人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

低価格デジカメテスト(1)ー3 A2600で撮り直し

晴れたので、近所の公園で取り直してみた。
そこそこ雲は多いが、透明度は抜群にいい。梅雨の晴れ間の特徴だ。
a0095470_135555.jpg

北斗七星がまともに写っている。光害が多い場所だが、透明度に助けられた。
拡大してみると、ミザールろアルコルが分離して写っている。
a0095470_14142.jpg

こと座のダブルダブルも分離していたから、当然かも。
意外によく写る。そこそこの感度で長めに露出するのがいいようだ。
とはいうもののISO400で5秒露出。

無限大にピントが固定できるのもいい。ちょっと見直した。
詳細はまた後日。

by anettait | 2013-05-31 01:06 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(0)  

低価格デジカメテスト(1)ー2 A2600で太陽撮影

A2600はS95と同様のキャノンのCCDデジカメなので、太陽撮影に向いているかもと考えたのも購入の動機にあった。

結果は、写りはそこそこなのだが・・・。

操作性が悪い。まず。露出が固定できない。オートとシーンモードのみだ。もちろん太陽モードなどない。
雲が多いと、露出がばらついて、いらいらする。オートだとプラス1.5かプラス2がちょうどいい。
a0095470_21535662.jpg

ピントも固定できない。だからAFに頼るしかない。シーンモードなら遠景モードが使えそうだが、どのシーンモードが太陽に使えるかは確認していない。AFでもそこそこ合うので一応撮影はできる。

ところが撮影画像にも問題があった。謎の縞模様が出るのだ。
a0095470_2157410.jpg

画像は、縞模様が目立つようにかなり強く画像処理をしてある。

何コマか重ねてしまえば縞模様は消えるので、問題ないと言えなくもないが。
数コマコンポジットしたのが次の画像。
a0095470_21575846.jpg


まあ、使えないことはないが、扱いに苦労する。レンズまわりがつるつるで、固定に困る。レンズ鏡胴を自作アダプターのネジで固定すると、ズームする時にカメラごと回って困る。素直にS95の中古を買ったほうがいい。

by anettait | 2013-05-29 22:04 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(0)  

低価格デジカメテスト(1) Canon PowerShot A2600

低価格デジカメテストの1番目は、キャノンパワーショットA2600だ。実売価格約8000円。安い。
a0095470_22531483.jpg

条件①ピント遠景固定、②長時間露出(15秒)、③高感度(ISO1600)をすべてクリア。
④のレンズはさほど明るくないが、②と③でカバーできる。⑤リモコンはないが、セルフタイマーで代用できる。

梅雨の雲間から実際に撮影してみた。
画像全体を縮小して掲載すると星が見えなくなってしまうので、こと座付近を切り出して掲載する。
a0095470_22533690.jpg

a0095470_22535387.jpg

a0095470_22541355.jpg

光害で空が明るいのが残念だが、とりあえず星は写る。
ISO800までは使えそうだが、ISO1600はノイズが多くなる。暗い空でどうなるかが気になる。
あまり望遠にしなければ、明るい彗星ならそれなりに写りそうだ。

低価格デジカメだから仕方ないが、液晶画面で星を確認できないので、正確なフレーミングができない。
実際に何枚か撮影して構図を決定するしかなさそうだ。

この機種もメニューがわかりにくいが、なんと説明書が付いていない。webからダウンロードするようになっているが、使うたびにパソコンを立ち上げるのも煩わしいし、紙の説明書は送ってもらえるが有料らしいので、自分でプリントアウトするのがいいみたいだ。

これを購入する時、もう少し高い機種とどちらにするか迷った。キャノンには撮像素子がCCDの機種とCMOSの機種の2種類ある。太陽撮影に定評のあるS95がCCDなので今回はCCDにしてみたが、CMOSがどういう写りになるか気になる。お金ができたら買って試したい。

テストなので採点したい。①〜⑤までそれぞれ10点、それに⑥機能設定のしやすさ10点、⑦星の写り10点、⑧画質10点、⑨価格10点の90点を1.1倍して100点満点で評価する。
PowerShot A2600
①9点・・・遠景マークがあり、そこに設定するだけ。しかしPモードにするとキャンセルされる。
②8点・・・シャッタースピードは15秒まである。最大30秒を10点とする。
③8点・・・ISO1600まである。最大6400に設定できる機種もあるので8点。
④7点・・・開放F値2.8。平均より少しいい程度。開放F2やF1.8がたまにあるので7点。
⑤8点・・・2秒セルフタイマーがあるので、リモコンはないが支障はない。
⑥3点・・・設定がわかりにくいのに説明書が付いていないのは論外。
⑦6点・・・星はそこそこ写る。よって6点。
⑧5点・・・高感度の画質はいまいち。自動でノイズリダクションをするがいまいち。よって5点。
⑧10点・・・この機能で8000円はすごい。

合計64点。1.1倍して評価は71点。まあまあだな。

次の機種は物色中で未定。だから次回はA2600での太陽撮影をレポートする。

by anettait | 2013-05-27 23:37 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(0)  

低価格デジカメテスト 天体撮影に必要な条件

デジカメにとって天体撮影に必要な機能は、以下のとおり最低限三つある。
これはカタログを見ただけでわかることだ。

①ピントを無限大に固定できること
 星にオートフォーカスは使えない。ピントを無限大か遠景に固定できないと、星はピンボケになってしまう。
 低価格デジカメの液晶で星のピントを確認することはほぼ無理なので、絶対に必要な機能だ。

②長時間露出ができること
 天体は暗いため、シャッタースピードを長くしないと写らない。せめて8秒、できれば15秒ほしい。

③高感度が使えること
 たとえ15秒露出ができても、感度が低くては星は写らない。せめてISO800はほしい。
 ただし高感度でノイズが多い機種は使えない。これはカタログからはわからないので注意が必要。

これ以外に、④レンズが明るい、⑤リモコンが使える、という機能もあるといい。
レンズが明るいとシャッタースピードを短くできるので、ノイズが出る可能性が下がる。
リモコンがあると、シャッターを押す時のブレがなくなる。

①と②は、夜景モードで代用できる機種もある。ただ、夜景モードや長時間露出に設定すると強制的に低感度に設定されてしまうカメラもあるので、ネット等で調べる必要がある。情報が少ないのが困ったところだが。

以上の条件でネットカタログを調べてみると、2万円以下の機種では条件を満たすものは驚くほど少ない。
ニコン、ソニー、パナソニック、ペンタックス、オリンパス、リコーは全滅に近い。4万円程度の機種ならニコンとパナソニックにはあったが、高すぎるのでテストしない。

キャノンにはカタログ上条件を満たす機種が多いので、期待できそうだ。というわけで、まずはキャノンから。

by anettait | 2013-05-27 22:36 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(0)  

天体撮影向き?低価格デジカメテスト 前置き

「星の写真を取りたいけど、どのデジカメがいい?」ということを、大きな天文現象の直前に聞かれることが多い。
一眼デジカメならほとんどの機種で大きな問題はないと思う。しかし聞いてくるほとんどの人がカメラ初心者で、携帯電話のカメラしか使ったことがない人も多い。
だから「コンパクトデジカメで値段も高くなくて操作が簡単で星が写るもの」という意味だと私は解釈している。

そうなると一眼デジカメなどは論外だ。値段も高いし操作が難しすぎて、宝の持ち腐れになる可能性が高い。
高級コンパクトデジカメなら星は写って当たり前だろうが、普通の人が買うわけない。

というわけで、12月にはアイソン彗星も来ることだし、天体撮影向きの低価格デジカメを探すことにした。
まったくの自腹企画なので、多数の機種を調べるのは無理だ。あまり期待しないで見てほしい。

by anettait | 2013-05-26 21:27 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(0)  

みなみじゅうじとケンタウルスα、β

南半球に行ったらお約束ということで、みなみじゅうじとケンタウルスα、βを撮影した。
a0095470_2133359.jpg

何度か撮影してみたが、みなみじゅうじに関しては天気がいまいちなこの晩がいちばん良く写った。
撮影中に薄雲が通過し、明るい星がにじんで、いい効果を出している。

人工の光がほとんどないので、夜の雲は黒い。雲のある部分は星が見えないのでそれとわかる。
30年以上前の西表島もこういう状態だったが、すでに失われてしまった。こういう夜空を見たのは久しぶりだ。

今回の撮影は地面がアスファルトの場所を選んだので、レンズに露が付くこともなく効率が良かった。
20年前、西オーストラリアの海の近くで撮影した時には露に悩まされたので、心配していたのだが。

露対策として持っていった使い捨てカイロは、防寒用として役に立った。実際に露がひどかったら使い捨てカイロでは役に立たなかったという気もするが、今回は運が良かったようだ。体調は悪かったけど。

追記:画像のデータが間違っていることに気がついた。使用レンズはEF50mmF1.8だった・・・。180mmの画角がこんなに広いわけがない。右半分が流れているので気がついた。このレンズ、中古で買った時は気がつかなかったんだが。使っているうちにこうなったのか、最初からこうだったのか・・・。

by anettait | 2013-05-24 21:41 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

オーストラリアに別荘が欲しいのだが

今回の旅で、オーストラリアは日本とは比較にならないほど星が良く見えることが確認できた。
しかも車は運転しやすいし、治安もいいし天気もいいし、食事はファーストフード関係が中心だったので何とも言えないが、とにかく移住したいと思った。

実際はちゃんと英語が話せれなければ無理なので、せめて別荘。

ということで、なんとなく不動産屋の前を通る。オーストラリアでは小さい町でも、不動産屋が割とあったような気がする。
お店のガラスには、日本と同じように物件の写真とデータを書いたチラシが貼ってある。しかも大量に。

写真で見る限り、きれいな一軒家がほとんどだった。しかし値段は2千万円台が中心で、3千万円台も割と多い。日本と比べても、あまり安くない。予備知識はなかったが、日本より安いはずという先入観があったので、ちょっと意外だった。
オーストラリアは物価も高いので(しかもちょうど円安)、私が知らないだけだったのだろう。

ある日観測地を探してレンタカーを走らせていると、別荘地に迷い込んだ。そこでは何箇所かが売りに出ていた。
a0095470_23411078.jpg

右下の看板を拡大してみる。
a0095470_23412734.jpg

値段は書いてないが、家の前には車が何台か止まっていたので交渉中かも。

こんなところに住めたらいいなと考え、帰ってから調べてびっくり。
オーストラリアでは外国人の不動産取得には強い規制がかけられていた。
詳細は省くが、お金の有無以前に、私のような旅行者には実質買えないようだ。
長期滞在ビザが取れて買ったとしても、継続して所有するにも規制があるみたいだ。

現地で日本人が経営している不動産会社もネットで見つけたが、高級な物件ばかりで、さらに無理。数千万円から億を超える物件も普通にある。
現実的には、たまに旅行で行くのが楽で安くていいようだ。

by anettait | 2013-05-19 23:50 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

久しぶりに太陽を撮影してみる

大規模なフレアが発生しているが天気が悪いと前回書いたが、その直後いきなり晴れた。

だから久しぶりに太陽を撮影してみた。
a0095470_1827336.jpg


上がだいたい北。
けっこう活発な太陽面だが、Xクラスフレアを発生させたのがどれか、さっぱりわからない。

もう少し勉強しよう。

by anettait | 2013-05-19 18:29 | 太陽 | Comments(0)  

太陽に激しいフレアが出ているらしいが雨

太陽表面で激しいフレア(Xクラス)が起きているとのニュースが流れた。
フレアが起きている場所は現在は太陽の東の端っこの方にあるが、1週間程度で地球から見て真ん中に来るらしい。その頃にXクラスのフレアが起きたら、地球上で大規模な電波障害や停電などが起こるのではと心配されている。

というわけで太陽を撮影しようとしたが、晴れない。昨日までは土砂降り、今日は曇り。
しかたがないので私が撮影した中での最新の太陽像を掲載する。
a0095470_11211338.jpg


最新といっても5月8日だ。ということは、10日も晴れていないようだ。
そこそこ活発だが、撮影日を考えるとXクラスフレアが起きた場所はまだ表に回ってきてないと思う。

梅雨だから天気は仕方がないにしても、活発な時の太陽くらい見たい。

by anettait | 2013-05-18 11:24 | 太陽 | Comments(0)  

沖縄地方は梅雨入りしたもよう(5/14)

「沖縄地方は梅雨入りしたもよう」と5月14日付で沖縄気象台が発表した。

それにしても、とにかくよく降る。これでもかという感じで降る。5月にここまで降るのは滅多にない。
昨日は何箇所かに落雷があったようだ。

私は外出中だったが、十数年前に落雷でテレビをダメにしたのを思い出した。テレビやパソコン関係をコンセントから抜くよう助手2号に電話で指示したが、近くには落ちなかったようだ。

今年は梅雨入りが例年よりやや遅かった。とはいうものの、すでに雨に飽きてしまった。さっさと梅雨明けしてくれないだろうか。これがあと一ヶ月も続くなんて考えたくない。

by anettait | 2013-05-16 22:54 | 気象 | Comments(0)