タグ:天体写真 ( 8 ) タグの人気記事

 

Windows10標準のフォトで天体写真を画像処理してみる(手順説明)(長文注意)

天体写真の画像処理ができるソフトで無料で簡単なものはないかという質問が時々ある。

つい最近も天文雑誌ではPhotoshopLEなどが紹介されているが、初心者だと「1万円近く払っても使いこなせないのでは」という不安があるらしい。
フォトを使って、とりあえず星がはっきり出るような処理ができる、ということについ最近気づいた私は、自分が忘れないよう記事にしてみた。

想定しているのは以下のような初心者だ。スマホで天の川を撮ろうという完全一般人か超マニアは想定外。数年以内にスマホで天の川が撮れる時代になるとは思うのだが、今はまだ無理だはず。で、今回の条件は
1.星が写るデジカメ(デジ一眼またはミラーレス)を持っていること。
2.そのデジカメで星を点像に撮ることができること(画像処理の素材を撮れること)
3.windows10のパソコンを持っていて、その基本操作ができること。

Windows7についてはきっと誰かが書いていると思うのでパス。天体写真の撮り方はビクセンとか他のサイトにあるので、そちらを参考にしてほしい。

さて、まずはフォトを起動して、処理したい画像を表示する。私の場合は画像一覧から処理したい画像をダブルクリックするとフォトで立ち上がるので、どういうふうにそんな設定になるかは調べてない。

表示させたら、最初に画面右上の「編集」をクリックして編集画面に入る。下の画像で黄色矢印で指しているところだ。
a0095470_15445323.jpg
編集画面の最初の画面は自動補正や色補正になるが、自動では天体写真が白く飛んでしまうほどの処理がかかるので、右上のボタンをクリックして、調整画面に入る。
a0095470_15421054.jpg

実際の画像処理自体は、ほとんど下の調整画面でおこなう。「ライト」で明るさ、「明瞭度」で星の強調、「ふちどり」で周辺減光の調整をおこなう。「色」は色の濃さ調整なので、好みの応じて。
a0095470_15422178.jpg
調整してみた画像がこれ。
a0095470_15423569.jpg
背景の色が茶色っぽいので、どうにかしたい。光害が多い自宅での撮影なので仕方がない部分だが、どうにかしたい。そこで編集画面に戻って、青いフィルターをかけてみる。
a0095470_15500195.jpg
フィルターの種類は右側ボックスの中から選び、効果の調整は画面下のスライダーでおこなう。

左上の白いもの(自宅屋上にあるコンクリートの壁)が邪魔なので、切り取ることにする。
画面右上の「クロップと回転」をクリックしてトリミング画面に移る。
a0095470_15535974.jpg
左上をカットしたいので、画面左上の白い丸をドラッグして好きなだけ切り取る。
a0095470_15565650.jpg
これでだいたいできあがり。左上の白いものを切り捨てた。保存するには、右側の終了を押して編集画面に戻る。
a0095470_15580969.jpg
「コピーを保存」をクリックして、名前を付けて保存する。元の画像は変更しないまま、処理画像を別名で保存するのが画像処理の基本である。再度処理をしたくなった時や別のソフトで処理がしたくなった時のためでもあるが、オリジナルはそのまま保存するべきである。
a0095470_16031323.jpg
出来上がった画像がこれ。クリックで拡大画面に行くので、大きくして見てもらうと、はくちょう座からカシオペヤ座までの秋の天の川までが写っているのがわかるかも。中心上にはアンドロメダ銀河も。ちなみにこの日は透明度がとても良く、1年に1回見えるかどうかの秋の天の川が肉眼でうっすら見えた気がするほどだった。
カメラはα7s(APS-Cモード)、レンズはSIGMA14mmF1.8art。ISO8000、露出2秒。

欠点としては地上の風景が写っていて、そこそこ明るい場合は対応できない(今回もドームが明るくなってしまった)が、そこは仕方がない。それはちゃんとしたソフトでも難しい処理だし。

もうひとつ、処理してできた画像はJPEGで保存されるが、オリジナル画像よりファイル数が小さくなるので、確実に画質は低下しているはずだ。オリジナル画像を残しておくのはそういう意味もある。また、JPEGとTIFFは開くことができたが、RAW画像は開けないものもあるが仕方がない。





[PR]

by anettait | 2017-08-19 16:34 | 初心者向け画像処理 | Comments(0)  

SIGMA14mmF1.8 DG で流星を撮るとしょぼくなる

今回はうんちくが長いので、結論を先に書く。画角の広いレンズは流星がちっちゃく写るのでしょぼい。画像を見ればわかると思う。

さて、私がこのレンズを買った目的は、ただ単に欲しかったというだけではない。
流星をビデオで(α7sはデジカメだが)臨場感たっぷりに撮ろうと考えたからだ。

これまで私はシグマの20mmF1.8という古いレンズで流星動画を撮影してきた。このレンズは古いニコンマウントで絞りリングがついていてマウントアダプターでも使いやすいが、開放絞りでは星が三角に写るというどうしようもない欠点があった。しかし他に明るい広角レンズを持ってなかったので、仕方なく使っていた。
キャノン純正の24mmF1.4を中古で買ってはみたものの、高かったのに24mmでは画角が狭いことがわかり、かなりがっかりした。

サムヤン14mmF2.8も買ったが流星には暗い。これで流星となると、どうしてもシャッタースピードを遅くしなくてはならないので不自然な流星になる。そこに出たシグマ14mmF1.8だ。買わないはずがない。かなり無理したけど。
a0095470_00101810.jpg
このレンズ、画角がとても広いので、APS-Cのクロップ撮影をすることにより、α7sの欠点である超高感度時(ISO10万以上)の画面左側の熱ノイズを画面から切り捨てることができるのだ。それでも20mm相当の画角を確保できる。感度を上げることでシャッタースピードが稼げ、自然な流星が撮れる。

今年のペルセウス座流星群は体調も悪いので自宅撮影。ついつい欲張ってフルの画角で撮影してみたら、流星がちっちゃくしか写らない。
眼視ではけっこう見事な流星だったが、画像ではこれ。もっと小さい流星は、とても小さくなる。

本来なら輻射点を真ん中に持ってきて、放射状に出る流星群、という画像に向いている。
それはまたそのうちに撮ってみたい。

これまで使っていた20mmF1.8は、EOS5D3に使って静止画を撮っていた。こちらもartシリーズの20mmF1.4に切り替えたいところだが、もうお金がない。

[PR]

by anettait | 2017-08-15 00:19 | 交換レンズ | Comments(0)  

DOB GOTO12で星雲を撮る(3)

M20三裂星雲だ。眼視では青い星雲はとても見えにくかった。このカメラは天体用改造デジカメだからなのか、赤い星雲の方が写りがいい。
a0095470_23560423.jpg
ISO12800はこのデジカメの最高感度なので、ノイズがひどい。2コマコンポジットしているのだが、2コマではあまり改善されない。もっと撮影するべきだったな。

これでも10コマ以上撮影しているのだが、コマが近くて使えるのがこの2コマだけ。時間がたっているコマは画像回転が大きくなりコンポジットが面倒なので今回はパス。しかも途中で露出時間を延ばしたので、よけい流れている。

撮影画像をよく見ると、回転の中心が写野の右側にある。アライメントがちゃんと出来てないからか、それとも架台の水平が取れてないからか。今回はだいたい水平、という感じの設置で、水準器とかは使ってない。これまでも設置に水準器は1回も使ったことないけど。それがいかんのかも。

検討すべき課題はいろいろあるな。


[PR]

by anettait | 2017-07-24 23:59 | 自動導入機 | Comments(0)  

SkyWatcherDOB GOTO12で星雲を撮影してみる(2)

さて、実際に星雲を撮影してみた感想だが、導入が非常に楽だ。あたりまえのことだが。
特に肉眼で見えにくい星雲の場合は、デジカメと組み合わせることで探す負担がとても少なくなる。
つまり自動で導入、撮影してみて画像確認してから位置調整、再度撮影で構図を追い込む。

で、調子に乗って撮影しているうちに、追尾精度が気になってきた。露出は10秒から15秒なので、あまり影響はないかと思ったが、30cmF5となると焦点距離は1500mmもある。風でもぶれる。
ソニーα7sならわずか2,3秒なので気にしないが、今回は星雲専用の天体改造デジカメ、今は無きスターショップで中古で買ったkissX6iだ。最高感度12800までしかない。とりあえずひたすら撮ってあとで考えることにした。

帰ってパソコンモニターで確認すると、びっくりするような流れ方をしていた。赤道儀なら同じ方向に流れることが一般的だが、経緯台の自動追尾はかなり複雑な動きをしているみたいで、流れる方向がばらばらだ。

下はその比較画像。連続して撮影した4コマの中心部分、NGC6530というM8干潟星雲の中にある散開星団を100パーセントで表示してある。4コマ合計で撮影に1分かかった。わずか1分の間に、架台はこれだけ細かい動きをしているわけだ。
a0095470_21545841.jpg
最初の1コマはまあいいとして、その後の3コマは使えない。観望会で惑星を見ていても、けっこう雑な追尾をしているなと思う。土星が300倍の視野の中で、上下左右に動いている。視野から出ることはあまりないので、観望会には十分だし、値段から考えてもこれ以上を望むのは酷だと思う。
a0095470_21550405.jpg
上の画像は、使える2コマをコンポジットした。経緯台だからなのか、視野回転も大きく、撮影画像をコマ送りで見てもすぐにわかるレベルだ。この望遠鏡で星雲を撮影するなら、高感度で短時間露光して多数枚コンポジットがいいのかもしれない。感覚的には、13秒露出で10枚撮影して2、3枚は使えるような感じ。資料用画像を撮るなら、これで十分な気はする。作品撮りする人には向かないと思う。

本気で楽に撮ろうというなら自動導入赤道儀だな。まだ試したことはないけど、ステラショットというソフトもアストロアーツから出ているようだし。





[PR]

by anettait | 2017-07-23 22:10 | 自動導入機 | Comments(0)  

DOB GOTO12 で星雲を撮影してみる(1)

今年の夏は異常に暑い。それは高気圧の中心が沖縄本島近くにあり、風が弱いが原因ではないかと思っているのだが、とにかく暑い。沖縄本島で34度超なんて聞いたことがない。晴天も長続きしすぎる。

まあ同じことが原因なのか、最近空の透明度が異常にいい。だから自動導入ドブを持って撮影にでかけた。
a0095470_21053863.jpg
機材はSkyWatcherDOB GOTO12。ドブソニアンの形をした自動導入経緯台。本来のドブソニアンは気軽に使える簡単架台のニュートン式だが、この機種は最初にコントローラーの設定が必要という点からして本来のコンセプトとはだいぶ違う製品だ。気軽に振り回すのではなく、選択した天体を望遠鏡の方で導入してくれる点も、本来のドブソニアンとは違うと思うが、そこは今日の話題ではない。

一昨年も30cmの自動導入DOBを使っていて、それはDOBGOTO8の架台を改造して自作30cm鏡筒を載せたものだが、使っているうちに調子が悪くなった。改造の精度(板の取り付け角度とか)が低すぎたため、導入に非常に迷うようになったのだ。それで架台は20cm用に戻した。

それでも30cmクラスを観望会で使いたいので、展示品の処分品が出たので買ったのだった。このシリーズは40cmも35cmも使ったが、どちらも運搬は無理。25cmも所有していたが架台にクランプがないので私のやり方では使いにくく、人手に渡った。ということでベストはGOTO12かな、と思った。

しかし実際使ってみると架台も鏡筒も重い。できれば25cmの架台にクランプをつけて欲しい。たぶんそれが中高年天文マニアのベストになると思う。架台の重さが25cmと30cmでだいぶ違う。
ということで1年くらいつかってなかったが、先日のKAGAYA観望会で久しぶりに使ったらなかなかいいので、また使い出した。

導入精度はまあまあ。地面の水平も含めてちゃんと設定すれば、M4を見たあとで50倍の視野にM57がちゃんと入ってくる。口径があるので、星雲星団はよく見える。ただしM7は視野からはみ出す。惑星は楽勝だ。

長くなったので次の記事へ続く。


 

[PR]

by anettait | 2017-07-23 21:12 | 自動導入機 | Comments(0)  

南の海に流れ込む天の川

海の日なので、海が写っている星景写真を掲載する。とはいっても写っているのは南の水平線がちょっとだけなんだが。銀河系の中心方向を見ているイメージで撮影してみた。
a0095470_00162983.jpg
これは金曜日に糸満市で撮影したものだが、2010年のちょうど同じ時期に同じ構図、同じ場所で撮影したものが当時の記事にある。

その時の画像はいまいちだった。それから7年がたちデジカメも進歩し、レンズもさらに広角を買ったので再び撮影に行った。

いやもっと前に撮影に行きたかったのだが、天気や月齢や用事や仕事やいろいろあって今年になった。やっと撮れた、という気分だ。

ただし今回は草が伸びすぎて水平線がほぼ隠れてしまっているので、実はまだ不満だ。イメージしたのと少し違う。

元ネタはもっと昔、30年くらい前にフィルムで撮影した写真なのだが、どこにいったのかわからない。あの時は透明度も良く、超高感度フィルムにタムロンの初期の広角ズームレンズだったのにもっとちゃんと写っていたような・・・。安いズームレンズなので明るい星は三角になっていたが・・・。時の流れで記憶が美化されているのかもしれない。

星景写真はもっといろんな構想があるのだが、天気や月齢に左右されるので、なかなかタイミングよくいかない。まあ気長に撮っていくしかないな。


[PR]

by anettait | 2017-07-17 00:25 | 今週の一枚 | Comments(0)  

天の川手持ち撮影

職場の打ち上げで時間を取られてしまい、撮影場所に着いたのは月出の1時間前だった。
雲ひとつない快晴だが透明度は期待したほどではない。海辺だから仕方がないか。急いで機材を広げ、撮影した。その後下弦前の月が出たので撤収。

車に乗り込む時になんとなく南を見たら、ちょうどいい感じでアダンの木と天の川が並んでいたので手持ちで撮影した。
a0095470_13363727.jpg
天の川が手持ちで撮影できる時代になったとは。超好感度の荒い画質は仕方がないとしても、デジカメの進歩は実に素晴らしい。誰でも手持ちで天の川が撮れる時代まで、もう一息だな。

今でも三脚使えば普通のミラーレスでも撮れるけど、普通の人は三脚持たないし。
オートフォーカスで星にピントが合うのも必要な機能だな。高級機なら前から可能だったけど。



[PR]

by anettait | 2017-07-15 13:47 | 星の風景 | Comments(0)  

M51

連休の深夜、ほぼ1年ぶりにグスクロード公園に行って撮影してみた。

自動導入はものすごく便利で、高度30度程度の星雲も余裕で見つけてくれる。自力ではまず不可能なレベルだ。
a0095470_2213973.jpg

画像のM51は眼視では小さい方がわかりにくかったが、高性能デジ一眼の10秒露出で簡単に写った。
この画像は3枚コンポジットだが、経緯台なので周辺の星が回転して、うまく重なってくれない。
撮影対象は画面の中央に置かないと、後処理でかなり苦労することがわかった。

この程度写れば、超新星捜索も可能な気がする。ただし撮影できる環境に移動するのが年に2,3回がやっとでは、比較するデータの取得すら無理だろう。
[PR]

by anettait | 2014-03-26 22:06 | 銀河 | Comments(0)