人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

SONY PZ16-50mmF3.5-5.6で夜空を撮ってみた

ソニーNEX用パワーズーム、PZ-16-50mmは、収納時にはとてもコンパクト。いつも持ち歩くのに便利だ。
a0095470_23475958.jpg

電源を入れると長さが2倍になる。電源ONOFFのたびに勝手に伸び縮みするし、ズームも電動なので、バッテリーの持ちが気になる。ただしバッテリー残量表示がパーセントで出るので、他社よりは安心感がある。
a0095470_23482893.jpg

さて、撮影場所は光害たっぷりの自宅だ。周辺減光には厳しい環境で、今回もわかりやすい結果が出た。
画面を横切る白っぽいものは、パチンコ屋のスポットライトだ。深夜0時にならないと消えない。各画像の露出はだいたい同じになるよう、露出時間と感度で調整してある。

周辺減光とは、文字通り画面の周辺が減光していること、つまり中心部と周辺部の明るさに差があり、レンズの欠点のひとつとされる。高いレンズでも絞り開放では目立つこともある。一般的に、絞ると均一な画面になるが、どこまで絞る必要があるかはレンズにより違う。絞ると星は写りにくくなり、露出時間がよけいにかかる。今回はその検証だ。

いちばん広角側の16mmはフルサイズ換算で24mm相当で、星景写真には使いやすそうだ。まずは絞り開放F3.5。周辺減光が多い。画像のF値表示が間違ってF4.5になっているが、たぶん眠かったんだと思う。
a0095470_23404088.jpg

F4.5だと多少良くなるが、まだまだ。
a0095470_2341796.jpg

F5.6だと周辺減光がなくなるかと思ったが、まだ残っている。
a0095470_23412854.jpg

F7.1だとほとんど均一。ここまで絞って星を撮る人はいないだろうけど。
a0095470_23415540.jpg


やはり星を撮影するレンズではなさそうだ。望遠側は50mm(フルサイズ換算75mm)開放F値が5.6なので、アダプターを使ってフィルム時代の標準レンズを使った方がずっといい結果が得られる。前回のNIKKOR50mmF1.8だとF3.5あたりでこのレンズに余裕で勝てる。F2.8でもいいかも。まあ、それが単焦点レンズの存在意義だけど。

by anettait | 2013-09-30 00:08 | カメラ関係 | Comments(0)  

2013年9月29日の太陽

昨日はひどい天気だったが、今日は曇りのち晴れ。近所の小学校が運動会のようで、朝から賑やかだ。

すっきり晴れてきたので、太陽を撮影してみた。
a0095470_1725644.jpg

太陽の表面に地球の何十倍もある巨大なトカゲがいる、というのは妄想で、これはダークフィラメント。よく見ると明るい活動領域や小さめのダークフィラメントなど、いろいろあって面白い。目立つようなプロミネンスは出てないのが残念。
a0095470_1732852.jpg

9月末だというのに直射日光はまだ強く、長時間の観察は厳しい。夜は涼しいので、星を見るにはいい季節になってきた。

by anettait | 2013-09-29 17:05 | 太陽 | Comments(0)  

2013年秋分の日の太陽

30年も前の話だが、プラネタリウム「秋の星空」では、秋分の日の太陽高度についての説明があったと記憶している。ただしそれはテープから流れる女性の声だったか、解説者のおじさんの声だったのか定かではない。

だからというわけではないが、今年の秋分の日の太陽を撮影してみた。
a0095470_02436.jpg

特に変化はない。カメラはいつもと違うオリンパスのE-PM1。マイクロフォーサーズはコンパクトデジカメに比べて撮像素子が大きいため、拡大率は低い。太陽を同じ大きさに撮ろうとすると、シャッタースピードが遅くなり不利だ。

画像の上がだいたい北。前回の画像は上が南になっている。我ながら間抜けだ。

by anettait | 2013-09-25 00:05 | 太陽 | Comments(0)  

2013年9月21日の太陽

今日は台風の影響で風も強く、晴れたり雨が降ったりの不安定な天気だった。

休みだったので晴れ間をねらって太陽を撮影してみたが、薄雲の影響でプロミネンスの写りが悪い。細かい部分が潰れてしまった。
a0095470_22493122.jpg


とりあえず画像処理してみたが、すっきりしない画像のままだ。
架台は最近格安で入手したビデオ三脚を使ってみたが、バランスをきっちり取らないと使いにくいことがわかった。

by anettait | 2013-09-21 22:53 | 太陽 | Comments(0)  

中秋の名月で満月だったのだが

19日は中秋の名月で満月だった。去年も一昨年もそうだったので珍しいことではないが、次に中秋の名月が満月になるのは2021年だそうだ。8年くらい間が空くのはこれも普通。

天気が良さそうなので、夕食とふちゃぎを食べた後、撮影するために屋上に上がった。きれいな満月だ。
20時13分に満月だとアストロアーツに出ている。完全な満月を撮影するのが今回の目的だ。

撮影鏡筒を選び、再び屋上に出たら、なんと南東の空から大きな雲がすごい勢いでやってくる。
そういえば大型で超強力な台風(瞬間最大風速予想は80m!)が台湾めがけて接近中だった。その影響だろう。

赤道儀を出す予定が、無理だと判断しビデオ用三脚に変更。おかげで2分で撮影準備は完了したが、満月はすでに雲の中だった。
a0095470_21412798.jpg

月のまわりには光の輪ができ、飛行機雲が横切っていった。慌てて何コマか撮影するが、ピントを合わせきれず全部ピンボケだった。その後月は雲から出てこなかった。

数時間後もう1回見てみると、薄雲はかかっているものの、満月が出ていたのでやっと撮影できた。
雲のせいでピントが合っていないように見えるが、ちゃんと合っている。コントラストも低いし、満月のふちがすでに欠け始めている。画像処理でコントラストを少し上げてみた。
a0095470_21414661.jpg

写真は撮れるうちに撮っておく、という基本を思い出した。特に天体写真はその要素が大きい。わかってはいるのだが。

by anettait | 2013-09-21 21:47 | | Comments(0)  

EOS-NEXアダプターを使ってみた(2)

前回の続き。

フィルム時代の高級レンズ、ニッコール85mmF1.4を付けてみた。10年くらい前に中古で買ったけど、あまり使ってない。時代はフィルムからデジカメに完全移行する前だったので、10年よりもっと前かも。
a0095470_23371648.jpg

明らかにカメラが負けている。重量もレンズの勝ち。ちゃちなアダプターでは不安が残るが、とりあえず撮影。
焦点距離が長く固定撮影では星が流れてしまうため、ナノトラッカーを使って追尾した。

まずは絞り開放F1.4から。新都心の夜空は明るいので感度はISO400でも露出オーバー気味。画像処理で背景を少し暗くした。
a0095470_23475227.jpg

写っているのはおうし座の顔の部分で、真ん中下にある明るい星が赤色巨星アルデバラン。
星がにじんで、牛の顔のv字型がよくわかる。
a0095470_23481437.jpg

しかし拡大してみると、星のにじみ方が中心から放射状になっているというか、星が三角だ。

次に絞りはF2、シャッタースピードは約2倍の13秒でだいたい同じ露出になる。
a0095470_23484597.jpg

星のにじみが少なくなった。しかし拡大すると、星がまだ尾を引いているのがわかる。
a0095470_23493845.jpg


最後に絞りF2.8、シャッタースピードはさらに2倍の25秒。
a0095470_23513923.jpg

拡大してみる。
a0095470_235221100.jpg

星はシャープになったが、面白みはなくなった。

このレンズで星を撮るとなると、F2.8以上に絞る必要がある。しかも明るい星の周りにムラサキ色のにじみが出てしまう。かなり小さな星でピント合わせをしたのでピンボケではない。こういう仕様のレンズだ。

キャノンのEF100mmF2.8マクロレンズ(前の型)の方が星像がいい。しかも同じフィルム時代のオリンパス100mmF2の方がこのレンズのF2よりも星像がいいとなると、かなり厳しい。

というわけで、このレンズを星の撮影に使う理由が見当たらない。30年以上前に設計されたレンズに星像のシャープさを求めるべきではないとは思うが。しかも中古レンズなので、個体差は大きいかもしれない。

きっとこのレンズは別の用途があるはずだ。たくさんガラスも使っているし。少なくとも彗星の撮影には向かない。

確かアダプターの話題だったと思うが、またもレンズの話になってしまった。アダプター自体は可もなく不可もない。EFレンズの絞りが使えないことを除いては。

もちろんオートフォーカスもなしだ。普通の人にとって、このアダプター自体の存在に意味があるのかは不明。
ただし普通の人はこんなアダプターは買わないから問題ないのか。

by anettait | 2013-09-18 00:24 | カメラ関係 | Comments(0)  

EOS-NEXアダプターを使ってみた

EOS-NEXアダプターが安くでていたので、買ってみた。
届いたものは予想どおりEOSレンズとNEXボディを接続する機能のみで、絞り制御は不可。常に絞り開放となる。この値段なら仕方がない。

SONYのNEXシリーズのセンサーサイズはAPS-Cなので、同サイズ用のEF-Sレンズが共用できればという考えは甘かった。

しかしそれも想定の範囲内。私はEOS-NIKONアダプターも持っているので、NIKKORレンズ-NEXボディという組み合わせも考えてはいた。
a0095470_15195469.jpg


画像の下の方に写っているのがマウントアダプター2種。さっそく50mmF1.8レンズを取り付けて使ってみた。まずは絞り開放のF1.8でカシオペヤ座を撮影。
a0095470_15182042.jpg

フィルム時代のレンズだからか、明るい星での色収差が多い。周辺部の星も歪んでいる。でも星座の形がわかりやすい。画像の左上を拡大してみた。
a0095470_15251311.jpg

次はF2。露出不足にならないよう、適当に伸ばす。
a0095470_15222166.jpg

左上拡大。色収差は良くなったが、まだ残る。もう一息!
a0095470_15274957.jpg

最後にF2.8まで絞る。固定撮影なので、露出が伸びた分星が流れてしまったが、普通の拡大率ならこの程度だろう。これ以上絞るとズームレンズと変わらなくなるし。
a0095470_15283917.jpg


アダプターのテストのつもりが、レンズテストになってしまった。
アダプターとしては普通。ニコンアダプターの方がガタが気になった。10年くらい前に買ったものなので、そろそろくたびれている。

by anettait | 2013-09-15 15:32 | カメラ関係 | Comments(2)  

太陽から離れていくプロミネンス

太陽を撮影しようと太陽望遠鏡で見てみたら、太陽の淵から離れたところに大きめのプロミネンスが出ていた。

どうやら太陽表面から吹き上げて、そのまま宇宙空間に飛んでいくプロミネンスのようだ。画像の左上。
a0095470_002850.jpg

これまでも太陽から離れていくようなプロミネンスを何度か見ているが、今回のは最大級だ(当社比)。

まだまだ暑いので、このあとの撮影はしていない。真夏よりは弱くなったが、うっかりすると熱中症か日射病にかかってしまうような、危険な日差しと蒸し暑い不安定な天気が続いている。

by anettait | 2013-09-15 00:04 | 太陽 | Comments(0)  

SONYのマクロレンズを買った。

先日、SONYのマクロレンズを買った。NEX-5R用の30mmF3.5だ。中古で安かったので、つい。
しかし帰宅してネットで調べてみたら、相場どおりで安くもなかったことに気づいた。

それはいいとして、まずは試写。寝ているネコを撮ってみた。
a0095470_2244419.jpg

本当は顔のドアップ画像もあるが、見る人によっては不快になるかもしれないので自主規制。

晴れたので星を撮影。自宅屋上から固定撮影だ。写っているのはペルセウス座付近。
a0095470_22442910.jpg

うっかり絞りを絞ったままF5で撮影したが、それでも周辺減光がある。
フォーカスピーキング機能があるので使ってみたが、星のような点像だと苦しい。合焦表示が出たので信用したのだが、ピーキング機能では天体での厳密なピント出しは無理なようだ。
a0095470_2245521.jpg

上の画像は中心部のみ2分の1倍で切り出したもの。暗い星はピンボケ気味。

カメラ自体は、そこそこ星が写るようだ。用品メーカーのリモコンを使ってみたが、バルブ設定でタイム露出(リモコンを1度押すとシャッターが開き、もう1度押すとシャッターが閉じる)が出来るのは便利だ。

ただしノイズリダクションは自動なので、30秒露出したらノイズリダクションが勝手に作動して30秒は使えなくなる。流星撮影には向かないかも。

レンズ自体も周辺減光があるのと開放F値が暗いので、わざわざ星の撮影に使うことはないと思う。

by anettait | 2013-09-05 22:50 | カメラ関係 | Comments(0)