人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

固定撮影で夏の大三角

昨日はいて座付近の天の川を撮影した後、夏の大三角も撮影した。
a0095470_00472875.jpg
画像右側は電照菊の明かりの影響があって、左側より明るい。というより左端以外は電照菊の影響で白っぽいので、画像処理で少し暗くした。

デジカメの進化で、固定撮影で簡単に夏の大三角と天の川が写るようになったので楽だ。
大きい双眼鏡やドブソニアンを持っていく場合、赤道儀は小さいのを1個だけにしよう。
何台か持っていっても撮る暇がない。

また、今回の双眼鏡は45度タイプだったが、それでも天頂を見るのは厳しかった。90度の対空型が欲しい。


by anettait | 2019-08-31 00:54 | 交換レンズ | Comments(0)  

レンズテストに行ったら電池が載ってなかった話

週末から天気が崩れるとの予報だったので、平日だがレンズテストのために出かけた。
レンズは梅雨時にぽちってしまったもの(中古)だが、まだテストしてなかった。
このまま使わずに夏が終わるのもどうかと思い、久々に10cm双眼鏡も積んで出かけた。

いつもの場所までは、道が混んでいて1時間近くかかった。平日だからか。今回は赤道儀は2台積んでいたが、まずスカイメモSを組み立ててスイッチを入れたらランプが光らない。
確認のため電池ボックスを開けたら電池が2本ない。そういえばいつだったかAZ-GTiの電池が足りなくてこれから外して使ったような気がする。ショックだったが仕方がない。そのままM7、M6、M8あたりを固定撮影した。
a0095470_23115858.jpg
10cm双眼鏡は実によく見えた。空が良かったせいだろう。上の画像は、双眼鏡の見え方に完全に負けている。天の川に埋もれた星団の感じが出てない。露出わずか1.3秒の固定撮影なので仕方ないが。
a0095470_23111381.jpg
上の画像は、かなり暗くしてある。この場所は北側の数百メートルのところまで電照菊のビニールハウスが広がっていて、空はけっこう明るいが南側だけは非常によく見えるというところだ。

もう1台の赤道儀、タカハシのEM-100は組み立てる前にバッテリーを忘れたことに気が付いたので、組み立てなかった。我ながら実に間抜けだ。結局この日は双眼鏡で天の川の星雲星団を堪能し、少しだけ固定撮影をした。

次にオーストラリアに持っていくのは双眼鏡メインでいいんじゃないかと思った。
ただ、軽くてスムーズな架台を見つけなくては。

by anettait | 2019-08-29 23:25 | 星の風景 | Comments(0)  

Ninja320で木星土星M57を撮る

さて今日も休みだったのでNinja320の主鏡を組み直して、木星と土星を撮影した。
a0095470_01192977.jpg
光軸は木星の衛星で調整。割とちゃんと合わせた。でもシーイングはもうひとつで、ポンセットマウントのセッティングもいまいち。撮影結果もよくない。
a0095470_01195725.jpg
土星も写野からあっという間に逃げてしまい、この画像は170コマの短い動画から作った。その割には写りはいい。
a0095470_01203189.jpg
透明度は良かったので星雲はどうかとM57を撮ってみたが、風が強くてぶれてしまい、4秒露出で成功した2コマだけをコンポジット。光害地だが色が出ているのでよしとする。青すぎるけど。

M57も木星土星も眼視では昨日よりもよく見えていたが、この直後に大きな雨雲が来て撤収。自宅なのですぐに片づけられるのは楽だ。本当は空の暗い場所で撮影するつもりだったが、天気もいまいちだし腰も完全ではないので我慢した。

Ninja320は実にいい望遠鏡だと再認識した。性能は確かだし腰にやさしいし組み立て分解があっという間だ。Ninja400か500も製造中止前に買っておけばよかった。でもすぐに買える値段ではなかったし、10年前は腰も痛くなかったし。

by anettait | 2019-08-26 01:44 | Ninja320 | Comments(0)  

Ninja320を久しぶりに使ってみたら

せっかくの休みだが台風の影響で天気はいまいち。こんな時は機材で遊ぶのが一番。
というわけで、Ninja320を久しぶりに使ってみた。
a0095470_17311402.jpg
木星と土星を見てみたらシーイングは最悪。西側の木星はピント合わせにも苦労するほど。撮影は無理。
M57を見てみたが、なんだか暗い。
a0095470_17321500.jpg
もしかしてと思い主鏡をみてみたら、ひどい汚れが!
a0095470_17325821.jpg
このあと主鏡を洗ったらきれいになった。ブログによると前回洗ったのが2015年11月。
その後あまり使ってなかったし、ほこりがたまったのか・・・。
確か2001年頃に新品を購入したものだからロシア鏡だが、再メッキはまだ必要なさそう。

by anettait | 2019-08-25 17:40 | Ninja320 | Comments(0)  

青いラプトル60を入手した

数か月前、中古望遠鏡ショップのサイトで青いラプトル60を見つけた。
ラプトルの販売元スターライトコーポレーションがSUBARUとのコラボで販売していたものだと思うが、かなり前のことなのでよく覚えていない。
a0095470_13572394.jpg
その頃ちょっと欲しかったので、今回は買ってみた。中古なので安かったがアイピース類は付属してなかったことを考えると、格安とは言い難いが仕方ない。

鏡筒の構造も普通のとまったく同じだから性能は普通のラプトル60と変わらないはずで、月や星の見え方も同じ。二重星アルマク(アンドロメダ座ガンマ)もきれいに分離して見えたが口径を考えると当然か。
a0095470_13571054.jpg
月を撮ろうとしたら適当なアダプターがなく5倍バーローを使ってカメラと接続した。ところがアダプターによるものかバーローが原因かはよくわからないが、大きくけられてしまい、拡大率が大きいこともあり月の部分拡大になった。

カメラの撮像素子上のゴミも目立つ。月面上の黒い点がそれ。こりゃいかんな。掃除しないと。
台湾の南にある台風の影響で風も強く、カメラを付けたことによるアンバランスがひどく、この組み合わせではちゃんとした撮影は厳しそうだ。

by anettait | 2019-08-24 14:03 | 初心者用望遠鏡 | Comments(0)  

使用望遠鏡がだんだん小さくなる話

最近使用する望遠鏡の口径がだんだん小さくなってきた。
理由はもちろん腰痛だ。重い望遠鏡が持てない、いや持つ気がしない。
今月初めまでは口径50㎝を使っていたが、前回は25㎝と20㎝、今回はついに13㎝だ。
a0095470_23252919.jpg
スカイウォッチャーの口径13㎝ニュートン反射を同社のAZ-GTiに載せたもの。
軽くて非常に快適。ただし今回はなぜか導入精度は悪かった。

まずファインダーでM57を導入して撮影してみた。焦点距離650㎜では小さくしか写らない。
a0095470_23251210.jpg
仕方がないのでM57の部分を等倍切り出し。露出4秒なのに、なんと中心星らしきものが写っている?写っているコマが2に対し写ってないコマ多数なので、これは調査が必要。
a0095470_23252501.jpg
ついでに月も撮った。なかなかシャープだがやっぱり小さい。
a0095470_23253320.jpg
だからトリミング。こちらは等倍ではなく70パーセントくらいに縮小した。
a0095470_23253770.jpg
土星も見たんだが、撮影はしてない。200倍でなかなかシャープに見えた。高倍率ではピント合わせでぶれるので、マイクロフォーカス接眼部がとても便利。

離島などに持っていくにはとてもいい組み合わせ。でも撮影するならスカイメモRS持って行った方がいい結果になりそうなのは確かだ。撮影だけなら。

腰痛は良くなっているのだが、重い大口径はまだちょっとこわい。



by anettait | 2019-08-22 23:33 | 天体望遠鏡 | Comments(4)  

一般の人でも25cmで大赤斑が見えた話

先週予定していた観望会が台風のため延期になり、今日はそのリベンジだった。
午前中は雨だったが午後遅くから天気は持ち直し、どうにか星を見せられた。

今回は腰痛もあって25㎝GOTODOBと20㎝GOTODOBの2台体制。それぞれ木星と土星に向けた。月の出が遅かったのと東側が曇っていたので残念ながら月は見えず。
a0095470_23582883.jpg
今回驚いたのが、初めて望遠鏡を覗く参加者が多いのに、子供も含めて半分近くの人が木星の大赤斑を認識したようだったこと。望遠鏡は口径25㎝F5のニュートン反射に5㎜アイピースなので倍率は250倍。シーイングは並、透明度は良かった。

大赤斑の位置がほぼ中央だったのでわかりやすかったのと、私が望遠鏡のそばで大赤斑の位置を教えたので探せた人が多かったとは思う。それに今年は大赤斑の色が濃いので、それも大きいんじゃないだろうか。

今回の結果から、今年の大赤斑を一般の人に見てもらうには口径30㎝あれば十分な気がする。前回の口径40㎝は気合を入れすぎだな。25㎝よりよく見えるのは確かだが。

今日は観望会前から雲が多く、土星はずっと雲の中で、はっきり見えたのは途中までだった。終了直前には木星も雲の中へ。でもどうにか木星を全員に見せられて良かった。

観望会だったので今回は木星の画像はなし。撮影する準備もしてなかったが、大赤斑がよく見えていただけにちょっと残念。



by anettait | 2019-08-18 00:07 | 観望会 | Comments(0)  

旧盆ウークイは満月だった

今日は旧盆最終日のウークイ。旧暦7月15日だから、だいたい満月。満月のこともあるけど満月から少しずれることもある。
a0095470_00073517.jpg
今年はきっちり満月だった。21時29分がちょうど満月(アストロアーツHPより)。
上の画像はちょうど満月から約1時間後に撮影したもの。雲は多かったが撮影できた。
a0095470_00074423.jpg
20㎝GOTODOBで撮影したんだが、重くて腰が痛い。こりゃいかんな。

by anettait | 2019-08-16 00:10 | | Comments(0)  

今日から旧盆・11年ぶりに月遅れ盆と同じ日に

今日から旧盆だ。今年は11年ぶりに旧盆と月遅れ盆が同じ日程だという。

ペルセウス座流星群も極大だが月が明るすぎるのと台風のせいか透明度が非常に悪いのと雲が多いのと腰痛で今年はすっかりあきらめている。

さて昨日は久しぶりに晴れたので木星を撮影した。前回撮影できたのが大赤斑観望会のあった8月5日だから、一週間ぶり。その間、台風やらその後の雨やらでずっと天気が悪かった。
a0095470_23260819.jpg
腰痛だったがネビュライト50を出すことはできた。しかし接近しつつある台風10号のせいか気流は良くなく、微妙な感じだ。

光軸はだいたい合わせたが、腰痛なのでポンセットマウントを追い込む気合が出なかった。だから拡大率を下げて写野内に木星が長く留まるようにした。

今年の夏は天気が悪い。梅雨も長かったし、流星群も月のめぐりが悪い。腰痛なので無理はするなということだと解釈しよう。いや、久しぶりに本気で痛い。整形外科は旧盆だからかとても空いていた。


by anettait | 2019-08-13 23:32 | | Comments(0)  

大赤斑を見る会でDOB GOTO16

大赤斑を見る会を開催したんだが、一般の人に大赤斑を見てもらうための望遠鏡を考えてみた結果、DOB GOTO16になった。できるだけコントラストが高い大口径に限るという結論だ。なんとこの望遠鏡、前に使ったのは去年の火星大接近。実に1年ぶりの登場だ。
a0095470_21074261.jpg
今回はちゃんと追尾してくれる架台に載ったものが必要。この時点でもっとよく見える50㎝ドブは除外。あれは自分で操作ができるマニア向けなので。しかも屋上に置いてあるのをひとりで降ろすのは無理。

前日の夜に開催を決めたので参加者は少なかったが、全員にちゃんと大赤斑を見てもらうことができた。ほとんど望遠鏡を覗いたことがない人にも見えたので、望遠鏡の選択は間違ってなかったようだ。

かなり前の話だが、星仲間の25㎝ニュートンで大赤斑がやっと見えたという記憶がある。色がとても薄い印象だった。そういう時期だったのかもしれないが、その経験から、一般人には口径30㎝以上ないと厳しいような気がした。しかも眼視でのコントラストが必要なのでシュミカセよりはニュートンだ。今は色が濃いので見やすいかもしれないが。
a0095470_21071178.jpg
ただ南西の空しか見えない場所だったのでセッティングに問題があり、追尾が完全ではなかった。上の木星は観望後に撮影したものだが、どんどん写野から逃げるし、雲も通過して残念な画像になってしまった。眼視の印象はもっと良かったんだが。

まあ撮影が主目的ではなかったし、時間切れだったので動画3本で撮影は切り上げた。この望遠鏡で本気で撮るのはまたこの次で。

by anettait | 2019-08-07 21:19 | 自動導入機 | Comments(0)