<   2012年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

今日はブルームーン

今日はブルームーンらしい。1か月に2回満月があることをそう呼ぶらしく、太陽暦だからこそ起こる現象だ。月の満ち欠けを基本にした太陰暦ではありえない話。今日は旧盆なので気がついた。

せっかくなので月の出を撮影してみた。
a0095470_22744.jpg

なんと最近できた学校の屋根で、東の地平線が一部見えなくなっている。ドームをもう1階分高くしておけばよかった。そんな資金はなかったので、言ってみただけだが。

月の高度が少し上がったところで、アップで撮影してみる。ロシア製の黄色く見えるバーローレンズを使ったら、月の黄色が強調された。
a0095470_2274163.jpg

ブルームーンといっても月が青いわけではない。夏の月は特に黄色い気がする。
[PR]

by anettait | 2012-08-31 22:09 | | Comments(0)  

Coolpix990の調子が悪い

台風の少し前の話。助手2号と太陽を撮影していたら、使っていたCoolpix990に突然エラー表示が出て、操作を受け付けなくなった。

電源を2,3度入れなおすと撮影できるようになったから安心したが、翌日データを取り出そうとパソコンに繋いだら、「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか」というメッセージが出た。

ここでフォーマットしてはデータが消えてしまう。中身を確認しようとパソコンからカードを外してカメラに入れたら、何とカメラでも「フォーマットされていません」のメッセージが!

結局カメラでもパソコンでも画像の確認ができず、データが失われてしまった。取り出せないデータは1日分なのであきらめもつくが、この症状がたびたび出ると撮影には使えなくなる。

990は古すぎてメーカーも修理してくれないらしいし、中古で別の個体を探しても似たような結果になるのは時間の問題だろう。

PowershotS95の自作アダプターも満足するものが出来たし、そろそろ主力を交代する時期か。
[PR]

by anettait | 2012-08-28 23:16 | カメラ関係 | Comments(0)  

台風15号の風が予想より弱かった理由

今回の台風15号は予想は瞬間最大風速70mというとんでもない数字だった。これはコンクリート製の電柱が倒れるレベルだ。
しかし実際に観測されたのは風速40m台のようだ。これは普通の台風レベル。北部は雨が凄かったらしい。

私はドームを風上に向けるため最接近時に何度も観測室に上がったが、風速50mは吹いてないと思う。
最接近時よりも吹き返しの風と雨が強かったが、それでも50mはない。

その原因は気象台によると「壁雲」が発生したためだという。
台風の中心よりも外側で雲が発達すると、その上昇気流で外から中心に吹き込む風がブロックされて、予想よりも風が弱くなるとのこと。

そんな雲があるなんて知らなかった。おかげでひとつ賢くなった気がする。

今回も家の前の道路で飛んでくるものを観察していたが、去年の台風と違い何も飛んでこなかった。
きっと気象台の「最大級の警戒を」が浸透して、みんなベランダや庭の片づけをしたのだろう。
去年はベニヤ板や空き缶、薄い鉄板まで飛んできて大変だったんだが。
[PR]

by anettait | 2012-08-28 22:53 | 気象 | Comments(0)  

実は今が最接近らしい

台風15号は夕方最接近かと思ったら、実は今が最接近らしい。

北西への進路をそのまま進むかと思ったら、夕方から西に進み、現在本部半島を横断中らしい。
a0095470_22181583.png

今回那覇は台風の眼に入らなかった。雨は降り続いていて、全天写真は撮れなかった。

風向きが変わっていくので、ドームも定期的に向きを変えている。
これから吹き返しの強い風が吹くので、夜中まで注意が必要だ。
今のところうちに被害はない。
[PR]

by anettait | 2012-08-26 22:19 | 気象 | Comments(0)  

台風15号最接近中!

台風15号は今夜21時頃最接近とのこと。しかし気象台のレーダー図を見ると、那覇には今が一番近いように見える。
a0095470_1832763.png

どういうわけか(偶然だろうけど)雨雲が沖縄本島を避けているようで、思ったより雨は降っていない。雨雲の様子からすると、奄美や与論の方が大変みたいだ。沖縄もこれから降るのかもしれないが。

14時頃ドームの向きを少し変え、18時前にさらに向きを変えた。スリットが風上に向くようにした方が風に強いとはニッシンドームの人に聞いた話。だから強い台風の時には実行している。

また、今回はドームを完全に固定せず、突風を受けたらドームがずれて力を逃がすようにしてみた。ずれるといっても1,2cm程度だろうけど、最大瞬間風速70mをもろに受けた場合、がっちり固定して風力をまともに受けるよりはいいかも。

台風通過後は風向きが大きく変わるので、またドームを回さないといけない。台風の時はなぜか忙しいような気がする。
[PR]

by anettait | 2012-08-26 18:35 | 気象 | Comments(0)  

台風15号がやってきた!

今日は朝から台風だ。最接近は今夜なのだが、朝から雨も風も強い。

台風15号ボラヴェンは、沖縄本島ではこの50年で最強の台風らしい。まずは気象台から借りてきた画像を見てみよう。
a0095470_11251185.png


雨雲の渦巻きがりっぱすぎて凄い!ここまできれいな渦を巻いている台風も珍しい。本気すぎる。

最大風速50m、瞬間最大風速70mはシャレにならないレベルだ。いつだったか久米島や宮古島でコンクリート製の電柱が次々と倒れたことがあった。あれも瞬間最大70mクラスだったと思う。

うちでは建築後10年を過ぎた観測室のドームが気になる。最近防水用のゴムが劣化して、台風の時には強風で雨が吹き込んでくる。望遠鏡には巨大なビニールをかぶせたが、時々見に行かないといかん。

今回は直撃コースなので、久しぶりに台風の眼に入るかもしれない。これまでと違うのは、おととし高画質のデジカメと全周魚眼レンズを買ったこと。これで台風の眼の中の青空を撮影できる。青空が見えればの話だが。
[PR]

by anettait | 2012-08-26 11:28 | 気象 | Comments(0)  

旧暦七夕に織姫彦星は見えるか

明日は旧暦七夕だ。七夕は旧暦が正しい。しかし正しい七夕と言い切ると新暦七夕は正しくないということになりかねない。
だからというわけでもないと思うが、最近では旧暦七夕を「伝統的七夕」とも呼ぶ。

最近では沖縄でも新暦の七夕が普通になった。よく考えてみると子どもの頃も新暦七夕をしていたような気もする。40年以上前のことなので、よく覚えていないが・・・。

ところで現在でも旧暦七夕は健在だ。沖縄の七夕は「お盆準備型七夕」に分類されるというのは以前書いた記憶があるが、笹飾りはなくてお墓の掃除に行くのが普通だ。
ただし平日だと仕事があって厳しいし、最近の若い人がお墓の掃除に行くかどうかは知らない。だから旧暦七夕の墓掃除がいつまで受け継がれるかわからない。

せっかくの七夕だが、今年はなんと台風がやってくる。また週末台風だ。今回はかなり強力に成長している上に、いつの間にか沖縄本島直撃コースになっている。これは困った。

夏休み最後の土日ということでイベントも多いのに大迷惑だが、自然現象に文句を言っても仕方がない。
というわけで、今年の旧暦七夕に織姫彦星は見えそうにない。
a0095470_2329393.jpg

画像は七夕とは関係なく、いて座のM8干潟星雲とM20三裂星雲付近。他にM天体がいくつか写っているはずだが、どれかはわからない。とにかく星が多すぎる。撮影場所は糸満市だ。
[PR]

by anettait | 2012-08-23 23:39 | 気象 | Comments(0)  

いちばん南のM天体(M7)

M○○(番号)というのはその昔、フランスの天文学者メシエが彗星と間違えやすい天体のリストを作ったことに由来する。そのリストをメシエカタログ、それに記載された天体をM天体と呼ぶ。

M42は有名なオリオン大星雲、M31はアンドロメダ銀河、M45はすばるだ。

ということで今回はいちばん南にあるM天体、M7の画像だ。以前も紹介したような気もするが、今回画像を撮影し直したので掲載する。
a0095470_2205357.jpg

真ん中やや左下の星の集まりがM7、右上側がM6だ。どちらも散開星団である。いて座からさそり座にかけて流れる天の川の真ん中にあり、肉眼でもどうにか見えるが、双眼鏡で見るととてもきれいだ。

さそり座のしっぽの先にあるので、すぐに見つかる。まだ見たことのない人は、この夏ぜひ見た方がいい。その時には双眼鏡をお忘れなく。
画像は糸満市での撮影だが、那覇でも双眼鏡なら見える。
[PR]

by anettait | 2012-08-20 22:03 | | Comments(0)  

金星食:潜入直前の画像を追加

今回の金星食は、最初から動画を中心に撮影するつもりだった。望遠鏡を2本準備し、画質のいい方で動画を、2番目で静止画を、という計画だ。別々の赤道儀に載せ、シャッターの振動が動画用カメラに伝わらないようにするのがねらいだ。だから機材が多くなった。

ところが悪天候による撮影場所の急な変更で、望遠鏡を2台セットする時間がなかった。だから金星の潜入前は動画のみ撮影できた。しかし途中で完全に雲に覆われたので、静止画に変更した。

今日やっと動画から静止画を切り出した。画質は良くないが、このブログでは大きな画像は縮小されるし、たぶん大差ないはず。
a0095470_0333627.jpg

この数秒後に金星は月に隠されるのだが、動画を見ると雲で隠されたのか、月に隠されたのか判別できない。完全に消えたので最終的には雲に隠されたんだと思うが。

次は50年以上先なのだから、もう少し真面目に準備しても良さそうに思うが、今回は真面目に機材を準備しすぎて身動きが取れなくなってしまった。

「必要最小限」を考えなくてはといつも思うのだが、機材を山ほど担げる年齢でもないし、そろそろ真剣に考えなくては。

と、10年前から時々思っている。まったく進歩がないどころか、機材は未だに増え続けている。そういうことを考えるだけ無駄なのか?
[PR]

by anettait | 2012-08-18 00:38 | 惑星食 | Comments(0)  

金星食撮影地

金星食は沖縄本島北部で撮影するつもりで、赤道儀3台、屈折望遠鏡3本に広角~望遠レンズ一式、一眼デジカメ4台、コンパクトデジカメ1台という機材を準備していた。

しかし機材のあまりの多さと重さで面倒になり、屋上で撮影しようと考えを変えた。しかし夕方から時々雨が降り、心配したとおり東側に大量の雲が発生したので、再び出かけることに決めた。

機材を屋上から車に運ぶのに助手ふたりに手伝ってもらい、食の2時間前にやっと出発した。深夜1時だった。途中大雨で北へと車を走らせ続け、多少土地勘のある宜野座村にたどり着いた。開始まで1時間を切っていた。

適当な場所が見つからず、タイムアウトぎりぎりで車を止めたのがこんなところ。
a0095470_2330484.jpg

他の場所は天の川がよく見えるほど星見に向いた場所だったが、残念ながら山や林など、東側に障害物が多くて断念。この場所は一応水平線が見えて、海岸からある程度の高さがあるので決めた。

上の画像をアップにすると、月のそばに金星がくっついているのがわかる。これはズームの24mm側。最近のデジカメの性能はすごい。いや、この機種は4年前に出たもので、今年モデルチェンジしたから旧型か。
a0095470_23305976.jpg

ナトリウム灯が明るく手元を照らしてくれたおかげで、望遠鏡の設置が早かった。普通こんな条件の悪い場所で星は見ないのだが、今回は月と金星だけだったのでどうにかなった。双眼鏡で見た月と金星はものすごくきれいだった。日本では次は52年くらい後らしいので、海外で起きる時に見に行くのもいいかも。
[PR]

by anettait | 2012-08-15 23:36 | 惑星食 | Comments(0)