人気ブログランキング |

タグ:旅行 ( 11 ) タグの人気記事

 

国内線での重量制限について

先日石垣島に行った時のこと。行きの荷物は自宅で体重計で計量したので、重量制限にひっかかることはなかった。
しかし石垣島で資料の本を買ったり、カメラバッグからスーツケースへ移し替えたものなどがあったので、帰りは重量制限に引っかかって(3キロオーバー)追加料金の1500円を払うことになってしまった。

国内線は預ける荷物は20キロのスーツケース1個と決まっている。今回はうっかりしたことに、望遠鏡などの大量の荷物を持っているくせにスーツケース用のはかりを持っていかなかったのだ。我ながら実にまぬけだ。持っていった三脚3本のうち1本はまったく使わなかったし。

しかも追加1500円で30キロまでOKとのことなので、こんなことなら往復とも追加料金を払って赤道儀も持っていけばよかった。赤道儀と三脚を宅配便で送るよりも安いような気がするし。

まあ今回は風が強すぎたのでドブソニアンで撮影なんて無理だったし、それどころか雲も多いので、赤道儀+カメラレンズでの撮影も無理だった。しかし次回は考える余地がありそうだ。
a0095470_21053809.jpg
上の画像は今回石垣島で固定撮影したペガススとアンドロメダだ。星座写真はもはや赤道儀は不要。

ただし望遠レンズや望遠鏡での撮影となると追尾は必要だ。小さなポタ赤よりも旅ドブが載せられるビクセンGPクラスの赤道儀を次回は検討したい。しかしそれではドブソニアンではなくなってしまうな。

なお国際線の重量制限は23キロまでのスーツケース2個まで。オーストラリアからの追加料金は7000円くらいだったっけ。それで30キロまでOKだったような、うろ覚えなので次に行くときに調べよう。でも行きに追加料金だと、帰りはどうしようもなく重くなりそうな予感もする。


by anettait | 2017-11-04 21:17 | 星旅 | Comments(0)  

オーストラリア土産

成田から送った荷物を昨日郵便局で受け取った。
ドブソニアンにチョコレートを詰めたセットだ。
ドブソニアンだけでは16キロしかないので、限度いっぱいにするため中にチョコレートを入れた。
チョコは合計4キロ弱。まあまあいい感じになった。
a0095470_00045577.jpg
チョコがこんなに重くなったのは、たまたま入ったスーパーで大きな板チョコを特売していたからだ。その半分しかないチョコと1ドルしか差がない。

まあ旅先のテンションで買い物をしすぎるなということかな。
今年はもうチョコを買わなくて済むかもしれない。

画像に写っているMarsは火星っぽいので買ったが、ニュージーランド製だった。
まあオーストラリアに近いからいいか。

今回はこれ以外のお土産は買ってない。天文台にも行かなかったし、観光地すら行ってない。


by anettait | 2017-05-11 00:09 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

荷物の重量制限について(JALオーストラリア線の場合)

今日の画像はηカリーナ星雲。天体改造していない普通のカメラで撮ったので、実におとなしい画像になった。
a0095470_14054318.jpg
さて、飛行機に乗る場合は、当然だが荷物の重量制限がある。LCCなどの安いチケットだと持って行ける重量により金額が変わる場合もある。

私の場合、オーストラリア行はいつもマイレージのエコノミークラスなので、23㎏以下のスーツケース2個まで預けられる。それ以外に機内持ち込みは2個までで合計10キロ。

以上を合計すると、重さだけなら最大56㎏だ。普通の人はこれで十分かもしれないが、私の場合はこれでいつも苦労する。

まず望遠鏡が20㎏弱。今回は16㎏。カメラ関係だけで15㎏はいく。三脚が意外に重くてカーボン三脚2本とフラット三脚(K-ASTEC製)に普通の大きいアルミ三脚1本で雲台を合わせるとけっこうな重さになる。

ポータブル赤道儀も持っていきたいが重いのはダメだ。今回はスカイメモSだがこれは結果的に失敗だった。明視野照明が使い物にならないし付属品がないとカメラの向く方向に制限が出る。

これに着替えなどを加えると、一気に60㎏を超える。仕方がないのでカメラやレンズを最低限に抑え、大きいアルミ三脚はあきらめ、着替えも必要最小限にして、どうにかクリアできそうだった。

ところがいつも持っていく13インチのノートパソコンが直前に起動しなくなり、買う余裕もなかったので今回は3㎏もあるちょっと古い15インチのパソコンを持っていくことにしたのでまた着替えを減らした。

一時は追加料金を支払うことも考えたが、結果としてどうにか範囲内に収まり、飛行機にすんなり乗ることができた。

ところがオーストラリアでお土産にチョコレートを大量に買ってしまい、その重さが4㎏あったので、どうにもならなくて帰りは素直に超過料金を払って帰ってきた。

よく考えれば出国ゲートをくぐった先でお土産を買えば、その重量オーバー分を調べる人はいない気もするが、それに気がついたのは出国ゲートを出て売店の前に来た時だった。まあチョコを4㎏も買う方がどうにかしている。

ちなみに超過料金は、1個32㎏まで(つまり+9㎏)は日本からだと6,000円、オーストラリアからは60ドル(なぜかアメリカドル)だった。

しかも帰りの便は、日本国内の超過料金は別に支払えとのことだった。でも成田から1個は宅急便で送ったので超過料金は取られなかったけど。宅急便もクレジットカードに付いているサービスなのでタダだったし。

こんな重い荷物を持って旅行するのはやめよう、と毎回帰ってから思うのだが、次までにこの苦労は忘れてしまうのでいつも同じことを繰り返している。でも次回はよく考えたい。カメラを減らすか望遠鏡を小さいのにするか。着替えを持たないという選択はないよな、南半球寒いし。




by anettait | 2017-05-07 14:28 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

オーストラリアのネット環境について(旅行者目線で)

昨日帰ってきた。沖縄がめちゃくちゃ暑いのでぐったりしている。

いつものことではあるが、この時期のシドニー近郊では昼間は20度を超えるが、深夜には車のフロントガラスに霜というか氷が張っているくらい寒いので、落差が激しい。
a0095470_01243771.jpg
それはいいとして今回も困ったのがネット環境。日本ではホテルでwifiを準備してないところは少数派だろう。最低限LANケーブル接続はあると思う。
ところがオーストラリアで私が泊まるような高くないモーテルは、wifiは有料なところが多く、無料だが回線がとても遅かったり、ネット接続不可という宿もよくある。高いホテルはたぶん充実していると思うが確認してない。困るのは有料だけど非常に遅い場合もある。

私の場合、ネットが使えないと次に泊まる宿の予約ができなくて非常に困るので、前回は成田でレンタルwifiを、今回はシドニー空港で現地のプリペイドsimカードを購入して対応した。
ところがこのsimカード、国内シェア2位の通信会社らしいが、町を離れたらとたんにつながらなくなる。
前半に泊まった宿ではまったく無理で、まさに陸の孤島状態。後半の宿では繋がったものの町から7,8キロ離れた観測場所ではまったく無理。去年のレンタルwifiも似たような感じだった。

しかし前半の宿の夫婦は普通にスマホをいじっていたので、もしかしたら通信の仕様や通信会社の違いがあるのかもしれない。20年くらい前は沖縄でもドコモしか使えない島とか、普通にあったので。

空港など公共の場にはwifiが普通にあるが、メールアドレスを登録しないといけなかったり登録画面が英語なので(あたりまえか)最初の設定ができなかったりで、私には使えなかった。

おまけにせっかく買ったsimカードを入れたタブレットではメールがいきなり使えなくなり、ショップの女の子にどうにかしてくれと言ったら私はちゃんとやった、日本語のものはわからないと返された。客はスマホばかりでタブレットを持ってくるのは珍しいみたいだ。

私はガラゲーなので海外ではどうやっても通じない。というわけで誰からも電話がこないしメールも来ない(送れない)のは気楽だった。自分が緊急事態の場合に誰にも連絡できないというリスクはあるが、そこは自己責任で。

今回購入したプリペイドsimカードは7日間で3ギガというものだったが、前半に使えなかったせいもあり、半分は使えずに残ってしまった。残量を知るアプリもあって便利だが、何かもったいない。期限が来たらデータ量が残っていても使えなくなるようだ。


by anettait | 2017-05-07 01:34 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

今回の望遠鏡について

まだオーストラリアにいるが、今日は電波の状態が多少いい場所に来たでも大きい画像はアップできないレベルだ。

さて、今回の望遠鏡だが、去年の自作30cmドブで懲りたので、ちょっと小さ目にした。25cmドブだ。

いやちっとも懲りてないだろうと思う人もいるかもしれないが、だいぶ懲りた。未完成品を海外に持っていくもんじゃないという意味で。だから今回はメーカー製。

今回これにした最大の理由は、オーストラリアは国外からの木工製品は持ち込めない決まりがあるからだ。望遠鏡は大丈夫だったという体験談も読んだが、やっぱり心配だ。だからこれ。
a0095470_23152842.jpg
アメリカ製だが、なんとこれは日本で2台しかないらしい。旅行用ドブソニアンの先駆けみたいなもの。

なぜ2台しかないかは不明だが、たぶん2台しか売れなかったんだろう。面白いけどけっこうめんどくさい望遠鏡なのが使ってみてわかった。
a0095470_23160219.jpg
組立分解は慣れれば簡単。組立は5.6分でできる。上は分解した状態だが、これをまとめて後ろの黒い丸いバッグに入れてさらに黒いプラスチックの丸いハードケースに入れる。「こうきたか!」というような収納方法だ。

ところが運搬性がひどく悪い。丸いので空港の大きなカートに載せる場合、スーツケースと一緒に載らない。横幅があるのだ。重さはハードケース込みで15キロくらい。タイヤが付いているわけでもないので、持つには重いし、ハードケースがないと飛行機に預けられないし。今回はこれを載せるための軽い折り畳みカートも一緒に持ってきた。

しかし光学性能は確かだ。自宅で惑星を見たが、かなりよく見える。もちろん光軸をきちんと合わせるのが前提だ。25cmF5くらいで、ちゃんとその性能は出ている。というより光学性能は優秀と言っていい。
a0095470_23161535.jpg
オメガ星団を撮ってみたが、わりとちゃんと写る。他にもM8やM22も撮った。ηカリーナ星雲や電波銀河も撮ったが、撮ってみたレベルでしかないのは追尾できないドブの宿命か。

今回は去年うまくいかなかったオメガ星団の動画を撮るのと木星を見るのが目的だったので、十分目的は果たした。

今回はシーイングがいまいちだったので、木星も土星もいまいち。しかし運搬方法さえなんとかすれば、旅行には最適なドブソニアン、かもしれない。私もまだ工夫が必要と感じた。

国内なら十分運べるような気もする。ということでそのうち離島に持っていこうと考えている。



by anettait | 2017-05-03 23:32 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

パンスターズ彗星は見えなかった

4月に増光したというパンスターズ彗星は、まったく探せなかった。
おおまかな位置はアストロアーツで見たし4cm双眼鏡で探したのだが、それらしいものは見えなかった。
a0095470_17453301.jpg
東の空に何かの光害が、と思ったら金星が出てきたというのはいつものこと。
画面がぼやけているのはレンズについた夜露だ。とにかく露がすごい。

みずがめ座流星群は思ったより流れなかった。時期がまだ早いのかも。かといって今回は極大の前に帰るので、今回は無理だな。

by anettait | 2017-05-02 18:13 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

最高の星空だった

星空は最高だった。今回は初日から天気が良かったので体にはちょっときつかったが、星空を十分見ることができた。
a0095470_17450463.jpg
結果的には初日がいちばん透明度が良かった。
a0095470_17452307.jpg
まわりが牧場で草地なので夜露がすごい。おまけに池が多いためか霧が発生して襲いかかってくる。これまでにない経験なので楽しかったし幻想的でもあった。星は見えなくなったが。
a0095470_17481415.jpg
空の状態は下の画像のとおり。オーストラリアでは町を離れればどこでも同じようなものだとは思うが、幹線道路沿いはほとんど牧場の柵が張られていたので、これまでは観察場所を探すのに苦労した。
a0095470_17441048.jpg
今回は夜中どころか昼間もほとんど車も人も通らない場所だから車のヘッドライトの心配はないが、人里離れすぎという気もする。


by anettait | 2017-05-02 17:58 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

オーストラリアの田舎に泊まった

シドニーからあまり遠くない(近くもない)星の見えそうな宿をネットで探して泊まった。

ネットで宿を探すのは簡単だが、行ったこともない場所で小さな宿を探すのは、けっこう大変だ。小さなモーテルなどはグーグルマップには出てこないので、とても困るが仕方がない。

レンタカーのカーナビは日本ほど親切ではなく、英語だし情報がとても少ない。小さなモーテルなどはあまり出てこないしレンタカーを返却する場所すら記録されていないのは不親切だ。

未舗装の道を数キロ走っているうちにタブレットが圏外になり(シドニー空港で買った現地のsimカードをセットしたんだが)、グーグルマップが使えなくなった。

自宅でプリントアウトした地図があったのでどうにかたどり着けたが、「まさかこんな遠くに宿が・・・」という場所だった。
a0095470_15031930.jpg
ヤギと羊と牛とカンガルーがたくさんいるところで、人はほとんどいない。まわりに家は1件も見えず、部屋を出ると満天の星空だ。光害源は自分の部屋だけ。

最低限必要なものはあるが、ネットもつながらないし食糧を買うにも車で片道1時間近く(内30分は未舗装道路)かかるし、道をふさぐ牛にどいてもらうのに時間がかかるし、車は泥だらけになるし、大雨が降ると道路が水没して通れなくなるらしい。

今回は晴れていたけど道に水が15cm以上たまっていた場所もあった。今回は4WD借りてて良かったと思ったが、レンタカー返却時に苦情を言われないか心配だ。
a0095470_16345275.jpg
ということで人には勧められない。人により評価が大きく分かれそうな宿だから。だが星はきれいだった。光害はほとんど感じられなかった。



by anettait | 2017-05-02 16:53 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

またオーストラリアに来た

ゴールデンウィークなので、またオーストラリアに来た。何回か来ているが、同じオーストラリアでも毎回違う場所に行くようにしている。
理由は、JALのマイレージで行けるシドニーからできるだけ労力をかけずに満天の星空が楽しめる場所を探すためだ。私は毎回マイルの特典航空券で来ているので、シドニー以外の選択肢がない。パースも行ければいいのだが。
a0095470_15033216.jpg
去年はウエストワイアロングまで行ってみた。かなり田舎なので空はいいのだが、適当な観測場所を見つけることができなかった。ロードトレインのヘッドライトがかなり邪魔だし、なんといってもシドニーから遠すぎる。

ということで今回はもっと近場で探すことにした。できれば有名なクーナバラブランよりも近い場所で。あそこは私の運転では少し遠すぎる。行きの飛行機で眠ることができないから、睡眠不足の運転で500キロドライブはかなり不安があるのだ。空はとても良く、ロードトレインや車を気にしないで星を見る場所もあるので非常にいいのだが。
a0095470_15034172.jpg
そんなわけで、今回は前回よりも近くて条件のいい場所を探すことにした。


by anettait | 2017-05-02 15:08 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

桜は満開だが雨だった

万博公園には桜を撮影に行ったのだが、雨だった。
満開だからなのか、雨にもかかわらず、人は結構いた。
a0095470_22451213.jpg
2、3日前の天気予報では夜は晴れるはずだったのに、時々雨が止む程度。予報はあくまで予報だからな。
気温も季節外れの暖かさになるはずが、長袖が必要だった。


by anettait | 2017-04-08 22:47 | | Comments(0)