人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

センサークリーニング用ルーペを買う

最近、主力機の5DMkⅡで撮影した画像に、時々黒っぽい線が入るようになった。CMOS上のゴミだろうということはなんとなくわかったので、カメラのセンサークリーニングを意識的に使ったりした。

風景やスナップでは気がつかない事が多いが、星雲だと気がつく。これは20cmで撮影したオメガ星団。
a0095470_21563469.jpg

ゴミは画面上、文字を入れた部分にある。
a0095470_21573321.jpg

センサークリーニング機能で取れたと思い込んでいたが、先週撮影した画像にも写り込んでいた。クリーニングモードでミラーアップしたら、何だか細いホコリのようなものが見えた。たぶんそれだ。どうやらセンサーではなく、その前の部分に引っ掛かっているので、センサークリーニング機能では無理なようだ。

原因がわかったところで、進行しつつある老眼では作業は不安だ。そこでセンサークリーニング用ルーペの存在を思い出した。セットは1万円以上したと思うが、ルーペのみを安くで売っていた店のことも思い出した。確かライト付。

買ってきて、使ってみた。センサー上のホコリがよく見える。LEDライトが付いて便利だ。5Dのクリーニングはブロアで吹き飛ばしてすぐに終わった。

そこでCCDにゴミが付いたまま数年放置してあるNikonのD50のことを思い出した。

ルーペで見てみると、見事な大きなゴミが付いていた。ホコリではない。白っぽい固体だ。これはティッシュペーパーでコヨリを作って、それで取り除けた。画像手前が今回買ったルーペ。右上は箱。
a0095470_21585863.jpg

これでD50も復活だ。ニコンのデジ一眼はこれしか持ってない。オールドニコンレンズも付くし星を撮影してもノイズが割と少ないので、まだまだ使えるカメラだ。ライブビューがないのが残念。

by anettait | 2011-06-26 22:11 | カメラ関係 | Comments(2)  

海洋博公園のプラネタリウムがリニューアル!

台風5号のひどい風雨の中、本部町の海洋博記念公園まで行ってきた。高速が有料になっていた。

噂に聞いてはいたが、(パンフレットによると)1億4千万個もの星を投影する五藤光学のケイロンと、プラネタリウム用としては現在最高(私見)のコントラストと明るさを誇るビクターのプロジェクターの組み合わせが、どんな星空を見せてくれるのかがとても楽しみだった。
a0095470_23393580.jpg

ケイロンは千葉市科学館で2度見ているが、海洋博公園のは星の数が多い最新型らしい。プロジェクターは別のプラネタリウムで見てはいるが、そのコントラストには驚いた記憶がある。

実際に見てみると、星がとても明るくて見やすかった。オーストラリアの星空よりも星が見えているような気がするが、星座はわかりやすかった。プロジェクターが点灯していても星空がそれほど明るくならず、性能を十分に発揮していた。

ドーム径は18mで、189席もあり、広々としていた。

オリジナル番組も良かった。これまでの海洋博のプラネタリウムとはまったく違う内容で、施設の性格に合ったものだと思う。

入館料は大人170円で、展示部分も込みの金額だったと思う。今日は時間がなくて展示は見なかったが、もうすぐ展示もリニューアルするらしいので、まだ見てない方は早めに見た方がいい。

このプラネタリウム、県内の星好きな人はぜひ1度見ることを勧める。ちょっと遠いけど。

オープニングイベントでは石垣島天文台の宮地副所長の講演もあって、八重山の星の話はとても勉強になった。天気は悪かったけど行って良かった。

by anettait | 2011-06-25 23:49 | プラネタリウム関係 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(59) 主鏡セルを改良してみた

先日久しぶりに60cmドブソニアンをいじる時間が出来たので、急いで主鏡セルを改良してみた。

材料はすでに入手済みの鉄製円盤。主鏡支持ポイントの改良だ。
本来なら三角板にするところだが、たまたま手に入ったのが円盤。しかも鉄なので加工が面倒で、そのまま使ってみることにした。
a0095470_22354140.jpg

黒いゴムは以前100円ショップで入手したもの。ドームの惑星用40cmニュートンで実績があるが、もう売っていないのが残念。

改良を終え、急いで組み立てて星を見てみる。調整に時間がかかり、残念なことに土星は壁の向こうに消えて見えなくなった。

恒星で調整してみると、像のズレが一方向だけになったような気がする。改良前は三方向だったので、もしかしたら改良の効果が出たのかもしれない。

28mmアイピースの86倍では問題なし、というか光軸のズレは目立たない。20mmアイピースの120倍も気にならない。しかし12.5mmアイピースの192倍では気になりだす。6mmアイピースの400倍では、明らかに変。


この日は恒星以外にM57とM22を見たが、M22は星がシャープではなかった。高度か、望遠鏡のせいか。

まだまだ改良が必要だが、少しは良くなっている。今度は土星で確認してみよう。

by anettait | 2011-06-23 22:39 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

夏至、慰霊の日

昨日は夏至、今日は慰霊の日だった。慰霊祭に参加したのだが、毎年とにかく暑い。
夏至の翌日だから仕方がないのか。いつも梅雨明け直後だからなのか。

しかし今年は台風5号の影響か、風が強くて多少ましだった。
週末は台風が来るようだ。せっかく梅雨が明けたのに。

by anettait | 2011-06-23 22:20 | 気象 | Comments(0)  

皆既月食と国際宇宙ステーション

皆既月食を撮影中のこと。薄明が進み、カメラのファインダーでも月が見えなくなったので終了しようとしたその時。視野の隅で光る点が移動している!古川宇宙飛行士の乗った国際宇宙ステーションだ!

久しぶりの月食が撮影できたことで、すっかり忘れていた。今回は日本人宇宙飛行士の搭乗したISS(国際宇宙ステーション)と皆既月食が同時に撮影できる、とても貴重な機会だったのだ。

急いで星景用(?)にセットしてあったオリンパスE-P1のシャッターを切った。しかしマニュアル露出にしてあったため、薄明のせいで露出オーバーになってしまった。
a0095470_21132526.jpg

真ん中の上の方に写ったISSはすぐわかる。
a0095470_21141357.jpg

問題の皆既中の月は、拡大してもわかりにくい。矢印の先にある赤っぽい丸いものがわかるだろうか。
a0095470_21152379.jpg

空は明るく雲も多く、月とISSの間が空きすぎているので、どうにもならない。せめてあと10分早くISSが通過してくれていたら。いや、5分前でもよかった。

わずか6分前の画像はこちら。皆既中の月が小さいながらも、よくわかる。実に残念。
a0095470_21265163.jpg

by anettait | 2011-06-16 21:28 | 宇宙開発など | Comments(0)  

2011年1回目の月食

a0095470_2143240.jpg
今年は月食が2回ある。1回目は6月16日、2回目は12月。

例年ならこの時期は梅雨なので、あきらめていた。しかし今年は梅雨明けが極端に早かったので、一応撮影してみた。

雲も多く、皆既になったまま月が沈むという撮影条件の悪い月食だったが、早起きしてなんとか撮影できた。

左上の恒星で恒星食があるように見えたが、恒星の消える瞬間を見逃した。薄明も始まっていたので難しい条件だったが。

ところで、カメラがデジタルになって初めて皆既月食の撮影に成功した。というのはこの10年、沖縄では皆既月食のたびに天気が悪かったのだ。

追記:今回は面倒だったので赤道儀すら使わず、ポルタにボーグ76EDを載せて、カメラの高感度性能に依存した手抜き撮影をした。おかげで日周運動で少しぶれてしまった。あまり参考にはならないとは思うが、画像にデータを書き込んだ。

by anettait | 2011-06-16 06:26 | | Comments(0)  

はやぶさ一周年「ギネスに認定」

小惑星探査機はやぶさの帰還から、今日でもう1年になる。早いものだ。

今日のニュースで、はやぶさがギネスに認定されたことが流れた。小惑星から初めて物質を持ち帰ったのが認定理由らしい。

はやぶさは映画にもなるらしいが、とりあえずプラネタリウム版が見たい。いや、DVDでは1年前に見たのだが、ドームで見たい。映画館でもいいけど。

by anettait | 2011-06-13 21:51 | 宇宙開発など | Comments(2)  

まさかの梅雨明け

昨日、沖縄地方の梅雨明け宣言が出た。数日前から昼間は天気が良かったので、梅雨は明けたのでは、という話はあった。しかし本当にこんなに早く宣言が出るとは思わなかった。

観測史上最も早い梅雨明けだそうだ。平年に比べて14日早い。梅雨入りも今回は10日くらい早かったから当然と思うかもしれないが、梅雨明けはそれほど早くならないのが普通。だから宣言が出た事に驚いた。

それはいいとして、梅雨明け直後の空の青さは強烈だ。透明度が信じられないほどいい。すぐ日射病になる。夜は半月だが都会でも星が良く見える。だから調整もできてない60cmドブを出してみた。

シーイングも良く、口径を40cmに絞れば400倍で土星がよく見える。少なくとも普通の30cmドブソニアンよりはよく見える。口径が半分の望遠鏡と比べるのはどうなんだと言われそうだが、そこまで未完成である。
a0095470_22253249.jpg

北斗七星もよく見えた。雲の流れが速くて撮影には向かない夜だったが、けっこう楽しめた。

by anettait | 2011-06-10 22:27 | 気象 | Comments(0)  

今年の梅雨はもう終わったのか?

ここ数日天気がいい。雲は多いが雨は降らない。週間天気予報でも晴れマークが多い。梅雨は終わったのか?

この画像は数週間前のものだが、梅雨の合間の夕焼けはきれいなものがある。
a0095470_23232239.jpg


全体像はこんなもの。ちょっとぱっとしない。
a0095470_23234386.jpg

右下の電柱あたりを拡大したらこんな感じ。いちばん上の画像はこの少し上の部分。
a0095470_232411100.jpg


梅雨入りが早くても梅雨明けは例年通りと梅雨入りの頃書いたが、今年は例外かも。流れの速い雲がなくなれば、梅雨明けかも。

by anettait | 2011-06-07 23:25 | 気象 | Comments(0)  

はやぶさ(模型)とカプセル(本物)を見てきた

日曜日に、はやぶさ(2分の1模型)とカプセル(本物)を見てきた。

思ったよりはるかに人が少なく、並ばずに見る事が出来た。初日の昼間でこれだから、スタッフも拍子抜けしたと思う。ブームは過ぎたのか?いや、巷で言われているように、宣伝不足が大きいと思う。
カプセルは撮影禁止なので、当然だが画像はない。

はやぶさの模型はちっちゃいと思ったら2分の1模型だった。下にあるイトカワの模型はたぶん1000分の1。
a0095470_2334228.jpg


山崎宇宙飛行士の講演会は満席だった。ちゃんと申し込んでおいて良かった。沖縄県民にしては珍しく、30分以上前から100人くらい並んでいる人がいたのには驚いた。

質問コーナーでは、前の席の子が3,4人当てられていたから、早くから並んだ人は正解だったろう。いや、並んだのに当てられなかった子の方が多かったから、どちらとも言えないか。

講演会で満足したので、今日のシンポジウムは体調不良もあって行かなかった。まあいいか。

by anettait | 2011-06-07 23:07 | 宇宙開発など | Comments(0)