人気ブログランキング |

<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

満月翌日の月

寝ようとしたら、月が明るいので撮ってしまった。夕方は雨も降っていたのだが、きれいに晴れていた。
こんな時、短焦点屈折+経緯台はすぐに準備ができて楽だ。
a0095470_1551827.jpg

昨日が満月だったのに、思ったより欠けている。早いな。

by anettait | 2015-09-30 01:56 | | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(166-2) 森林公園でM42

ありきたりだが、森林公園でもM42オリオン大星雲を撮影した。かなりの枚数を撮影したが、空が暗いので(良く写ると確信して)露出を抑えきれず、星が流れてしまった。実にマヌケだ。
a0095470_2331635.jpg

しかし空が暗いので本当によく写る。ドブソニアンで固定撮影は実にもったいない。追尾しながら改造デジカメで感度を抑えてじっくり赤い星雲を撮りたい。

かといってポンセットマウントをひとりで使うのも無理だし、電源も問題がある。そこはバッテリー+インバータかコンセント付バッテリーか何かを検討中だ。または気合の手動追尾か。

眼視では、目が疲れているのか色は糸満に比べてよくわかるというわけではなかった。空は森林公園の方が確実に数段暗いのだが、なぜ色の見え方が向上しないのかは不明だ。

by anettait | 2015-09-29 23:35 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

2015年最大の満月

今年最大の満月は、ヨーロッパなどで皆既月食になった。ネット中継もあったようで、実にいい時代になったものだ。超高感度ビデオカメラが普及しつつあるので、アメリカで大流星群が出現しても、ちゃんと見られる生中継もそのうち出てくるはずだ。現状のはもうひと息。

ところでスーパームーンという用語はすっかり普通になったようだ。これが占星術用語だということを知っていても知らなくても、きっと日本人なら何も気にしないとは思う。それよりも人類が滅びる4回続きのブラッドムーンはどうなったんだろう。今回の皆既月食はすでに終了したし、今年だけで人類は何回滅びることになっていたんだっけ。

さて、どうでもいい話は置いといて、台風21号で八重山は大変なことになっているようだ。瞬間最大風速81mは尋常じゃない。台湾も大変だと思う。被害が少なければいいのだが。台風の勢力に満月は関係ないと思うが、高潮には悪影響があるだろう。ちょうど大潮になるし。
a0095470_1151523.jpg

今日の月は特別大きいような感じはなかった。半年前の月がどのくらいだったかなんて、私の記憶力では比較は無理だ。比較用に撮影していた60cmドブソニアンはバラしたままなので、今日もボーグで撮影した。

完全な満月から12時間以上過ぎているので、満月11時間前の昨日の画像と比較すると、それぞれ反対側が少しだけ欠けているのがわかると思う。

by anettait | 2015-09-29 01:19 | | Comments(0)  

中秋の名月の画像を撮り直した

先ほどの月の画像がアンシャープマスクをかけすぎてイマイチなので、取り直した。今度はα7sだ。
a0095470_1451415.jpg

台風の影響なのか、やたらと黄色っぽいので色補正した。
これだけ雲が多いと、シャープな画像は期待できないが仕方ない。
きつい画像処理は中秋の名月に合わないような気がするし。そこそこで。

by anettait | 2015-09-28 01:48 | | Comments(0)  

中秋の名月は「ふちゃぎ」

今年も「ふちゃぎ」をおいしく食べた。仕事から帰ると、すでに2個は食べられていたが仕方がない。
a0095470_22473165.jpg

今年買ったのは少し甘めのふちゃぎだが、昔からなじんでいる「薄い塩味または味がない」よりも最近の「甘いやつ」が多いような気がする。しかも甘いのは「砂糖入り」とはあるが甘さの程度が不明。

台風21号が八重山に接近しているせいで空には雲が多い。しかし非常に早い雲なので、月はそこそこ顔を出す。撮影可能ではあるが、月が見えているのに時々雨が降るのは困りものだ。
a0095470_22543071.jpg

できれば60cmドブソニアン直焦点で撮影して先月の満月と大きさを比較したいところだが、ドブソニアンは分解したまま1階だ。無理して準備しても強風で撮影できないだろうから、今回はあきらめる。

by anettait | 2015-09-27 23:00 | | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(166-1) オリオン座の散光星雲NGC2024

60cmドブソニアンと超高感度デジカメα7sを使って森林公園で星雲星団を撮ったシリーズその1。といっても全部で4種類くらいしかないので期待せずに見てほしい。

その1はNGC2024、通称燃える木。確かに木が燃えているように見えなくもない。オリオン座の三ツ星のすぐ隣にあり、空さえ良ければそこそこの望遠鏡なら意外に簡単に見える。この撮影ではデジカメの液晶モニターで存在を確認できたくらいだ。とは言ってもM42よりははるかに暗い。
a0095470_13475635.jpg

追尾なしのドブソニアンでは1.6秒露出でも星が流れてしまう。感度もISO65000で画面周辺の赤っぽい熱ノイズが目立ち始めているので、これ以上感度を上げるのも苦しい。

9月の深夜でも気温25度から下がらない沖縄はデジカメのノイズは不利だ。冬でも10度以下にはめったにならないし。

高感度ノイズもひどかったが、これは少しぼかすことでごまかしてある。ノイズリダクションは使ってない、というか使うのを忘れていた。

このすぐ近くにある馬頭星雲は、眼視ではあ影も形もなかった。やはりHβフィルターが必要か。撮影してもほとんど写らなかった。改造デジカメなら写るはずなので、これはデジカメの特性なのかも。いつか確認してみなくては。

by anettait | 2015-09-27 13:53 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(165) シルバーウィークに森林公園に行く

次のシルバーウィークは11年後らしい。その頃には仕事もとっくに定年になっているので、きっと毎週シルバーウィークみたいになっているような気がする。

それはいいとして、晴れそうなので60cmドブソニアンと国頭村の森林公園に行ってみた。
ドブソニアンは車に積みっぱなしだったので前回のような時間はかからなかったが、到着を月没に合わせたので、やはり夜中になった。
a0095470_21335417.jpg

森林公園には珍しく、雲がほとんどなかった。カメラ3台で撮影しつつドブソニアンで観望なので、忙しかった。やりたいことを全部やる前に金星が昇ってきた。上の画像の明るいものは金星だ。右の明るい星はシリウス。

M天体をいくつか見たが、有効最低倍率が高いので探すのに時間がかかる。実際に見てみると「あれ、こんなに大きかった?」という感じ。
a0095470_21342141.jpg

いくつか撮影したので、次回に紹介したい。今日はこれからドブソニアンを車から降ろさなくてはならない。このままではレガシィワゴンが一人乗り状態だ。

by anettait | 2015-09-23 21:39 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(164) 夜明け前の金星を見てみる

金星がまぶしすぎて、うっかり目をやられるところだった。38mm広角アイピースで有効最低倍率を下回っていたせいもあるかも。
a0095470_128211.jpg

連休はこのあと夜は雨ばかりなので、行ってて良かった。

by anettait | 2015-09-22 12:09 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

今日の太陽面2015/09/21

せっかくの公休日なのだが、今日の天気予報は雨。しかし雲は多めだが、どうにか晴れている。
せっかくなので太陽を撮影してみた。
a0095470_161365.jpg

とにかく暑い。真夏よりはましだが、長時間の撮影はまだ厳しい。

by anettait | 2015-09-21 16:15 | 太陽 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(163) シルバーウィークにちょっと遠征して撮影

糸満まで遠征したのはいいが、出発が遅かったので光軸修整もそこそこに観望と撮影に入った。

今回の目的はM42の色がどこまで見えるかを確認することだった。
電照菊栽培の影響が大きいのは残念だが、それでも自宅よりは赤っぽい部分がよくわかった。
その時撮影した画像を載せる。画像の淡い部分は見えそうでよく見えなかった。
a0095470_121185.jpg

中心部の露出オーバーになった部分は青っぽい白、周辺のふちが暗いピンクっぽい感じ。
四重星トラペジウムは露出オーバーの中に埋もれているが、眼視ではちゃんと見えている。

眼視のイメージjを伝えるため、露出を替えた3コマを合成した画像を載せる。画像処理がヘタクソなのと元画像が悪いのでちょっと、という感じもするがこれしかないので仕方がない。
a0095470_12113674.jpg

画像処理で色を抑えたつもりだが、眼視よりもまだ色が濃い。実際はもっと色が薄い感じだ。

もっと暗い空でじっくり見たい。しかし再メッキが先だろうな。メッキの劣化が激しすぎる。

by anettait | 2015-09-21 12:15 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)