人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

GPDのモーター交換(3回目?)

小中学校は(高校も?)夏休みだ。おかげで土日は仕事だが、今日は代休だ。天気が悪いので、GPDのモーター交換をした。
ビクセンのSP・GP系はコネクターが外れにくくて使いにくいのだが、ビクセン系では主力赤道儀のGPDのモーター側コネクターがついにこわれてしまった。画像の真ん中の黒い飛び出しているものがそうだ。
a0095470_037595.jpg

1度は中に押し込んで治ったと思ったが、観望会に持ち込んだら接触不良を起こすし、コネクターを引き抜いたら再びモーターから飛び出した。GPDは20cmシュミカセとセットで使う予定だったので、仕方がないが新しいモーターと交換だ。

新しいモーターと言ってもたぶん中古だ。かなり前に買っておいたのだが、箱ではなくてラップ状のものでぐるぐる巻きにされているので、間違いなく中古。
a0095470_0381697.jpg

作業は10分で済んだ。ギヤをぎちぎちにかみ合わせるとモーターに負担がかかると思うので、多少遊びは出るが緩めにかみ合うようにした。ちゃんと動いているが、モーターの世代が違うので、晴れたら星を見て動作確認しよう。白いモーターを使うのは初めてのような気がするし。

確かこのGPDのモーター交換は3度目だったような気がする。モーターも中古品を使うのが悪いのか?でも中古の赤道儀に新品のモーターを買いたくないし。

by anettait | 2016-07-26 00:51 | 赤道儀 | Comments(2)  

火星と夜の首里城

ライトアップ中の首里城の上に火星が輝いていたので撮影した。
a0095470_0421856.jpg

ライトがまぶしくて火星が目立たない。肉眼では火星はもっと明るく見えたのだが。

by anettait | 2016-07-21 00:44 | 星の風景 | Comments(0)  

火星中接近の再処理

パソコンの中からいい動画が発掘された。6月9日の記事に載せたものと同じような気がするが、せっかくなので再処理してみた。
a0095470_17395187.jpg

けっこう良く写っている。今はすっかり小さくなった火星だが、2年後が楽しみだ。

by anettait | 2016-07-17 17:41 | 惑星 | Comments(0)  

オーストラリアの天の川

連休だが天気がいまいちなのと、満月期なので撮影には行かない。
昨日は海洋博公園の花火大会できっとひどい渋滞だったはずだし。
ということで、5月にオーストラリアで撮影した天の川の画像を載せる。最近撮影してないし。
a0095470_10594010.jpg

撮影時にソフトフィルターで星をぼかしてあるので、恒星の色が良く出ている画像なのだが、画像処理で彩度を上げてみたら派手な天の川になった。

この画像、実は上下さかさまに撮影している。しかしそのままではちょっと違和感があったので、ひっくり返して見慣れたさそり座にした。火星と土星があるから本当に「見慣れた」とはちょっと違うけど。

by anettait | 2016-07-17 11:01 | 今週の一枚 | Comments(0)  

なかなかすごいシーイングだった

今日は来客があったので撮影はしないつもりだったが、天気がいいので南中過ぎの土星を見てみてびっくり。とてもシーイングがいい。ラジアン4mmで550倍だが像の崩れはまったく感じられない。風で鏡筒は揺れまくりだが。急いで撮影した。
a0095470_0345557.jpg

雲が多いので短い動画しか撮れず、連続して撮った動画からできた静止画2枚を加算平均してみた。

ついでにラジアンとスーパーモノセントリックで4mm対決をした。どちらも倍率は550倍、視野の広さが違うがとにかく良く見えて、土星像はほとんど差がないように思われた。強いて言えば、もっと倍率が欲しい。この2本の比較はもっとやってみたい。

とにかくシーイングは良かった。エンケが見えるかと思ったが、はっきりそれだとわかるものはなかった。ここももっと倍率が欲しい。

雲が多くて速く、風もあって撮影条件は良くなかった。だからこの土星の写りは十分だと思う。

by anettait | 2016-07-13 00:41 | 惑星 | Comments(0)  

スマホ撮影アダプター(月専用)の自作

観望会で時々スマホで撮影したがる人がいる。列を作って大勢で見ている場合は、待っている人に非常に迷惑になるのでやめましょう。

スマホ撮影はかなり難しいので、時間がかかるというのが最大の理由。接眼レンズの光軸とスマホの光軸を合わせるのは、初めての人ではかなり難しい。だから時間がかかり、後ろに並んだ人がイライラする。

いや、そんなことは観望会主催者の常識だから置いといて、今日の話題は少人数でおこなう観望会でスマオ撮影する場合、スムーズに撮影できるアダプターの製作だ。

私自身はすでに8年目に入ったガラゲー使いなので関係ないが、ある観望会で高校生のほとんどがアイフォンを持ち、しかも撮影したいがレンズが角に付いているために撮影できないという事態に遭遇したのが製作のきっかけだ。あんなに撮影しにくいスマホで撮影しようなんで論外だが、使っている本人はアイフォンがそこまで望遠鏡と相性が悪いとは知らないので仕方がない。

さて原理は簡単だ。アイピースの上にスマホを載せてすべらす板をくっつければいい。市販のアダプターのようにスマホを固定するものも作ったが、固定すると厳密に光軸を合わせないといけないので面倒だったのでボツにした。

スマホをすべらせて適当に光軸を合わせ、さっさと撮影する方がお互いにいい。撮る方はそこまでのクオリティを求めてはいないし、クオリティを求めるならちゃんとしたカメラで撮影しろということだ。

このアダプターの特徴は、タテ、ヨコ、アイピースからの距離、アイピースレンズとスマホレンズの平行という4つの調整項目を、タテとヨコという2項目に減らして撮影を簡単にしたところにある。実用新案といきたいがきっと誰か同じものをすでに作っていると思う。

言葉で書いてもわかりにくいので、画像を載せる。まず材料。
a0095470_0125135.jpg

左から、ボール紙の筒。20mmくらいのアイピース、天頂プリズム(ミラーも可)、下はCDまたはDVD。

次に、ボール紙の筒とアイピース、天頂プリズムを組み立てる。アイピースは落ちないようにセロテープを少し巻いておく。天頂プリズムにもボール紙の筒の内径に合わせるための紙か何かでスペーサーを作っておく。上の画像では、天頂プリズムに細い画用紙を巻いてある。
a0095470_0131921.jpg

そしてCDまたはDVDをアイピースの先に両面テープでくっつける。
a0095470_0133826.jpg

最後にDCの真ん中の穴にスマホのレンズを合わせて撮影する。
a0095470_0135694.jpg

スマホは手で支えるので、撮影中に落とした人はまだいない。あとはスマホの光軸を合わせる手伝いをして、さっさと撮影を終わらせること。2,3枚撮れたところで「はい、次の人」と言わないとひとりで占領する人が必ず出てくるので注意が必要だが、思いっきり少人数ならそれもまたいいか。

ところでタイトルにもあるが、これで撮影できるのは月だけ。惑星は小さすぎて、スマホのカメラの能力では周りの暗さに引っ張られて惑星が真っ白に飛んでしまい、輪郭すらわからなくなる。スマホカメラの性能の限界だ。ただしごくまれに露出補正をうまくつかって、土星の形を撮影できる人(たまたまできた人)もいるがそれはレアケース。偶然といっていい。

だから惑星を撮りたいという人は、お断りした方が無難。このアダプターとスマホの組み合わせでは99%失敗する上に時間だけかかるという困った結果が待っている。

そうそう、手元にスマホがないので、使っている画像はない。ただし数か月前に実際に観望会で使ってみたらかなり好評だった。それまでの光軸合わせの面倒さから解放されたのはうれしかった。

スマホで月を撮影しよう観望会、いや撮影会か、をやってみるのもいいかも。満月近い日程でも観望会ができるという利点がある。月が出てないとできないけど。

by anettait | 2016-07-12 00:45 | アクセサリー関係 | Comments(0)  

七夕台風の影響は続く

今年の七夕は、観測史上2番目に遅い発生だった台風1号のせいで天気が悪かった。
台風1号は台湾を横切って大陸の方へ去った。しかしそれから2日過ぎた今日も土砂降りだ。

おかげで7,8日に予定されていた学校での観望会も延期。今日予定だった公民館の観望会は中止。そういえば今日はライカム屋上でも観望会が予定されていたのを先ほど知ったが、たぶんそれも中止。土砂降りだったし。

さて、明日予定の奥武山公園での観望会はどうだろう。予報では曇り時々雨なんだが。

元々沖縄には「台風一過」というものはない。台風の通過後はすぐに天気が回復するのではなく、2,3日天気が悪いことが多い。それは沖縄付近では台風の足が遅いことと、勢力が大きくて雲をたくさん引き連れているためだと勝手に解釈している。シーイングも台風通過後はしばらく回復しないし。

それにしては今回の台風は八重山のむこうを通り過ぎていった割に影響が大きい。ちょっと甘く見ていたか・・・。

by anettait | 2016-07-09 23:13 | 気象 | Comments(0)  

7月2日の木星

昨日撮影した木星。うちは西側はシーイングが悪い気がする。巨大パチンコ屋のせいで空が明るいし。
しかし画像処理ソフトのおかげで、どうしようもないと思われる動画から、予想以上の画像が出来た。
a0095470_15564539.jpg

眼視ではもっとよく見えたのだが、撮影する時のピントがうまく合わせられない。

手動でピントが難しかったので、しばらく前にモーターフォーカサーに替えた。これで解決と思ったのだが大きな差はないようだ。モーターの場合、ここで止めたいというところで止まらないので、よけいストレスがたまる。

どこでピントが合っているかわからない状態なら、手動もモーターも変わらないような気がする。もうひと息ということろで、追い込みができない。

by anettait | 2016-07-03 16:00 | 惑星 | Comments(0)  

7月2日の火星

先ほど撮影した火星だ。
a0095470_2221798.jpg

シーイングは良かったが、南風が強くて鏡筒が大きく揺れ、短めに撮影したこの動画の方が写りが良かった。4mmアイピースで550倍の眼視では模様がとてもよく見えた。もうちょっと短めのアイピースが欲しいところ。
3.5mmアイピースも持っているのだが、あまり出来が良くないので使わなくなった。600倍の使える日が1年であまりないので、結局別のアイピースは買わなかった。

木星も撮影したが、シーイングが悪く、主鏡も温度順応ができてなかったのか、火星と比べるとあまりにもひどい画像だった。

by anettait | 2016-07-02 22:25 | 惑星 | Comments(0)  

6月30日の火星と土星

7月になった。天気が良すぎて、今日は今年一番の暑さだったらしい。最高気温は33度を超えている。他県と違い強烈な日差しの中での33度は、外を歩く気を起こさせない。今日は仕事で仕方なく少し歩いたが、歩き始めてすぐに激しく後悔した。殺人的な日差しだ。しかしこの中を歩いている観光客はすごいと思う。

ところで昨日の惑星。透明度は相変わらず良くシーイングもいいが、風が強くて鏡筒が揺れる。まともな画像が撮れないが、一応撮ってみた。まずは火星。
a0095470_20582883.jpg

だんだん小さくなってきた。火星面のコントラストが落ちてきているのか、眼視では模様が見えにくい。4mmアイピースを使った550倍でも十分見えたのは、シーイングがいいからだろう。

次に土星。ちょうど真南から吹く風で、火星の時よりもかなり揺れたため、シャープな像は得られなかった。こういう場合は鏡筒の短いシュミカセの方がいい結果を出せるとは知っているのだが。
a0095470_2058437.jpg

550倍での眼視では、環に落ちる本体の影が非常にシャープに見えたのだが。

ところで火星と土星は撮影倍率は同じだ。だから実際の見え方もこんな比率だ。
火星はだんだん小さくなっている。

by anettait | 2016-07-01 21:03 | 惑星 | Comments(0)