<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

世界天文年特別観望会プロジェクト始動!

 勝手に「世界天文年特別観望会」を開始することにした。勝手に観望会と変わりはないけど、看板に「世界天文年」と入れることで天文年を世間に知らせようというわけだ。

 第一弾は急だが、本日5月31日、午後8時頃より午後9時30分頃まで、いつもの新都心の大きな公園でおこなう。観望会を待っている方にはまことにもうしわけないが、行動が発作的かつ天気に左右されることなので、仕方がないと思ってほしい。

 今日の天気予報は晴れなので大丈夫だと思うが、万が一曇ったら中止。晴れれば今日は月がよく見えると思う。

 ところで6月より「土日仕事モード」に突入する。特に土曜の夜の観望会が難しくなる。7月になるとあちこちの小学校観望会に出ることが多くなる。というわけで、世界天文年特別観望会は土曜日以外が多くなると思う。しかも発作的なので、予告できないことが多くなるがあしからず。
[PR]

by anettait | 2009-05-31 14:26 | 観望会 | Comments(0)  

携帯電話カメラとアイピースの関係(2)

 2番目は観望会の常連、ビクセンのLV6mmだ。ハイアイなので覗きやすい。レンズが大きいことも覗きやすさに貢献していると思う。PLタイプのアイピースでは7mm以下だとレンズがものすごく小さくなって、特に眼鏡使用の初心者には敷居が高すぎる。その点LVは安心できる。

 こちらはアイカップが折り返しできる。まずは折り返して撮影。なんとケラレがひどい。これは驚きだ。
a0095470_1243337.jpg


 次はアイカップを普通の状態に伸ばす。ケラレは少ない。
a0095470_125510.jpg


もしかしたらアイカップの位置にレンズを持ってくるとケラレは少なくなる?いやいや、まだサンプル数が少なすぎる。もっと調べなくては。
[PR]

by anettait | 2009-05-30 01:27 | カメラ関係 | Comments(0)  

携帯電話カメラとアイピースの関係(1)

 最近観望会で、「携帯で写真撮れますか?」という質問をよく受ける。望遠鏡は15~20cmクラスを使っていることが多いので、月は比較的簡単だが、土星はまず無理と答えている。

 実際にやってみた人はわかると思うが、携帯電話のカメラのレンズをアイピースに合わせるのはかなり難しい。もちろん慣れの問題もあるが、それ以外にもアイピースとカメラレンズの相性もあるのではないかと思っている。同じアイピースでも写す携帯電話の機種によって写しやすいかどうかが違うのではないか。

 さっそく調査したいが、残念なことに私は携帯電話を1台しか持ってない。だから地道に、私の機種とアイピースの相性を調べようと思う。まずは高級アイピースの代表ナグラータイプ4、22mmから。
a0095470_1121472.jpg

 巨大なアイピースで、小さな望遠鏡には荷が重すぎる。これはアイカップの位置が変えられるので、この調査に最適だ。まずは一番縮めた位置。周辺にケラレが出た。
a0095470_1124676.jpg

 ある程度アイカップを伸ばした位置。ケラレがなくなった。ピント位置が変化するかどうかまでは未確認。天気が悪く、月が見えないからだ。ピント位置の確認は晴れた日にしよう。
a0095470_11379.jpg

このシリーズはしばらく続けるつもり。できれば観望会で使う普通のアイピースを重点的に調べたい。今回はナグラーがたまたま近くにあったのだけど、観望会ではもったいないのでナグラーはたぶん出さない。
[PR]

by anettait | 2009-05-30 01:18 | カメラ関係 | Comments(0)  

初心者用望遠鏡その? ビクセンニューイカルス60L

 久しぶりに初心者用望遠鏡を買ってみた。ビクセンのニューイカルス60L。けっこう前から売っている口径6cmの屈折経緯台だ。6cmF15という、昔からある典型的な初心者向け鏡筒。ただしこの機種は数年前に製造中止になっていて、現在あるビクセンの入門機は別の機種になっている。当然だが中古で購入した。けっこう安かった。
a0095470_22414314.jpg

 接眼部はプラスチックでしかもツァイスサイズ(24.5mm)という、これも初心者用望遠鏡の典型。写真撮影用アクセサリーを取り付けるには不便だ。アメリカンサイズの高性能アイピースを使う場合もアダプターが必要だ。この望遠鏡でスーパ-モノセントリックを使おうという人はいないと思うけど。
a0095470_2242542.jpg

 実際に土星を見てみると、150倍でも像の崩れは感じられず、細い土星の環と本体に落ちる直線の影がすっきり見える。素直な見え方で、レンズの性能は十分だと思う。こと座のダブルダブルスターは片方は分離したが、もう片方はもう一息。

 月面の色収差については確認していないが、恒星像を見る限りでは気にならない。過剰倍率の150倍でもベガ、アークトウルスもすっきりした見え方。

 問題は架台だ。伸縮式の金属製三脚だがやや細く、ポルタよりは軽い気がする。安定度はポルタに劣るが持ちやすい。鏡筒は経緯台にねじ止め、この部分がプラなのでやや不安。しかもバランスが変えられない上に手前が常に重くなっているという設定なので、フリーストップでは使えない。ポルタの方がずっと使いやすい。

 しかも天頂を向ける時に、上下微動のフレキシブルハンドルがファインダーに引っかかる。これはやっかいだ。しかし上下微動が付いてないと使えないので、これは困った。なぜこういう構造になっているのだろう。

 中古だったのでアイピース類は付いてなかった。よって付属品についての評価はできない。

 鏡筒は良く見えるし、架台はコツさえつかめば多少の不便はあるが使える。ただし値段は新品で3万円くらいしたようだ。高い。これはもう少し出してポルタ7cmセットを買った方がいいと思う。

 重さや鏡筒、値段から考えるとミニポルタと同クラス。今回のは中古で7千円なのでまあいいかと思うが、3万円だったら私は使ったことはないがミニポルタ70を買う。望遠鏡も時代とともに改良されているということだろう。
[PR]

by anettait | 2009-05-28 23:05 | 初心者用望遠鏡 | Comments(0)  

観望会の予告

本日20時頃から22時頃まで、那覇にある新都心公園で「勝手に観望会5」をおこないます。見るのは土星だけ。望遠鏡は20cm反射を予定してます。中学生以下は保護者同伴のこと。

天気が悪いと中止です。天気予報では微妙なところです。19時過ぎまで仕事なので、開始時間は多少遅れるかも。場所は新都心公園の駐車場近くのウォーキングコースの内側、芝生か広場あたり。駐車場が閉まる22時頃には終了です。今日の問題は、駐車場に車を止められるかどうかでしょう。けっこういっぱいです。

県立博物館前でもやりたいけど、許可関係が不明なので、今回はパス。
[PR]

by anettait | 2009-05-23 15:04 | 観望会 | Comments(2)  

勝手に観望会4

今年は梅雨入りが遅かったが、梅雨入りしてもあまり雨が降らない。もう3日降ってない。というわけで、昨日は天気も良かったので発作的に勝手に観望会をおこなった。

スタート時間はかなり遅く、午後9時過ぎ。場所は悩んだが、結局いつもの公園になった。毎回同じ場所でやっていると見る人もいなくなるのではないかとも思うが、昨日は全部で30名ほどいたので、予想以上。
a0095470_2358141.jpg

雨は降らないとはいえ、薄い雲が上空にあったので土星の見え方はいまいち。それでもみんな土星を見て喜んでくれた。今回は看板も「世界天文年記念事業」にした。しかしぱっとしない看板だ。また作り変えたい。

今日は曇りだったので観望会はしなかったが、明日は天気予報によると午後から晴れ。夕方は仕事なので、それが終わってからどこかで観望会をしたい。しかしまた同じ場所ではそろそろ見る人もいなくなるので、場所を変えたいがまだ未定。
[PR]

by anettait | 2009-05-23 00:00 | 観望会 | Comments(0)  

勝手に観望会3.5・・・そして梅雨入り

 昨日は天気予報どおり午後から曇ったので、観望会は中止のつもりだった。しかし19時40分頃空を見上げたら、雲が少なく星が見えてる。だからあわてて公園へ出かけた。
a0095470_2051598.jpg

 しかし準備をしているとまた曇ってしまった。昨日も来た親子連れが1組いて、晴れるのを望遠鏡のそばで待っていた。その他の人たちにも晴れた瞬間に望遠鏡で土星を見てもらっていたが、雲が多すぎて切れ間さえなくなってきたので、人が途切れたところで撤収した。その間約30分。今回は途中で終了したので、勝手に観望会4ではなく3.5にしたい。

 帰ったら夜中に雨が降った。今日は朝から曇り、昼前から雨。先週の予報どおり、沖縄地方は梅雨入りした。平年よりかなり遅いが、去年よりは4、5日ほど早いらしい。

 そういえば去年も梅雨入りがとても遅かった。しかも去年は梅雨明けが早かったので、今年も梅雨明け早いかも。そうなると星は良く見えるが、水不足が心配だ。さてどうなることか。
[PR]

by anettait | 2009-05-18 20:55 | 観望会 | Comments(2)  

昨日のグスクロード公園

 勝手に観望会を終えた後、機材を積んだままグスクロード公園へ向かった。来週は梅雨入りとの予報だったので、しばらく星が見られなくなるからだ。

 着いた時は確かに晴れていた。空の半分を薄い雲が覆ってはいたが。急いで20cm反射を組み上げ、撮影の準備をする。南西の空はよく晴れていて、さそり座がきれいに見えた。
a0095470_18595090.jpg

 準備完了と同時にというか、準備が終わったのをどこかで見ていたかのように、雲が一気に押し寄せてきた。あっという間に全天どん曇り。天頂付近に時々アルクトウルスが雲の間から姿を見せるだけ。

 30分以上待ってみたが、晴れそうにないので機材を片づけた。買ってからまだ1度も使ってないコマコレクターを試したかったのに。極軸もけっこうきちんと合わせたのに。
a0095470_1971427.jpg

 片付けたら、また南西の空が晴れてきた。双眼鏡でさそり座のM6、M7、いて座のM8を見た。とてもきれいだった。そしてまた曇ったので帰った。

 那覇に戻ったら、すっかり晴れていた。とっても疲れてしまった。実にありがちのことだが、4,5回に1度はこういうことがあるような気がする。グスクロード公園がそれだけ曇りやすいということか。
[PR]

by anettait | 2009-05-17 19:12 | | Comments(0)  

勝手に観望会3

 今日も勝手に観望会。同じ公園だが、場所を少し変えてみた。夜8時をまわっているのに、なぜか親子連れがたくさん集まってきて、土星を見ていった。小さい子ばかりだったので、何かイベントでもあったのかも。知り合い同士のような気もしたし。

 昨日よりも雲が多く、雲で見えなくなる時間が多かったのは困ったが、雲の動きが早くて土星が見えなかったという人はいなかった。

 雲よりも邪魔だったのはテニスコートの夜間照明だが、今日は夜間照明の近くにわざわざ行っているようなものだったから、これは仕方がない。照明がないと望遠鏡も看板も見えず、人は集まってこないし。今日は遠くからでも目立っていたようで、昨日よりも参加者は多かった。70名くらい。

 今日も22時ちょうどに急いで望遠鏡を車に積み込み、急いで駐車場を出た。「22時過ぎても大丈夫だはずよ」という人もいたが、閉じ込められたら困る。

 その後グスクロード公園に写真を撮りに行ったのだが、かなり残念な結果だった。それはまた今度。そういえば今日の観望会は余裕がなくて写真を撮ってない。

 「明日も来るんですか」という人が数名いたので、晴れたら行くつもり。しかし天気予報は晴れのち曇り。はたして夜まで天気は持つのか。「晴れたら来るけど雲ったら来ない」と答えたもので。
[PR]

by anettait | 2009-05-17 02:00 | 観望会 | Comments(2)  

勝手に観望会2

 もうすぐ梅雨入りらしい。今年も去年と同様、梅雨入りが遅い。遅すぎるくらいだが、その分星はよく見える。見えるうちに観望会をしておこう、ということで近くの公園に20cm反射を持って出かけた。運んだのは車だけど。

 土星のインパクトを一般人に有効に伝えるためには、口径は20cm程度は欲しい。できれば25cmといいたいところだが、25cmニュートン用の鏡筒バンドがない。シュミカセをドームから下ろす体力は今日はない。ということで、ケンコーの中古SE200N。大きいので目立つ。いかにも望遠鏡といった感じがいい。赤道儀はビクセンGPD。バランスウェイトは最近入手した中古の5kgもの。アイピースはビクセンLV5mmに2倍バーロー。

 準備を始めた時には午後8時半を過ぎていた。遅い。遅すぎるが、今日はくたびれていて、家を出るのに時間がかかってしまった。10分で望遠鏡のセット完了。今回は看板も準備してある。しかし最初は誰も寄ってこない。ウォーキングでぐるぐる回っている人はたくさんいるのに!やはりおじさんひとりに大きな望遠鏡というのが怪しすぎるのかも。
a0095470_072237.jpg

 しかし看板の効果か、ひとりふたりと望遠鏡をのぞく人が出ると、いつのまにか行列ができていた。1時間20分程度で約50名が土星を見た。みんなシャープに見える土星にびっくりしていた。倍率は400倍。透明度が良かったので、街灯の近くで空が明るくても、土星がはっきり明るく見えたようだ。土星を初めて見る人がほとんどなので、やってよかった。
a0095470_0876.jpg

 駐車場が午後10時に閉まるので、人が途切れたのを見計らって急いで撤収。2分で片付け、午後10時ぴったりに駐車場の外へ。ぎりぎりセーフだった。

 今回の観望会も世界天文年の「星を見よう1000万人」に報告しておこう。まだ120万人ちょっとのようだ。できればまた近いうちにどこかでやらなくては。
[PR]

by anettait | 2009-05-16 00:15 | 観望会 | Comments(0)