人気ブログランキング |

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

半影月食だが曇っている

今夜は半影月食だそうだ。こちらは見事に曇っている。とても晴れそうな気がしない。
a0095470_2194463.jpg

昨日はひどく寒かったのに、今夜は生暖かい。北の前線に暖かい空気が南から吹き込んでいるためだろう。この時期の天気は不安定なので、期待はしてなかったが、予想通りでもうれしくない。

もうすぐ雨が降りそうだ。半影月食は肉眼でわかるかどうか、という微妙な天文現象なので、もし晴れてもちょっと撮影するくらいだったろう。

by anettait | 2012-11-28 21:13 | | Comments(0)  

わりと静かな太陽面

今朝は時間があったので、PSTで太陽を見た。プロミネンスがほとんど出ていない、静かな太陽面だった。

こういう場合、撮影しないことが多いが、時間があったので撮影してみた。
a0095470_0255593.jpg

画像は上がたぶん北。右上の白っぽくなっている部分には黒点があって、そこは活発に活動しているようだ。

今回は5コマほどコンポジットしてみた。レジスタックス6は私の場合、処理に失敗することが多いので最近使ってない。今回はステライメージ6で処理した。

所有しているカメラではcoolpix990がいちばん太陽の写りが良く、次にこのpowershotS95がいいみたいだ。coolpix990は調子が安定しないので、最近使ってない。

S95の後継機種S100も気になる。最新型がS110なのでS100は安くなっているはずだが、今日コジマで見たら、展示品しか残っていなかった。

買うつもりはなかったけど、とりあえず見てみた。それなりに安くなっていたが、展示品は耐久性に不安がある。
最新型のS110はCMOSが新しくなっているようなので、太陽がよく写るかはわからない。誰か使ってないだろうか。

by anettait | 2012-11-26 00:27 | 太陽 | Comments(0)  

FD-マイクロフォーサーズアダプターを買ってみた。

先日、キャノンFDレンズをマイクロフォーサーズのデジカメに取り付けるマウントアダプターを買った。ネット通販だが、意外に安かった。数年前に東京の有名カメラ店で見たものは1万円を超えていたはずだが。

届いた数日後にFD55mmF1.2のレンズで試写してみて驚いた。
a0095470_031922.jpg

なんと星がすべて彗星になっている。古いレンズなので絞り開放で周辺部の星が尾を引くのは仕方がない部分はあるが、彗星がみんな同じ方向を目指しているところに問題がある。

この場合、彗星群(?)の頭部は画面の中心方向を向くのが正しい。つまり画面左上の星は左上に彗星の尾みたいなのが出ていて、右下の星は右下に尾が出ているはずだ。

確認のため、画面左上のベテルギウスと、右下のリゲルの拡大画像を見てみよう。
a0095470_052666.jpg

ベテルギウスはわかりにくいが、リゲルは明らかに画面内側に尾を出している。これは変だ。
a0095470_063162.jpg

たぶん中のレンズがずれているのだろう。10年以上前に使ったきりで確認もしてなかった。FDレンズが使えるカメラボディはすでに手元に無いので、確認のしようもない。

絞りを絞れば改善するが、絞ってしまっては開放F1.2のレンズがもったいない。

レンズアダプターが歪んでいるという可能性はなくもないが、まだ検証はしていない。それはそのうちに。

by anettait | 2012-11-25 00:12 | カメラ関係 | Comments(0)  

デジタルテレコン:E-PM1

E-PM1にはデジタルテレコンという機能がついている。画面の中心部分を拡大して撮影する機能だが、静止画でも動画でも使える。Kiss-X5などにもある、動画のクロップ機能とほぼ同じだと思う。

惑星の動画撮影でも、撮像素子の大きさがマイクロフォーサーズ程度になると拡大率が低くなる。レンズのテレコンなどと違って像が暗くなることもなく、高画素を必要としない惑星撮影には便利だと思われた。

ということでさっそく木星を撮影した。まずはデジタルテレコンなしの画像。
a0095470_07179.jpg

シーイングも良くなく、色も眼視と違って写るコマもあったが、原因は不明だ。
次にデジタルテレコンありの画像。どちらも40cm反射だ。それなりに写っているがぶれている。
a0095470_081034.jpg

もうひとまわり大きく撮影したいところだが、光量が足りなさそう。動画はレジスタックスでは処理できなかった。動画形式を変換しないとダメらしい。

by anettait | 2012-11-19 00:10 | カメラ関係 | Comments(0)  

E-PM1で固定撮影(光害地)

昨日の夜中、天気が回復したのでE-PM1で固定撮影してみた。

数日前の曇り空でのテスト撮影では、心配したとおり高感度ノイズが多かったので、感度を低く設定して露出を長くした。レンズが単焦点の明るめだったためか、透明度の良さにも助けられてよく写った。
下の画像はクリックで拡大するので、写り方を確認できる。ISO200、露出10秒、F2.8絞り解放。
a0095470_0324430.jpg

高感度でも撮影しようと思ったが、再び曇ってきたのであきらめた。そのうちきちんとテストしたい。

画像を明るくしたら、バックグランドの赤っぽいノイズが目立つ。
ISO200でこれだから、ISO1600になると星の撮影にはきついと思う。

最新型は良くなっているらしいので、テストしてみたいところなんだが。今は少し無理だ。

by anettait | 2012-11-15 00:34 | カメラ関係 | Comments(0)  

OLYMPUS E-PM1を買った

オリンパスのマイクロフォーサーズ機で最少のE-PM1を買った。新品同様だが、今月E-PM2が出るためか、とても安かった。ボディのみを買ったのだが、キャノンのコンパクトデジカメS95の中古よりも安かったので、ついポチッとやってしまった。
a0095470_22421077.jpg

さっそく太陽を撮影してみた。まずはJPEGで。
a0095470_22431543.jpg

E-PL1などと同じく、赤がにじむ。雲を通しての撮影なので、雲でにじんだ可能性もあるが、元々こういう傾向があると思う。
次に同時撮影のRAW画像を処理したもの。
a0095470_22433896.jpg

赤のにじみはなく、すっきりした画像だ。これもE-PL1と同じ。表面の模様を出すには、もっと強力な画像処理が必要だ。私の腕が未熟なせいもあるが。次回は天気のいい日に試したい。

ところで上の画像に出ているニュートンリングの一部のような、同心円の一部のような模様は、以前別のカメラでも出ていた。ということは、カメラのせいではなく、望遠鏡に原因があるということか・・・。

by anettait | 2012-11-10 22:50 | カメラ関係 | Comments(0)  

11月3日の太陽面

昨日は昼間曇っていたが、夕方になり急に晴れたので急いで撮影した。
撮影時の太陽高度は15度くらいだったと思うが、意外によく撮れた。
a0095470_231477.jpg

ただし画像処理がいまいちで、もう少しどうにかしたい。
先週見えていた黒点は、どこかに行ってしまっていた。

夜も晴れていたようだが、約20年ぶりの同期会に行ったので何も撮影していない。

それにしても、時の流れの早いこと。ただただ驚くばかりであった。

星の時間の35年はほんの一瞬だが、人間の35年は、いったい誰だかわからなくなるほど長いようだ。
私の変わりように、周りは驚いたに違いない。

by anettait | 2012-11-04 23:15 | 太陽 | Comments(0)