人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

火星の模様が見えないので衛星を撮ってみた

ワールドカップを見た後に晴れていたので火星を撮影した。
a0095470_23474311.jpg
いつもと同じで、砂嵐で模様がわからない。シーイングがいいのにもったいない。

そこで終わって寝てもよかったんだが、シーイングも透明度もいいので、火星の衛星を撮影してみた。

正直まだ早いかなとは思ったが、デジカメの性能も前回の大接近とは大違いだし、いけるかもと期待していた。
a0095470_23484945.jpg
よく見ると写っているような感じだ。ただしこれではわからないと思うので、説明画像をつけてみた。
a0095470_23494590.jpg
ニュートン反射のスパイダーによる光芒が邪魔だ。そういえば前回の大接近ではシュミカセで撮ったから光芒は出てなかったんだった。

衛星はふたつとも運悪くスパイダーの光芒に埋もれている。眼視ではフォボスは見えたが、ダイモスはわからなかった。

ついでに矢印入り画像も載せる。衛星はたぶんこれだと思う。
a0095470_23503071.jpg
今回は何も考えずに撮影したが、ステラナビゲータで調べて衛星の位置がいい時に撮影するべきだ。衛星は火星に近すぎると光芒に埋もれてしまう。スパイダーの光芒にかからない位置で撮影した方がいいに決まっている。眼視でも確認しやすいし。
するとタイミングを合わせないといけないし面倒だ。スパイダーのないシュミカセにまた載せ換えて撮影するか。どうしたものか。

by anettait | 2018-06-30 00:02 | 惑星 | Comments(0)  

2018/06/28 の太陽

強烈な太陽光線を受けながら太陽を撮影した。
a0095470_22011851.jpg
太陽面は少しだけ活発になっているような気がする。気がするだけかもしれないが。

太陽撮影が非常にきつい時期になってしまった。とにかく日差しが強すぎる。
今回は撮影に10分もかけなかった。できるだけ短時間で済ませたい。



by anettait | 2018-06-28 22:03 | 太陽 | Comments(0)  

衝の土星

今日は土星の衝だ。昨夜は良く晴れたので、いい土星が撮れた。色は変だが。
a0095470_18311360.jpg
昨夜といっても日付が変わってから撮影したので、衝の日の土星と言ってもいいと思う。
環がとても明るいので、明るさの調整が難しい。眼視でも環の明るいのがよくわかる。

今日はこれから近くの学校で観望会なので、今夜撮影する体力は残らないかもしれない。


by anettait | 2018-06-27 18:33 | 惑星 | Comments(0)  

明日は土星の衝

明日6月27日は土星の衝だ。今期は2日前(6月25日0時過ぎ)にやっとまともな土星を撮影した。
a0095470_22074623.jpg
衝の時だけ起こるハイリゲンシャイン現象で、環がとても明るい。この画像はちょっとオーバーだが、普通に撮影して普通に画像処理したらこうなった。眼視でも環が明るいのはわかった。

もうちょっとシャープな画像が欲しいので、今夜も撮影してみるつもりだ。


by anettait | 2018-06-26 22:10 | 惑星 | Comments(0)  

木星の南中時刻が早くなっている

久しぶりに木星を撮影したのだが、いつのまにか南中時刻は午後9時過ぎにまで早くなっている。
a0095470_23555411.jpg
5倍バーローレンズを使ったのだが、今回は画面からはみ出さなかった。衝の頃は5倍だと画面からはみ出すほど大きかったのだが、現在は地球からだんだん遠ざかっているので、木星も少しずつ小さくなっていく。
とはいえ、木星はもともと巨大なので、離れても極端に小さくなるわけではない。しばらくは楽しめそうだ。

by anettait | 2018-06-26 00:07 | 惑星 | Comments(0)  

2018/6/25の火星

もうすぐ衝を迎える土星を撮ったついでに火星も撮った。まだ南中まで2時間ほどあり、シーイングもあまり良くなかったが南中まで起きている元気はなかった。

梅雨明けしたはずだが梅雨前線が北の方に居座っていて、それに流れ込む強い南風と、足の速い低い雲が撮影のじゃまをする。撮影した中でいちばんまともなのが下の画像。
a0095470_19355525.jpg
砂嵐で何が何だかわからないが、ステラナビゲーター9の同時刻の火星面を並べてみた。
撮影画像は、大シルチスがかろうじてわかる。右側の黒っぽい部分がそれ。

南極冠まで砂嵐に覆われている。最接近までに砂嵐は収まるのか?

by anettait | 2018-06-25 19:40 | 惑星 | Comments(0)  

今日こそ梅雨明けだったので火星を撮る

今日は慰霊の日で梅雨明け宣言もあった。梅雨前線が沖縄の北にあって南風が非常に強かったが早起きして火星を撮影した。
風が強すぎて鏡筒がぶれまくりだったので、まともな画像になったのは2本だけ。
a0095470_22222785.jpg
撮影した場所は昨日とだいたい同じ。真ん中下に大シルチスの一部が見える。真ん中左上のオレンジ色が濃い部分はヘラス盆地だろう。

南極冠を黄雲が覆いつつある・・・。事態が悪くなってないか?
あと1ヶ月で落ち着くのだろうか、この砂嵐。


by anettait | 2018-06-23 22:26 | 惑星 | Comments(0)  

梅雨明けのような気がしたので火星撮影

昨日は夏至で、朝からいい天気で、ついに梅雨明けかと思ったが宣言は出なかった。
やっと火星が撮影できるなと思い、早寝早起き(午前3時半)で火星を撮影した。
a0095470_22310456.jpg
なんと大黄雲が全体を覆い、模様が見えない。極冠もぎりぎり。
左下の黒っぽい模様は大シルチスにある高地なのか?さっぱりわからない。

大黄雲はこれからもっとひどくなるのか、薄くなるのか、久しぶりに見たせいもあり、まったくわからない。明日も起きられたら撮影しよう。


by anettait | 2018-06-22 22:37 | 惑星 | Comments(0)  

台風が去ったので木星を撮ってみた

台風6号が去り、今日は朝からいい天気。しかし夕方から曇ってきた。ついには月も見えないほどになったのであきらめていたが、雲が切れてきたので木星を撮ってみた。

雲の間からの撮影で、シーイングは悪い。そもそも台風が引っ掻き回していったので仕方がない。台風後の数日間はシーイングは悪いと以前から言われている。
a0095470_00275683.jpg
それでも大きな晴れ間で撮影したものは、画像処理するとそこそこ模様が出た。左下で本体と重なっている衛星のエウロパは、眼視ではまったく見えなかった。

土星も撮ろうと思っていたんだが、木星撮影中に完全に曇ってしまった。明日は雨らしい。そういえばまだ梅雨は明けていないんだった。


by anettait | 2018-06-18 00:34 | 惑星 | Comments(0)  

太陽撮影デジカメ対決 powershotS120 vs SONY α6500

台風一過は沖縄では珍しいのだが、今回はそうなった。ちょうど休みで時間もあったので、以前から気になっていた太陽カメラ対決をしてみた。

今回の対決は、太陽撮影の定番、キャノンのパワーショットS120と、ソニーのミラーレスでAPS-Cクラス最上位機種のα6500だ。
a0095470_13412405.jpg
どちらも新品購入、金額はα6500がS120の4倍。値段ほどの差が出るのか。
a0095470_13411845.jpg
まずは定番S120.これはいつも太陽を撮影しているので実力はよくわかっている。
a0095470_13405391.jpg
静止画JPEGを100コマほどスタック、レジスタックスで処理は木星などの惑星撮影とほぼ同じ。その後ステライメージ8でRGB分解、それぞれ露出調整してRGB合成。

次にα6500.こちらも100コマの静止画をレジスタックスで処理は上と同じだが、R画像の写りが原因でステライメージでのRGB合成は断念した。おかげでプロミネンスが出ない。
a0095470_13403184.jpg
α6500のR画像はこれ。
a0095470_13403845.jpg
何が何だかわからない。赤の感度が高すぎるのか?レベル調整してみたのがこれ。
a0095470_14105115.jpg
ステライメージ8ではこれがせいいっぱい。太陽回りのにじみが消えない。何回か繰り返せばいいのかも。面倒だけど。

S120のR画像はこれ。
a0095470_13410191.jpg
露出オーバーだがこのくらい露出しないとG画像やB画像が露出不足になるので仕方がない。

α6500は撮影時のピント合わせから難しい。赤がにじみすぎて、太陽の輪郭を出すための露出調整が難しいので、ピント合わせに時間がかかる。今回は太陽面を拡大してピントを合わせたが、太陽の下での液晶の見易さはα6500の方がよかった。他は連射速度が速かった。なんと秒11コマだ。

撮影できる画像サイズはα6500の方がはるかに大きく連射速度も速いので、大量に静止画を撮影するには有利だ。また、B画像はこちらの方が写りがいい。だから太陽面だけならα6500というのもありか。

撮影方法はミラーレスだとアイピースによる拡大撮影になるので、S120のコリメート撮影より露出がかかるのは仕方ないし、太陽撮影には無駄に大きいAPS-Cサイズの撮像素子がそれに拍車をかける。
今回の撮影はα6500はシャッタースピード8分の1秒、ISO5000だ。太陽撮影でISO5000を使うとは思わなかった。もしかしてバーローレンズを使った直焦点撮影が良かったのか?
ちなみにS120はシャッタースピード20分の1秒、ISO800だ。

また、ミラーレスは撮像素子上にゴミが付きやすいのも気になる。これは惑星用カメラも同じ。今回は太陽のところに目立つゴミはなかったようだ。

ということで、結論は総合的に見てS120の勝利だ。高い方が何でもいいというわけではない。
ただし太陽面に限定すればα6500もありかも。しかしこれまでの経験から、太陽面だけは写るというのは他にもあったので、このためだけにα6500を買うのはどうかと思う。ついでに太陽というのはありかも、ということだ。

ミラーレスは全部ダメかと言うとそうではなくて、数年前にテストしたオリンパスの安い方のミラーレスは使えそうな感じはした。しかも動画がそのままレジスタックスか何かで処理できた。今度調べてみよう。

by anettait | 2018-06-17 14:25 | カメラ関係 | Comments(0)