人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

40cmニュートン vs 20cmシュミカセ(やっと光軸がまともに)

惑星撮影に使っている40cmF5.5ニュートンと、やっと光軸がまともになってきた(完璧ではない)20cmシュミカセで火星を撮影してみた。

まずは20cmシュミカセ。ミードの紺色のやつだ。フォーク架台に載っていたようだが鏡筒単体、ジャンク状態で入手した。補正板はすでに曇り始めている。いや、けっこう曇っているというべきかも。ファインダーはない。ファインダー脚も付いていないので明るい惑星などしか導入できないが、今のところ問題はない。
a0095470_21365193.jpg

画像の時刻は1時間ずれている。本当は22時台だ。40cmよりもこちらを先に撮影した。

6.7mmアイピースでの眼視(約300倍)では画像のようなイメージで見えたが、4.7mmでは像が破たんしてダメ。まあこれでもそこそこ性能は出ている。

私の経験からすると、シュミカセでは9mmアイピースまで使えるのが普通。6mmが使えれば十分に調整が出来ていると言える。5mmが使える鏡筒は大当たりだと思う。F10の筒なら口径cmの20倍だ。

最初、ピントが合った状態でいくら光軸を合わせても二重像になったので、補正板を回して二重像が合うところを探した。そこそこ合ったところで固定して撮影。もっと光軸を追い込めそうな気がするのだが・・・。

さて40cm。何度も書いているが主鏡は45cmF5だが、外周部に欠けた部分があるので口径を絞って40cmで使っている。ディスカバリー社(アメリカ)製。欠けた状態の新品処分品で入手。安かったがひどく重い。
a0095470_21372546.jpg

南中は過ぎているので大気のプリズム効果による色ずれがひどいが、けっこう写っている。最近火星面の模様が薄くなったというか、見えにくくなった気がする。火星大気の透明度が落ちたのか、ただ単に地球から離れていく効果なのかはわからない。撮影地の大気の透明度は1年でいちばんいい時期なので、そのせいではない。

20cmシュミカセと40cmニュートンの比較は無意味だな。そもそも得意分野が違いすぎる。シュミカセは同口径のニュートンと比較するべきだ。面倒なのでやらないけど。

by anettait | 2016-06-29 21:58 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

大小シュミカセ

25cmと20cmのシュミカセ2台を比較してみた。

大きさ重さは25cmが20cmを圧倒している。特に重さは、感覚的には2倍違うような気がする。
比較のために同じ架台(タカハシEM-100)に載せた。まず25cm。
a0095470_0255244.jpg

赤道儀がちょっと心細い気がするが、実際に星を見ても風で揺れやすい。重量的にギリギリという感じ。

次に20cm。画像でわかるが、バランスウェイトの数が違う。25cmは2個でギリギリだが20cmは1個で余裕。風による揺れも少ない。とはいうものの、ビクセンならGPD赤道儀でギリギリという感じはした。
a0095470_0261385.jpg

たとえば飛行機などによる遠征の場合、20cmはどうにか持って行けても、25cmは無理だ。特に国内旅行の場合、架台は超過料金を取られるだろう。20cmは工夫すれば何とかなるような気がする。まだやってないけど、経緯台なら離島に持って行けそうな気がしている。

ところで像の比較はまだ無理。というのは20cmの光軸がなかなか合わない。そこそこまではいけるのだが、もうひと息というところで狂わせてしまう。いつものパターンだな。

20cmは本体のみ(鏡筒バンド除く)なら6キロしかない。今年はこれを離島に持って行ければと思っているのだが。鏡筒バンドを軽量化して、軽量な経緯台との組み合わせなら何とかなるはずだ。曇りやすい補正板という問題もあるのだが、そこはあきらめるしかないか。

by anettait | 2016-06-28 00:34 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

梅雨明けはスーパーハイコントラストな青空

とにかく暑い。透明度が良すぎて太陽光が直撃する。日陰にいても日焼けする。
a0095470_2355557.jpg

この状態は梅雨明け後だいたい2週間というのが一般的な認識のようだ。
ちょうど満月なので星の撮影には向かないのが残念だが、私もちょうど夏風邪なので、特に問題はない。

by anettait | 2016-06-23 23:56 | 気象 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(178)光軸を合わせて月を撮る

やっと梅雨明けの透明度がやってきた。昨日はシーイングはいいものの雲が多すぎて撮影できず。
今日になってやっと雲が減った。そこで土星の高度で光軸を合わせ、月を撮影した。
a0095470_118336.jpg

アンシャープマスクを弱めにかけたら、割といい感じになった。
しかし月の左側はシャープだが、右側はややピンボケ。つまり片ボケが発生している。
a0095470_1191512.jpg

でもまあこんなもんだな。
とりあえず今日はこんな感じで。

by anettait | 2016-06-19 01:20 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

梅雨明けしたんだが雲が多い

望遠鏡を出すまでは晴れていたのだが、準備していると梅雨特有の低くて速い雲がわいてきた。
そんな天気の中、この夏に使う望遠鏡の調整をしてみた。
a0095470_23232599.jpg

北にある前線に吹き込む南風がやたらと強く、惑星を撮影するのは難しかったので月だけ撮影。
a0095470_23234338.jpg

惑星は思ったより見えなかった。そのうち全部雲の中に消えてしまった。

本格的に晴れるにはもう少し時間がかかりそうだ。

by anettait | 2016-06-16 23:27 | | Comments(0)  

今年初の天の川(自宅で)

数日前、非常に天気もシーイングも良かった晩のこと。寝る前に屋上に出たら、透明度もすごいし雲もいつのまにか消えているし。もしかして天の川が見えているかもと思い探したら、すぐに見つかった。
a0095470_125161.jpg

わかりにくい画像だが、せっかく撮ったのでアップする。画面右側

その翌日から再び梅雨空に戻ったので、夜中だけど見ておいて良かった。今日もすごい土砂降りだった。

by anettait | 2016-06-12 01:27 | | Comments(0)  

昨夜の火星

シーイングは思ったほど良くないと思ったが、撮影してみたらまともだった。
a0095470_0341324.jpg

大シルチスがとても黒かった。眼視で中央左下のオリンポス山?にかかる雲もわかった。

by anettait | 2016-06-09 00:38 | 惑星 | Comments(0)  

衝から4日後の土星

今日は土星がすごく良く見えた。シーイングはかなり良かった。最高レベルではないものの、40cmに560倍が余裕で使えた。スーパーモノセントリック4mmは高かったけど、買っておいて良かったと初めて思った。
a0095470_1401758.jpg

色が変だが、仕方がない。撮影中はもっとまともに見えたのだが。時間があれば再処理したい。

ところで火星はゆらゆらだった。火星面の模様も良く見えたけど。

by anettait | 2016-06-08 01:43 | 惑星 | Comments(2)  

しょぼい木星

やっと晴れたので30cmドブのテスト撮影をしたかったのだが、光軸を調整している間に雲がわいてきた。
おまけにシーイングもいまいちで、眼視でもピントが合ったり合わなかったり。
a0095470_23594431.jpg

おかげで撮影できた動画は3本、しかもしょぼい。
火星は雲の中に消えてしまった。

by anettait | 2016-06-06 00:01 | 惑星 | Comments(0)