人気ブログランキング |

タグ:カメラ関係 ( 172 ) タグの人気記事

 

オリンパスE-620を久しぶりに使ってみたら

先日のD50を捜索している時にオリンパスE-620も発掘されたので使ってみた。

E-620は2009年発売なので比較的新しいが、すでに絶滅してしまったフォーサーズマウント規格だ。
しかも一般アマチュア向けとしては最後の機種になる。翌年、最高機種E-5が出た後、オリンパスはマイクロフォーサーズ規格へと切り替えた。
a0095470_23345237.jpg
アマチュア向け最後の機種だけに機能は充実していて、操作性もいい。天体写真用の機能として便利なのはライブビュー可能なバリアングル液晶と、ボディ背面のボタンが光るイルミネーションボタン。60秒までのシャッタースピードと有線リモコンが使えるのもいい。
a0095470_23345880.jpg
バリアングル液晶は望遠鏡に付けて高度の高い天体を撮る場合、特に便利だ。しかも星のピント合わせに有利なライブビューは入門機ではキャノンでさえ2008年発売のkissX2からだったのに、オリンパスではずっと前のE-330から搭載しているのがすごい。
ただしE-620のライブビューは当時は十分な性能だったが、2017年のデジカメと比較すると見劣りするのは仕方ないところ。ピント合わせは一等星などの明るい星のみで可能なレベルだ。

イルミネーションボタンは暗闇で撮影をおこなう天体写真には非常に便利だ。他の機種に広がっていないのが残念だが、液晶画面を見れば設定が確認できるしオートで撮る人には関係ないのだろう。
あと天体写真に関係ないけどボディ内手振れ補正がすばらしいし、ボディが軽い。

これほど操作性や機能が充実したE-620だが、天体写真ではメジャーになれなかった。
理由はやはりノイズの多さだと私は思っている。この頃のオリンパスはフォーサーズ規格の小さな撮像素子が原因なのか、夜景や天体写真ではノイズが多く、キャノンやニコンにはかなわなかったと記憶している。私も前年に出たKissx2も持っていて比較したが、X2の勝ちだったのを覚えている。

ノイズの多さは初期のマイクロフォーサーズでは逆にひどくなり、E-P5の世代でやっと他メーカーに追いついたというのがいろいろ使ってみた私の実感だがそれはまた次の機会に。
a0095470_23350920.jpg
さて前置きが長くなったが、また屋上で星座を撮影してみた。またもや冬の大三角。パチンコ屋の上向き水銀灯が空を白くしている状況なので、ステライメージで少し暗くした。

拡大してみるとノイズがけっこうある。撮影時にノイズリダクションをかけてもこんな感じだ。でも初期のフォーサーズよりも初期のマイクロフォーサーズよりもいい。ソフトフィルターをかけての星座写真には十分使える。

また使ってみたくなったが、絶滅したフォーサーズ規格のレンズをうっかり買わないよう注意したい。


by anettait | 2017-12-29 00:12 | カメラ関係 | Comments(0)  

ニコンD50を久しぶりに使ってみたら

先日キャノンのアクセサリーを探していたら、ニコンD50の本体が出てきた。そういえば天体写真を撮るために最初に買ったデジイチがD50だったような気がする。当時はニコンマウントのレンズを17mm(これはトキナー)から200mm(こっちはニコン)までたくさん持っていた。
a0095470_21151746.jpg
いや、最初はオリンパスE-1か?フィルム時代はニコン党だったのでニコンの気がするが、どっちが先かは忘れてしまった。

その後キャノンのKissデジタル(最初期型)を買ったり(こちらが天体写真の性能は上)いろいろ迷走しながら現在に至っているわけだが、せっかくなので久しぶりに出てきたD50を使ってみることにした。

まずバッテリーを充電。専用充電器はすぐに出てきたのは良かったが、カメラのスイッチを入れても反応のないバッテリーが数十分で満充電になったのでやや不安になる。

それはいいとしてSDHCカードを認識しなかった時に「そういえば古いデジカメはそうだった・・・」と思い出す。それから古いSDカードを探して家中の部品箱をひっくり返すこと数時間。やっとのことでオリンパスE-P1の中に2G(!)のSDカードを見つけた。

準備に手間取り深夜になってしまったが、屋上に上がりさっそく撮影する。レンズは古いニッコール50mmの標準レンズ。鏡胴が銀色の、Aiになっていない時代のレンズなので、おそらく40年くらい前のもの。もちろん中古で買ったもの。CCDがAPS-Cサイズなので50mmだと換算75mmになり横位置ではオリオン座が半分しか入らない。
a0095470_21150834.jpg
古いレンズの絞り開放近くなので星像がにじむのは仕方ないとして、何か黒いものが写っている。最初は気がつかなかったが、広角のトキナー17mmを使った時にはっきりわかった。
a0095470_21151208.jpg
CCDにゴミが付いている。これはいかん。この時代のデジカメでセンサークリーニングが付いているのはオリンパスだけだったので、ゴミなのは確実。
と、その直後バッテリーもなくなったので撮影終了。やはり最初の不安が的中した。バッテリーが弱っている。撮影終了して部屋に入ってレンズを外してCCDを見て驚いた。
a0095470_21150111.jpg
なんとカビが盛大に生えている。CCDにカビって生えるんだ。そういえば2005年製造のデジカメなので、おそらく7,8年は放置してあったはずだ。いや、もっとかも。やれやれ。

翌日レンズクリーナーで掃除をしたのでカビは取れたが、変な拭きムラができた。さてもう1回ふいてみるかどうすべきか・・・。

ところで性能は、まあ星の写りは露出8秒とかで青い点ノイズが出たりするので、年式相応だ。

それよりもケーブルレリーズが使えないのでバルブが使えないし、ピント合わせは光学式ファインダーでしかできないという大きな欠点があるので、モニターでピント合わせができる最近の機種とは比較にならないほど使いにくい。モニターも小さいし。

ただ、ほとんどすべてのマニュアルフォーカスのニッコールレンズが使えるというのが最大の利点だったような気がする。銀塩とデジタルの橋渡しのような機種。この次のD40からはMFレンズではかなり制約が出たという記憶がよみがえってきた。どんな制約だったかは忘れたが。

古いニコン党なら記念に持っていてもいいカメラかも。使うのではなく、あくまで記念。天体撮影をするなら、ここ数年で出た機種の方がはるかに性能もいいし、使いやすい。私はその後キャノンに鞍替えして、最近はソニーをメインに使っているけど。



by anettait | 2017-12-27 21:28 | カメラ関係 | Comments(0)  

月齢18をBORG100EDとE-P5で撮る

昨日も雲が多かったりよく晴れたりで、やや不安定な天気。
それでも夜中にはよく晴れたので、前回とカメラを変えて撮影した。

今度はオリンパスE-P5。確かPENシリーズなのだが、この後に6が出てこない。
それどころかPEN-Fが出て、E-P5所有者としてはなんだかさびしい感じになっている。

それはいいとして、前回と前々回の反省から、カメラをアダプターで望遠鏡に固定して、デジタルテレコンを使って画面いっぱいに月を撮影した。ただし今回レリーズが見つからないのでブレが心配だったが、強力な手振れ補正が役に立ったのか、それとも望遠鏡にアダプターで固定したのがよかったのか、ブレはなかった。まあシャッタースピードも速いし。
a0095470_21264929.jpg
ステライメージ8で64コマコンポジット。最初100コマにしたのだが、なぜか拡大されて画面をはみ出して失敗。コンポジット自体はうまくいっているのが不思議だ。で、仕方が無いので64コマ。
a0095470_21265372.jpg
望遠鏡は昨日に引き続きBORG100ED。焦点距離640mmなのでマイクロフォーサーズ換算2倍で1280mm。それをデジタルテレコンで2560mm相当。60cmドブソニアンと同等なので、画面いっぱいになりそう。

しかしその日の月は地球から37.5万キロと平均的な距離だったためか、画面には少し余裕があった。今度はいちばん近い時にどんな感じになるかを見てみたい。


by anettait | 2017-09-09 21:31 | カメラ関係 | Comments(0)  

アメリカ日食をあきらめてレンズを買った

もうすぐアメリカ日食だ。1年くらい前までは行く気十分だったが、ツアー料金を見て行く気がなくなった。50万円コースはちょっと無理だ。しかも夏休み時期に長く仕事を休むのは難しい。というわけで、前から欲しかった交換レンズを買ってしまった。
a0095470_21060846.jpg
かなり巨大なレンズだが、飛び出した前玉でわかるとおり超広角レンズだ。7月に出たばかりのシグマ14mmF1.8という超広角で超明るいレンズだ。天の川を撮るとこんな感じ。
a0095470_21061345.jpg
国頭村の森林公園で撮影したものだが、ちょうど南側にダムか何かの塔があって、赤いランプが点いているのが非常に残念。そこで構図を変えて、ちょっと強めに画像処理。
a0095470_21061611.jpg
オーストラリアで撮影したのかと思うような天の川の写真、というのは言いすぎか。今年のオーストラリアにはこれを持って行きたかったのだが、発売は7月7日なので無理だった。

そういえば今年オーストラリアに行ったのも日食をあきらめたからだったのを今思い出した。結局なんだかんだで想定していたツアー料金よりも多く使ってしまっている。もう今年は何も買えないし、どこにも行けそうにない。まあそれは自業自得というものだが。

そういえばこのレンズ、かなり高価なんだがこれまでに私が買ったレンズの中で2番目に高い。一番高かったのより少し安いだけだし、20年前に行ったタイ日食のツアー料金と同じくらいの金額だ。あの頃は日食ツアーも安かったなぁ・・・。また日食見たい・・・。レンズ買ったんで今回は無理だが。



by anettait | 2017-08-10 21:14 | 交換レンズ | Comments(0)  

今年の惑星画像がひどく悪くなった原因を考える

自分ではよくわかっているが、私が撮影する今年の惑星画像はひどい。

前回の火星大接近(2003年)からしばらくは絶好調だった。
その頃と比べると2010年代になって少し落ちたかなとは思うが、まあ気象条件の違い程度の差かもしれない。
機材は向上しているのに画像がそう変わらないのは、その当時は明らかに努力を怠っていたためだろう。原因は仕事だったり、星景写真を撮ったり他の望遠鏡で遊んだり、いろいろありすぎるが。

去年あたりから惑星画像にまともなものが少なくなった。その原因をはっきりさせて対策を採らないと、来年の火星大接近でまともな画像が撮影できない。下は2015年と今年の画像比較。今年はひどすぎる。
a0095470_23160217.jpg
さて、考えられる原因はいくつかある。
その1.機材を使いこなしていない。一昨年あたりからASIのカメラを使うようになったが、あまり使いこなせていないのは自分でもわかる。特に去年の年末に導入したASI290MCはまったく使えてない。相性が悪いといってもいいほど。だから使う気がなくなっている。

その2.まわりに家が増え、局地的にシーイングが悪化した。確かにアパートなどが増えたので、そういう気がしないでもないが、引っ越すわけにもいかない。

その3.ドーム内気流がひどくなった。今年は特にひどい。この2年で夏は急に暑くなり、夜になってもドーム内の温度が下がらない。今年の夏は眼視でまともに木星が見えたことが無い。もしかしたらこれが大きいかも。

対策編。
その1.撮影機材を元に戻すか。windowsXPまで戻せばToUcamが使える。しかしパソコンが無理か。win7で使えるneximageにするか。撮影ソフトを使いこなしていない可能性もあるし。その検討も必要。

その2.打つ手がない。あ、職場に望遠鏡を置く手もあるか。いやあそこは屋上が室外機だらけで、もっと条件が悪いかも。夜中は撮影できないし。

その3.ドームにエアコンを入れるしかないか。エアコン代と電気代かかるな・・・。最大の原因はこれのような気がするので、効果はありそうな気がするが。9月になり日差しが弱くなって惑星画像が良くなったら、原因がこれということになる。しかし望遠鏡を使う時はエアコンは消すので、なんだかなという気もする。

結論
できればxpまでパソコンを戻して撮影してみたいが無理ならwin7で別のカメラを使う。引越しは無理。職場で撮影も無理。エアコンは9月以降に考える。

それよりドームの修理が先だな。ブラシを取り除かなくては。


by anettait | 2017-07-16 23:25 | 惑星 | Comments(1)  

SAMYANG14mmF2.8へのヒーター取り付け

前線が南下していて雷がすごい。昨日もそうだったが、とても星を見る天気ではない。梅雨は明けたはずだが。

そんなわけで今回は機材の話。タイトルのサムヤン14mmF2.8はフルサイズ用超広角レンズで、星景写真ではそこそこ愛用者がいるらしい(未確認情報)。

私も数年前に購入し、時々使っているが値段の割にはいい性能だと思う。
ただし構造上の大きな欠点がある。超広角レンズでは仕方がないことだが、前玉が大きく飛び出しているので、レンズに露がつきやすいのだ。タイムラプス撮影をする場合、これはかなり痛い。気がついたら露がついて何も写っていないということもある。

去年のオーストラリアでもそれを経験したので、今回はアストロアーツの通販でレンズヒーターを買って持っていった。いや去年も持っていったのだが、あまり効果がなかった。

今年も初日はレンズ先端の外周(フードの外側)に巻いたら、見事に露にやられた。霧がすごかったので、どうにもならなかった。

そこで2日目はちょっと工夫して、フードの内側にガムテープで張り付けたら、かなり効果を発揮した。二重に巻いたので効果が高かったのかも。
a0095470_23294046.jpg
写真の背景となっているキャノンの24mmF1.4という高いレンズも同じようにヒーターを付けたら、効果抜群だった。24mmは主に流星動画用なので、長時間外に出しっぱなしシャッター開けっ放しで触ることができないのはタイムラプスと同じ。

トキナーの明るいF2,8超広角ズームも手放さないで、この方法で撮影すれば良かったと思った。それは写りはいいのだが前玉が飛び出していて重くて露がつきやすいので、去年別のレンズを買うときに下取りに出したのだった。ちょっと後悔。



by anettait | 2017-06-26 23:35 | 交換レンズ | Comments(0)  

今年最初の木星撮影

今朝は早起きをして、木星を撮影してみた。結果としては失敗だった。
というのは、起きた時点で雲が広がっていて雲を通しての撮影になり、ろくな動画が撮れなかったからだ。

今日は沖縄星観の会の例会があり、そこでの情報によると、午前3時半頃までのシーイングは非常に良く、雲もなかったとのこと。私が起きたのは午前4時半。遅かった。
a0095470_01434652.jpg
動画も短いのが3本だけ、あとは曇ってダメ。ピントもあやしい。
カメラにも撮影用ソフトにも慣れていないので、詳細データは不明。

新しい惑星用カメラのテストを兼ねる予定だったが、それはまた今度。
今は雨が降っているので、予報どおりだと来週かな。



by anettait | 2017-01-08 01:47 | 惑星 | Comments(0)  

STYLUS1で撮ってみた

天気が悪いので、路地裏のネコを撮った。割と広角側。
a0095470_2339872.jpg

もっとネコに近寄って撮ろうとしたのだが、後ろから来たどこかのおばさんを見てネコが逃げてしまった。深夜っぽい雰囲気だが、午後7時頃の撮影。

次は星でも撮ろうか。

by anettait | 2016-03-25 23:43 | ネコ | Comments(0)  

STYLUS1を買った

大阪でSTYLUS1(中古)を買った。コンパクトカメラだが28mm~300mm相当のズームレンズ付き。近くの花から遠くのネコまで撮れる散歩カメラだ。ただし画質はそれなり。コンデジだし。
a0095470_1392494.jpg

300mmと28mmで画角変化はこんな感じ。
a0095470_1394957.jpg

a0095470_1401677.jpg

シャッタースピードは60秒まで付いているのがオリンパスの伝統。星もそこそこ撮れるらしい。まだ撮ってないけど。ノイズとかはデジ一眼並を期待してはいかんのだろう。コンデジだし、高級コンパクトではないし。

by anettait | 2016-03-24 01:42 | カメラ関係 | Comments(0)  

TOKINA AT-X107DX Fisheyeのジャンクその2

トキナーの魚眼ズームレンズ(ジャンクで購入)をふたご座流星群で使ってみた。
前にも1度画像を掲載しているが、あれは雲が多かったので実力が出てなかったのでもう1回。
a0095470_07394.jpg

意外にシャープだ。意外に、というのは主観だが、絞り開放でもうるさいことを言わなければ十分使える。
流星群で火球狙いの撮りっぱなしタイムラプス撮影にはいいと思う。絞り開放だと明るい星が肥大して写るので、星座がわかりやすいというメリットがある。それもタイムラプスには有利に働くと思う。

ただし魚眼なので普通の流星は写っても非常に小さいので、明るくて長い火球のみを狙うべき。

難点は、魚眼の性格上星が小さいので、ライブビューでのピント合わせが難しい。この時期なら1等星のシリウスが使いやすいが、画角が広すぎてシリウスを画面の中から探すのも時間がかかる。2等星からは論外。

今回の撮影では雲が多すぎて、このレンズでは流星が1個も写らなかった。小さい流星は何個か画面上で飛んだはずなんだが・・・。やはり火球のみと割り切るべきだな。

by anettait | 2015-12-18 00:12 | 交換レンズ | Comments(0)