人気ブログランキング |

タグ:反射望遠鏡 ( 18 ) タグの人気記事

 

なんちゃってR200SSの筒で遊ぶ(2) AZ-GTiに載せて月を撮る

晴れたので「なんちゃってR200SS」(と命名した)で月を撮ってみた。架台はAZ-GTi。
鏡筒が7㎏なので、明らかに重量オーバー。メーカーでは5㎏までとしている。しかしバランスウェイトをつけて使ったらちゃんと月を導入した。バランスウェイトなしでは倒れやすくなり危険かも。
a0095470_23100703.jpg
今回は延長筒を使わなかったのでバーローレンズがずれたのか、微妙に片ボケしている。
a0095470_23103044.jpg
重量オーバーなので風ですぐ揺れる。観望会で使うには厳しい組み合わせだな。
自分ひとりならどうにでもなるけど。


by anettait | 2019-09-19 23:20 | 自作望遠鏡 | Comments(0)  

ビクセンR200SSの筒で遊ぶ

先日、ビクセンの短焦点ニュートン反射、R200SSの筒だけを入手した。もちろん中古。

旅行用望遠鏡の部品にする予定だったが、アルミ製で軽かったので、ちょっと気が変わって、以前から持っているが重くて使わないGINJI-200FNの部品を付けてみることにした。
a0095470_23395559.jpg
スペックはまったく同じ200mmF4ニュートンなので、もしかしたら部品の共用ができるかも、という気がしたのだ。
鏡筒の直径はほぼ同じなので、主鏡セルはきついけど入った。接眼部は取り付けのねじ穴の位置が微妙に違うが何とかなった。
問題は斜鏡セルだ。R200SSはトップリングと斜鏡スパイダーが一体化している構造なのでGINJIとは共用できないし、その部品もない。でもGINJIのスパイダーはR200SSの筒にドリルで穴を開けたら簡単についた。接眼部との位置関係も問題なさそうだった。
a0095470_23405353.jpg
2時間程度で部品交換はできた。ただ、R200SSで特徴的なスパイダー一体型トップリングがないので、筒先がゆがんで円になってない。GINJIのトップリングは筒先の長さが足りず取り付け困難。ここは後で考えるとしよう。
a0095470_23413906.jpg
ここまでやって、重量を計ってみた。GINJI-200FNは光学系、鏡筒バンド込みで8.6㎏(カタログ値)。今回のR200SSもどきは光学系込みで7.0kg。この差は筒本体が鉄かアルミかの違いにある。それにトップリングのあるなし。

本家ビクセンのR200SSは7.2㎏(カタログ値)。なんだか強度を考えたらR200SSの中古を買えよという結論になりそうだ。しかし今回はちょっと違う。このアルミ筒はスーツケースに入れるには1cmだけ長いので、その分をカットして完成なのだ。お金をかけてちゃんとした筒を買ってカットするのは気が引ける。
a0095470_23423151.jpg
せっかくなので雲越しに月を撮ってみた。ミラーレスでは延長筒が必要な構造になっていて、やや使いにくい。一眼レフでの撮影を想定した鏡筒なので仕方ないが、鏡筒を1cmカットするともっと使いにくくなりそうで、ちょっと考えてしまう。

by anettait | 2019-09-16 23:51 | 自作望遠鏡 | Comments(0)  

Ninja320で木星土星M57を撮る

さて今日も休みだったのでNinja320の主鏡を組み直して、木星と土星を撮影した。
a0095470_01192977.jpg
光軸は木星の衛星で調整。割とちゃんと合わせた。でもシーイングはもうひとつで、ポンセットマウントのセッティングもいまいち。撮影結果もよくない。
a0095470_01195725.jpg
土星も写野からあっという間に逃げてしまい、この画像は170コマの短い動画から作った。その割には写りはいい。
a0095470_01203189.jpg
透明度は良かったので星雲はどうかとM57を撮ってみたが、風が強くてぶれてしまい、4秒露出で成功した2コマだけをコンポジット。光害地だが色が出ているのでよしとする。青すぎるけど。

M57も木星土星も眼視では昨日よりもよく見えていたが、この直後に大きな雨雲が来て撤収。自宅なのですぐに片づけられるのは楽だ。本当は空の暗い場所で撮影するつもりだったが、天気もいまいちだし腰も完全ではないので我慢した。

Ninja320は実にいい望遠鏡だと再認識した。性能は確かだし腰にやさしいし組み立て分解があっという間だ。Ninja400か500も製造中止前に買っておけばよかった。でもすぐに買える値段ではなかったし、10年前は腰も痛くなかったし。

by anettait | 2019-08-26 01:44 | Ninja320 | Comments(0)  

使用望遠鏡がだんだん小さくなる話

最近使用する望遠鏡の口径がだんだん小さくなってきた。
理由はもちろん腰痛だ。重い望遠鏡が持てない、いや持つ気がしない。
今月初めまでは口径50㎝を使っていたが、前回は25㎝と20㎝、今回はついに13㎝だ。
a0095470_23252919.jpg
スカイウォッチャーの口径13㎝ニュートン反射を同社のAZ-GTiに載せたもの。
軽くて非常に快適。ただし今回はなぜか導入精度は悪かった。

まずファインダーでM57を導入して撮影してみた。焦点距離650㎜では小さくしか写らない。
a0095470_23251210.jpg
仕方がないのでM57の部分を等倍切り出し。露出4秒なのに、なんと中心星らしきものが写っている?写っているコマが2に対し写ってないコマ多数なので、これは調査が必要。
a0095470_23252501.jpg
ついでに月も撮った。なかなかシャープだがやっぱり小さい。
a0095470_23253320.jpg
だからトリミング。こちらは等倍ではなく70パーセントくらいに縮小した。
a0095470_23253770.jpg
土星も見たんだが、撮影はしてない。200倍でなかなかシャープに見えた。高倍率ではピント合わせでぶれるので、マイクロフォーカス接眼部がとても便利。

離島などに持っていくにはとてもいい組み合わせ。でも撮影するならスカイメモRS持って行った方がいい結果になりそうなのは確かだ。撮影だけなら。

腰痛は良くなっているのだが、重い大口径はまだちょっとこわい。



by anettait | 2019-08-22 23:33 | 天体望遠鏡 | Comments(4)  

DOB GOTO8で月を撮る

やっと晴れたので、自動導入のDOBGOTO8を出して、月を撮影してみた。
a0095470_23574193.jpg
直焦点はなかなかシャープ。2倍バーローでも撮影した。
a0095470_23594583.jpg
主鏡はF6なので像もシャープだ。なかなかいいが、追尾は安定したりしなかったり。南西と東の方向に鏡筒を向けると、カタッ、カタッと追尾が引っかかるような音がする。一応追尾はしているが間欠的というか、何か引っかかっている感じ。
a0095470_23572426.jpg
今回は光軸は割と合っていた。鏡筒の伸ばし方で変わる可能性も十分ある。
追尾が安定してくれると非常にいい機材になるのだが。


by anettait | 2019-03-20 00:02 | 自動導入機 | Comments(0)  

AZ-GTiで遊ぶ(9) ミード150Makを載せてみる

晴れたので、久しぶりにミードの15㎝マクストフカセグレン、150Makを載せて使ってみた。
販売元のデータでは5.1kgだが、2インチ天頂ミラーが重いのでもう少し重いはず。経緯台の搭載重量を少し超えるので、最初からバランスウェイトを使った。
a0095470_22071448.jpg
かなり重そうだが、とりあえずちゃんと動く。自動導入で目標天体はファインダーの視野内には十分入るが、アイピースの視野内には入ったり少しずれていたり。
焦点距離が1800mmもあるので、15cm短焦点ニュートンと同じアイピースを使っても倍率は2倍以上高くなるので視野に入りにくいのは仕方がない。25mmアイピースで73倍になるのだから。
a0095470_22065874.jpg
ファインダーの位置が下になるので、その点は不利だが使えないことはない。ただ倍率が高くなりがちなのでファインダーは大事だ。使いやすい位置にファインダーを付けた方がいい。
a0095470_22070631.jpg
もうひとつ気になったのが、鏡筒が太いためにアリガタを固定するネジが鏡筒に干渉して締めにくいこと。長いネジに変えれば大丈夫。

実際に天体を見てみると、250倍くらいの高倍率で微振動が気になる。5mmアイピースで360倍になるとリゲルの伴星はよく見えるが、ひどい振動だ。焦点距離が長いせいで倍率がやたらと高くなりすぎる。重量オーバーと太い鏡筒、長い焦点距離はすべて風の影響を受けやすく、この架台には厳しい。

マクストフカセグレンなら127mmまでにした方が実用的だし、15㎝を使うならビクセンの軽量15㎝ニュートン(昔のやつ)がぎりぎり許容範囲で、余裕を持ってニュートンを使うなら13㎝程度にした方がいいと思う。

150Makを使いたいなら高倍率で惑星を見たいし、倍率を抑えてAZ-GTiで使うのはあまり意味がないと思うのだ。150Makにはもう少し大きい架台が必要だ。


by anettait | 2019-03-16 22:27 | 自動導入機 | Comments(0)  

観望会用に Skywatcher DOB GOTO8 を買った

最近、SkywatcherのDOB GOTO8の展示品を見つけ、急いで買った。
口径20㎝のニュートン反射で、架台はドブソニアンタイプの自動導入経緯台。
a0095470_22053015.jpg
このタイプを買うのは5台目で、時々使うものも含めれば口径20㎝から40㎝までのシリーズのすべての機種を使ったことになる。手放したものもあるが、重すぎてめったに使わない40㎝もまだ持っている。

以前この架台だけを買ってケンコーの20㎝を載せて使っているのだが、これが小学校等での観望会で実に使いやすい。この架台は重いのと鏡筒が手動で動きにくいという欠点があるのだが、それが観望会では利点に変わる。子供がちょっと押したくらいでは動かないので、実に安定した状態で使えるのだ。赤道儀に載せたケンコー20㎝ニュートンだと安定性に欠ける。

ということで、昨年末頃に観望会用にあと2台揃えて3台体制にしたいなと考えていたところ、先月末くらいに輸入販売元のシュミットのアウトレットコーナーに安い展示品が出たのですぐに注文した。3台体制なのは、沖縄の小学校は1学年3クラスというのが標準的だから。

さて口径20㎝F6なので光学性能は口径どおりなのはいいとして、うちのは架台の追尾がちょっと変だ。まだ2回しか使ってないのだが、高倍率で惑星を見ると、しゃっくりをするように惑星がピクリと動く。つまりスムーズに追尾できてない。
そういえば以前買った20㎝用架台も最初はそんな感じだったが、いつの間にか直ってしまったような気がする。あれは改造して30㎝を載せたりしていたから参考にはならない。
これが初期不良なのかはもう少し様子を見たい。なんといってもまだ2回しか使ってないし。

導入精度はまあまあ。ただ、30㎝と40㎝はもっと導入精度が良かったような気がするが、並べて比べたわけでもないので気のせいかもしれない。
a0095470_22051659.jpg
最も困るのが光軸修正のネジ。シリーズの他の機種と違い、ネジを手で回すことができない。下の画像は鏡筒底部のネジだが、このとおりプラスのドライバーと六角レンチが必要。これは実に困る。
a0095470_22052322.jpg
伸縮式ドブソニアンの宿命である使うたびの光軸修正。これが工具なしではできないというのは、大きな欠点だ。とても面倒。しかも工具が2種類必要。
もちろん低倍率では気にならないが、私のように常に200倍以上で惑星を見るとなると光軸のズレが気になってしょうがない。先日の木星撮影で光軸を調整できなかったのは、工具を探す時間が無かったからだ。そんなことをしてたら夜明けに間に合わない。光学性能はいいのに調整に手間がかかるのは実にもったいない。

ということで、20㎝も他の機種と同じように手で回せるネジに変えるべきだと提案したい。せめてプラスドライバー1本だけで済むようにするとか。間違えないためにネジの種類を変えているのかなとも思うのだが、そこはちょっと違うと思う。まあ私は自分でネジを付け替えようと思っているんだが。
a0095470_22051099.jpg
ところでもう1台同じものが安く出たら買う予定だが、これを買ったので今はお金がない。今年中に3台体制にできればいいかなと思っている。

架台の重さは20㎝も25㎝もあまり差はないので、25㎝の3台体制というのも考えた。しかし値段が違うし、そもそも今の車には25㎝3台は厳しいのでやめた。月、木星、土星なら20㎝でけっこう楽しめるし。でも迅速なセッティングが求められる平日の学校観望会で光軸修正に時間がかかるのはやはりいやだな。

by anettait | 2019-02-28 22:51 | 自動導入機 | Comments(4)  

セレストロン マクストフ13cmで火星を見る

惑星観望にどうだろうと思って、倉庫からちょっと古い鏡筒を出してみた。

セレストロンのマクストフカセグレン130だ。正式な商品名は忘れてしまった。ネットで軽く検索してみたが、現在は販売していないみたいだ。
a0095470_16251500.jpg
口径130mm、焦点距離は2000mm、なんと2mもある。F15.4になるので、スペックから考えても月・惑星専用みたいなものだ。付属アイピースの32mmで62倍。接眼部はアメリカンサイズ専用なのでこれ以上倍率を下げるのは40mmアイピースを買い足すしかないが32mmと大差ないはず。最低倍率で満月が視野からはみ出すレベル。星雲星団には向かない。逆に高倍率を出すのは楽。
a0095470_16250123.jpg
重量はなんと4.8kgもある。スペックで近いskywatcherのMAK127mmマクストフカセグレンは焦点距離1500mmで3.3kgなので、こちらは重すぎる。15cmシュミカセのC6と同じくらい重い。
a0095470_16250756.jpg
接眼部は内臓ミラーを操作することで光路を90度曲げることができる。それで直視と上からの2種類の見方ができるようになっている。たとえばアダプターを探してくれば直視に惑星用カメラを付けて、上で視野中心に導入ということが可能。デジ一眼が付くかどうかはアダプターを見つけきれるかによる。付属の45度プリズムは真ん中に線が見えて性能はあまり良くない。普通の天頂ミラーを取り付ける工夫をした方がいい。
a0095470_16252247.jpg
気になるのは接眼部の2箇所とも防塵のためかフィルターが入っていること。(上の画像ではカメラがフィルターに反射して写っている)これが見え味に悪い影響を与えるんじゃないかと気になる。
しかし昨日ためしに火星を227倍で見てみたら、雲間からではあったがわりとすっきり見えた。まあ光学フィルターが1枚入っていると思えばいいのか。眼視性能はそこそこ高い。雲に入って輝度の落ちた火星の表面模様がうっすら見えた。

焦点距離が2mあるので高倍率を出すのは簡単。手元のズームアイピース8.8-22mmでは、91倍から227倍という、かなりの高倍率になる。

この鏡筒で問題なのはアリガタの位置。ポルタ等のフォーク式経緯台に載せると、上の接眼部が真横になってしまい、意味がなくなる。しかもファインダーは下になるので非常に使いづらい。
最低倍率が高い鏡筒なので、できればファインダーを生かしたいところだ。だからこの鏡筒はポルタ等のフォーク式ではなくGPのような赤道儀に載せて使いたい。
まあ赤道儀でもドイツ式ならファインダーが下側になることはあるんだけど。

口径が13cmしかないのに重さが5kg近いというのが難点だな。どういう人に薦めたらいのか悩む。
惑星観望に関しては廉価版F5ニュートン(ビクセン等)の13cmよりは上だと感じた。光軸を合わせる機構がないけど光軸が合っているのが楽でいい。ミラーシフトも少ないところを考えると、月惑星には接眼部がガタガタのケンコーSE15cmよりも気持ちよく使える。星雲星団では負けるけど。

ただし今これを買った方がいいかと聞かれれば、skywatcherのMK127にすればと答えると思う。あちらの方が性能はほぼ同じではるかに軽い。架台や運搬時の負担が減る。まあこれはもう売ってないけど。


by anettait | 2018-07-22 16:42 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

20cmF6鏡を試す(1)

ガラクタパーツを集めた箱から、20cmF6の反射鏡が出てきた。これは5.6年前かもっと前に、笠井トレーディングのジャンク品か蔵出し品で入手したもので惑星用鏡筒NEROの主鏡ということだった。

ただしこれは負修正で規定の精度に達していないから安く放出したものだったはずだ。当時はこれで旅行用のドブソニアンでも作ろうと考えていたようなそうでなかったような。もう覚えていないが、だいたいそんな感じだろう。
そのままにしておくのももったいないので、どのくらい惑星が見えるのかを試してみたくなった。

とはいうものの直径20cm、焦点距離120cmの長さのパイプは手元にない。まわりを見渡したところケンコーのSE200Nの鏡筒が目についたので、それを使ってみることにした。F5とF6で20cm違うが、接眼部に延長筒を付ければピントは出ると思われた。

なんと主鏡セルはぴったり。主鏡の厚さがF6の方が薄いけど問題なかった。で、主鏡を鏡筒に組み込み、木星を見たがピントが合わないけどそれは想定内。ピントが合うまで延長筒をつないでいったら下の画像のようになった。
a0095470_15025968.jpg
ちょっと長すぎないか。延長筒+天頂ミラーの合計は30cmくらいになる。
木星を見たが、一応見えたというレベル。接眼筒がしょぼいのでピントが合わせにくく、主鏡自体の見え方の評価は無理だった。
a0095470_15025565.jpg
その後月に向けて、月を撮影して終わった。
a0095470_15025046.jpg
月もなんだか眠い感じだがちゃんとピントは出ているし片ボケもあまりない。この画像はリサイズとレベル調整のみ。アンシャープマスク等はかけてない。

アイピースが斜鏡からとても遠くなるので延長筒のたわみとかいろいろ不具合が出ているはずで、見え方の評価はちゃんとした鏡筒を作らないとできないような感じだった。双眼装置を使うにはいいかもしれないとちょっと思った。気が向いたらこの後も続くはず。


by anettait | 2018-03-04 15:08 | 自作望遠鏡 | Comments(0)  

SE250NCRを使ってみる(1) 新型か

先日、ケンコーSEシリーズの最大口径、SE250NCRがやってきた。
ところが天気も悪く、やっと昨夜使ってみることが出来た。
a0095470_23484376.jpg
第一印象は、でかい。30cm鏡筒よりは小さいが、割と大きく感じる。白が膨張色だからか?

赤道儀はとりあえずタカハシのEM-100に載せてみたが、ピラー脚が弱くてさわるとブレる。
赤道儀の積載重量をオーバーしているので仕方がないことだが、赤道儀は大丈夫そう。
やはり中古で買ったピラー脚が弱すぎる。まあ仕方がない。風が弱いのがせめてもの救いだ。
a0095470_23484700.jpg
さて、とりあえずぶれにくい月を撮ってみたが、雲が多すぎてだめだ。
すぐにあきらめて眼視でリゲルを見たら、伴星が簡単に見えた。同時に光軸も調整した。
輸送の振動のせいか、斜鏡が少し回転していて、光軸がずれていた。

次にシリウスの伴星でも見えるかと思ったが600倍かけても無理だった。シーイングは悪くないんだが、高度が低いし口径も不足しているかもしれない。
a0095470_23485430.jpg
晴れてきたのでオリオン大星雲を改造kissX6iで撮影。月がオリオン座のすぐ近くにあるが光害カットフィルターをつけっぱなしなので影響は少ないのか?意外に写った。
a0095470_23485844.jpg
ついつい夜更かししてしまったので、急いで片付けて、あわてて寝た。もう少し大きい赤道儀に載せる必要があるな。おっと足はもっと短く。今回のピラーでは天頂を見るのに身長2m近く必要な感じだったし。

そういえばこの鏡筒、以前のものと色が変わっただけかと思ったら、接眼部に2インチアクセサリーがアダプターなしで付くようになっていた。これは旧鏡筒と比較してみる必要があるな。

(2)に続く、はず。


by anettait | 2017-11-08 23:58 | 天体望遠鏡 | Comments(0)