人気ブログランキング |

タグ:準惑星食 ( 1 ) タグの人気記事

 

撮り逃がしたケレス食

先週の土曜日の夜、準惑星ケレスの食があった。情報源はアストロアーツの天文カレンダーのみで、食の詳しい時刻は不明だったが、ステラナビゲータ10で再現してみたら、だいたいの時刻はわかった。潜入はほぼ真夜中、0時43分頃だった。出現は1時30分過ぎ。
a0095470_00290708.jpg
梅雨の時期なので期待してなかったが、当日は雲は多いものの晴れた。これは見るしかないと思い、2時間以上も前に50㎝ドブソニアンを出して準備した。
この場合、ドームの中の赤道儀に載ったシュミカセを使うべきだったんだが、運悪く2台ともその前の週末に赤道儀から降ろしたばかりで、作業途中で腰が痛くなり放り出してあってどうにもならなかった。
a0095470_00272943.jpg
さて時間までは時々ケレスを確認しながら木星を撮影したりしていた。上のは50㎝でのテスト撮影。確か10年以上前に35㎝シュミカセでケレスを円盤像に撮影したことがあって、眼視でも丸く見えたような気がしたが、今回はシーイングが悪くて丸くは見えず、高倍率でのピント合わせで「恒星とは違い面積があるかも」と感じた程度だった。

さていよいよ本番15分前という時に、50㎝ドブが載ったポンセットマウントが止まった。なんとバッテリー切れだ。木星で遊びすぎた。そこはすぐにあきらめて予備のGOTOドブ20㎝を月に向けた。こちらは電源が別なので問題ない。いや焦点距離が短かすぎるという大問題があるんだが、仕方がない。もっとやっかいなのは2個の恒星でアライメントしないと追尾しないということで、いや北に向けてセットする簡易追尾の方法もあるのだがその時はすっかり忘れていた。

とにかくアライメントに時間を取られ、月に向けたのは食直前。やっとテスト撮影したらこんな感じだ。どこに写っているのという感じなのだが。
a0095470_00272488.jpg
撮影してすぐ画像確認。ケレスが写っているのを確認し、動画に切り替えて撮影したが拡大率が低すぎるしそもそも撮影が遅かったので、ケレスは確認できなかった。

テスト撮影の画像をコントラストを上げて中心部を拡大したら、ケレスらしきものが写っていた。画像に出ている時刻はカメラの時計の時刻で、正確な時刻は記録できなかった。自信はあまりないが、写っているのはたぶんケレスだと思う。
a0095470_00270611.jpg
今回は完全に準備不足というか油断大敵というか逃がした魚は大きかったというか、期待してなかったが撮れる条件はそろっていただけに残念だ。

GOTODOBに準惑星などのデータが入ってないことが今回わかったんだが、これもwifi化しておけばSynscanの方で何とかしてくれたかもしれない。まあ準備不足だな。

しかも7等級の星食は考えてみたら今まで1度も見たことはなかった。光度差が大きく、かなりの難物だったのは今回のことでよくわかった。満月の近くの7等級は探すのがけっこう難しい。しかもアストロアーツのスマートステラでは準惑星を表示させられなかった。その機能はあるのか?タブレット端末にはstellariumも入れてあったので、そちらを使って探した。

今回は失敗ばかりだったが、とても勉強になった。撮影を考えずに眼視に徹する方が星食は楽しいと思う。最初は出現まで見るつもりだったが、どっと疲れてあきらめてしまった。あの光度差では出る場所がわからないと見るのもかなり厳しかっただろうと思う。やはりドーム内の赤道儀に何か載せておくべきだった。

by anettait | 2019-06-18 00:46 | 惑星食 | Comments(0)