<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

ルーリン彗星地球大接近

 今日の沖縄は昼前から晴れて、抜けるような青空になった。今日撮影に行かずしていつ行く、というわけで、ルーリン彗星が地球最接近になった今日、撮影に出かけた。

 結論から言うと、けっこうよく撮れた。最初skymemoの挙動がおかしかったが、すぐに電池切れだと気づく。交換したら問題なし。
a0095470_3424346.jpg

 しかし後で、近くはもやがかかっていたことに気づく。でも撮影中ももやがあったかどうかは不明。そのうち空も曇ってしまった。

 とりあえず撮影できてよかった。今回はあまり期待していなかったが、空のそこそこ暗いところまで行けば、双眼鏡で見るのは簡単だ。肉眼では無理のような気がする。少なくとも私には、肉眼ではあるようにもないようにも見えた。

 それにしても眠い。撮影終了直前に雲が来て、もやも多くなったので撤収してきたが、とにかく眠い。
[PR]

by anettait | 2009-02-25 03:45 | 彗星 | Comments(4)  

黄砂

 今年もついに黄砂がやってきたようだ。昨日あたりから空が白っぽくて、そんな気がしていた。今朝の朝刊に「沖縄地方でも黄砂」と出ていたが、「視程が狭まるほどの影響はない」とのことだが、星の見え方には確実に影響してくる。

 なんといっても彗星への影響は大きい。黄砂が来ると彗星はとても見えにくくなる。ただでさえ見えにくいルーリン彗星が、もっと見えにくくなる。

 今日は雲も多く、ひどく疲れているので見に行かないが、明日確かめてみようと思っている。もしかしたら思うだけになってしまうかもしれないが。
[PR]

by anettait | 2009-02-22 23:41 | 彗星 | Comments(0)  

ルーリン彗星

 仕事で遅くなって、しかも帰りにラーメンとギョーザを食べに行こうと誘われ、ついて行ったら帰りは午後11時。さて寝るかと思って念のために屋上に上がると、晴れている。しかも快晴、透明度はいい。

 仕方がないのでルーリン彗星を探してみた。まずは7倍50ミリのニコンSP双眼鏡で。見えない。超光害地のうちでは4等級の彗星を探すのは無理なのか。

 次はデジカメで挑戦。その昔、レンズシュミットと呼ばれたとかの伝説のあるキャノンFD85mmF1.2だ。昔は天体写真には無敵のレンズだったとかなんとか。かなり誇張しているが。これに中古で買ったアダプターを付けてデジカメ(kissx2)で撮影。話にならない。写野がまっ白。しかもアダプターの出来が悪くて、無限大が出ていないっぽい。

 その次は望遠鏡の登場。ポルタ経緯台で使える(天頂は見えない)最大口径の15cmF5屈折に30mmアイピースで25倍。まったくわからない。仕方がないので1階まで降りて、星ナビを取ってくる。記憶している位置にほとんど間違いはないが、見えないのは何か問題があるはずだ。ということで、星ナビの星図どおりに小さな星をたどって捜索。

 あった。ひどく淡い。これでは視野に入っていても見えないはずだ。望遠鏡を動かすと、やっとわかるというレベルだ。でも大きい。2インチアイピースで25倍の視野の半分くらいを占める大きさ。双眼鏡でその位置を見ると、今度は探せた。

 一応写真を撮る。こんな明るい空でガイド撮影は意味がないので、三脚で固定撮影。レンズは少し長めの135mmF2DCで。ニコンのレンズで昔買ったやつ。ポートレート用で、ボケ味を変えることができるというすごそうなレンズだが、星には関係のない機能。露出は試し撮りから2.5秒に決めた。絞り開放。この程度なら、日周運動の影響も少ない。
a0095470_23273651.jpg

 とりあえず写ったが、コンポジット前提で連射。たくさん撮ったけど、今回は面倒なので、7枚コンポジット。上の画像の中心部だけトリミングしてみた。まあまあの写りだ。1枚よりも緑色が少しだけ出ているような気がする。
a0095470_23281371.jpg

 ルーリン彗星は初めて見たけど、光害のせいか、けっこうしょぼい見え方だった。NHKのニュースでも彗星のことをやっていたらしいが、一般の人が見るには、彗星の位置をしっかり把握しておかなくては探せないと思う。。せめて双眼鏡と位置を示した星図と、何より暗い空が必要だろう。来週は土星やレグルスの近くを通るので、探しやすいというのが救いか。
[PR]

by anettait | 2009-02-19 23:51 | 彗星 | Comments(0)  

ToUcamでの土星

 久し振りにToUcamを使った。モバイル用のパソコンを買ったので、そのテストだ。初代軽量モバイルパソコン(シャープのムラマサ)が突然死してしまってから休止していたモバイル惑星撮影システムを、復活させてみる気になった。
a0095470_22335498.jpg

 テストは上出来。風が強くてシーイングも悪い中、土星はちゃんと写った。ただ問題はwebcamのソフトがちゃんとインストールされていないのか、XPのSP3に合わないのか、起動するたびに撮影モードがオートになる。少し面倒。

 とりあえず使えることがわかったし、格安モバイル用DVDドライブもバスパワーでちゃんと動くし。まあ満足。

次はkissx2用ソフトをインストールして、ライブビューの老眼対策をしなくては。
[PR]

by anettait | 2009-02-15 22:35 | 惑星 | Comments(0)  

土星

 久しぶりに休みの前日が晴れたので、土星を撮影してみた。また寒くなってきたのでシーイングが悪いのはわかっていたのだが、撮影しないわけにはいかない。

 望遠鏡で見てみると、やはりシーイングは悪い。220倍でもゆらゆら。360倍ではピントがピシっとこない。でも撮影。

 土星は暗いので、シャッタースピードを下げ、ゲインを上げてやっとこの大きさ。しかも画像の出来はいまいち。しかもCCD上のゴミが写っている気がする。
a0095470_14565283.jpg

 シャッタースピードをさらに下げ、大きく撮影しても画像は悪くなるだけ。
a0095470_14572345.jpg

 眼視では環の延長線上に衛星がいくつか見えた。シーイングのいい時に衛星も撮影してみよう。カメラのCCDも掃除しなくては。そういえばドームの中もちらかり放題だ。そこも掃除か。
[PR]

by anettait | 2009-02-11 15:00 | 惑星 | Comments(0)  

半影月食

 今日は半影月食だ。昨日までは覚えていたが、今日はすっかり忘れていた。でもちゃんと思い出した。

 夕方からお祝いがあったが、月食の開始時刻には帰ることができた。しかし店に入る時は快晴だったのが、出たら小雨が落ちてくる。空はすっかりドン曇り。

 とにかく帰って待機するが、ちっとも晴れない。諦めて寝ようかと思い、これで最後だと思って屋上に上がってみると、雲が切れてきた。急いで撮影準備。

 架台はポルタ、鏡筒は7cmアクロマート屈折。すぐに準備できるセットだ。雲が流れているので、急いで撮影。
a0095470_0353929.jpg

 われながらうまく撮れたと思う。左側が暗くなっている。肉眼ではここまではっきりとはわからなかった。望遠鏡よりも双眼鏡の方がわかりやすかった。

 地味な現象と思っていたが、いやいや、なかなか楽しめる。
[PR]

by anettait | 2009-02-10 00:37 | | Comments(3)  

日帰り秋葉原

 用事があったので、秋葉原に日帰りで行ってきた。いや、本当の用事は秋葉原ではないのだが、ちょっと時間があったので行ってみた。
a0095470_015690.jpg

 あいかわらずアニメとパソコン関係の看板が氾濫している。私が行ったのはそこではなくて、望遠鏡屋だ。秋葉原に2件、少し北に1件ある。下の画像はスターベース東京。
a0095470_0153157.jpg

 3軒回って、有益な情報を少しだけ集めてきた。蒸着系の光害カットフィルターは広角レンズには使えないとか。言われてみればなるほどと思った。結局フィルターは買わなかった。

 他の地区にも望遠鏡屋はあるのだが、今回は時間がなくて行けなかった。今日回った中では、おもしろい出物は見当たらなかった。プラネタリウムを見る時間もなかった。

 日帰りはとても疲れる。しかも東京は最高気温8度、沖縄は23度だ。この温度差はなかなか辛い。
[PR]

by anettait | 2009-02-08 00:23 | 星旅 | Comments(3)  

手持ちオリオン

 天体写真の基本は三脚使用、と星の本には必ず書いてある。なぜ三脚を使うのか。もちろんぶれさせず、きれいに撮るためだ。では使わなかったらどうなるか。試してみた。

 データは画像にもあるが、感度1600(カメラの最高感度)、レンズの絞りF3.5(開放絞り)、焦点距離18mm(いちばん広角側)、手ぶれ補正ON。露出は4秒。画像の中央を切り出した。
a0095470_23214556.jpg

 撮影姿勢は、足を肩幅くらいに開いて立ち、ファインダーをのぞいてカメラを額に付ける。ひじは体に付けようと思ったが、オリオンの高度が高いのであきらめた。そのまま撮影。

 この画像でもけっこうぶれている。十コマくらい撮影したが、これでもいい方だ。傾向として、縦にぶれることが多いようだ。または半円を描く。でもこの画像から考えると、感度3200で露出2秒ならいけるかも。そんなカメラはうちにないけど。

 これは大光害地、那覇の真ん中で撮影したので、山の中ならもっと星が写ったはず。素通しファインダーがあればもっとうまくいくかも。
[PR]

by anettait | 2009-02-03 23:24 | カメラ関係 | Comments(0)  

今日も疑問

 さて、最近デジ一眼レフばかりの撮影で、ちっとも惑星を撮影しなくなってしまった。しかし当分はこのままのような気がする。やはりカメラそのものが好きだから、という理由だろうけど。

 そこで今日も疑問。現在発売されているデジ一眼の、高感度長時間撮影のノイズはどうなっているんだろう。数年前よりずっと良くなっているとは思う。キャノン、ニコンについてはよく天文雑誌などでレポートされているが。

 しかし小さい機種、特にパナソニックG1、オリンパスEー520、420、ペンタックスなどはほとんど記事にならない。そういえばソニーも。

 一般のカメラ雑誌では新製品の時に記事になるが、星野写真などの特殊なものは出るわけないので、よほどひどくない限り、参考にはならない。webでも同じようなもの。

 パナソニックのG1はデジボーグで絶賛されているが、あれは拡大撮影(しかも鳥撮影)でのこと。星ではどうなのかがちっともわからない。もしかしたら営業的に無理があるのかもしれないが、あれだけ絶賛されると気になる。小さいカメラが欲しいと思っているだけに。どれほどのノイズか、星野撮影に使えるのかどうか、どなたかご存じないだろうか。

 自分でNikon、EOSを使っておきながら、天体写真が二大メーカーだけになったらつまらないな、と思ってもいる。パナソニック系は動画も撮れるようになったら手に入れたいと考えているし。オリンパスもレンズを選ばない手ぶれ補正が魅力だし。
[PR]

by anettait | 2009-02-03 23:07 | カメラ関係 | Comments(2)  

今日の疑問

 今日の疑問。アメリカの望遠鏡メーカーは今、大変なんだろうか。この不況でたぶん大変だとは思うが、もしかして消えてしまったりするのか。

 というのは、今日Swayze Opticalのホームページを見たら、なんと飛行機関係(部品販売?よくわからない)のホームページになっていた。でも、自己紹介のページにドブソニアンの写真もあったので、同一人物?仕事を変えたのか、ホームページのアドレスを変更したのか、それにしては見つからない。数週間前まではあったのに。

 半年ほど前、うちの主砲45cm主鏡の製造元Discoveryのホームページが突然なんだか違うものになっていた。それにしてはまだ鏡を作っているらしいし(国際光器で売っていた)。

 円高で望遠鏡の部品をアメリカから安く買えると思っていたのだが、会社がいきなり消えてしまうと困る。実際はどうなんだろうか。調べる術がないのが困る。
[PR]

by anettait | 2009-02-03 00:31 | その他 | Comments(0)