<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

今回の火星は小接近だった。

小接近時に火星面の詳細がわかるよう撮影するのは非常に困難だと考えていたのだが、ここ数年で機材や撮影技術が大きく進歩したため、ずいぶん状況が変化した。観測者の情熱もすごいのだろうが、ネット上にはすごい画像がたくさんある。

私はここ数年惑星撮影をさぼっていたので、いきなりそのレベルに到達できるとは考えていないが、まずは手法をまねてみた。今回はLRGB合成、簡単に言えばモノクロ画像とカラー画像を合成して高い解像度ときれいな発色の両立を目指す。

本当のLRGBはモノクロ、R、G、B三色の合計4画像を撮らなくてはならないが、フィルター交換等いろいろ準備がいるので、今回はモノクロとカラー画像のみでやってみた。
a0095470_1831312.jpg

いろいろ前置きが長い割には平凡な画像だ。

眼視では北極冠がふたつに分かれている様子などよく見えたのだが、画像ではやっと写っている程度。しかも明るくない。これは撮影技術と画像処理技術が未熟なためだ。

今回の失敗は無駄に大きく撮りすぎたことか。接眼部に問題があるのだが、それはそのうち直すとしよう。


ついでに土星も撮ってみた。
a0095470_18292764.jpg

眼視では近年にないほどよく見えたが、接眼部を取り換えたのがうまく作動せず、ピント合わせに難がある。じつに惜しいことをした。

もう少し撮影しようとしたら、曇ってきてしまった。

まあ土星はまだチャンスはあるはずだ。
[PR]

by anettait | 2014-04-20 18:35 | 惑星 | Comments(0)  

最近月がとてもきれいなので

40cm反射で撮影してみた。
a0095470_036596.jpg

カメラは撮像素子の小さなマイクロフォーサーズなので、当然だが月ははみ出してしまう。

火星を強撮影するためにこの機種を使ったが、小接近の火星は小さすぎた。
あまりにしょぼいので画像処理すらしていない。
[PR]

by anettait | 2014-04-19 00:39 | | Comments(0)  

太陽を撮影してみたら地味だった

今日は雲が多くて撮影も面倒だったが、苦労した割には画像は今ひとつ。
太陽表面がおとなしい。これといった面白い現象が出てない。
a0095470_092318.jpg

昨日もそうだった。雲は昨日の方が多かったかも。だから昨日の画像は失敗だらけで、見せるものがない。
[PR]

by anettait | 2014-04-14 00:10 | 太陽 | Comments(0)  

40cmで火星を撮ってみたのだが

とても久しぶりに撮影したのだが、まず、光軸がずれていた。
半年ほど前、主鏡を洗った後に合わせたような気がするのだが、よく覚えていない。

光軸修整のカンが戻らないまま、14日に最接近を迎える火星が南中したので撮影した。
やはり光軸がかなりずれている。南(画面上)の方にはみ出しているピンボケ像が写ってしまった。風が強く、動画はブレまくりでもあったが、これは光軸のせい。
a0095470_23373790.jpg

次に土星を撮影しようと望遠鏡を向けたら、いきなり赤緯のクランプが効かなくなった。
うちのは電磁クランプではなく手動なので、もしかして筋力が落ちたのか?否定はできない。

結局土星の高度まで鏡筒を下げることができず、あきらめて寝た。

観測室を作って12年、望遠鏡の接眼部も壊れているし、そろそろ何か対策を。
[PR]

by anettait | 2014-04-13 23:40 | 惑星 | Comments(0)  

旅ドブ再び

ゴールデンウィークも近いので、懲りずに旅ドブを出してみた。

数年前に中古で入手した20cmF4の主鏡も出てきたことだし、鏡筒を作り直すことにした。
主鏡を取り換えて支柱をカットするだけなので、数時間でできた。
a0095470_2395944.jpg

光軸修整の作りが簡素すぎて光軸が合わせにくいが、なんとか150倍程度までは使えるものになった。
せっかくなので月を撮影してみた。
a0095470_23103062.jpg

なかなかいい。木星、火星、土星を見てみたが、200倍はちょっとつらい。150倍なら大丈夫。
支柱を10cm近くカットしたので、大きい方のスーツケースなら大丈夫だと思う。
これは旅に出るしかないか。
[PR]

by anettait | 2014-04-11 23:12 | 自作望遠鏡 | Comments(0)  

太陽撮影 カラー&モノクロ

天気が良かったので太陽を撮影した。休みで時間があったし雲もほとんどなかったので、カラーとモノクロの両方で撮影した。まずはカラー。カメラはいつものパワーショットS95。
a0095470_0224177.jpg

右側のプロミネンスがすごい。ただし眼視ではここまではっきりとは見えなかった。

次にモノクロ。カメラはモノクロUSBカメラで、天体用らしいがうまく使えてない。
a0095470_0231627.jpg

撮影後レジスタックス5で画像処理。太陽表面の様子がよくわかるが、コントラストが高いためか太陽表面とプロミネンスを同時に撮影することは無理なようだ。それとも設定でどうにかなるのかは不明。

ところで今日は4月にしては寒かったが、日差しはきつかった。そろそろ太陽撮影がつらい季節になってきたようだ。4月のはじめでこれだから、夏は厳しそうだ。
[PR]

by anettait | 2014-04-07 00:25 | 太陽 | Comments(0)  

久しぶりに太陽を撮影してみた

今日は晴れの予報だったが、雲が多かった。

久しぶりの太陽撮影だが、雲があまりかからなかったのは4コマしかなかった。
a0095470_22445935.jpg

左側が暗くなっているのは、雲が映ってしまったからだ。

太陽面に特に面白いものもなく、プロミネンスも小さいのが数個あるだけだった。
[PR]

by anettait | 2014-04-04 22:45 | 太陽 | Comments(0)  

GOTO DOB 10で火星を撮影

年度末の異常に忙しい中、天気が良かったのでGOTO DOB 10(25cm)で火星を撮ってみた。

風はあったがシーイングは思ったほど悪くはない。windowsXPパソコンが復活したので、カメラは久しぶりにToUcamⅡを使った。
a0095470_0151325.jpg

やはりそこそこ写った。5倍バーローレンズを使ったが、もう少し拡大できそうな感じだ。
小接近なので、眼視では模様の詳細がよく見えないのが残念だ。

ところで今回の火星は変に赤い。これは望遠鏡とバッテリーをつなぐコードの赤色LEDがかぶってしまったものと思われる。実際の火星はこんなに赤くなかった。もっと注意深く撮影するべきだった。
[PR]

by anettait | 2014-04-03 00:18 | 惑星 | Comments(0)  

亜熱帯天文台 南半球観測所始動!

昨年より噂になっていた「亜熱帯天文台・南半球観測所」が4月1日、オーストラリアで活動を開始した。
当面は年に数回通って観測するだけだが、最終的にはオーストラリアへの移住を想定している。
画像は銀河系中心部と昇る月。右下に南天観測所のドームがシルエットで写っている。
a0095470_112482.jpg


機材は自動導入化した自作60cmドブソニアンだが、将来は口径100cm反射を導入する予定。
下の画像は機材調整の様子。まだドームに入ってない。
a0095470_152058.jpg


南天の彗星や超新星でも探してみようかと考える今日この頃。






以上の記事はエイプリルフールのウソだ。
いや、ウソではなく願望か。
はたしてオーストラリア長期滞在が可能な時代が来るのだろうか。
[PR]

by anettait | 2014-04-01 01:07 | その他 | Comments(0)