<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

オレンジの月とスピカの接近

年度末で最近仕事が忙しく、晴れていても月を撮影できるかどうか、というほどグダグダになっている。
今日は帰る頃には大きな月が昇っていた。

確か満月は過ぎているはずだが、高度があるのに黄色い。いやオレンジか。
透明度がひどく悪く、星もろくに見えない。黄砂の影響か。

月の色を記録しようと、急いで帰って月を撮影した。
a0095470_0494134.jpg

撮影してみたら、月の左下に明るい星が写っている。パソコンを見すぎた肉眼では見えないが、デジカメのモニターでは確認できた。

ステラナビゲータで調べたら、明るい星はスピカだった。
最近天文カレンダーも見ないので、気がつかなかった。

オレンジ色の月と青白いスピカの対比が美しい。
E-PM1のデジタルテレコン機能は、手軽に月が大きく写せて楽だ。
[PR]

by anettait | 2013-03-29 00:52 | | Comments(0)  

日食メガネが激安!

今日、仕事帰りに「カメラのキタムラ」に行ったら、日食メガネが安くなっていた。

ビクセンのパンダ日食メガネが1個100円!

去年5月の日食前には1個900円くらいで売っていたような気がする。
思わず買いそうになったが、よく考えてみると当分日食はない。
だから買わずに帰った。

そういえば京都の望遠鏡ショップ「国際光器」では、別の製品を1個38円で売っている。
ただし100枚セットなので、買うには3800円+振込手数料がかかる。送料は込み。
数が必要な学校関係者にはおすすめかも。

ただし今年の日食はアフリカだったりオーストラリアだったり・・・。
けっこう遠いし、日食メガネが安くても旅費がかかるので意味ないな。
[PR]

by anettait | 2013-03-26 00:23 | アクセサリー関係 | Comments(0)  

何となく静かになってきた太陽

土曜日が久しぶりに晴れたので、太陽を撮影してみた。

どうもぱっとしない。ダークフィラメントは多少出ているが、プロミネンスも小さいものだけ。
a0095470_23504275.jpg

だが画像を拡大してみると、いちばん下にループになっているプロミネンスがあったりする。
画像をクリックすると拡大できるページに移るはず。

今回はステライメージVr6で、4コマコンポジットという地味な処理。
ステライメージVr7を買うべきか考え中。
太陽の画像処理も改良したらしいので、そのうち買うことになると思うが。
[PR]

by anettait | 2013-03-23 23:54 | 太陽 | Comments(0)  

木星と月とアルデバランが三角形

パンスターズ彗星を探してみたが見つからず、そのまま月と木星とアルデバランが作る三角形を撮影した。

数年前に「夜空でニッコリ」というタイトルで新聞紙上に載った三角形ほどではないが、わりときれいだった。
a0095470_2355355.jpg

アルデバランが少し暗いのが惜しいところだが、月の右側にはスバルが写っていて、アルデバランのまわりにはヒヤデス星団があり、意外に豪華だ。

画像はクリックすると拡大するページに移る。画像が小さいと星が見えにくいので、ぜひ拡大して見てほしい。
[PR]

by anettait | 2013-03-17 23:56 | 月と惑星の接近 | Comments(0)  

緊急企画:パンスターズ彗星を探せ!(7)見つからない・・・

このところ大気の透明度が悪く、雲も多かったりしてパンスターズ彗星は見つからない。

どうにも見つからないし写らない。

明日から天気は悪くなるようだ。やれやれ。
[PR]

by anettait | 2013-03-17 23:45 | 彗星 | Comments(0)  

黒点はそこそこ多い

今朝の太陽面は、昨日よりおとなしくなっているような気がする。

今日はE-PL1を使い、動画で撮影してレジスタックス6で処理。
ちょっと強く処理しすぎた。
a0095470_1683672.jpg

画像左半分は活発でないように見えるが、どうやら片ボケに気がつかず撮影したみたいだ。
つまり左半分はピンボケ。カメラの重量でアイピースが傾いたのかも。
太陽像を取り巻く赤いラインが、左側だけ太くなっていることからも片ボケがわかる。

撮影中は暑くてまぶしくて、ちゃんと確認できなかった。
次からは気をつけよう。
[PR]

by anettait | 2013-03-17 16:11 | 太陽 | Comments(0)  

太陽面が活発になっている

ここしばらく静かだった太陽面だが、2,3日前から活動が活発になってきた。黒点も多い。

今日も雲が流れていたが、眼視では良く見えたし、そこそこ撮れた。画像をクリックし拡大して見てほしい。
a0095470_11461180.jpg

今回は赤道儀を使って追尾したので、画像処理も楽だった。
今回は48コマをレジスタックス6でスタック、ウェーブレット処理の後、ステライメージ6でトーンカーブ、コントラスト等を調整。お手軽処理だ。

星観の会の例会でもらったアドバイス(レジスタックス6は基準点を減らした方がうまくスタックできる)どおり試したら、普通にうまくいった。

今回から太陽望遠鏡は新機材に変更した。とてもいい画像が、驚くほど簡単に撮影できる。PSTを使ったこれまでの苦労はなんだったのかと思うほど。
[PR]

by anettait | 2013-03-16 11:51 | 太陽 | Comments(0)  

緊急企画:パンスターズ彗星を探せ!(6)曇りにつき本日休業

今日は朝から雲が多く、透明度も悪かった。午後には黄砂なのか煙霧なのか、透明度は最悪だった。

というわけで本日休業。

昨日撮影はできたが、彗星が暗くなる前に、できれば双眼鏡でも確認したいものだ。
[PR]

by anettait | 2013-03-11 21:40 | 彗星 | Comments(0)  

緊急企画:パンスターズ彗星を探せ!(5)近日点通過!つかまえた!!

今日は近日点通過だ。パンスターズ彗星は今日がいちばん明るいと予想されている。

つまり今日見えなければ、望みは薄いということか。これから先、高度も少しずつしか上がらないし、そのうち黄砂も飛んでくるだろう。ということで、撮影の設定も考え直して出かけた。

昼間は雲が多かったが、夕方はいい天気。きれいな夕日だ。いつものネコがいっぱいいる公園に行って準備していたら、Yさん一家とFさんが来た。
a0095470_23531584.jpg

低空のもやと雲は、これまででいちばん少ない。みんなで双眼鏡で探すが、やはり何も見つからない。眼視捜索のついでにデジカメで撮影する。今回はちょっと望遠のニッコールED180mmF2.8だ。カメラはキャノンだが、望遠レンズはニコンしか持ってないので。

19時30分頃、みんなあきらめて撤収。私も機材を片づけて帰って、念のため撮影画像を見てみる。

軽く画像処理をしてみると、なんと彗星っぽいボケた像がある。別のコマにも写っているし、日周運動で移動していくので、天体に間違いない。
a0095470_23541227.jpg

ということで、やっとつかまえた。上の画像の円の中。肉眼彗星なんてとんでもない。双眼鏡でも見えない。下は拡大画像。
a0095470_23551678.jpg

コンポジットして強く画像処理をしてみた。なんとなく星のようなものが写っている。
a0095470_2356850.jpg

それを拡大してみた。今回は感度をいちばん低く設定しているが、画像処理で背景が荒れてしまった。
a0095470_23564395.jpg

画像では尾が出ているのがわかると思うが、これを双眼鏡で探せという方が無理だ。7cm双眼鏡でも見えない。この透明度では10cmは必要かも。

今回はパソコンで彗星の位置を表示させ、夕日の沈んだ位置から彗星の位置を推測し、カメラの構図を決めた。双眼鏡でも同じ要領で探したが、見えなかった。もう少し倍率の高い望遠鏡で、バックを暗くすると多少ましのような気がする。

さて、これでもう満足してしまった。次はどうするかな。
[PR]

by anettait | 2013-03-11 00:08 | 彗星 | Comments(3)  

緊急企画:パンスターズ彗星を探せ!(4)近日点通過1日前

結論から言うと、今日も見つけきれなかった。これはかなりの強敵だ。

今回は雲が多く、かなりの困難が予想された。しかし現場に着いてみると、西側は晴れている。
とはいうものの、低空はいつものとおりもやと雲だらけ。
a0095470_0532239.jpg

眼視機材が弱いという反省から、30年前に買った高性能双眼鏡(当時)ニコン10×70を投入して捜索した。
しかし結果は一緒。空がやや暗くなる頃には、彗星は雲で隠される高度になっていた。

デジタルカメラJPのウェブサイトに、今日撮影された画像が出ていた。今日の空ならもやで消えてしまいそうなくらい、とても小さくて暗い。しかし双眼鏡でも見えるらしいので、視野に入れば10×70で見えないわけがない。

もしかしたら写っているかもと撮影画像を強力に画像処理してみたが、確かにこれだというものは出てこない。あやしい白いぼやけた点はいくつかあるのだが、どれも同じような感じで、本物かどれかわからない。
a0095470_0534980.jpg

帰り際に比較のためアンドロメダ大星雲M31を撮影してみた。撮影時の高度は約20度。4.4等級の星雲が簡単に写るので、撮影機材の問題でもないようだが、レンズはもう少し望遠を使うべきだな。

というわけで、晴れれば次回に続く。これほど晴れが続くのはこの時期には珍しいので、あまり期待してはいけない。
[PR]

by anettait | 2013-03-10 01:02 | 彗星 | Comments(2)