人気ブログランキング |

タグ:星旅 ( 107 ) タグの人気記事

 

北緯19度での北極星・北斗七星・カシオペヤ座

ハワイ島は北緯19度くらいなので北極星が低いのは確かだが、光害が少ないので北極星は簡単に見つけられた。海岸沿いのリゾート地区ではどうかわからないが。
北緯19度での北極星・北斗七星・カシオペヤ座_a0095470_20140225.jpg
撮影した場所の西側の先はリゾート地区だったが、今回は東側の月明かりの影響の方が大きかった。下弦前の月が昇ったとたん、地上も夜空も一気に明るくなった。星を目立たせるためソフトフィルターを使ったので、地上もソフトになってしまった。

たぶん海岸近くよりは、山の上の方が透明度も良く星が良く見えるはずだ。しかし今回は山の上は天気が悪く、どうにか確保できた山の中腹の道端スペースでは道路沿いに電線が通っているので、電線と電柱が邪魔になって広い視界が確保できなかった。山の上で撮り直すつもりだったんだが仕方ない。
マウナケアの上まで上がれるようになったら、また行って撮り直したい。

by anettait | 2020-01-04 20:24 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

2019年を振り返ってみる

2019年ももうすぐ終わる。大掃除をしていたのでかなりぎりぎりになったが、急いで今年を振り返ってみる。

まず、つい最近の話だが、初めてハワイに行った。
2019年を振り返ってみる_a0095470_21580306.jpg
今年は旅行の予定がことごとくダメになり、飛行機に乗ったのは3月と12月の2回だけだった。これはこの10年ではかなり少ない方になる。
2019年を振り返ってみる_a0095470_21574879.jpg
気温が沖縄と変わらないので、英語と車の運転以外はあまり違和感はなかった。まあ昼間は寝ていたので、観光もしてないのだが。

さて惑星では、50㎝ドブソニアンですごい像が撮れたのが驚いたしうれしかった。
2019年を振り返ってみる_a0095470_21571804.jpg
まさか短焦点F3.7のドブソニアンであれほど惑星がきれいに撮れるとは。本当に驚きだ。
2019年を振り返ってみる_a0095470_21581049.jpg
土星もいいのが撮れた。あとは追尾の問題を解決すればいいだけだが、それが最大の問題。それが解決できれば来年の火星準大接近に使えるんだが。

そうそう、今年購入した望遠鏡は、そこそこの口径ではなんとGOTOドブの20㎝だけだった。
2019年を振り返ってみる_a0095470_21572668.jpg
自宅に望遠鏡がもう置けないとかの物理的な問題と、興味がある機材が高いものばかりになり、資金的な問題で自然にブレーキがかかってしまうことも大きい。双眼鏡は笠井のとか買ったんだが、それはまだちゃんと使ってないので、それはまたそのうちに。

流星群はほとんどダメだったが仕方がない。今年はどの流星群も月が大きすぎた。
日食は12月のが晴れてくれたので良かった。

もっとも残念だったのは、首里城が燃えたことだが、燃えてしまったものは仕方がない。うちから見る初日の出は首里城から昇るのだが、数年前にその方向にマンションが建ってからは見えなくなってしまったし。
首里城と天体をからめたものをもっと撮影したかったが、それはまた再建されてからだな。

そうそう忘れていたが、台風が29号まで発生したのは非常に特異な年だったと記録しておこう。台風のせいで旅行も1回行けなくなった。確かどこかの星まつりに行くつもりだったが飛行機が飛ばないんでは無理だったな。

今年は去年と違い、ひどく体調が悪くなるようなこともなくそこそこ星も見られたし、12月にやっと旅行もできたので、まあまあだった。
来年も、いろいろ楽しみながらやっていこうと思っている。

by anettait | 2019-12-31 22:31 | その他 | Comments(0)  

ハワイから帰ってきた

ハワイから帰ってきた。5泊したが、天気の関係で星を見たのは4晩。うち2晩はよく晴れた。マウナケアの登り口には3晩行ったが初日少し星が見えただけで、残りは霧雨。
ハワイから帰ってきた_a0095470_19572661.jpg
ハワイ島のコナ国際空港は、ターミナルビルがなんと平屋だった。昔の石垣島の空港みたい。滑走路を歩いてタラップで飛行機に乗るのも同じで、なかなかいい感じ。ただしタラップは階段ではなくスロープ。

帰りの飛行機は行きとは逆に満席だった。空港で隣の人とおしゃべりしていたおばさんによると、日曜日だから帰る観光客が多いんだとか。でもこの日は土曜日。帰りは成田まで10時間。で、日付変更線を超えるので、プラス1日で日曜日になる。月曜日から仕事に行く、ということで満席なのかも。
ハワイから帰ってきた_a0095470_19582683.jpg
上の画像は成田で撮影した。スーツケース(大)1個、ポップアップドブ1台(黒い丸い箱)、カメラバッグ(大)1個、ショルダーバッグ1個。重かった。次は荷物を減らそう、と毎回行ってるけど。
ハワイから帰ってきた_a0095470_19593718.jpg
空から見る沖縄は、とにかく家が多い。でも畑も多い。ハワイは溶岩の荒野が広がっているので、楽園のイメージとは逆に、厳しい自然を感じた。ハワイと沖縄は気温は似ているし、いろいろ似ていた。違うところも多いけど。


by anettait | 2019-12-23 20:26 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

夏の大三角と冬の大三角が同時に見える時間について

今回ハワイで撮影していて気になったこと。夏の大三角と冬の大三角が同時に見える時間がとても短い。
夏の大三角と冬の大三角が同時に見える時間について_a0095470_21332709.jpg
この画像は、西の水平線に夏の大三角が沈もうとしているところ。マウナケアの中腹というか割と下の方で撮影。ベガがみるみるうちに沈んでいった。
夏の大三角と冬の大三角が同時に見える時間について_a0095470_21333745.jpg
これは東から昇る冬の大三角。東はマウナケア山頂方向なので少し高くなっていて、昇ったばかりの星が見えてくるのに少し時間がかかる。

この2枚の撮影間隔は3分。つまりほぼ同時。ステラナビゲーター10で調べてみたら、ハワイでは冬の大三角が昇ってきてから夏の大三角が沈むまで10分くらいしかない。
緯度が高くなると同時に見える時間が長くなり、逆に緯度がもっと低いと、同時に見える時間が短くなる。
ハワイはけっこうぎりぎりの場所だということが今回わかった。もっと南に行くと、夏の大三角の沈む時刻がもっと早くなり、実質同時には見えない。

まあ光害のある場所では低空の星が見えにくくてあまり意味のある話ではなくなるのだが、今回気がついてちょっと面白いなと思った。

by anettait | 2019-12-22 21:39 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

今回の旅行用望遠鏡について

今夜は高い雲が広がっているので、星見はできない。だから帰国のための荷造り。
今回持ってきた眼視用機材は、下の画像のとおり。観光パンフレットは宿備え付けのもので、これをハワイで撮ったことを忘れないためだ。
今回の旅行用望遠鏡について_a0095470_19395534.jpg
手前から、ニコン10×70双眼鏡。すでに40年近く使っている。70㎜のSPが出る前のもの。お金のない学生の頃、アルバイトをして買った。当時は望遠鏡は他の人のを見せてもらい、自分で買ったのは双眼鏡だけだあった。カメラも持ってなかった、というより買えなかった。今の機材満載な状態は、あの頃の反動だとつくづく思う。

次がテレコンビノ。どこで入手したか忘れたが、先週ワイドビノと見比べたらこちらの方が私の目に合っていたのでこれを持ってきた。オリオン座がすっぽり入るのがいい。

そのうしろはナグラー22㎜と国際光器で買った10㎜。ナグラーは説明不要だろう。10㎜もオリオン大星雲の中心部がとてもよく見えた。いや空がいいせいだとは思うが。あと4㎜とセレストロンのズームアイピースも持ってきたがほとんど使わなかった。

いちばんうしろはポップアップドブソニアン。口径25㎝だが12kgしかない。でもケースが重くて運搬が大変。分解は下の画像を見てほしい。左後ろの黒い箱が5㎏もある。
今回の旅行用望遠鏡について_a0095470_19400889.jpg
今回はこれでオーストラリアとハワイのオリオン大星雲の見比べをするために持ってきた。結論は別の記事で書こうと思う。

今回も機材が重かった。これをまた持ち帰るのかと思うと気が重い。カメラもあるんだが、今回は極力撮影機材を減らした。でも気持ちの分かな、軽くなったのは。

やはり旅行用望遠鏡は、星見が目的なら持っていける最大口径に限ると私は思う。
毎度重くて後悔しているが、今回は非常によく見えたので割と満足。

by anettait | 2019-12-21 19:53 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

ハワイのレンタカーについて

ハワイはアメリカなので、交通は日本と逆、右側通行だ。沖縄も復帰前は右側通行だったが、残念ながら私はそのころは免許は持ってなくて、右側通行の運転経験はない。

でも実際に運転してみると、慣れるまでの1時間くらいは大変だが、慣れればまあなんとかなる。
ハワイのレンタカーについて_a0095470_09035312.jpg
上の画像の車は、今回借りた日産のSUVだ。車種名はよくわからないが、けっこう大きい。確か予約時にはこのクラスは売り切れだったので、セダンをリクエストしたはずだが、ハーツレンタカーが気をまわしたのか間違えたのか、これになっていた。値段は同じだった。SUVがいいかなと思っていたのでまあいいか。

ちょっと車幅が大きすぎる。左ハンドルなので右端の間隔があやしい。意外に道が狭く感じる。まあいろいろあるがどうにかなっている。

ところでハーツレンタカーのカーナビは、借りてみるとただのスマホだった。日本語対応。まあそれで機能が十分ならいいが、私の480円スマホにも劣る。まずタッチ入力の相性が悪いのか、思った文字が入力できず使えない。また、脇道に入る場合など、グーグルマップは「あと0.4マイルで右折してください」と言ってくるが、今回のカーナビは曲がり角に来たら「ここで曲がって下さい」と突然言うので曲がれない。また、謎の警告音がひっきりなしに鳴って、心臓に悪い。しかも日本のカーナビと違いまわりの施設など出なくて道しか出てこないので道を確認するのが厳しい。まったく使い物にならない。

私の結論は、「ハワイのハーツレンタカーではカーナビは借りてはいけない。スマホのグーグルマップで十分、むしろそちらの方が有能。」カーナビ料金を払ってこれを学ぶというのもなんだかな、という感じ。

スマホを使う場合は日本で海外データローミングを申し込むのを忘れないように。
私の機種ではハワイのsimカードは使えなかった。海外simを使う人はそこは調べているとは思うけど。


by anettait | 2019-12-21 09:14 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

ハワイ島は曇りところにより雨か晴れ

さて行く前の天気予報はあまり良くなかったが、来てみればそこそこいい。ただし山の上は除く。
昨日の夕方はかなり強い雨だったが、1時間程度で上がったのでまた山の上に行ってみた。途中でこんな風景が。
ハワイ島は曇りところにより雨か晴れ_a0095470_08204477.jpg
たぶん古い噴火口だろう。ハワイは火山の島だし。撮影したら上のオレンジ色の雲が噴煙のように見えなくもないが、これは町のナトリウム灯の影響。雲の向こう側は晴れて星が見えるが、あそこは海上なので行くのは無理。

そこから少し行くと晴れて星が見えだしたので、期待してマウナケア登り口へ。しかし着いてみたら、予想に反して霧雨が降っている。車も少ない。30分待ったけど状況は変わらないので下山。画像の光は、こちらへ向かってくる車のライト。
ハワイ島は曇りところにより雨か晴れ_a0095470_08210538.jpg
グーグルマップで見つけた山の近くの道端の広場は、前日行ってみたら星空ツアーの車が何台も止まっていた。今回試しにその場所に行ってみたら、夕方の雨のせいかツアーは1件もいない。しかし広場だと個人の土地だった場合は許可関係がややこしいと困るので、別の場所で通行の邪魔にならないような適当な道端に車を止めて、カメラと望遠鏡を出して星を見た。深夜の交通量は極端に少なく、なるほど星空ツアーにはいい場所だと思った。
ハワイ島は曇りところにより雨か晴れ_a0095470_08211647.jpg
さすがに光害皆無とはいかず、大きい道のナトリウム灯の影響で上の画像の下の部分はオレンジ色になっている。しかし眼視への影響は少なく、天の川は濃く、すばらしい眺めだった。

海外で星を見る場合、観測地の情報がとても少なくて苦労することが多い。オーストラリアは星を見に行く人が多いので比較的情報も多いが、今回のハワイは情報を探しきれなかった。いやマウナケアからマウナロアに行く道で撮影しようと思っていたんだが、意外に車が多いのと天気がまったくダメだったので仕方がない。

今回は星空ツアーらしきものを何か所か見つけたのと、たまたまそこに適当な道端があったのがラッキーだったが、ホテルの近くの公園の駐車場などは閉鎖されていたりで、なかなか厳しい。昼間のロケハンが大事だが、今回は昼間はホテルで寝ていて観光もしてないので、やはり体力勝負なのかなと思ったりもする。
もっと捜索範囲を広げればいい場所が見つかる可能性はあるはずだが、今回は日程も短いし、まあいいか。
ハワイ島は曇りところにより雨か晴れ_a0095470_08212308.jpg
ホテルに戻ってみたら、山の上で飲んだペットボトルがこんな感じでつぶれていた。飛行機から降りるとよく見る風景だが、やはり山の上は気圧が低いようだ。標高は1500m~2000mらしいが、正確なところはわからない。


by anettait | 2019-12-21 08:36 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

シーイングがとても悪い、カノープスが高い

ハワイというとシーイングがいいというのが私の勝手なイメージ。
しかし来て驚いたのは、金星がまたたいて見えるほどシーイングが悪い。
下の画像は、ホテルの駐車場から撮った金星と土星。
シーイングがとても悪い、カノープスが高い_a0095470_07431666.jpg
もちろん恒星もまたたいているが、望遠鏡で恒星を見たらやっぱりグダグダ。
私が見たのは標高があまり高くない場所だったが、マウナケアの山頂は空気が薄いからシーイングはいいのだろうか。それとも今は風がやたらと強いせい?
それともこれだから優秀な補償光学系の開発が必要なのか?
そんな気がするくらいシーイングが悪い。

とはいっても、大気の透明度はいいので、下弦の月が出ても冬の星座がよく見えている。海岸近くなので光害もあって微妙な見え方だけど。

緯度が19度なのでカノープスが高い。当然ではあるが、実際に見ると驚いた。下の画像は月が出てからの撮影なので、ハワイの本気の空ではない。海岸近くだし。
シーイングがとても悪い、カノープスが高い_a0095470_07430457.jpg
星好きが沖縄に来て言うことが「カノープスが高い」だけど、その気持ちが初めてわかった。こういうことだったのか。

by anettait | 2019-12-20 07:51 | ハワイ星旅 | Comments(2)  

山の上と下界の天気が違いすぎる

かなり天気が良かったので、マウナケア中腹まで行ってみたら、どん曇り。
山の上と下界の天気が違いすぎる_a0095470_22423773.jpg
それどころか霧雨になった。道路にも霧が出ているし、雲の中にいる状態だ。あきらめて下山して、ホテルの近場で星を見る場所を探した。

海岸から数キロのところに細い道があるのをグーグルマップで見つけたので行ってみたら、道はゲートで封鎖されていたが、道路沿いのそこそこ広い空き地があったので、少し撮影してみた。
山の上と下界の天気が違いすぎる_a0095470_22424836.jpg
そこから少し先の海岸近くはリゾートホテルが集まっていて、光害がそこそこある。その場所の空の状態は並で、冬の天の川が見える程度。しかも最初は良かったがだんだん曇ってきた。山から雲が広がっているのがわかる。

しかも交通量がけっこうあって、夜中でも車が減らない。場所選びを間違えたようだ。ダメな時はダメなので、次がんばろう。


by anettait | 2019-12-19 22:47 | ハワイ星旅 | Comments(0)  

ハワイに来た

ハワイに来た。もちろんワイキキではなく、すばる望遠鏡のありハワイ島だ。
ハワイに来た_a0095470_11341471.jpg
すばる望遠鏡へ上がる道が封鎖されているのは知っている。しかしマイルが失効しそうなのと、今年はどこにも旅行してないのでどこかに行きたいがオーストラリアは夏で飛行機が取れなかった。で、仕事のタイミングを見計らって、この時期のハワイにした。JALはハワイ島直行便があるのでマイルで飛ぶのも楽。去年12月のマイル精度改悪は気に入らないけど、年末のシーズン前だったので飛行機はすぐ取れたし席はガラガラだった。

さて初めてのハワイだが、飛行機は眠れずきつかった。午後9時半出発の飛行機で11時頃機内食が出て、コナ国際空港着が午前5時あたり。寝る時間が実質4時間もないが、1時間程度しか眠れず、着いたら現地の午前9時過ぎ。ホテルのチェックインは午後4時。かなりきつかった。
ハワイに来た_a0095470_11364690.jpg
ホテルはゴルフ場併設のリゾート。私はゴルフはまったくしないが、宿泊費の高いハワイの中ではまあまあの金額で、ゴルフ場でも星が見られるんじゃないかとの期待があった。
ハワイに来た_a0095470_11355477.jpg
宿泊棟の裏がすぐゴルフ場で、ニワトリよりも大きい変な鳥が集団で歩いている。

マウナケアの登り口に行ってみたが、やはり封鎖中。まあそれは仕方ないことだが、反対側のマウナロアに向かう道に入ってちょっとだけ撮影した。
ハワイに来た_a0095470_11345036.jpg
そこでも星空はすごくて、秋の天の川が今まで見た中でいちばん濃く見えたような気がする。いろいろ記憶が薄れていく年代なので、いちばんかどうか定かではないが。
ハワイに来た_a0095470_11352114.jpg
オリオン座の下の光はたぶんヒロの町明かりではないかと思う。いやそこまでまだ行ってないので確認はしてないが。

どんどん曇って来るし、星空ツアーらしい車がけっこう通るので落ち着いて撮影はできない。しかもとても寒い。昼間は町では26度あるんだが、感覚的に10度以下。一応の装備はしてきたが手袋を忘れた。沖縄では手袋はまず使うことがないので、うっかりしていた。

曇ってきたので短時間でホテルに帰った。眠いし月も出るし。続く。


by anettait | 2019-12-18 11:57 | ハワイ星旅 | Comments(0)