<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

3月29日の太陽面

今日は休みだったがいろいろあって、撮影が午後になった。
雲が流れていてシーイングも悪く、ピントも甘いのが撮影後にわかった。
10コマコンポジットで強めの画像処理をしてピンボケをごまかしている。
a0095470_2163386.jpg

ふちのとても明るい活動領域が気になるが、続けて撮影する時間がなかった。
[PR]

by anettait | 2015-03-29 21:08 | 太陽 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(136) フィールドテスト2回目

フィールドテストで車に60cmドブを積み込んだら降ろすのがとても面倒で、翌々日にそのまま2回目のフィールドテストに出かけた。

前回の反省から、今度は近場のグスクロード公園。着いたら快晴なのは前回と同じだったが、幸い天気はそのまま持ってくれた。

組立にはたっぷり1時間かかることがわかった。大まかな光軸修整まで入れるとプラス30分。今回もポンセットマウントは持って行かなかったが、それがあるとさらに30分必要な感じだ。

今回は光軸修整は適当に切り上げて、空の暗い場所で見ることを優先した。とはいえグスクロード公園はそこそこ空が明るく、しかも以前は日没後1時間で消えた街灯が、ずっと点いているのは誤算だった。
a0095470_1355263.jpg

特に西側が明るいので、M42は思ったほど見えなかった。明るい部bんの色はよくわかったが、暗い部分の広がりがよく見えない。透明度が悪いのか、期待外れだった。

撤収直前にケンタウルス座のオメガ星団を見てみた。ケンタウルス座の星もよく見えなかったが、双眼鏡で場所を特定してドブソニアンを向けると、ぼんやりしたものが見えた。ピントを合わせてよく見てみると、無数の細かい星がごちゃごちゃと固まっているようすがわかる。ついでなので撮影してみた。
a0095470_1364469.jpg

風で望遠鏡が動いてブレブレの画像ばかりだが、上のコマは比較的まともだった。露出はわずか1秒。もう少し感度を上げればよかったかも。
その後記念撮影をして帰った。

その日のうちに主鏡と架台は車から降ろしたが、残りはまだ載っている。
大口径での遠征は体力と気力が必要だ。
[PR]

by anettait | 2015-03-28 13:09 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

3月22日の地球照

久しぶりにBORG100EDで月を撮影した。地球照がとてもきれいだったので、木立に沈むところを撮影。
a0095470_0362095.jpg

とてもよく晴れていたが、透明度はいまひとつ。おまけに動画を撮る設定だったのでシャッタースピードを確保するために感度を上げすぎた。地球照の部分がざらざらなのはそのせいだ。
[PR]

by anettait | 2015-03-27 00:37 | | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(135) フィールドテストに持ち出す

水平回転部の改良ができたのと休日前の天気のいい新月の夜だったので、フィールドテストに持ち出すことにした。惑星は別として、星雲星団には大きな威力を発揮するはずと期待していた。

とはいうもののドブソニアンを屋上から降ろして車に積むのに、助手1号に手伝わせながら、時々ネコに妨害されながらもやたらと準備に時間がかかってしまい、出発は21時過ぎになってしまった。下の画像は主鏡箱の中でくつろぐネコ。
a0095470_16571663.jpg

とにかく快晴なので、条件のいい場所に行きたくなり国頭村の森林公園まで足を延ばした。

着いたら快晴。空はやや眠く星はにじんでいるように見えるが、なんとかなりそう。カメラで流星を撮影しつつ組立にかかる。

組立には1時間以上かかってしまった。まず主鏡を車から降ろすのが大変で、暗い中、光軸を調整するのにも時間がかかる。そうこうしている間に北から雲が広がり、あっという間に曇ってしまった。
a0095470_16583595.jpg

最初のうちは雲が切れたりしたが、そのうち星はまったく見えなくなった。そのまま午前3時半まで待ったが、あきらめて記念撮影をして撤収した。
a0095470_16585775.jpg

当初の予定では仮眠してから帰るつもりだったが、星も見えないし明るくなると目がくらむので、夜が明けないうちにさっさと帰った。今回は高速を制限速度ぎりぎり、時には下回るほどゆっくりと車を走らせたので、往復200キロで久しぶりに燃費がリッター10キロを超えた。ゆっくりとはいっても片道2時間弱なので、極端に遅くなったわけでもなかった。

今はとにかく面倒で車から荷物を下ろす気になれない。持って行った機材は60cmドブソニアン一式、アイピース8個、脚立、工具、カメラ3台レンズ10本、GPD赤道儀と三脚、バランスウェイト、バッテリー、パソコンにタブレット、12cm短焦点屈折(シーイング確認用)、スカイメモ、カメラ三脚4本、防寒具などなど。おかげでツーリングワゴンはドライバーしか乗れない状態だ。

しかしこの中で実際に使ったのはドブソニアンと脚立、カメラ2台と三脚2本のみ。アイピースは1個だけ。残りはただの重りだった。あとで助手たちに手伝わせて降ろそう。

今回のことで問題点がいろいろ見えてきた。最も大きなものは「いいかげん歳なんだから、泊まる場所を確保してから行け」というところか。最小限の機材で行け、というのは私には無理だし。ドブソニアンも手早く調整ができるように改良しなくては。
[PR]

by anettait | 2015-03-21 17:11 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(134) 水平回転部を改良する

架台は製作から5年くらいになるので、水平回転部の動きも渋くなっている。方向を変えようとすると回転部ではなく台車のタイヤの方が動いてしまう。
これでは不便なので、改良することにした。

今回は製作初期の頃に使ったホワイティドブ30の架台部と、それに付属しているベアリングを使った。部品交換なので作業時間はわずか1時間。
a0095470_8272674.jpg

ただしそのままでは回転が軽すぎて、ちょっとの風でも回転して危険だ。これを使わなくなったのもそれが理由だ。
そこで今回はちょっと考えて、ブレーキを作ってみた。下に皿の付いたM8ボルトだ。
a0095470_8284023.jpg

実際使ってみると、今度はブレーキが常にかかっている状態になった。皿の厚みがちょっと、ということか。
a0095470_8293955.jpg

次に鏡筒を下す時に普通のボルトに取り替えよう。
[PR]

by anettait | 2015-03-21 08:39 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(133) 木星を撮ってみる

架台の動きがスムーズになったところで、木星を撮ってみた。

実は最近ちょくちょく撮ってはみるのだが、架台の動きが渋くてまともに視野に留めて置けなかったりして、まともな画像は撮れていない。
架台がスムーズになれば多少はましになるかも、というところである。

ウェブカメラでの撮影は写野が狭すぎて無理なので、マイクロフォーサーズのE-PL1を使った。
これはデジタルテレコンが付いていない機種なので拡大率では不利だが、E-PM1の動画の露出補正ができなくなったので仕方がない。いや、E-PM1は元からできなかったのかも。もう忘れてしまっている。

結果は、本当に多少はましか、という程度だった。
a0095470_23382553.jpg

拡大率が低いので木星像が小さく、ピントの確認が難しいのと、追尾できないので動画のコマ数が少ないのが敗因か。

拡大率を上げるにはバーロー2段重ねという荒業があるが、像はかなり暗くなり、これまでの架台の動きでは実用にならなかった。今日は曇ってきたので試さなかったが、次回に試してみたい。
[PR]

by anettait | 2015-03-18 23:41 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(132)高度軸の改良

最初は調子よかった高度軸も数年のうちに動きが渋くなり、最近はスムーズさのかけらもなくなった。
テフロンチップを点けたりもしたが、気休め程度だった。
そこで思いついたのが戸車。ホームセンターで買ってきて、平日の夜にもかかわらず、さっそく作業に入った。
a0095470_0362637.jpg

かなり雑な仕事だが、どうせ架台は作り変えるから、と思っている。

効果は抜群、動きがとてもスムーズになった。むしろスムーズすぎる。勝手に下を向いたりする。
a0095470_037030.jpg

少し考えて、主鏡の近くにバランスウエイトを付けた。これはビクセンの3キロくらいのもの。
ちょうどいい重さで、うまくバランスが取れた。

動きがまだスムーズすぎるので、今度ブレーキ機構を考えてみたい。
[PR]

by anettait | 2015-03-18 00:38 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(131) ポンセットマウントを使おうとしたが

久しぶりに天気がいいのでポンセットマウントのテストをしながらドブソニアンの調整をすることにした。
画像の下の方、ドブ架台の下にある白い四角のものがポンセットマウント。
南風でシーイングも良さそうだった。
a0095470_16162463.jpg

しかし望遠鏡を出したら曇った。

まあよくあることだ。
[PR]

by anettait | 2015-03-15 16:20 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

3月14日の太陽

やっと太陽が撮れた。忙しいし天気も悪いしでなかなかタイミングが合わない。
今回も雲の隙間からやっと撮影できた。
a0095470_16573311.jpg

雲越しの撮影なのでピントが甘い。雲が多すぎて撮影できたのは30コマくらいだった。
その中から雲の少ないのを10コマ選んでレジスタックス5で処理。仕上げはステライメージ7で。

眼視でも黒点とダークフィラメントと小さなプロミネンスを見ることができたので満足。
[PR]

by anettait | 2015-03-14 16:58 | 太陽 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(130) 薄雲越しに月を撮る

ポンセットマウントをもっと試したいと思ったのだが、助手が忙しくて手伝ってくれないので、仕方なく薄雲越しに月をとってみた。

今回も斜鏡と接眼部をいじったのでアダプター経由ではカメラのピントが合わず、カメラをヘリコイドに押し付ける格好で撮影した。
a0095470_2275637.jpg

適当に撮影した割には良く写っている。拡大してもぼけた部分が少ない。この画像はアンシャープマスクをかけたので、元画像より細かい部分が解像している。

いつもこれくらい撮れるといいのだが、一緒に撮影した別のコマはちょっとピンボケだった。なかなか難しい。
[PR]

by anettait | 2015-03-07 22:09 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)