<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

60cmドブソニアン自作記(128) 月を撮ってみる

接眼部をいじっていたら斜鏡の位置が気に入らなくなって、トップリングの取り付け方も気になり出し、晴れているのにあれこれいじりだしたので月を撮るのが遅くなってしまった。

西側の壁に邪魔される直前、月を撮影してみた。今回は15コマコンポジットでステライメージでマルチバンドウェーブレット処理をしてみた。コンポジットもステライメージで。
a0095470_01139.jpg

シーイングはいまひとつだったが、それを差し引いても60cmの実力はこんなものではないはず。だから次がんばろう。

そのうち月と再試合かも。その前に接眼部ああたりの手直しを急がねば。
[PR]

by anettait | 2015-02-27 00:04 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

ジャンクの赤道儀が4種類も!

ケンコートキナーオンラインショップのジャンクコーナーに出ている。

NEWスカイエクスプローラーSE2とEQ6は現行型、NEWがつかない方は旧型。どう違うかはわからないが・・・。両方とも電動微動のみで手動の微動は付いていないタイプだったと思う。

もちろんジャンクなので動作保障はないようだ。返品もきかないみたいだし、これに13万円(EQ6の場合)も使うのはリスクが高い。でも最初3台あったEQ6はすでに1台売れたようだ。ちなみにNEWは19万円。ただし今なら10パーセント引きらしい。

EQ6は25cmF5反射鏡筒まで載せられて自動導入が標準で付いていてオートガイドにも標準で対応できるなど、スペックは魅力的なのだが、それなりに重量があるので使いこなすには体力が必要だ。

ところで赤道儀タイプの自動導入は極軸がきちんと合っていないと導入精度は悪くなる。そこが自動導入経緯台と違うところで、星雲などの天体写真を撮らないのであれば、私は経緯台式を勧める。

ジャンク品マニアの私としては非常に気になるのだが、10万円を超えるジャンクはハードルが高すぎる。うちのロスマンディZも年に1、2回くらいしか使わないし・・・。

そうそう、ここに出ている小口径の自動導入機が欲しかったのだが、我慢している間に売れてしまった。よかったよかった。無駄なものを買わずに済んだ。やっぱり人間我慢が必要だ。
[PR]

by anettait | 2015-02-23 23:21 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(127) ヘリコイド2号投入

先日のヘリコイド接眼部は回すと光軸がずれるという困った状態だったので、さっそく接眼部を取り替えた。

前回の直進ヘリコイドとは違い、今回は回転ヘリコイドだ。これはもしもの時のために準備してあった。
a0095470_20124877.jpg

最初は光軸はけっこう合っている。
a0095470_20153267.jpg

ヘリコイドを回すと・・・
a0095470_2016046.jpg

やっぱりずれる。これもダメだ。

なかなか難しい。ボーグのヘリコイドにするか。または撮影をあきらめて、元の接眼部に戻すか。
こんな接眼部だが、木星はそこそこ見えたような気がする。
[PR]

by anettait | 2015-02-22 20:17 | 超大口径ドブソニアン | Comments(4)  

2月21日の太陽面

太陽望遠鏡で見てみたら目立つものはなかったが、撮影してみるといろいろ写って面白い。
a0095470_1528269.jpg

眼視であまり見えないのは太陽望遠鏡の仕様なのか、自分の目の仕様か。それともデジタル処理がすごいのか。いや、デジカメの仕様が太陽撮影に向いているからなのか。たぶんそっちだな。
[PR]

by anettait | 2015-02-21 15:31 | 太陽 | Comments(0)  

月齢1.4

昨日は旧正月で、その前日、旧大晦日の新聞には旧暦2033年問題が一面トップに出ていた。さすが沖縄。

それは置いといて、今日もよく晴れた。金星の輝きはすごかったが、月もとてもきれいだった。月齢は午後7時で1.4(ステラナビゲータによる)だった。
a0095470_23175959.jpg

非常にきれいだったが、この画像は短焦点アクロマートの欠点である色収差が出ている。もっといいレンズで撮ればよかったのだが、撮れただけラッキーだったのかも。
[PR]

by anettait | 2015-02-20 23:19 | | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(126) 木星を撮ってみたのだが

シーイングが悪いとはいえ、ひどい画像だ。
a0095470_235976.jpg

光軸もまともに合っていないが、ドブソニアンは星を追尾できないので動画の撮りようがない。これは静止画を3コマコンポジットしただけ。コンポジットしない画像と変わらなかった。

デジタルテレコンは拡大撮影には便利だが、写る範囲が極端に狭くなるので、ドブソニアンで使うと対象が逃げた時に大変だ。木星の再導入はとても難しい。
[PR]

by anettait | 2015-02-20 00:00 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

今日の朝日

透明度がかなり悪いので、朝日はちっともまぶしくなかった。
a0095470_135213.jpg

みかんみたいだ。
[PR]

by anettait | 2015-02-18 01:05 | 太陽 | Comments(0)  

Powershot S120 がついに販売終了?

いつものとおりなんとなくネットを巡回していたら、カメラのキタムラのネットショップで、パワーショットS120が「完了商品」になっていて、販売が終了していた。

後継機は出ないとの噂もネット上では見かけるが、上級機種と統合されるとの話も見たことがある。
現行機種では最も太陽撮影に向いているみたいだし、使える星空モードが付いた貴重な機種だった。
どちらにしても新品が欲しい人は、早めに手を打つべきだろう。

そういえば昨日行ったコジマの店頭からも消えていたが、少し前までは値札のついていない展示機だけが残っていたので、何か変だとは思った。あれは外側だけの本当の展示機だったのかも。
ちなみにキタムラネットショップの最終価格は2万8千8百円だった。さらに下取りで2千円引き。

実は半年前の方が少し安かったのだが、天体用のみを考えるとマイクロフォーサーズなどのミラーレス一眼の旧モデル処分品の方が値段は少し高いが、天体撮影にもっと向いていたりする。
[PR]

by anettait | 2015-02-14 00:23 | カメラ関係 | Comments(1)  

ASI120MCのCMOS清掃

CMOS前面のゴミのせいで木星の強拡大も月も撮れない困った状態を放置できず、清掃をすることにした。
a0095470_23553056.jpg

裏面のネジを外せばいいのかと思ったが、どうにも普通のネジではなさそう。六角レンチでもないように見えた。手持ちの工具が合わないとカバーガラスが外せない。さて困った。

でも分解経験者のサイトを見ると、簡単に外せるとある。ためしに赤い部分の一番上をつかんで回したら、あっけなく外れた。
a0095470_23555249.jpg

もうひとつの問題はゴミが小さすぎて手元のルーペでは見えないこと。しかしこれは清掃前後にパソコンにつないで画像を確認することで、簡単に解決した。

ゴミはガラスではなくCMOSについていたが、ブロアで吹き飛ばしたら取れた。
さて、これでいつゴミが付いても大丈夫。あとは天気とシーイングか。
[PR]

by anettait | 2015-02-12 23:59 | カメラ関係 | Comments(0)  

2月7日に木星が衝

なので遅ればせながら木星を撮影してみた。久しぶりにドームの40cmを使った。
a0095470_18523517.jpg

眼視ではそこそこ見えていたのだが、木星が小刻みに揺れていた。
この夜、今期最低気温になったので仕方がないか。なんと粟国島で5.8度!那覇は9.8度?だったかな。気温はテレビで言ったもののうろ覚えなので正確ではない。

ところでこのカメラ、惑星撮影にかなりいいらしいのだが、うちのはど真ん中にゴミがあって、他にも数か所にゴミがついていて木星を大きく撮影することができない。
どうやらカバーグラスの内側に付いているようで、外側を拭いても変化なし。あまり使ってないのだが、分解掃除するべきか・・・。
[PR]

by anettait | 2015-02-11 18:55 | 惑星 | Comments(0)