<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

4月30日の太陽

先日梅雨入り宣言があったはずだが、午前中いきなり晴れた。

こういう時はすぐに曇るはずなので、急いで屋上へ行って太陽を撮影した。
次はいつ晴れるかわからないし、仕事の時だったりすると晴れても撮影は無理。

流れる雲が多く、いいタイミングを狙っていたら日焼けして日射病になる寸前だった。

たくさん撮影したが、雲でムラがあったり、微妙にピンボケだったり。
小さなプロミネンスが多かったのが面白かった。
a0095470_23443288.jpg

でも今回もゴミが写っている。しかも前回より増えていた。
ダークフィラメントかと思ったが、ゴミはよりはっきり写っている。

仕方がないので撮影後、カメラを自分でクリーニングしてみた。
やらない方が良かったのではという結果になったが、目立つゴミは写らなくなった。

予想どおり昼前から雲が多くなり、午後は短時間だが土砂降りになった。
夕方は晴れたが、梅雨特有の流れが早い低い雲が押し寄せる。
いつ降ってもおかしくない天気なので、望遠鏡は出せなかった。用事もあったし。

追記(5/1)
最初のものは画像処理がうまくいかなかったので、処理方法を変えたものも載せてみる。
上のものはステライメージ5のみ、下のものはDPPで現像してステライメージ5でリサイズとアンシャープマスク。
下の方が処理がうまくいったと思う。
クリックして拡大して見比べてほしい。
a0095470_0153299.jpg


下の方にゴミが目立つのと、なぜか真ん中で明るさが変わってしまった理由がよくわからない。
[PR]

by anettait | 2012-04-30 23:50 | 太陽 | Comments(0)  

まさかの梅雨入り

テレビでニュースを見ていたら、「沖縄地方が梅雨入り」と言っていた。

このところ天気が悪いので、もしかしたらと思ってはいたが・・・。

去年も同じことを書いたような気がするが、確か去年も4月末に梅雨入りしたはず。

晴れ間がないと太陽投影望遠鏡のテストができないので、梅雨入りはちょっと困る。
でもこれほど梅雨入りが早ければ、日食の頃には晴れるかも?
[PR]

by anettait | 2012-04-29 01:01 | 気象 | Comments(0)  

PST用太陽撮影アダプター(なんちゃって自作)

PSTはもともと眼視で太陽を観察することに特化しているので、撮影には向かないことは周知の事実みたいだ。私は知らなかったけど。
構造的にカメラアダプターが取り付けにくく、アメリカンサイズのアイピースを付けるのがやっとだ。

アイピースを固定するのはプラスチックのネジ1本のみ。これに重いカメラを付けるのは無謀だ。
しかしデジ一眼で撮影したい。コンパクトデジカメを付けるのは光軸合わせなど、よりハードルが高そうだし。

というわけで、BORGのリング類を組み合わせて「なんちゃって自作」をやってみた。

a0095470_1185752.jpg

アメリカンサイズのスリーブをどうしようか悩んだが、結局アイピースそのものを内蔵することで解決。
アイピースはビクセンのPL20mmだ。ほどよい拡大率になるよう、長めの焦点距離を選んだ。
a0095470_119572.jpg

しかし実際に使ってみると、アイピースの目当てが伸び縮みする構造が災いして、ガタが出る。
コンパクトデジカメの重さなら大丈夫かもしれないが、デジ一眼では無理。

仕方がないので、カメラを太目の輪ゴムで上に引っ張ることでガタを緩和した。
これで撮影したのが、このブログに出ている太陽像。

しかいガタはどうしようもなく、近いうちに作り直しが必要だ。なんちゃって自作だから、組み合わせ直しが正しいけど。
[PR]

by anettait | 2012-04-26 01:25 | アクセサリー関係 | Comments(0)  

衝の土星

4月17日は土星の衝だった。

衝というのは、太陽ー地球ー外惑星と一直線に並ぶ状態のこと。
地球ーその惑星間の距離が最短となるので、その時期でいちばん大きく、明るく見えるということになる。

というわけで、土星を撮影してみた。ちょうど晴れていたし。

しかし北東の風が強く、シーイングも悪い。眼視ではよく見えたが、撮影してみると土星は絶えず揺れ動き、風とともに視野の中で大きく跳ね回る。
a0095470_0265577.jpg

撮れた画像もいまいち。動画は揺れ動いていて、見ていて目が痛くなりそう。
撮影しようとしたら雲が増えて、いいのは撮れなかった。

そういえば土星は衝の時には、環が明るくなる。この画像でもそれがわかるが、残念なことに今期の土星を撮影するのはこれが初めてなので、比較のしようがない。

ちょっとサボりすぎかも。
[PR]

by anettait | 2012-04-19 00:29 | 惑星 | Comments(0)  

お手軽全天撮影システムの試作

これまで全天撮影は、EOS5DMkⅡとシグマ8mmF3.5全周魚眼レンズでおこなっていた。2010年当時では、私が経済的に選択可能な最高のシステムだった。それもかなり無理して買った。

しかしカメラが重すぎる。このレンズ1本だけというわけにもいかないので、荷物はもっと重くなる。10年前なら持ち歩いたかもしれないが、今はどうやっても無理。
しかしカメラを持っていない時に限って「これは!」という光景に出合ったりする。

そういうわけで、本格的に星の撮影をする時は別にして、日常的に使える軽量でお金のかからない全天撮影システムを模索していた。

KissX2とAPS-Cサイズ対応全周魚眼4.5mmレンズの購入も考えたが、レンズの値段が中古でも現在使っている8mmF3.5の新品価格と同じという、納得できない状況で、どうにもならなかった。

ところが先日、とあるネットショップで魚眼コンバージョンレンズのジャンク品を見つけた。汎用品なので多少の不安もあったが、安かったので試しに買ってみた。

これはコンパクトカメラのレンズの先に付けて使う製品で、レンズとの相性があるはずだ。そこが不安な部分。

とりあえずE-P1やKissX2の標準ズームに付けてみたが視野がケラレて、180度の全周魚眼にならない。ピントもややボケ気味。

ではコンパクトカメラならどうかと考え、助手用のキャノンS95で使ってみた。
a0095470_2335305.jpg

広角側より少しズームアップした程度がいい感じ。
周辺部の色収差はそこそこ出る。これもレンズとの組み合わせがあり、S95はE-P1やKissX2の標準ズームよりも相性が良かった。
a0095470_233724.jpg

画質は使用するカメラに依存するので、マイクロフォーサーズで適当なレンズが見つからなければ、S95でいくしかない。
カメラ・レンズ共に性能の限界があるので星の撮影には向かないが、昼の風景や夕景なら使えるかも。

非常に軽いのが最大の利点。

「取り付けはレンズに両面テープで」となっているのが乱暴な部分だが、そこは延長チューブを利用して製作中。はたして活躍の機会は来るのか。
[PR]

by anettait | 2012-04-10 23:56 | カメラ関係 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(75) 主鏡セルがついに完成、と思ったが・・・

そういえば昨日は清明祭(ウシーミー)だったので、朝早くからお墓の掃除に行った。普通はシーミーと言うらしいが、何故かうちでは昔からウシーミーと言っている。
世間でシーミーと言っている事は、高校生になってから知った。

それはいいとして、天気が良すぎて暑かったが、帰ってから太陽を撮影した。それが前回の記事。
その後、久しぶりに60cmドブソニアンを組んでみる気になった。

主鏡セルは鉄工所に外注した時点で完成だと思っていたが、私の設計が変だったので使えなかったのは以前の記事のとおり。
結局自分で手直ししたわけだが、設計ミスとはまったく間抜けと言うしかない。

かなり時間がかかったが、天気が悪くて気が乗らなかっただけなので、実際の作業時間は数日程度だ。

さっそく古い主鏡セルと並べて比較してみる。左が新しい方。主鏡を支える三角板が木製から鉄製に変わった。
フレームの材料もしっかりした鉄の角パイプになったが、その分重くなった。
a0095470_23374435.jpg

ミラーボックスには前の部分を蝶番で取り付けてみた。アメリカ製のドブソニアンによく見られる形式だ。組み立てるたびに主鏡を取り付けなくてはならない大型機では、ミラーの設置が楽なことは重要だ。
a0095470_23382760.jpg

これまでは自宅だけで使っていたので主鏡セルはミラーボックスにネジ止めで、主鏡は取り付けたままだった。しかし外に持っていくなら主鏡を別に運ぶことを考えなくてはならない。
主鏡を載せたミラーボックスをひとりで運ぶことは、重すぎて無理だからだ。

ところが実際に組み付けてみて、まだ手直しが必要なことに気がついた。緻密な設計はとうにあきらめていて、現物合わせで作っているので想定の範囲内ではある。
a0095470_23392437.jpg

バランスを見るために組み立ててみようかとも思ったが、すっかり曇ってしまったのであきらめた。

あと少しで使えるドブになるはずだが、時間と気力が切れたので続きはまた来週。
いや、再来週かも。
[PR]

by anettait | 2012-04-10 00:01 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

4月8日の太陽

今回も太陽の画像。前回同様、星雲用の改造デジカメで撮影。

ダークフィラメントまで写ったので、これまでよりはいい出来だと思う。
a0095470_20301428.jpg

しかし拡大して見ると、CMOS上のゴミらしきものが何個か見える。
撮影時には周囲が明るすぎて、液晶画面が見づらくゴミの確認ができない。

色も前回と違うが、これは画像処理のせい。
いい処理方法が決まらない。

雲を通しての撮影なので、これでせいいっぱい。
夜は惑星を撮影するつもりだったが、曇ってしまった。
[PR]

by anettait | 2012-04-09 20:32 | 太陽 | Comments(0)  

Hα改造デジカメで4月4日の太陽

赤い星雲がよく写るよう改造したデジカメで、太陽を撮影してみた。

ねらいはもちろん、よりプロミネンスを写すこと。P.S.Tに改造kissX2を使用。
ちょうど大きめのプロミネンスが出ていたので、急いで撮影した。
a0095470_0442021.jpg

ピントが怪しいので、ちょっとアンシャープマスクをかけすぎたかも。

予想では、かなり写るはずだった。
しかし写っているといえばそうだし、大きく変わらないといえばそうだ。
眼視でも同じくらい見えていた。むしろダークフィラメントなどはもっと見えていた。

おまけにこのカメラの弱点まで出てしまった。
ダストリダクションが弱い。ゴミが写っている。しかもプロミネンスの上に。
a0095470_0442420.jpg

このあたりはオリンパスがずっと優秀だ。風景で主力機のキャノン5DMkⅡもゴミが取れにくいし。
ダストリダクションに関しては、オリンパス初代のEー1にすら及ばないと思う。

現行機種のX5や最新型の5DMkⅢは使ったことないのでわからないけど。
太陽や月面は明るい部分が多いので、ゴミが目立ちやすいのは困る。
キャノンは写りそのものはいいんだが。

未改造X2より改造機が太陽撮影に向いているかというと、この写りから考えると大差ないような気がする。

ついでに約40分後、E-620で撮影した太陽。
a0095470_0583213.jpg

画像処理が違うので色はX2改と違うが、改造デジカメがよく写っているといえばそうでもあるし、かといってわざわざ改造デジカメを買うほどの差はないような気がする。

どちらもISO800だが、X2の方が写りに余裕がある気がする。高感度はこの頃のオリンパスの弱点だし。
でも太陽撮影の操作性はEー620の方がずっといい。そこはバリアングル液晶を装備したキャノン現行機と比較してみたいが、持ってない。

BORGのブログによると、最新型のオリンパス機(OMーD・EーM5)は高感度も良いらしい。太陽には向かないかも、とも書いてあるが。それについては続報を待ちたい。

いや、買う気はないんだけど。というか今は買えないけど。
[PR]

by anettait | 2012-04-06 01:21 | 太陽 | Comments(0)  

4月1日の太陽 その2

昨日の2種類の太陽画像を重ねてみた。科学的な意味は少ないと思うが。
a0095470_23291463.jpg

黒点や白斑が重なることはわかったが、Hα像をシャープに撮影できるようにならないと、それ以上のものは見えない気がする。
[PR]

by anettait | 2012-04-02 23:32 | 太陽 | Comments(0)  

4月1日の太陽

最近天気がとても良いが、この時期にしては変に寒く、透明度も悪いので星の撮影に行く気力が出ない。今日も黄砂が車に積もっていた。

しかし太陽は多少透明度が悪くても黄砂でも、とりあえず撮影できる。撮影システムを使いこなす意味もあり、撮影してみた。

まずはP.S.T.を使ったHα。
a0095470_23145239.jpg

大きなプロミネンスは出ていない。撮影の腕に問題があるのか、いまいち鮮明さに欠ける。

そして可視光。こればminiBORG50EDⅡを使用。口径50mmだが、太陽光が強いので40mmに絞った。
a0095470_2316573.jpg

黒点と白斑がちゃんと写った。これまでの練習の結果、可視光は良く写るようになった。

拡大率は違うが、画像処理で大きさを合わせてある。方向も上が北にほぼ合わせてあるつもり。
画像はクリックで拡大する。

今回は両方ともE-620で撮影した。バリアングル液晶は太陽撮影にはとても使いやすいし、オリンパスのダストリダクションシステムは効果が高いので安心感がある。
今回P.S.T.では拡大率を下げたので、撮影しやすくなった。

4月2日追記
画像が大きすぎて見づらいので、小さめの画像に変更した。
ついでにHαの画像を処理し直して、多少見られるようになったと思う。
[PR]

by anettait | 2012-04-02 01:00 | 太陽 | Comments(1)