人気ブログランキング |

タグ:天体望遠鏡 ( 163 ) タグの人気記事

 

AZ-GTiで遊ぶ(6) 観望会では使いにくいという話

週末に観望会があったので、AZ-GTiを使ってみた。鏡筒はSE120で、金星を見せた。
他の機材は20cmGOTODOB、20cmシュミカセ+iOptron自動導入経緯台、画像には写ってないが15cmF5屈折+EM100赤道儀で全部で4台。今回はスタッフが少ないので、できるだけ人が付かないでも見せられる機材を主体にした。
a0095470_14245621.jpg
しかしちょっと失敗だった。まずAZ-GTiにSE120はこの場合、重量オーバーだった。
誰かが動かしたのか、終わってみたら三脚台座に取り付けるためのねじが緩んでいて、勝手に回る状態だった。誰かがそばについていないと望遠鏡を手で動かしてしまうのはよくある話で、ちょっとうかつだった。

また、iOptronの自動導入機は前の型なので、上下のストッパーが緩く、子供が鏡筒の接眼部を強く押すと動いてしまう欠点がある。これも放置できない機材だ。割とちゃんと追尾するので観望会では便利なんだが。

今週は金星、木星、土星、火星に加えて月まで見えるので、欲張ってあれこれ見せようと望遠鏡を4台準備したのだが、扱える人間がいないと望遠鏡が目標からずれても修正できず、結局見えないということになってしまう。

そういう意味ではAZ-GTiはスマホという非常にプライベートなものがコントローラーになるため、望遠鏡のそばに置いて勝手に修正してということがやりにくい。私の場合はタブレットなのでそばに置いてあったのだが、スタッフの誰もそれを理解してなく、ずれを修正できなかった。

結論として、AZ-GTiは持ち主がつきっきりの状態でないと観望会では使えない架台ということになる。他の人にまかせられる機材ではない。また、口径12cm以上は重くて不安定になり、持ち主が見る場合はいいが、観望会では実用的ではない。さらにスマホを持っていない人にとっては(今回の私がそう)スマホの値段も本体価格に上乗せになることも忘れてはならない。しかも私のスマホではAZ-GTiを認識できなかった…。昨日も無理だったので、きっと無理みたいだ…。

観望会ではビクセンGP赤道儀(またはポルタ経緯台)+10cm~12cmの短焦点屈折が誰でも扱えていい、という数年前に出した結論に戻ってしまう。もちろん1台にひとり望遠鏡を操作する人が付くのが条件になるが。


by anettait | 2018-09-17 14:45 | 自動導入機 | Comments(0)  

AZ-GTi で遊ぶ(5) 観望会で使ってみる

特別支援学校で観望会があったので、AZ-GTiを使ってみた。
鏡筒はSE120で、三日月を見てもらった。
40倍程度なら、20分くらいは月を視野に留めておけた。
a0095470_00145649.jpg
今日はアストロHS関連で公民館のベランダで火星の観察をしたので、月や木星を見るためにAZ-GTiを出してみた。アライメントがいいかげんだったので、導入精度はいまいち。ちゃんとアライメントすれば、そこそこの精度は出るような気がした。
a0095470_00154069.jpg
この火星は、上の画像にある25cm自動導入ドブのアイピースにコンパクトデジカメのS120を押し付けて撮影した。火星も少し小さくなったが、コンデジでもこのレベルなら誰でも写せると思う。ただしスマホでは無理だ。

by anettait | 2018-09-15 00:22 | 自動導入機 | Comments(0)  

AZ-GTiで遊ぶ(4) 旅ドブを載せてみる

AZ-GTiの実力(導入精度)がいまいちわからないので、今度は自作の旅ドブを載せてみた。自動導入機なのでもはやドブソニアンではないが、この鏡筒の名前を考えるのが面倒なので、もう旅ドブでいいや、となった。

重量は約5kg(計ったけど忘れた)、搭載可能な重量ぎりぎりだ。鏡筒は70cm近くあるので、ちゃんとバランスが取れる位置でアリミゾに固定した。
a0095470_23382909.jpg
アライメントを取って導入したら、うまく入ったり入らなかったり。やはり制限いっぱいの重量だが長い鏡筒という悪条件なので、いい結果は出ないだろうとは思っていた。

実はこれがうまくいったら次のオーストラリア行きに旅ドブとAZ-GTiのセットで持っていくつもりだったが、何だか微妙だ。
撮影もしたいのだが、これにカメラは無理そうだ。赤道儀モードで使えるのが前提だが、カメラを接眼部につけたらバランスが大きく崩れるし、自動導入どころか追尾も難しいような気がする。スカイメモSよりはだいぶまともだが。

赤道儀モードには別のアプリが必要みたいなので、もう少し調べてみるかな。ただし赤道儀モードにすると経緯台モードが変になるという書き込みもどこかで見たので、そこは慎重に。バランスウェイトの車夫と(M12?ボルト)も買ってこなくてはならないし。


by anettait | 2018-09-12 23:44 | 自動導入機 | Comments(0)  

AZ-GTi で遊ぶ(3) SE120を載せてみる

昨日、寝る前に屋上に出てみると、快晴だった。確か夕方はどん曇りで雨も時々降ったのだが、晴れているなら仕方がない。急いでAZ-GTiをセットした。鏡筒は予定どおりSE120だ。惑星もよく見えるように調整してあるが、残念ながら惑星はすでに高度が下がって西側の壁の向こうに隠れてしまっていた。
a0095470_22251636.jpg
SE120は口径120mmF5(焦点距離600mm)の屈折鏡筒で、値段も比較的安い短焦点アクロマートだ。短焦点なので色収差が出るのは仕方ないが、光軸が合っていれば12cmの分解能を生かして惑星もそこそこ見える。
接眼部が原因で光軸がずれることがあるのが欠点と言えなくもないが、私の持っている鏡筒は観望会等で数名で交代で使っていて耐久テストみたいな状態になっているから、一般的な使い方ではないだろう。ひとりで普通に使う分には大丈夫だと思う。

重量はファインダー付で3.8kg(実測値)。大きなレンズが重いため、重心が対物レンズのすぐ後ろになってしまい、そこが経緯台等への固定位置になる。すると天頂を見るために三脚を伸ばしておかないといけないため、弱い三脚では不安定になりやすい。ポルタ程度の強度があれば十分ではあるが、AZ-GTiの専用三脚では弱いと感じた。やはり水平を出すのが難しい。

さて肝心の導入精度だが、フォーマルハウトとカペラでアライメントを取り、すばるを導入したらファインダーには入ったが本体の24倍(セットの25mmアイピース使用)の視野からは外れていた。次にM31アンドロメダ銀河を導入したら、まわりが明るすぎてファインダーに入っているかどうかの判別がつかず失敗。もう一度アライメントを取り直して、すばる、M31といったら今度は本体の視野の端に引っかかったので確認できた。そのまま二重星団を導入したらファインダーには入ったが本体はぎりぎり外れた。

そのまま天王星を導入したら、ファインダーには入っていた。ただしファインダーではどれが天王星かわからないので、本体で倍率を上げて確認した。海王星は12cmでは歯が立たないので、どれが海王星かわからずじまい。アンドロメダγはファインダーにも入らず。アルビレオもファインダーに入らず。

導入精度がいいのか悪いのか、今回は判別できなかった。たぶん鏡筒の重量で水平が取れてない可能性は大きい。導入精度を確認するには、販売店でセット販売されているような口径10cm程度の鏡筒を使わないといけないだろう。あるいは三脚を強化するとか。大きな鏡筒の時はバランスウェイトを付けてバランスを取るという手もある。

ついでだが、ビクセンのGP用三脚が使えるか試したが、赤道儀の東西を微調整するための突起が邪魔をして、まったく取り付けられなかった。取り付けネジもすこし短かったので、突起がなくても無理そうだ。何か使えそうな三脚を探さなくては。


by anettait | 2018-09-10 22:34 | 自動導入機 | Comments(0)  

AZ-GTiで遊ぶ(1)

最近はやりのAZ-GTiを買ってしまった。ちょうど販売店が決算セールで安くなっていた。三脚分がタダになる値段だったんだ。これは買うしかないと思った。どうせいつかは買おうと思っていたし。

それにしても届くまでに時間がかかった。注文したのは胎内星まつりの直前という、いや開催中だったか忘れたが、とにかく販売店が非常に忙しい時期だったと思う。発送連絡が来ないうちにホームページの方では「売切・次の入荷は11月の予定」と出たのでがっかりしてたら発送連絡が来た。

今年は台風が多く、台風になり切れない熱帯低気圧も多いので天気が悪い。だから試用するのにも時間がかかった。しかもこのためにガラゲーからスマホに急いで変更したのに、スマホでは接続できず。前から使っていたアンドロイド4.2くらいの古いタブレットで接続することができた。スマホはいまだに接続できない。
a0095470_00334227.jpg
まあそれはいいとして、最初に今はなきビクセン工業(AD-VIX)で買った9cmマクストフを載せたら、アライメントで鏡筒がいきなり下を向いた。どうやら鏡筒の取り付け方向が逆だったようだ。取説が英語だったので面倒で見てなかったから失敗してしまった。
しかしちゃんと取り付けたらファインダーが下側になり、非常に使いにくいのでこの鏡筒はパスした。上部についている第二接眼部も真横になってしまい、これまた使いにくい。
a0095470_00333408.jpg
次にHeritage P130を載せてみた。軽量伸縮式ニュートン鏡筒だが、口径は13cmあってそれなりに見える。前に使ったのはブログによると1年前みたいだ。
雲が多くてきちんとしたアライメントは出来なかったが、ファインダーに入るだけの導入精度はありそうだ。もしかしたら低倍率の視野には入るかもしれないが、ちゃんとしたアライメントが出来なかったのでその判断は次回に持ち越し。導入した天体はしっかり追尾する。火星を280倍でしばらく見ていても、視野から出ない。
a0095470_00332886.jpg
ところでこの鏡筒をこの架台で使うと、接眼部が真上に来る。高度の高い天体は、大人はいいが子供にはすこし厳しい。光軸をきちんと合わせたら火星も280倍でよく見えたがデジカメが付かない(付けたらたわむ)接眼部なのが残念。接眼部のヘリコイドも荒い。詳しく知りたい人は昨年9月の記事を見て欲しい。

今回は鏡筒が2.8kg、架台が三脚込みで3.8kg。合計6.6kgなので国内線の重量制限も余裕でクリアできそうだから、去年10月末の追加料金を取られるようなことはないはずだ。あれは20cm旅ドブと三脚2本とカメラ一式を持っていったせいだが。

さてしばらくAZ-GTiで遊べそうだ。それにはとにかく晴れてくれないと。


by anettait | 2018-09-09 00:43 | 自動導入機 | Comments(0)  

15cmF5アクロマート屈折で惑星を撮ったら茶色に写った

15cmF5アクロマート屈折は眼視用の設計である。アクロマート屈折は元々色収差が大きいが、短焦点化することでさらに色収差が大きくなる。そこで青の波長を無理に補正せず、逆に青を大きくぼかすことで残りの波長でシャープに見えるようにした、とかなり前にどこかで読んだ。
短焦点アクロマートで星を撮影すると星のまわりに紫色~青のニジミが写るのは、そういうわけだと私は理解している。
a0095470_23013366.jpg
先日の惑星観望では火星や土星では色収差はあまり気にならなかったが、撮影したらどうなるかということで試してみた。

さて使用機材は前回と同じ15cmF5アクロマートだ。確か笠井トレーディングで扱っていたシュワルツ150sという商品名だったと思う。いや中古なので確実ではない。同じ製品が別の望遠鏡販売店でも売っていたのを覚えている。うちにあるもう1本はそれだったかも。
赤道儀はタカハシのEM100だ。撮影するのでビクセンのGP赤道儀では力不足。

まず木星。直焦点では露出オーバーなこともあって青ハロがすごい。下の画像は中心部だけトリミングしてある。
a0095470_23010475.jpg
木星の拡大撮影。1コマ撮影で画像処理はトリミングのみ。眼視と違いかなり茶色っぽい。台風は近いし木星の高度が低いのでシーイングは悪い。
a0095470_23011011.jpg
眼視だと下の画像のようにまわりの青ハロが目立つ。
a0095470_23011505.jpg
次に土星。やはり茶色。元々土星は黄色っぽいのであまり変わらない。
a0095470_23012004.jpg
火星。眼視では先日は大シルチスがわかったが、今回は何かあるという感じ。雲が出て条件は悪かったので、撮影画像もそれなり。
a0095470_23033156.jpg
火星の赤いニジミは、赤成分が多いのと火星が非常に明るいためだと推測。木星では見られなかった。
a0095470_23012980.jpg
ついでにベガも撮ってみた。露出をかなりかけたら、大きく青く写った。上の縞の写っている木星がISO4000に30分の1秒程度に対し、下のベガはISO6400に1秒露出だ。
a0095470_23013712.jpg
大口径の短焦点屈折は撮影には適さないのがよくわかった。惑星が茶色なのも、青い波長をぼかしているために本来の色から青を抜いた色で写っているんじゃないかと推測できる。

惑星観察には不利だが、火星や土星にはあまり影響なさそう。また、ベガはとてもきれいだった。これですばるを撮ったらきれいに写りそうだ。

ところでこういう望遠鏡はどんな人に向くのかを考えてみた。
1.色収差愛好家
2.双眼望遠鏡の素材を探している人
3.大口径で星雲や惑星も見たいけど反射の光軸修正がいやな人
4.屈折望遠鏡収集家
5.いろんな望遠鏡の見え方を確認したい人

私は2番だが、アクロマートの色収差は許容範囲なので、1番にも近いし5番も近い。
この鏡筒の重量は6.5kgで、ケンコーのニュートン反射の15cm(5kg)と20cm(9kg)のだいたい中間だ(重量は実測値)。ビクセンのGP赤道儀に載せられるぎりぎりの重さ(眼視限定)。私なら少しでも大口径がいいので、値段の安い20cmニュートンにすると思う。GP赤道儀では風でゆれるけど。

by anettait | 2018-09-03 23:55 | 屈折望遠鏡 | Comments(0)  

15cmF5アクロマート屈折で惑星を見る

15cmF5アクロマート屈折鏡筒は、7,8年間まではいくつかの望遠鏡販売店で普通に売っていたが、ここ数年はなぜか見かけなくなったと思ったら最近シュミットでおしゃれなカラーリングのものが販売されるようになった。うちには7,8年前に中古で買った真っ黒なものが2本ある。
a0095470_16442640.jpg
スペックから想像できるように青の色収差がすごいのだが、これは眼視専用設計だから仕方がないのだろう。口径15cmの集光力は、色収差も目立たせてしまうからだ。

15cmF8の長い鏡筒も持っているが、色収差はF8の方がだいぶ少ない。ただしF8は架台も丈夫なものが必要になり、その点F5ならポルタは無理だがGP赤道儀で眼視だけなら大丈夫だ。もちろんF5でもそれなりに重量はあるが、F8ではGPでは無理でEM100クラスでどうにか、できればEM200が欲しいところ。しかもF8は長いので天頂が見えにくい。

F5は星雲星団向きだとは思うが、今回あえて惑星を見てみた。当然だが白くて明るい木星は色収差がすごい。しかし土星は青成分が少ないのか、色収差があまり気にならない。火星も同様の傾向だが、逆に火星の輪郭に赤の色にじみが目立った。ただし200倍以上での話。それよりも大シルチスがよく見えたのには驚いた。砂嵐も収束に向かっているようだ。

前から気になってはいたのだが、中古で買った2本の高倍率性能(200倍以上)に差がある。1本は2.3mmアイピースを使っった326倍でもきちんと見えるのに対し、もう1本は4mmアイピースの187倍から光軸がややずれているのがわかる。

どちらも中古なので、前の持ち主の扱いによるものか、元々の個体差なのかはわからない。接眼部のガタでもこのレベルの光軸不良は出ることがあるので、修理が可能かもしれないがまだ原因は確認していない。

元々双眼望遠鏡を作るつもりで入手したのだが、いまだに完成していない。いやいつになるのやら。双眼望遠鏡で常用する低倍率ではこの個体差は関係なくなるはずなので、あまり気にはしてないが。

by anettait | 2018-09-02 17:00 | 屈折望遠鏡 | Comments(0)  

スカイメモSで遊ぶ

最初に書いておくが、これはメーカーの想定外(たぶん)の機材マニアの遊びなので、初心者はまねしないように。

ケンコートキナーのジャンク品でスカイメモSの本体を一昨年くらいに入手して以来、ネットでちまちまと部品を買い集めていたら、いつの間にか専用三脚以外のスカイメモSが一式そろってしまった。
できれば安いジャンク品をと思ったが部品はすぐに売れてしまうので、大手カメラ店等のネット販売を利用してポイント等も使ってできるだけ安く買い集めた。

一式そろえたのは、そうでないとスカイメモSはその性能を発揮できないと考えたからだ。まずバランスが合わないと撮影に失敗する。これは去年のオーストラリアで痛感した。また、一式そろえば普通の赤道儀として代用できるかもという期待があったからだ。

というわけで旅ドブを載せてみた。これがうまくいけば、オーストラリアで数秒の短時間露出でも20cmF4鏡筒で撮影できるのではないかと思ったからだ。
a0095470_21080915.jpg
しかし誰が考えてもこれは無理だ。実際に載せてみて、それはすぐにわかった。まず、緯度調整用の微動雲台の強度が絶望的に不足している。5kgの鏡筒に3kgのバランスウェイトが必要なので、まず無理だ。しかも赤経クランプが強度不足で回しにくく使いにいので、狙ったところで固定するのは無理だ。さらに風にとても弱い。いや風が吹かなくてもぐらぐら揺れる。でもどうにか月を撮ってみた。
a0095470_21075742.jpg
いちばん上の画像のように雲が多かったので、2枚合わせて比較明合成で雲の影響を少なくしてみた。そしてアンシャープマスクとコントラスト調整でごまかす。月を真ん中に持ってきて撮影するのはけっこう難しかった。
a0095470_21074041.jpg
口径7cmの短焦点屈折なら大丈夫そうだが、これで直焦点撮影できるかといえば無理かも。試してないので印象だけで言っているが。
a0095470_21074550.jpg
口径8cmF7屈折鏡筒くらいからは重量オーバーな感じ。こういう使い方はしない方がいいと思う。

普通なら追尾精度等の検証に行くと思うが、そこは興味がないので私はやらない。上の鏡筒では追尾が無理なのはわかっているし。


by anettait | 2018-08-28 21:21 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

ポルタ70Lfで火星を見る

そういえば口径7cmくらいで火星を見るとどう見えるのかを確かめたくなったので、ポルタ経緯台に同じくビクセンの70Lfという鏡筒を載せて見てみた。
a0095470_17574261.jpg
たしかこの組み合わせで以前は販売していたと記憶しているのだが、現在は70Lfにセットされる架台はミニポルタかモバイルポルタになっているようだ。モバイルポルタは最近出たばかりで、まだ現物を見たこともない。

まあそれは置いといて、口径70mm、焦点距離900mm(F12.9)もあれば大接近中の火星はちゃんと丸く見える。今回はNLV5mmを使ったので、なんと180倍。火星だからこそ許される過剰倍率か。思ったより大きく、よく見えた。模様も見えるのではないかと思ったが、大砂嵐のせいかはっきりしない。でもこれだけ大きく見えれば十分。

ポルタはしっかりした架台なので、この程度の重量では余裕だ。おそらく口径10cmF10程度の屈折でも余裕だろう。ケンコーの12cmF8鏡筒はぶれてちょっと厳しかった。

70Lf鏡筒の問題は、何といっても安っぽいファインダーだ。ネジがプラスチックなので、すぐに磨り減って役に立たなくなる。「初心者はネジを見ると力いっぱい締めるものだ」ということをメーカーは知らないのだろうか。ファインダーの見え方もあまりよくはないが、肉眼よりは見える。

このファインダーは脚に覗き穴が開いているので、簡易ファインダーとしてある程度は機能するので、それを知っていれば何とかなりはする。

メーカーで鏡筒先端あたりにもうひとつ穴の開いた小さい板を追加して、ラプトル風(またはライフルの銃眼風)の素通しファインダーにすれば初心者は使いやすいと思うのだが。慣れれば普通のファインダーとして使えばいい。

あるいは最近ビクセンから出た超低倍率アイピースとのセット販売。ファインダーは理解した人のみ使うということで。
初心者がファインダーを使いこなせないという事態を改善するためにこのアイピースが出たと思う。ただこのアイピースの実物を見ていないので、実際に使えるものかどうかはわからない。視野は狭いみたいだ。
いっそのこと、素通しファインダーと超低倍率広視界アイピースのセットにしたらいいんじゃないか。従来のファインダーのコストをアイピースにかける。

ここまで考えて、実は望遠鏡を扱うのは普通の人にはけっこう難しいのではないかと思えてきた。ファインダーを何とかしなければ。あるいは誰かが教えるとか。


by anettait | 2018-08-06 18:20 | 初心者用望遠鏡 | Comments(0)  

セレストロン マクストフ13cmで火星を見る

惑星観望にどうだろうと思って、倉庫からちょっと古い鏡筒を出してみた。

セレストロンのマクストフカセグレン130だ。正式な商品名は忘れてしまった。ネットで軽く検索してみたが、現在は販売していないみたいだ。
a0095470_16251500.jpg
口径130mm、焦点距離は2000mm、なんと2mもある。F15.4になるので、スペックから考えても月・惑星専用みたいなものだ。付属アイピースの32mmで62倍。接眼部はアメリカンサイズ専用なのでこれ以上倍率を下げるのは40mmアイピースを買い足すしかないが32mmと大差ないはず。最低倍率で満月が視野からはみ出すレベル。星雲星団には向かない。逆に高倍率を出すのは楽。
a0095470_16250123.jpg
重量はなんと4.8kgもある。スペックで近いskywatcherのMAK127mmマクストフカセグレンは焦点距離1500mmで3.3kgなので、こちらは重すぎる。15cmシュミカセのC6と同じくらい重い。
a0095470_16250756.jpg
接眼部は内臓ミラーを操作することで光路を90度曲げることができる。それで直視と上からの2種類の見方ができるようになっている。たとえばアダプターを探してくれば直視に惑星用カメラを付けて、上で視野中心に導入ということが可能。デジ一眼が付くかどうかはアダプターを見つけきれるかによる。付属の45度プリズムは真ん中に線が見えて性能はあまり良くない。普通の天頂ミラーを取り付ける工夫をした方がいい。
a0095470_16252247.jpg
気になるのは接眼部の2箇所とも防塵のためかフィルターが入っていること。(上の画像ではカメラがフィルターに反射して写っている)これが見え味に悪い影響を与えるんじゃないかと気になる。
しかし昨日ためしに火星を227倍で見てみたら、雲間からではあったがわりとすっきり見えた。まあ光学フィルターが1枚入っていると思えばいいのか。眼視性能はそこそこ高い。雲に入って輝度の落ちた火星の表面模様がうっすら見えた。

焦点距離が2mあるので高倍率を出すのは簡単。手元のズームアイピース8.8-22mmでは、91倍から227倍という、かなりの高倍率になる。

この鏡筒で問題なのはアリガタの位置。ポルタ等のフォーク式経緯台に載せると、上の接眼部が真横になってしまい、意味がなくなる。しかもファインダーは下になるので非常に使いづらい。
最低倍率が高い鏡筒なので、できればファインダーを生かしたいところだ。だからこの鏡筒はポルタ等のフォーク式ではなくGPのような赤道儀に載せて使いたい。
まあ赤道儀でもドイツ式ならファインダーが下側になることはあるんだけど。

口径が13cmしかないのに重さが5kg近いというのが難点だな。どういう人に薦めたらいのか悩む。
惑星観望に関しては廉価版F5ニュートン(ビクセン等)の13cmよりは上だと感じた。光軸を合わせる機構がないけど光軸が合っているのが楽でいい。ミラーシフトも少ないところを考えると、月惑星には接眼部がガタガタのケンコーSE15cmよりも気持ちよく使える。星雲星団では負けるけど。

ただし今これを買った方がいいかと聞かれれば、skywatcherのMK127にすればと答えると思う。あちらの方が性能はほぼ同じではるかに軽い。架台や運搬時の負担が減る。まあこれはもう売ってないけど。


by anettait | 2018-07-22 16:42 | 天体望遠鏡 | Comments(0)