人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

今日も天空に行った

今日も天空に行って、KAGAYA「オーロラの調べ」と月面探査の話「HAKUTO」を見てきた。
a0095470_00430119.jpg
画像は昨日の夜撮影したもの。オーロラの調べは内容も良かったが、とても映像がきれいだった。音楽も良かった。
a0095470_00444887.jpg
HAKUTOはauプレゼンツということであまり期待していなかったが、けっこう面白かった。内容はとても良かったので、auのヒットしたコマーシャルのイメージを前面に出して若い人を集めるというのもありかなと思った。ついでだが、南十字とケンタウルスαβにはしっかり色が付いていたのを確認できた。本物と同じ青と黄色。

東京はとても風が強かったけどあまり寒くなかった。沖縄に帰ってきたら暑かった。


by anettait | 2017-02-21 00:51 | プラネタリウム関係 | Comments(0)  

久しぶりにプラネタリウムのはしご見

何年ぶりか忘れるほど久しぶりに、プラネタリウムのはしごをした。
とはいっても2か所だが。

1か所目は相模原市博物館。ここは初めて行った。機材は五藤のGSSヘリオス。一球式だが巨大だった。
a0095470_23221192.jpg
番組はKAGAYA「富士の星暦」と同時投影でKAGAYA「アースシンフォニー特別バージョン」(短いやつ)、こちらは星の解説なしで映像番組だけ。「富士」はいつか見ようと思って忘れていただけに、見られて良かった。

別の回で「冬の星模様」。これは逆に星座の生解説のみ。それがまた良かった。

もう一か所は東京スカイツリーの天空。こちらもKAGAYA「オーロラのしらべ」を見るつもりだったが間に合わなくて、「世界一の星空を求めて」を見た。
a0095470_23224511.jpg
これも見たいと思っていて見逃していたので、今回のリバイバル投影に見られて良かった。ニュージーランドの風景がとてもきれいだった。全周魚眼で撮影していると思うのだが、画面に太陽が入っているのに風景が白っぽくならず、きっちり出ているのがすごいと思った。

投影終了間際になって、光学式の南十字αβとケンタウルスαβに何だか色が付いているように見えたのだが気のせいだろうか。青っぽいのと黄色っぽいの。それとも私の先入観による見間違いか。一等星は投影機が別なら色を付けるのは簡単だと思うけど。

それを確認に行くチャンスは当分ないかもしれないな。南半球を投影する番組でないと南十字とケンタウルスは見られないだろうし。

ところでプラネタリウム料金は相模原が1回500円、天空が1回1500円。何と3倍。だから天空では投影中に少し眠ってしまい損した気分になった。

天空は日曜日の21時の回にもかかわらず、50名以上のお客さんがいたのには驚いた。しかもカップルばかり。さすがスカイツリーと言うべきか。

相模原も冬の午後遅い時間なのに数十名はお客さんがいて、やはり親子が多かった。天空とは明らかに客層が違う。まあどちらも狙い通りなんだろうと思う。




by anettait | 2017-02-19 23:57 | プラネタリウム関係 | Comments(0)  

SE120で月と木星の接近を撮る

木星と月が接近することに気がついたので、光軸を直したSE120で撮影してみた。
a0095470_22481840.jpg
木星と月は明るさに差がありすぎるので、両方撮るには月が露出オーバーになってしまうのは仕方がない。木星は上の画像右側にぽつんとある白い点だ。下の画像でも月にくっついた白い点だ。
a0095470_22475344.jpg
木星を200倍で見てもちゃんと見えたので、修理は成功だ。ただし短焦点アクロマートなので、木星が妙に黄色だ。衛星も縞模様も良く見えた。
a0095470_22480137.jpg
最後に月を撮影。中心像はなかなかシャープ。まあまあだ。
これは拡大するためにAPS-Cモードで撮影。



by anettait | 2017-02-16 22:53 | 月と惑星の接近 | Comments(0)  

SE120の光軸を直す

光軸の狂ったSE120で月を撮ってみた。やはりひどい写りだ。
a0095470_22325775.jpg
接眼部を別の望遠鏡と交換してみたが同じだった。接眼部が原因ではないようだ。

昼間見てみると、対物レンズの取り付け方が斜めになっている。
a0095470_22332574.jpg
上の画像を拡大するとわかりやすい。
a0095470_22334836.jpg
外そうとしたが、簡単に外れない。これは噛んでるな。落下が原因かも。

かなり力を入れたら外すことができた。まっすぐねじ込んで終了。
光軸確認のため金星を撮影してみた。眼視でも200倍でちゃんと見えた。
a0095470_22342280.jpg
まあまあだ。ただしこの鏡筒の接眼部は惑星の拡大撮影には向かない。微妙なピント合わせが難しい。短焦点アクロマート自体が惑星撮影に不向きだけど。
a0095470_22405087.jpg
接眼部のガタは画像の矢印の穴の中のネジを六角レンチで締めたら直せる。

ということで修理完了。今回は簡単だったな。



by anettait | 2017-02-14 22:43 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

SE120(ジャンクで購入)の光軸が変だ

先日の学校観望会で、SE120のうち1台の光軸がずれていることに気がついた。
観望会用としていつもは公民館に置いてあるものなので、まったく気がつかなかった。
つまり自分のものだが自分で使ってなかったから、と言い訳しておく。

確認して修理しようと持ち帰ったら、翌日の夜中に晴れたので、寒いが確認してみた。寒いといっても他県の大雪とは違い、12度くらいだ。ただし冬の沖縄は晴れが少ない。
a0095470_11003117.jpg
気がついたら同じものが5本になっていた。いや以前はあと2本くらいあった。持ち帰った時点でどれの光軸が変なのかわからなくなっているので、仕方なく1本づつ確認した。

木星で像を確認したら、変なのは1本だけだった。接眼部がガタガタで、ドロチューブを抑える部品がなくなっているような感じだ。おまけに接眼部を固定しているネジもゆるんでいる。
買った時点ではここまで変なものはなかったので、使用中に何かあったんだろう。初心者練習用でも使っているので、こういうこともあるだろう。だからジャンクで買うわけだが。

他の4本は観望会で使うには十分な性能だ。もちろんF5のアクロマートなので色収差は多いが、LV6mmを使って100倍で木星の縞模様と4個の衛星がちゃんと見えた。
a0095470_10594166.jpg
しかも衛星の1個が木星の影に入るところを偶然見たのだが、衛星の明るさの変化も100倍でちゃんとわかった。

月も見たが、月のふちに色がつくがこれは仕方がない。一応撮影してみた。焦点距離は600mmなので月が大きく写らない。だからAPS-Cモードで撮った。
a0095470_11000545.jpg
最近はケンコーのジャンクも高くなってしまって残念だ。去年は車も買い替えたし機材を買いすぎたので、ジャンク漁りもやめている。まあ5本もあれば十分か。反射鏡筒はもっとあるし。


by anettait | 2017-02-12 11:11 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

今期初の「まともな木星」再処理した

先日撮影した木星の同じ動画を再処理してみたら、けっこう良くなった。特に色が。
a0095470_23543643.jpg
同じ動画でも画像処理によって出来上がりが違う。

天気が悪いので新しい画像はないのが残念だ。


by anettait | 2017-02-08 23:55 | 惑星 | Comments(0)  

レーザーコリメーターの電池が外れない

レーザーコリメーターの電池がなくなったので交換しようとしたら、電池が外れない。これで3度目くらいか。

うちにはレーザーコリメーターがいくつかあるが、現在でも使えるのは2本。笠井トレーディング製と国際光器製だが、今回のトラブルは笠井のもの。

国際光器の方が古いのだが、そのせいか最近使っている途中で点灯しなくなることが多いし、光軸もちょっとずれてきている。笠井のは時間をかけて光軸を追い込んだので、これが使えなくなると困る。

どちらもボタン電池を3個、筒状の本体に落とし込む構造になっているのだが、笠井のは後ろから強力なバネで押し付けるようになっていて、それがいかんのか?いやたぶん電池ボックスが狭いのだろう。中で電池がくっつくのか不明だが、出てこなくなるのだ。

細いドライバーで隙間に入れようとしてみたり、たたいたりしたがダメ。しばらく考えて、やっと解決方法を思いついた。
a0095470_23515818.jpg
ボタン電池に木ねじをねじ込み、ラジオペンチで引っ張り出した。これで解決。
次からは迷わずこの方法でいこう。
本体を壊す可能性もあるので、真似する人は自己責任で。


by anettait | 2017-02-07 23:58 | アクセサリー関係 | Comments(0)  

ビクセンNLVアイピースが在庫処分らしい

知っている人もいると思うが、お買い得情報だ。
タイトルにもあるビクセンの定番アイピース、NLVシリーズが在庫処分らしい。

いくつかの望遠鏡販売店でセールになっている。
SLVシリーズが出ているので、製造中止になったのだろう。

覗きやすさを前面に打ち出した初代LVアイピースのモデルチェンジ版がNLVシリーズ。
初代が眼鏡使用時に使いにくい欠点を改良して、見口が折り返し式から伸縮式になった。
光学系は初代と変更なかったと思う。

初心者でも覗きやすくて視野がそこそこ広いので、観望会には重宝している。高くないし。
欠点は視野を広くとったため、惑星を見ている時に視野周辺で惑星が伸びて見えることくらい。
ドブソニアンで惑星を見るような使い方をしなければ十分いいアイピースだ。

ということで、欲しい人は望遠鏡販売店に急ごう。ほとんどの販売店はネット通販もやっている。
そういえば去年後半にあったLVWアイピースの処分セールに気がつくのが遅れ、買い逃がした
残念な気持ちを今思い出した。
しかしNLVシリーズは、私は今はいらない。観望会用は中古の初代LVで十分だし。
必要なLVやNLVシリーズはすでに持っているし。



by anettait | 2017-02-02 22:09 | お買い得情報 | Comments(0)