人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

今シーズン最後?の木星観望会

先週、今シーズン最後になると思われる木星観望会をおこなった。

わりと早い時間から準備していたので、学校帰りの高校生が望遠鏡を覗いてくれた。星のことをよく知っている女子高生がいた。宙のまにまに?
a0095470_2245673.jpg

少年サッカー?チームも練習帰りに望遠鏡を覗いて行った。わいわいとにぎやかだった。
a0095470_2248466.jpg

木星は12月に比べて高度も低くなり、前半はよく見えたが終わりの方は大気のゆらぎの中でクラゲ状態。

急に見え方が落ちたと思ったら、西側のマンションの屋上手すりに引っ掛かっていた。その直後、マンションの後ろに沈んで見えなくなった。

その後はオリオン大星雲を見てもらったが、いまいちインパクトに欠ける。20cmでは色も見えないし。時間が来たので、お客さんがいなくなったところで撤収した。

次回からは土星観望会かな。午後8時に土星を見るには4月まで待たないといけないけど。

by anettait | 2011-02-28 22:56 | 観望会 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(45) 土星を撮影する

先日の話の続き。口径を30cmに絞ったまま、土星を見てみた。高度が低い割には、そこそこ見えた。

斜鏡は100mmのままだから、口径の3分の1もある大きな斜鏡がついていることになる。これではシャープな惑星は見えるはずないが、光軸を追いこんだら、とりあえずそこそこ見えたのだ。シーイングは悪かったけど。

せっかくなので、撮影してみることにした。ドブソニアンは追尾できないので、土星がウェブカムの写野を横切る時間だけ撮影できる。直焦点では像が小さすぎるので、2倍バーローレンズを使った。

実際に撮影してみると、それほど難しくない。ただし土星はすぐに逃げるので、ウェブカムとアイピースの交換が煩わしい。なんだかんだで3,4秒の動画を5本撮ったところでやめた。
撮影動画はシーイングの影響をはっきり写していて、ひどい動画だった。

とりあえずそのままレジスタックスにかけて処理したら、いい画像にはならなかった。ビデオ編集ソフトで4本を繋いで1本の動画にして処理すると、それなりに処理できた。
a0095470_23573578.jpg

なぜか動画変換の段階で小さくなってしまい、処理してもこんな画像。すっきり写ってはいるのだが。
a0095470_23595334.jpg

小さくならないように別の形式で編集したら、なぜか像が荒くなってしまった。圧縮の問題かもしれない。
まだまだ修行が足りないが、とりあえず土星が撮影できたから良しとしよう。

by anettait | 2011-02-25 00:01 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(44) 月を撮影してみたのだが

天気がとても良かったので、60cmドブソニアンをいじってみた。恒星で光軸を見ると、トップリングをいじったにしては変化がない。つまり改善が見られない。ちょっとがっかり。

そのうち月が昇ってきたので、口径を絞って見え方を観察。30cmまで絞ると、普通の像が見えた。
しかしこれは当然だ。30cmF8という、現代ではありえない長焦点の反射望遠鏡だからだ。光軸には鈍感になり、普通でよく見えるはずだ。つまり30cmF8の割には見え方がよくない。

とりあえず月を撮影してみた。カメラはオリンパスE-620.ヘリコイドを外さないとピントが出ないので、手持ちの直焦点撮影。ライブビューとバリアングル液晶がありがたいが、ピントが合わせにくい。
a0095470_0203783.jpg

何枚か撮影したうちの1枚。画像はクリックで拡大する。
シーイングも悪いし、手持ちなのでピントもちゃんと合ってない。でも画像縮小、アンシャープマスクの処理で、そこそこ見られる画像になった。ドブソニアンはまだまだ改良が必要だな。

by anettait | 2011-02-23 00:23 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

桜が満開

今日は雨が降って寒い。星どころではない天気だ。

昨日は天気も良く温かかった。桜まつりをしている市内の公園へたまたま出かけたら、大変な人出。それもそのはず、桜が満開だった。とりあえず撮影。
a0095470_23515573.jpg

一部はすでに葉っぱが出ている。それも撮影。
a0095470_23523323.jpg

空が青ければ申し分ないのだが、この時期に青空はぜいたくというもの。雨が降らないだけでも良かった。
a0095470_2353677.jpg

桜の花にハチがいる。蜜はあるのだろうか。いや、花粉ねらいかも。

by anettait | 2011-02-14 23:56 | その他 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(43) トップリングを補強・修正

実に三カ月ぶりに60cmドブソニアンをいじってみた。最近自作にかける時間がなかったのだ。

問題解決方法を思いついても、時間がたつと忘れてしまう。今回もそうだ。
トップリングを補強・修正した。画像の上に写っている細いアルミが旧、下の太いのが新だ。
a0095470_227225.jpg

修正方法を思いついてから数カ月たつので、勘違いで左右間違えて穴を開けてしまったのが1本。

今日の夕方は晴れていたので、急いでドブソニアンを屋上で組み立てていたら穴あけの間違いが発覚。
すぐにドリルで穴を開け直し。そんなことをしているから、いざ恒星に向けようとしたら曇ってしまった。

月を見たところでは、修正の効果があるのかないのかわからなかった。光軸が狂っていたので、光軸修正をしているうちに雲はどんどん厚くなり、そのうち月さえ見えなくなった。
a0095470_2281112.jpg

雨が降りそうになったので、急いで助手1号を呼んで片づけた。腰を痛めるので、ミラーボックスは可能な限りひとりで持たないようにしている。
トップリング修正の結果はそのうち確認しよう。

by anettait | 2011-02-13 22:16 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

E-PL1の動画から

4つ前の記事とまぎらわしいタイトルだが、今回はE-P1ではなくE-PL1。

今月初めに土星を撮影した時、ついでにE-PL1でも撮影した。
気流はひどい状態で、高度も低いので撮影できた動画もひどい出来なのは、以前の記事にも書いたとおり。

マイクロフォーサーズ機は撮像素子がAPS-Cより小さいとはいっても、惑星を拡大するには大きすぎる。
口径40cm、焦点距離2.2mの望遠鏡に3倍バーローレンズを使ったとしても、ハイビジョン動画の全体像はこんな感じ。画像は3分の1くらいに縮小してある。
a0095470_16195145.jpg

中心部分を等倍で切り出したらこんな感じ。やはり小さい。データ中のX2は間違いでX3だ。
a0095470_1621262.jpg


仕方がないので9mmアイピースを使って拡大撮影。等倍で切り出すと下の感じ。気流が悪くて詳細は不明。アイピースで拡大したのでさかさまに。感度も上げたが露出不足だ。
a0095470_16215031.jpg


今月号の天文ガイドにマイクロフォーサーズ機の特集があった。撮影した動画を非圧縮のAVIファイルにコンバートするとあったが、うちのレジスタックス4と5はコンバートなしに動画をそのまま処理してくれる。

はたして非圧縮にコンバートしたものとしないものと、どちらがいいのか。
それがどのくらい違うのかがわからない。有料のソフトを買って試す気にはならないし。
でもDFKもあるし、マイクロフォーサーズ機で惑星を写す必然性はない、と言いたいところだが月面があった。情報を集めてみようか。

by anettait | 2011-02-12 16:29 | カメラ関係 | Comments(0)  

月と桜

今週初め、とある祝賀会に出席した。当日出勤するまですっかり忘れていたんだけど。

会場についてみると、見事な満開の桜がある。その日は木星と月が接近することがわかっていたので、E-620を持っていたがあきらめていたところだった。会場の入り口でとりあえず撮影。
a0095470_22293954.jpg

木星が見えるまでもう少し暗くなるのを待ちたかったが、祝賀会が始まる時間なので会場に入った。
あとで画像を見てみると月がピンボケ。かなりがっかり。

次はもっと真剣に撮りたいと思ったが、今週は忙しくて晴れても撮影できなかった。今日からしばらく天気は悪い。
晴れる頃には桜は終わっているかもしれないが、カメラを持ちチャンスを逃がさないようにしたい。

by anettait | 2011-02-10 22:37 | | Comments(0)  

今期初めての土星

やっと晴れたので、久しぶりに土星を撮影した。そういえば今期初めてのような気がする。
a0095470_23215854.jpg

しかしシーイングがひどく悪い。しかも南中過ぎていて、土星の高度が低い。

土星があまりに暗いのに驚いた。元々土星は惑星の中でも暗い方だが、久しぶりなので忘れていた。

現状だとこれ以上拡大するのは厳しいか。もっとシーイングが良ければ何とかなると思うが、冬はこんなものかも。

by anettait | 2011-02-08 23:23 | 惑星 | Comments(0)  

久しぶりの、二日連続観望会

夏ならよくあることだが、冬には珍しい二日連続観望会。
幸いなことにここ2,3日は寒さも緩んで、というか今日の昼間は温かいを通り過ぎて暑いほどだった。

1日目は若狭海岸近くの公民館に頼まれて、若狭公園で星を見せた。
a0095470_23252849.jpg

みんなカメラの露出中にうごくのでブレまくり。何がなんだかわからない。
とりあえず細い月と木星を見ることができた。空にモヤが多くて透明度が悪く、星は二等星までしか見えないという困った状態だった。

2日目はいつもの新都心公園。晴れて月もきれいだったがシーイングは悪く、木星はいまいち。やっぱり透明度も悪い。
a0095470_23255640.jpg

画像には小さく木星と月が写っているが、月はこのあとマンションの後ろに沈んでいった。
冬場だからか、寒くはないがいつもより参加者は少なかった。日曜日だったからかも。

ところで、1回目で使った赤道儀にはロングウエイト軸が付けてある。これにビクセン純正品のバランスウエイトを付けようとしたら、新しい方のウエイトが入らない。これには驚いたし困ってしまった。

ウエイトの穴が最後のところで狭くなっていたためだった。ただの不良品か、ロングウエイト軸が通常のものより微妙に太いのかもしれない。
今日使ったノーマルのウエイト軸では、すんなり入って何の問題もなかったので、相性かもしれない。

by anettait | 2011-02-06 23:35 | 観望会 | Comments(0)  

E-P1の動画から

今日の星観の会例会は、参加者が少なかった。
しかし画像処理についてかなり濃い話ができた。

私が持参したノートパソコンで、レジスタックスでE-PL1の動画が処理できることを説明。ためしにE-P1で撮影した木星と月の動画を画像処理してみた。

そこで出てきた月面の画像に、処理した私が驚いた。
これまで私が静止画で撮影できなかったような高いレベルの画像が出てきた。
画像はクリックで拡大する。掲載するために画像を少しだけ縮小した。
a0095470_13256.jpg

撮影したのはE-P1、初代のマイクロフォーサーズ機だ。とても気に入っているカメラだが、現行機種と比較すると少し見劣りする部分がある。
動画もそうだ。動画はオートなので、場所によって明るさの違う月面は途中で勝手に露出が変化する。
E-P1には難しい対象だ。
でも10秒足らずの動画だと明るさの変化もそれほどないので、いい結果になったと思う。

今年は月面をちょっと真剣に撮影してみようか、という話で終わった。
私もできるだけ月面を撮影してみようと思う。露出の固定できるE-PL1だともっと楽だろう。

by anettait | 2011-02-06 01:17 | | Comments(0)