<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

60cmドブソニアン自作記(52) 主鏡セルを変えてみた

問題は鏡筒のセンタリングではなさそうなので、次は主鏡セルかも、という気になった。

さっそく主鏡セルを自作18点支持から平板に変更。材料は丸テーブルの天板。他は作りかけで放置したアルミ製主鏡セルから借用。
a0095470_22132072.jpg

意外に簡単に出来た。しかし実際に使ってみると、確かに見え方は変わったが、良くなったかというとそうでもない。主鏡セルもまだまだ改善の余地がありそうだ。

さて、次は何をしようか。今回も結果が出なかったし。
[PR]

by anettait | 2011-04-25 22:15 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

南十字とケンタウルスβ

前回と同じ夜、ほぼ最後に撮影した画像。南十字がぎりぎり4個写り、ケンタウルスβまで写った。画像はクリックで拡大するが、拡大してもわかりにくいかも。
a0095470_23543043.jpg

この直後南十字αは見えなくなり、ケンタウルスαが出るのを待つことなく撤収した。

南十字αが見えにくいのでモノクロモードにしてみる。コントラストも上げた。
a0095470_23545030.jpg

まだわかりにくいので、星の名前や矢印を入れた。でも厳しい。
a0095470_2355151.jpg

エータカリーナ星雲も撮影したいが、見える時間帯に海岸までたどりつけない。しかも改造デジカメでないと写りにくいような気がするが、今度試してみたい。フィルムの時代には撮影できたし。
[PR]

by anettait | 2011-04-18 23:58 | 星の風景 | Comments(0)  

今週の一枚「南十字」

先週の話だが、やっとのことで南十字を完全な形で撮影できた。撮影場所は知念村、いや今は南城市だ。

過去の記事を見ていただくとわかるように、一番下のアルファ星だけはめったに見えないし写らない。画像をクリックして拡大しないとαは見えないと思う。
a0095470_23441055.jpg

実は今回は眼視ではチラチラと見えるようで見えないようで、という不確実な見え方だったが、一応撮影できた。この前後10コマ程度に同じように写っている。ちゃんと日周運動で移動しているのでノイズではない。
わかりやすいように、モノクロモードにしてみる。コントラストも上げた。
a0095470_23444082.jpg

ついでに星の記号も記入してみた。
a0095470_2345548.jpg

カメラをデジタルに変更してからは、初めての撮影になるような気がする。すると南十字を前回撮影したのは2002年より前か。確か1月4日の朝にマミヤ645で撮影したことがあった。いや、ペンタ645だったかも。

それ以前は5,6年に1度は撮影できていたような気がする。1度撮影すると満足して、2,3年は見に行かないということになる。再び行くようになって、3年目くらいに撮影できるパターンかな。

これで当分は見に行かなくて済む。今年の4月は天気が良くてよかった。いつもの年はもっと天気が悪い。
[PR]

by anettait | 2011-04-17 23:51 | 今週の一枚 | Comments(0)  

星のなる樹

「星のなる樹」というイメージで撮れるといいな、と思って撮影してみたが・・・
a0095470_23565550.jpg

なんだかいまいち。画像はクリックで拡大する。

星と樹が離れすぎ?光害がひどい?色が変?構図が悪い?

いやいや、たぶんセンスがないのだろう。まだまだ、だな。

そのうち再挑戦ということで・・・。
[PR]

by anettait | 2011-04-14 23:59 | 星の風景 | Comments(0)  

オメガ星団

久しぶりにオメガ星団を撮影してみた。撮影場所はグスクロード公園。

南に低いケンタウルス座にある巨大な球状星団で、本土では見えにくいらしいが、沖縄では普通に探せる。
肉眼でもぼやけた星のように見える事(普通の星と間違えた?)から、星座を作る星のひとつとしてω(オメガ)の名前が付けられたのだそうだ。画像はクリックで拡大する。
a0095470_22283581.jpg

若いころは普通に肉眼でも見えたが、目が悪くなったためか、空の状態のせいなのか、この日は肉眼では見えなかった。でも双眼鏡をケンタウルス座に向けると簡単に見つかった。

撮影機材はBORG100ED直焦点にEOS5DMarkⅡ、ビクセンGP赤道儀。極軸望遠鏡が付いてないものを持ってきてしまったので、適当に極軸を合わせたら30秒露出までは大丈夫だった。それを2コマコンポジット。コマの真ん中だけを切り出してある。
a0095470_22291585.jpg

元画像は上のとおり、ただしコンポジットなしの1枚画像。まわりに余裕がありすぎる。でも焦点距離640mm(しかもフルサイズデジカメ)でこんなに写るのは、オメガ星団が大きく明るいためだ。おかげでお気楽撮影でもよく写る。
[PR]

by anettait | 2011-04-10 22:37 | | Comments(0)  

月とすばる

月とすばるが夕方の西空で接近するというので、撮影してみた。
a0095470_15514296.jpg

撮影地に到着する頃には、すでに日が沈んでいて、夕焼けが残っていた。

まず風景を撮影し、月とすばるを望遠レンズで撮る。画像はクリックで少し拡大する。
a0095470_15524968.jpg

最初キャノンのフィルム時代のLレンズズームを使ったが、月のゴーストが出てしまう。
この画像は予備で持って行ったシグマのズームレンス。最近の製品だけあって、安いがゴーストも考慮されている。デジタル対応はこのあたりに違いが出るのかも。

最後に星座も入れて広角レンズで撮影。画像はクリックで拡大する。大きくしないと星座がわかりにくい。
a0095470_15532048.jpg


最初は雲が多かったが、しだいに晴れてきて星座もよく見えた。西の光害がひどいが仕方がない。西の海岸まで行くべきだったかもしれないが、ここまで星座がよく見えるとは思ってなかった。
[PR]

by anettait | 2011-04-09 15:58 | | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(51) 補助鏡筒にトラス棒をプラス

補助鏡筒を付けたまま、トラス棒を取り付けてみた。
a0095470_0493741.jpg

カッコはもっと良くなった。なんだかすごい望遠鏡っぽくなってきた。

でも見え方は以前とあまり変化なし。
トラス棒を付けたことで、鏡筒の中心はあまりずれていないことがわかった。

ただしF4なので、わずかなずれが像に大きな影響を与えている可能性もある。
そんなこんなで、なかなか先へ進めない。
[PR]

by anettait | 2011-04-06 00:50 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(50) 補助鏡筒を付けてみた

アルミ角柱を多少加工して、補助鏡筒を付ける事が出来た。鏡筒の下の部分がうまく固定できず、とりあえずヒモで固定してみた。
a0095470_22582693.jpg

なんだかかっこいい。これはこれでありだと思う、形だけは。

しかしヒモによる固定で中心がうまく合うわけがなく、当初の目的を達成することはできなかった。強度不足だし。もっとちゃんと工作しなくては。
[PR]

by anettait | 2011-04-04 23:00 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)