人気ブログランキング |

タグ:観望会 ( 133 ) タグの人気記事

 

満月の夜に近所の学校夏祭りで土星を見せた話

近所の学校で夏祭りがあったので、ひとりで20cmドブソニアンを持って飛び入り参加した。PTA関係の知り合いがいろいろいて、参加させてもらった。もちろん駐車場は用意されてなく、望遠鏡は近くの駐車場から台車に乗せて運んだ。
ところが車で2,3分の距離だが台車で15分以上かかって、これが意外に大変だった。

舞台全開のお祭りなので大音量で音楽が流れる中、看板を鏡筒に張り付けて運動場の片隅で地味におこなった。
星が見え出す午後7時から祭り終了の午後8時までの1時間で、30~40人くらいが土星を見てくれた。20cm300倍で見る土星はそこそこ大きいので、「お、すごい!」と言ってくれる人が多くて良かった。
a0095470_12504508.jpg
小さくてアイピースをうまくのぞけない子には、コンデジをデジアイピース代わりにして見てもらった。下の画像はそのついでに撮影したもの。
a0095470_12520155.jpg
雲がけっこう多かったが、祭りが終わる頃満月が出て、快晴になった。満月だから快晴か、祭り終了だから快晴なのかはわからないが、観望会あるあるだな。
a0095470_12512338.jpg
帰りはゆるい登り坂があって、けっこうきつかった。台車のタイヤが小さいせいで、最近よくある歩道のでこぼこ舗装に引っ掛かり、とてもつらい。タイヤの大きい台車を買おうと決心した。

また、タイヤが小さいと路面のでこぼこによる振動が激しく、学校に到着した時点で接眼部のねじ1本が脱落(紛失)、光軸も狂っていた。また、小さい子用の踏み台も車に忘れてしまっていたのを途中で思い出したが、この台車で引き返す気にはならずあきらめた。やはり大きい台車を買おう。

帰ってから満月の撮影をするつもりだったが、クタクタでやめた。そういえば月見用の小さい屈折も持って行くつもりだったが、台車に乗せられないのでやめたんだった。大きい台車が必要だな。

by anettait | 2019-09-15 13:35 | 観望会 | Comments(0)  

中秋の名月に小学校で観望会+今年のふちゃぎ

昨日もよく晴れたが、今日も朝からよく晴れて、きれいな月が期待できた。
a0095470_00014221.jpg
で、小学校で観望会があったので自動導入ドブを3台、パズルのように車(ゴルフ6)に詰め込んで出かけた。

3クラス約100名のほとんどが参加したとのことで、大盛況だった。木星、土星、月がとてもよく見えた。
透明度もよかったので1等星は良く見えた。夏の大三角とか。
a0095470_23555571.jpg
観望会終了後、望遠鏡の写真を格安スマホで撮影したらひどい画像に。

同じスマホで月をコリメート撮影したら、これまたひどい画像に。
a0095470_23561943.jpg
コリメート撮影に使った望遠鏡は下のやつ。架台はスカイウォッチャーで鏡筒はケンコー。
a0095470_23564207.jpg
とにかく土星と木星がよく見えた。大赤斑も。撮影したかったが仕方がない。
a0095470_00011983.jpg
で、今年のふちゃぎはこれだ。ふちゃぎというのは沖縄の月見団子みたいなやつ。でも今回のはコレジャナイ感満載。なぜこうなった。かなり甘かった。伝統的なふちゃぎはあずきは薄い塩味、もちは白く味はない。


by anettait | 2019-09-14 00:09 | 観望会 | Comments(0)  

一般の人でも25cmで大赤斑が見えた話

先週予定していた観望会が台風のため延期になり、今日はそのリベンジだった。
午前中は雨だったが午後遅くから天気は持ち直し、どうにか星を見せられた。

今回は腰痛もあって25㎝GOTODOBと20㎝GOTODOBの2台体制。それぞれ木星と土星に向けた。月の出が遅かったのと東側が曇っていたので残念ながら月は見えず。
a0095470_23582883.jpg
今回驚いたのが、初めて望遠鏡を覗く参加者が多いのに、子供も含めて半分近くの人が木星の大赤斑を認識したようだったこと。望遠鏡は口径25㎝F5のニュートン反射に5㎜アイピースなので倍率は250倍。シーイングは並、透明度は良かった。

大赤斑の位置がほぼ中央だったのでわかりやすかったのと、私が望遠鏡のそばで大赤斑の位置を教えたので探せた人が多かったとは思う。それに今年は大赤斑の色が濃いので、それも大きいんじゃないだろうか。

今回の結果から、今年の大赤斑を一般の人に見てもらうには口径30㎝あれば十分な気がする。前回の口径40㎝は気合を入れすぎだな。25㎝よりよく見えるのは確かだが。

今日は観望会前から雲が多く、土星はずっと雲の中で、はっきり見えたのは途中までだった。終了直前には木星も雲の中へ。でもどうにか木星を全員に見せられて良かった。

観望会だったので今回は木星の画像はなし。撮影する準備もしてなかったが、大赤斑がよく見えていただけにちょっと残念。



by anettait | 2019-08-18 00:07 | 観望会 | Comments(0)  

観望会で忙しくて惑星が撮れない

2度目の梅雨が明けて台風も去ったが、晴れたり曇ったりで不安定な天気。
a0095470_00354194.jpg
今年も観望会が多く、けっこう忙しい。天気が悪くてあまり星が見えないことも時々あるものの、昨日、今日ともとりあえず木星と土星は見せられた。
a0095470_00354653.jpg
家に着く頃には木星の南中時刻を過ぎている。去年のような何かの大接近もないので、観望会の後に惑星を撮影しようという気力は出ない。無理はしないことにしているので、こういう場合は撮影しない。明日の夜は何もないので撮影できるかも。

上の画像の望遠鏡はAZ-GTiにビクセンのシャトルスコープ100を載せたもの。ちょうどいい感じで、木星と土星がまあまあ見えた。望遠鏡が軽いので、この組み合わせなら観望会でも大丈夫そうだ。ただし標準では接眼部は24.5mmなので、アメリカンサイズを使うにはアイピース取付部を自分で交換する必要がある。

by anettait | 2019-07-27 00:42 | 観望会 | Comments(0)  

スマホと望遠鏡でリゲル(二重星)を撮ってみた

昨日は小規模な観望会があって、スカイウォッチャーのDOBGOTO10(25cm反射)を出して月を見てもらった。

月を見たらほとんどの人が帰ったので、望遠鏡のテストでシリウスを見たが200倍では伴星は見えず。でもリゲルの伴星はちゃんと見えたので私の低価格スマホで撮影してみたらちゃんと写った。
a0095470_14322432.jpg
こういう場合はスマホのカメラ性能よりも望遠鏡の性能が大きくものをいう。あと撮影技術。今回の画像はリゲルが画面の端に行ってしまったのを撮影したので、かなりひどい像になっている。カメラの性能も低いので、拡大してみたらひどい像。
a0095470_14321481.jpg
ついでに月の画像も。アイピースは低倍率用の25mmなので眼視では50倍。
a0095470_14321797.jpg
低価格スマホなのでマニュアル露出が難しく、オートで撮っているので白トビがあるが仕方がない。画像処理でちょっとコントラストを落とした。雲が通過中なので像にむらがある。

今ではだれもがスマホを持っているので、観望会の状況が許せば(つまり客が少なくて撮影できる余裕があれば)この程度の画像は誰でも撮れる。いい時代になったものだ。

ただし参加者の多い観望会で撮影を始められたら時間がかかって他の参加者の迷惑になるので、そこは気をつけないといけない。
参加者の多い場合には、私は撮影を断ることがよくある。まず参加者全員に見てもらいたいから。
仮に撮影にひとり1分かかるとしたら(初心者は実際にそのくらいかかる)、20人並んでいたら最後尾は20分よけいに待つことになるわけだ。
つまり撮影なしなら15分で済むところを35分待たされたら、けっこう大変だ。

観望会で撮影専用の望遠鏡とスタッフを準備する余裕があればいいのだが、現状ではなかなか難しい。人の集まらない寒い時期の集客方法としては有効かもなどと考えたりもするが。



by anettait | 2019-04-13 15:05 | 二重星 | Comments(0)  

久しぶりに二夜連続観望会

夏場は二夜連続して観望会は時々あるが、この時期は珍しい。冬は天気が悪いので観望会はあまりお勧めしてないのだが、今回は手伝いで参加なので気楽だ。

今回は前日の曇りとはちがい、最初から最後まで快晴。月が大きいので見せられるものはあまりなく、月とシリウス、しょぼいオリオン大星雲などを見てもらった。

寒さもやや緩み、わりと快適だった。途中で写真が撮れなかったので、終了後、片付けの時の望遠鏡を撮影。
a0095470_23300039.jpg
15㎝F5屈折だ。今回はこれを手動のGP赤道儀に載せて使った。接眼部が低くなるので、ニュートン反射より観望会向き。ただし対物レンズ側が重すぎて何となくバランスが悪い。色収差も多いし。

ところで夕方観望会の準備をしている時、頭の上に蚊柱ができていた。場所は田舎ではなく街中だ。蚊は5,6匹だが、まだ1月半ばだ。ということは、やっぱり蚊は1年中いるみたいだ。長袖だったので刺されなかったのは良かった。



by anettait | 2019-01-19 23:37 | 観望会 | Comments(0)  

2年ぶりの小学校観望会

久しぶりに小学校で観望会があった。小学校での観望会は時々あって前回は11月だったが、この小学校で開催するのは2年ぶり。

沖縄にしては最近とても寒く、インフルエンザ警報も出ているので、今回は短時間で観望を終わらせようと考えた。
月が大きいし惑星も小さい火星だけなので、観望対象は月に絞る。3クラス親子で総勢150名くらいなので、9㎝から6㎝の小口径屈折をクラスあたり4台準備した。
a0095470_14084467.jpg
ラプトル6台(6㎝)、ポルタ3台(7㎝)、GP2台(8㎝と9㎝)、NEXSTAR1台(9㎝)で12台。スタッフは私を入れて7名。1台当たり12.5名並ぶ計算になる。ひとり1分なら15分くらいあれば観望終了だ。
a0095470_14084721.jpg
実際には雲が多く、雲の切れ間から月を見る感じになった。だから観望には40分くらいかかったが、後半は何度も望遠鏡をのぞきに来る子供たちが多く、喜んでもらえたと思う。

この日も昼間は非常にいい天気だったのだが、最近よくあることで夜はやっぱり曇った。でも月が大きく高度が高かったのに助けられて、何とか月の観望ができた。

今回子供たちに評判が良かったのがズームアイピース。NEXSTAR90といつもセットで使っていて、今回もたまたま装着していたんだが、手軽に倍率が変更できて好評だった。観望会用に安いのを何個か揃えてみようかな。


by anettait | 2019-01-19 14:13 | 観望会 | Comments(0)  

旧暦七夕観望会、終了

一日遅れの旧暦七夕観望会は、そこそこ地味だった。まあ突然開催を決めたから。
でもじっくり火星と土星と木星と月を見ることが出来た。
a0095470_10513841.jpg
望遠鏡は手前のが30cm自動導入ドブ(この夏3回目の出動)、そのうしろが25cmシュミカセ+EM100赤道儀(この夏2回目)、そのうしろにビクセン8cmF7屈折(たびたび出動)がある。
a0095470_10514333.jpg
30cmドブの接眼レンズ(LV5mm)にコンパクトカメラのpowershotS120を押し当てて土星を撮影したら、けっこう簡単に撮れた。お手軽撮影なので色ずれがあったが、ステライメージ8に最近のバージョンアップで搭載された「惑星色ずれ補正」で簡単に補正できた。2コマコンポジットもステライメージで。

夜は涼しくなってきて、割といい感じだった。シーイングは悪くないけど良くもない感じ。火星は30cmだと小学生でも極冠がわかったようだった。7月末よりは表面が見えるようになってきたようだ。

火星は早い時間の高度も上がってきたし、砂嵐も少し収まってきたし、大きさも最接近時とあまり変わらないし(23秒くらい)、今が見ごろだと思う。


by anettait | 2018-08-19 10:57 | 観望会 | Comments(0)  

本日、一日遅れの旧暦七夕観望会を開催します。

突然ですが本日、一日遅れの旧暦七夕観望会を開催します。

日時:2018年8月18日(土)午後8時~午後10時くらいまで
場所:那覇新都心公園
見るもの:土星と火星と月
参加費:無料(ただし公園駐車場は有料)
使用望遠鏡:30cmドブソニアン、20cmシュミカセなど
注意事項:個人主催の観望会です。保険などはかけていませんので参加は自己責任で。また、小中学生は保護者同伴で参加してください。急な豪雨で途中終了する可能性もあります。
a0095470_10292094.jpg
そういえば沖縄の七夕はお盆準備型七夕ということで、旧暦七夕にはお墓の掃除に行きます。年配の方によると、戦前は笹飾りは見たことがなかったそうです。
また、旧暦七夕から旧盆までの期間は海で泳いだらいけないと言われていました。死者に足を引っ張られるからというのが理由ですが、うちではお盆の期間だけ海に行くなと言われました。地域差や年代差があるのかも。今では沖縄はすっかりリゾートなので、関係なく泳いでいる人がたくさんいますけど。私は体力が衰えて、泳ぐどころではありません。


by anettait | 2018-08-18 10:34 | 観望会 | Comments(0)  

火星 vs 花火 な観望会

先日、某自治会の観望会を手伝いに行った。毎年夏休みに開催されているもので、私が手伝いに行くのも何回目かだった。
自治会主催ということもあり、観望会だけど夏祭り的な意味合いも大きいように見える。自治会内外からの親子の参加が多いので、子供たちへ冷たいお菓子を配ったりしている。
a0095470_20312987.jpg
この日は惑星が非常によく見えた。雲も少なく、シーイングは最高と言っていいほどで、持って行ったミードの25cmシュミカセでは木星が非常によく見えた。GOTODOB12(口径30cm)でも土星がよく見えて、参加者からは大好評。
しかし本音は「すぐに帰って撮影したい。」だった。こんなにいいシーイングは6月前半に1回あった以来だ。

帰りたいのを我慢して惑星を見せていると、観望会も終わりに近づいた頃やっと隣の建物の上に火星が出てきた。さて火星を見せるぞと望遠鏡を火星に向けて十数名が観望したところで、「これから花火を打ち上げます」とのアナウンスが入る。

そう、この観望会は去年から、最後に打ち上げ花火で締めることになったみたいだ。花火とはいっても市販のもので、それほど派手ではない。しかし花火が始まると参加者の目はそっちの方へ行ってしまった。花火の燃えカスが入ったら困るので、私は望遠鏡のふたを閉めた。
a0095470_20311913.jpg
火星大接近からまだ数日しかたってないが、火星は花火に完敗した。しかも市販の花火。花火が終わったら観望会は終了。参加者はさっさと帰って、5分後にはスタッフだけになっていた。子供は寝る時間になっていたから仕方がない。

大接近当日なら火星が勝ったと思うが、それ以外の日では市販の花火にすら負けてしまう。まあ一般の人の関心とはそんなものだろう。土星と木星は十分すぎるほど見てもらったから、これもありか。きっと参加者は盛りだくさんで楽しんでもらえたはずだ。

望遠鏡を片付ける前にもう一度火星を見てみたら、花火で空気がかき乱されたせいか、先ほどのすごいシーイングはどこかへ消えてしまっていた。ああもったいない。



by anettait | 2018-08-07 20:40 | 観望会 | Comments(0)