<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

月夜の畑道

そのまんまのタイトルで申し訳ない。昨日糸満市で観望会があり、その帰りに月が昇ってきたので撮影してみた。撮影場所が畑の中の道路だったので、タイトルもそのまま。
a0095470_2327528.jpg

畑の中の道なのに交通量が意外に多く、たびたび邪魔が入る。そのうち木星まで出てきてしまった。月の下の明るい星がそうだ。
a0095470_23272640.jpg

月と反対側はけっこう星が見えるような気がしたが、撮影後通ってみると電照菊の灯りが輝いていた。月明かりがあると、光害はわからなくなってしまうようだ。気をつけねば。画像に写っているのは車のテールランプ。

ところでこの画像はPEN E-P1で撮影したが、やっぱりノイズが多い。高感度長時間撮影は苦しい。E-PL1は改善されているのだろうか、と考えるが買って試すわけにはいかない。PENは持ち歩くにはちょうどいい大きさ重さなのだが。デザインもいいし。

今回画像処理をした時、縮小過程で暗い星が明るく(大きく?)なる現象に気がついた。上の2番目の画像では、うしかい座がわからなくなっている。アークトゥルスよりも他の星が明るくなったためだ。しかも2,3個以上も。
星座を見せる画像の場合には、むやみに縮小するとダメかもしれない。最初からソフトフィルターなどで星像を大きくしておく手はあるかも。
[PR]

by anettait | 2010-07-31 23:36 | 星の風景 | Comments(0)  

夏の夕暮れの雲

天気が悪い。もう一週間も雨か曇りだ。雲間に月と金星が見える事もあるが、それでもうす雲越しだ。今日もひどい雨だった。

この天気はまだ続くようなので、ここらで気分転換を。
a0095470_22354950.jpg

2週間ほど前の夕暮れ、というには少し早い時間帯の雲だ。天高くそびえ、とても迫力があったので車から降りて撮影した。場所は自宅のすぐ近く。

これだ抜けがいい空なら、きっとい星空が見られたはずだが、平日だったので出かけなかったような気がする。今思えばもったいないことをした。この次いい天気になったら、迷わず出かけよう。
[PR]

by anettait | 2010-07-29 22:38 | 気象 | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(37) トップリングを改良

先週あたりの話だが(連休中だったかも)、接眼部をトップリングの外側から内側に付け換えて、光路の短縮をした。これで斜鏡が小さくてもケラレの影響は少なくなるはず。
a0095470_021591.jpg

上は改良前。接眼部を付けたアルミプレートが、自転車のリムの外側に付いている。
a0095470_033716.jpg

こちらは改良後。リムの内側にアルミプレートを移動させたことで、ピントが合いやすくなった。ヘリコイドを外すと、マイクロフォーサーズ直付けでピントが合う。追尾できないので撮影できるのは月くらいだけど。

もともとリムの内径が62cmしかないので付け換えをためらっていたのだが、何とかなりそうだ。少なくともピントを外した星像を見る限り、影響は出ていないようだ。

スパイダーとの位置関係も見直したので、ファインダーがのぞきにくくなった。次はそこを改良しなくては。
[PR]

by anettait | 2010-07-28 00:10 | 超大口径ドブソニアン | Comments(4)  

代車はスーパーチャージャー付き4WD

愛車レガシィが車検だった。代わりに借りてきたのがスーパーチャージャー付マニュアル5段変速4WDのマニアックな車。10年以上前に欲しかった車だ。車体の横にスーパーチャージャーと誇らしげに書いてある。
a0095470_22184516.jpg

ただし軽自動車だ。ヴィヴィオRX-Rという。学生の頃は車が大好きで「ターボ付4WDの軽自動車が出たらすぐ買う」などと言っていた。当時はそんな車はなかったし、お金はもっと無かったので、普通の軽自動車に乗っていた。お金ができてからはもっと大きい4WDターボを買ったし、この車には結局乗る機会がなかった。
a0095470_22191659.jpg

マニュアル車も5年ぶりだし、すっかり感覚が鈍っていた。しかもエンジンが高回転型なのか排気量の大きい車に慣れてしまったのか、とても扱いにくかった。レッドゾーンが9000回転からというのがいい。
a0095470_22194811.jpg

ただし十五万キロ近く走っているので、高回転までエンジンを回すのはやめておいた。借り物だし。スーパーチャージャーはターボのようにドカンとくる不自然さはなく、力強いのはいい。

しかしあまりにも古いので、エンジン音がひどくうるさい。発売が13年前だから仕方ないか。
アイドリングが不安定なのは古い高性能エンジンっぽくていいけど、音が大きいと乗っていて疲れる。恩納村まで行ったので、なおさらだ。

ヘッドライトも暗いし、夜は前が見えにくい。周りの車のライトが明るすぎるとも思うが。なんだか自分が年を取ったことを実感してしまったが、この車は若い頃に新車で乗りたかった。
[PR]

by anettait | 2010-07-26 22:33 | その他 | Comments(0)  

はやぶさ講演会に行ってきた

はやぶさ講演会に助手2号を連れて行ってきた。着いた時は子供たちが大勢スタンプラリーをしていたけど、この画像は帰る前に撮影したもの。
a0095470_21504530.jpg

初めて聞く話が多く(特にイオンエンジン関係)、とても良かった。お客さんが少ないのが残念。子供たちは講演会には興味はないのかも。でもそのおかげで「いろいろ質問していいですよ!」と講師は言っていた。小さいけど熱心な子がいたのは驚いた。

外では子供たちがエアロケットを打ち上げたり(枠の中に着地すると景品がもらえるようだ)液体窒素の実験を見たり、別の部屋ではかさ袋ロケット工作をしていた。

まつり会場では「魚のつかみ取り大会」をしていた。大勢の子どもたちが暑さに負けず、魚を追っていた。私は暑さに負けてクラクラしていた。建物の中は冷房で涼しかっただけに、落差が大きい。
a0095470_215202.jpg

明日25日も画像にある時間割で講演会をするとのこと。事前に質問を用意していくといいと思う。私はとっさに質問が出てこなくて、残念だった。明日行けないのも残念だ。
[PR]

by anettait | 2010-07-24 22:02 | 宇宙開発など | Comments(0)  

明日、探査機はやぶさミニ講演会があるらしい

明日24日、恩納村のうんなまつりでJAXAが出店するらしい。内容は「宇宙服のレプリカを着て記念撮影」や「ロケット打ち上げの大音響体験」など。

その中に、JAXA関係者による「はやぶさミニ講演会」があることがわかった。時間は以下のとおり。

 1回目 11時20分~11時55分
 2回目 14時20分~14時55分
 3回目 16時20分~16時55分

内容についてはよくわからないが、実際にはやぶさの運用に携わった宇宙研の関係者による講演だと噂されている。

私は内容を確認するため、当日聞きに行く予定である。できれば助手を引き連れて。

翌25日もうんなまつりはあって、JAXAのブースもあるようだが、講演会があるのかどうかは不明。それも合わせて明日確認したい。会場は恩納村コミュニティセンターなど。チラシのいちばん下を参照してほしい。

晴天が予想されるので、暑さ対策をせねば。
[PR]

by anettait | 2010-07-23 21:00 | 宇宙開発など | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(36) 脚立を買った

先日、やっと脚立を買った。これまでは洗車台を使っていたので、中途半端な高さだと膝を曲げた姿勢で観望しなければならず、とてもきつかった。脚立は段を上がるか降りるかでいいので、とても楽。

今回は値段は高かったけど、片側だけに段があるものにした。理由はふたつ。まず、上の方まで手すりがついていること。最上段に上がっても安定して見られる。そして軽い。これは楽。どちらも接眼部が高いドブソニアンを移動して使う場合には重要な要素だ。
a0095470_23133552.jpg

天気のいい日に観望してみたら、この日は光軸もそこそこ合って、そこそこ気持ちがいい星空が見られた。

ただし焦点距離が長いので、見る星を変えた場合の筒先の移動距離も長い。すぐ近くの星を見るためにも、何度も脚立を移動しなければならないのは面倒だった。

ここ数日、主鏡セルの手直し(主鏡支持ポイントの見直し、ベルトの長さ調整)をしたので、光軸にその成果が出たようだ。とはいうものの、実は別の要因かもしれないし。

今回の光軸は200倍程度までなら、恒星ならがまんできる範囲だ。木星はまったくだめだけど。もう少しなんだが、そこがうまくいかない。

昨日から天気は悪くなったので、調整はまた次回。この調子でいけば、既製品の主鏡セルは買わずにがんばれるかもしれない。
[PR]

by anettait | 2010-07-22 23:29 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(35) 主鏡セルは買うべきか

主鏡セルの自作で行き詰っている。本当は主鏡と一緒に買うつもりだったが、いつの間にかOrionOpticsのHPから60cm用主鏡セルが消えてしまっていて、注文できなかったのだ。

それで自作しているのだが、なかなかうまくいかない。ネットで検索してみると、アメリカの販売店で24インチ用主鏡セル(27点支持)が550ドルで売っている。現在のレートは1ドル90円程度なので、5万円くらい。もし国内でこの値段で売っていたら、すぐにも買いそうだ。

もっともアメリカの販売店の場合、日本国内にそのメーカーの代理店があった場合は輸出できないことが多いらしい。これも該当しそうな気がする。いやたぶん間違いない。よく見るメーカーだし、代理店も心当たりがある。でも代理店を通したら1.5倍から2倍くらいになりそう。

いや、金で解決しようなんて考えがいかん。自作マニアなら作ってみるべきだ。18点支持だが。まだ主鏡セルには5千円もかかってないし。

最後の手段として、図面を引いて鉄工所に外注という手もある。これでも5万円以下では作れそうだ。まあ最後の手段ということで。アメリカ製の主鏡セルも見てみたいけど。
[PR]

by anettait | 2010-07-20 00:14 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

60cmドブソニアン自作記(34) 水平回転部の交換

久しぶりの3連休なのに、晴れたのは初日だけ。熱帯低気圧のおかげで2日間は土砂降りだった。

土砂降りでも休みだったので、ホームセンターに行って材料を仕入れたり、ドブソニアンを改良したり。または仕事や観望会などで受けた日頃のダメージを回復したり。

少し前に水平回転部をGINJI25cm用に交換した。これまでは国際光器のホワイティドブ30cm用だったが、スムーズすぎるのに悩んでいた。近くにあったGINJI用架台(40cmドブに使用中)を動かしてみると、なんとも適度なスムーズさ!

GINJIの回転部は25cm用ということもあり、少し小さめなので下の部分だけを使用した。これで重量も半減。
a0095470_2251480.jpg

しかし実際に使ってみると、望遠鏡そのものが40cmドブよりも重いので、重量がかかるためか動きが渋い。調整してみると、どうにか我慢できる渋さになったのでしばらく使っている。

動きがちょうどいいものは、なかなか見つからない。軽く動くものにブレーキを付けた方がいいかもしれない。
[PR]

by anettait | 2010-07-19 22:56 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

近所の小学校で観望会

土曜日に近所の小学校で観望会をした。去年に引き続き2回目。一昨年は悪天候で中止だった。

すばるの会のSさんが手伝いに来てくれた。どうもありがとう。参加者が親子で200名近かったので、とても助かった。
a0095470_12265240.jpg

3クラスなので15cm反射赤道儀を3台、7cm屈折経緯台を3台。去年は20cm反射で準備に苦労したので、今回から自分の年齢と体力を考え、小型軽量化して準備の迅速化を図った。これは大正解。

これまでの経験から、小中学校の運動場は観望会直前まで部活をやっていることが多く、今回もサッカーをしていて準備に時間が取れなかった。先月の中学校もそうだったし、この学校も去年は野球をしていた。

どうやら一般の人には望遠鏡の設置に時間がかかるという認識がないようで、こちらもそれを考えに入れないと困ったことになるということが去年わかった。

学校の観望会では「時間がかかっても大きな望遠鏡で、はっきり大きく見せる」よりも、「そこそこの望遠鏡で、できるだけ大勢に見せる」ことを優先すべきだと思う。とはいうものの、口径15cmでも普通の人にとっては大きな望遠鏡みたいだし。

この日は月齢6のきれいな月と、金星、土星を望遠鏡で見せる事が出来た。天気も快晴で透明度も良く、風があって涼しく、この上ない観望会日和だった。

ただし砂ぼこりがすごく、望遠鏡は砂だらけ。それを想定して安いものだけを持って行っているので問題はないが、そろそろ反射鏡を洗わないといけないようだ。

土星と月は特に好評。できればもう少し倍率を上げたいところだが、アイピースを3台分買い足さないといけないので、現状では無理か。アイピースも消耗品状態なので、そのうち買い替えることにはなるだろうけど。

空の明るいうちに望遠鏡をセットしたので、極軸が合ってなかったのは反省点。できれば望遠鏡専門のスタッフが欲しいところだ。

天気が良かったが体力が切れたので、観望会の後に星を見に行くのは無理だった。もう少し体力が欲しいところだが、機材の小型軽量化のおかげで去年よりは楽かも。
[PR]

by anettait | 2010-07-19 12:33 | 観望会 | Comments(0)