人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

久しぶりの天の川

かなり久しぶりにちゃんとした天の川を見た。そういえば先週玉城で観望会を手伝った時も天の川を見たのだが、撮影する時間はなかった。
a0095470_1235154.jpg

台風11号が発生しているので、雲がかなり早い。きっと波しぶきも飛んでいるはずだが、とにかく撮影してみた。露出不足なのを画像処理でごまかしている。モニターが明るすぎたのか、撮影現場で見たのより暗い。

タイムラプス動画の素材のつもりだったが、露出不足なのがちょっと・・・。

by anettait | 2014-07-30 01:24 | 星の見える場所 | Comments(0)  

とにかく暑いのに太陽を撮る

昨日、今日とひどい暑さだった。昨日は科学の祭典in北谷を終えた後、国道58号を歩いて干し物になるかと思った。今日は1時間だけの太陽観望会で熱中症気味になった。この時期の太陽は殺人的だ。

とか何とか言っているが、今日は朝早く撮影してみた。
a0095470_2302433.jpg

どうも地味だ。黒点も中心付近の1個しか見えなかった。プロミネンスも小さい。

データを書き忘れたが、機材はいつものとおり。2014年7月27日07時40分頃撮影。

by anettait | 2014-07-27 23:03 | 太陽 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(105) M22を撮る

今回の連休はあまり連休ではなかったが、自作に多少の進展はあった。
3日ほど光軸修整について考え、昨夜テストしてみたところ、割とうまくいった。

もちろんまだ完全ではないが、約350倍でアンタレスの伴星をやっと確認できるまで光軸を追い込んだ。
数週間前の「(伴星が)あるような気がする」から、「よく見たら確かにある」までこぎつけた。

ついでに透明度も抜群だったので、星雲星団を撮影してみることにした。
詳しい説明は次回にするが、最新デジカメも導入したので、そのテストも。

最初にM8を撮ってみたが、星雲はほとんど写らず失敗。風が強いこともあり、鏡筒はぶれぶれ。

次は明るい球状星団M22を撮ってみた。いろいろ試して、5分の1秒で撮ったものはぶれが少なかった。それを2枚コンポジット。片方はぶれた像なので、コントラストを上げてごまかしてある。残りは失敗。
a0095470_22323167.jpg

なんとなく眼視に近い雰囲気になった。長時間露出ができないのでこうなったわけだが。
風と雲がなければ、もう少し露出は伸ばせそうな感じだ。

この直後に曇ってしまったので、全部片づけた。2時間後には晴れたが、寝てしまった。

by anettait | 2014-07-21 22:35 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

目立つものが何もない太陽面

海の日で休みだったので、久しぶりに太陽面を撮影した。
梅雨が明けてからの日差しは殺人的と言っていいほど強烈で、太陽撮影にも気合が必要だ。

しかし太陽「望遠鏡で見てがっかり。目立つものがほとんど何もない。そういう情報は事前に得ていたが、実際に見てみるとがっかりする。
a0095470_1217381.jpg

小さいけどプロミネンスが出ていることがせめてもの救いか。

by anettait | 2014-07-21 12:18 | 太陽 | Comments(2)  

夏の夕焼け

最近透明度はいいが、雲も多くなった。台風通過後からそうなったような気がする。

今日は日没の時刻にはヤマダ電機にいたので撮影はしなかったが、夕焼けは数日前に撮った。
a0095470_01912.jpg

コジマ電気が自己主張しているのが気になるが、すまんが今のところ買うものはないんだ。

ほとんど何も買わないのに、なんとなく家電量販店に行ってしまう。ベスト電器もすぐ近くだし。

by anettait | 2014-07-20 00:21 | 夕焼け | Comments(0)  

早くも秋の星座

最近、非常に透明度がいいので、那覇新都心でも夜半過ぎなら星が良く見える。
しかも夜半過ぎには、秋の星座が昇ってくる。

カシオペヤ座~北極星付近を撮影してみたら、簡単に写った。下弦前の月があるのにこのとおり。
a0095470_0183847.jpg

透明度が悪い晩なら、北極星すら光害に埋もれて写らないことも多い。

この透明度、今月いっぱい続くかどうか。例年なら7月後半には透明度が落ちてしまう。

by anettait | 2014-07-18 00:21 | 星の見える場所 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(104) 丸い月をじっくり見る

今日で三晩続けて60cmドブソニアンをいじっている。光軸修整の迷路は毎度のことだが、満月前後の月では光軸が合ったかどうかの確認が難しい。ただ明るいだけで影がなく、細かい地形は見えないからだ。

ところが、それが勘違いであることがわかった。今回思いつきでナグラー22mm+乱視補正レンズ+コマコレクターで満月翌日の月を見たら、信じられないほどよく見えたのだ。

具体的には、欠け際の微小クレーターがよく見えるし、月の海に埋もれたクレーターや月面の模様の色の違いなど、言葉では表現できないような、いろんなものが見えた。

倍率はたかだか100倍ちょっとなのできちんと光軸を合わさなくてもそこそこ見えるはずだが、このドブソニアンでここまで見えたのは初めてだった。
a0095470_014643.jpg

ところが今日撮影してみたら、片ボケしているのがわかった。画像の上はピンボケ、右下はちゃんと合っている。

調整の方向がわかったような気がした。気がしただけかもしれないが。

by anettait | 2014-07-15 00:16 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

都会の天の川

一般の人にはかなり無理があると思うが、那覇新都心で天の川を見ることは可能だ。
それには日と時間と天候と場所を選ばなくてはならない。
以下がその条件

1.月が出ていないこと
2.天の川が南中している前後の時間帯であること
3.明かりの少ない深夜の時間帯であること
4.視界の広い場所で、天の川の方向に明かりがないこと
5.透明度の抜群にいい日であること

以上がそろえば、新都心でも天の川が見える。ただし天の川を実際に見たことがなければ、それが天の川だとは気付かないかもしれない。

今年の7月初旬は、上の条件がすべてそろっていた。撮影した天の川の画像を載せる。
a0095470_15371735.jpg

画像処理が強すぎて、変な感じになってしまった。
こんな夜に空の暗い場所に行けば、降るような星空が見られると思うが確かこの時は平日だったと思う。
7月後半になると天の川の南中が早くなるので、ちょっと厳しい。

by anettait | 2014-07-13 15:41 | 星の見える場所 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(103) 満月一時間後の月を撮る

台風が去って3日、やっと晴れたが風が強いし雲は多い。ただし雲の流れは早いので望遠鏡は使えそうだと考え、60cmドブを出してみる。

満月で薄雲もあったりして、惑星は西に傾いて月以外なにも見えない。だから満月を撮ってみる。

月が太陽のちょうど反対側に来る「満月の瞬間」以外は、満月といえどもどこかのふちが欠けている。
今回は欠けている部分が非常に少なく、見ていて「満月の瞬間」に近いことがすぐにわかった。

後で調べてみると、満月の瞬間は20時30分頃。夏の満月は低いので、雲があるとなかなか厳しい。60cmドブでもその時間帯は低すぎて無理だ。画像は21時30分撮影。薄雲で白っぽかったのでコントラストを上げた。
a0095470_1154399.jpg

最近は光軸も落ち着いてきて、高倍率にしなければ星像はがまんできなくはないかもしれない。
しかしちゃんと合っているわけでもないので、やはり調整が必要だ。

その後光軸修整で迷路に入ってしまったのはいつものことだ。

by anettait | 2014-07-13 11:59 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

たなばた台風(2)

たなばたにやってきた台風8号は、「特別警報」という聞きなれないものを残して去りつつある。
今日の午後最接近だったが、もう風も弱くなってきた。

とにかくよく雨の降る台風だった。屋上の排水口に葉っぱが詰まってプール状態になったり、風向きの変化に合わせてドームの向きを変えたりでけっこう忙しかったが、うちは運よく被害なし。瞬間最大風速は那覇で50mくらいだったらしい。

最接近の頃は突風が吹くたびにドームが揺れたが、どうにかやり過ごせた。ドーム設置から12年が過ぎたので、そろそろ何か対策をしなければとは思っているが、何をすればいいのか具体的に思いつかない。ドーム屋に聞いてみるのがいいかも。

by anettait | 2014-07-08 23:35 | 気象 | Comments(0)