおり。まばたきした瞬間に消えた。
いやまばたきした後に消えたかもしれないが、とにかく一瞬で消えた。

それからしばらく月を見て望遠鏡をいじっていたら、いつの間にか出現していた。
a0095470_23204411.jpg

月の明るい側からの出現を見るのは、大口径だと月がまぶしくて難しい。今回は恒星がそれほど明るくないので、さらに厳しい。
a0095470_23204960.jpg
旧暦七夕なので織姫彦星と一緒にドブソニアンの記念撮影をしたが、夏の大三角が天頂に来るこの時期は星とドブとを一緒には撮影しにくい。そういう点では新暦七夕の方が望遠鏡のポーズが決めやすくて、撮りやすい。

まあ無理にドブと夏の大三角を重ねなくてもいいんだけど、七夕なので。


by anettait | 2017-08-28 23:28 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(192) M22を撮影した

やっと休みになったので、60cmドブソニアンを出して遊んでみた。
土星を見てみると光軸はまあまあで、土星もそこそこ見えた。
a0095470_15531066.jpg
惑星の撮影は無理なので、いて座のM22球状星団を撮影してみた。
光害地なので眼視ではしょぼい見え方だが、撮影するとそれなりに写る。画像処理すごい。ISO4万、シャッタースピード4分の1秒で極力ブレを避け、8コマコンポジットでコントラストをいじったら下の画像になる。
a0095470_15532109.jpg
このときすでに月が出てきたので、星雲星団撮影はやめて月の撮影に切り替えた。


by anettait | 2017-07-16 15:57 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(191) 七夕にドブソニアンで遊ぶ

七夕なので、久しぶりに60cmドブソニアンを出して遊んだ。
久しぶりだと思ったが、記録によると約3ヶ月ぶり。心配するほど久しぶりではない。
(ドブで遊ぶのは)1年に1度だけ、とならないよう、もっと使わねば。

天気は非常に良く、雲はあるが雲の流れが速いので、遊ぶ妨げにはならない。
むしろもっと風が吹いてほしい。とにかく暑い。夜だというのに。
a0095470_00223686.jpg
今日の最高気温は那覇でも32度を越えたみたいだ。昼間の日差しは殺人的と言っていいほどで、おかげで夜になってもコンクリートが冷えないので困る。
a0095470_00224132.jpg
ところでドブソニアンだが、光軸を少しいじったら、そこそこ合った。300倍で土星が土星とわかるレベルだが、以前よりはいい気がする。同じ300倍でアンタレスの伴星も分離した。60cmだから当たり前か、と思ったらその時は45cmに絞ってあった。
月はまぶしくて見てられない。とりあえず撮影だけしておいた。


by anettait | 2017-07-08 00:27 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(190) C-14と月面対決

天気がいいのに寒い。とても4月とは思えない寒さが続くが、久しぶりに60cmドブソニアンを出して、月を撮影した。
a0095470_22455836.jpg
わりと全面にピントが合ってきて、いい感じだ。像が甘いのは光軸の追い込みがまだまだなのと、シーイングがとても悪いせいだ。
a0095470_22454545.jpg
ついでにドームのシュミカセで木星を撮影する前に月を撮影して、60cmドブと比べてみた。
a0095470_22462841.jpg
35cmシュミカセの焦点距離は3900mmもあって、60cmドブは2400mmだから1.5倍以上ある。フルサイズデジカメでも月の全体像が収まらないが、大迫力なのでこれはこれでいい。

シーイングの悪さにもかかわらずシュミカセはそこそこ写る。風が強くて気温が低く悪シーイングは口径が大きいほど影響が強いので、今回の勝負は60cmドブがかなり不利だが、それにしてもまだまだだな。

今回の画像はリサイズのみで、像を比較するためにシャープなどの画像処理はしていない。C-14の方は少しだけ明るくした。画像をクリックすると拡大表示のページに飛ぶ。




by anettait | 2017-04-03 22:55 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(189)出たばかりの月を撮る

このところ天気が悪かった。だから平日だったが、晴れたので月を撮ってみた。

日々の修行のおかげで、60cmドブソニアンは10分でセッティングできるようになった。光軸確認、撮影までさらに10分。まあ、ドブソニアンは組み立てて台車に載せて屋上の部屋に置いてあるのだが。

撮影時の高度は約15度。眼視ではシーイングの悪さが目立ち、倍率を上げるとピントが合わない。大気のプリズム効果による色ズレもひどい。
a0095470_21052992.jpg
デジカメのモニターでも像がシーイングでちらついているのがよくわかるが、今回は屋上の壁が主鏡にかかっていて、主鏡が半分隠れた状態での撮影だ。しかも望遠鏡を出したばかりで鏡が気温になじんでいない。
その状態にしては、撮影画像はアンシャープマスクをかけたら意外に良くなった。
a0095470_21055458.jpg
もっと撮影しようと思ったが、この後急に曇った。前線が近づいているようで、天気はこの後どんどん悪くなって雨になった。

良く見たら画像の日付が間違っている。撮影は1月18日0時だ。



by anettait | 2017-01-18 21:11 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(188) 半月を撮影したら片ボケ

屋上から月が撮影できる位置まで来たので、60cmドブソニアンで撮影してみたら、片ボケしている。片ボケというのは、画面の右と左でピントがずれていて、片方がボケた状態のこと。
いや以前からそうなのだが、最近は調整もそこそこ出来ている気になっていたんだ。
a0095470_00561226.jpg
全体の画像は縮小していることもあり、わかりにくい。しかし左右を切り出して比較するとよくわかる。下の画像では、右側がボケている。
a0095470_00564061.jpg
接眼部の取り付けが悪いんじゃないかと考えていて、以前からいろいろやっているんだが、いい結果が出ない。良くなってきて、もう一息追い込もうとすると、そこでまた悪くなるの繰り返し。
a0095470_00572341.jpg
今回もいろいろ対策を考えているので、ちょっとやってみるか。


by anettait | 2017-01-09 01:03 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(187)2016年最後の木星を見る

大晦日なんだが早起きして、木星を見てみた。
そろそろ木星も撮りごろなんだが、60cmドブの状態を確認するため、撮影をあきらめて眼視。
a0095470_12325804.jpg
ドブのすぐ上に写っている星のうち明るいのが木星、その下はスピカ。画面左上の明るい星はアークトゥルス。

LVW13mmを使って184倍では、光軸は完全に合っていないものの、けっこう良く見えている気がしたのだが。

7mmではまったくだめ。まあ340倍だしな。ということで13mmプラス1.5倍バーロー(275倍)で見たが、やっぱりだめ。

光軸をいじってみたがうまくいかない。そのうち夜明けで時間切れ。
ただ、いい状態に近づいている気はする。
年明けの休みにもう少し何とかしたい。

by anettait | 2016-12-31 12:36 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(186)光害カットフィルターでオリオン大星雲を撮る

光害カットフィルターが手元にあったので、光害地の自宅でオリオン大星雲を撮影してみた。
前回の撮影と一緒に撮ったので、撮影条件はほぼ同じだが、感度はわからなくなっている。
a0095470_21441988.jpg
眼視だとノーフィルターより明らかに星雲がよく見えるのだが、上の画像と同じで全体に緑色になってしまう。ノーフィルターでは星雲の中心部が青っぽく見えるのだが、フィルターを使うとそこも緑色。星も緑色。

どちらを取るか迷うところだが、フィルタースライダーを付ければ簡単にフィルターのオンオフができる。これはドブソニアンに実装するしかないな。

ところでこのフィルターは中古で入手した刻印なしのものなので、どの種類になるのかはわからない。緑色だからOⅢか?いや見た目(フィルター面の反射の色)ではIDASの撮影用に似ている。
しかしこの色では撮影用とも思えないし。

OⅢと比較しようと思ったのだが見当たらない。見つかった時にまた。

by anettait | 2016-12-29 21:49 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)