<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

暖かい夜の月

 今日は天気が良くて暖かかった。気の重い昼間の仕事をどうにか終え、夜は楽しい親子天文クラブ。しかしそれも今日が最終回。

 せっかく晴れたので、2台の望遠鏡を使って、できるだけ星を見た。金星、月、シリウス、ベテルギウス、オリオン大星雲。参加者が少なかったので、月を携帯電話で撮影したりした。下のはお手本に私が撮影したもの。
a0095470_23374787.jpg

 15cmニュートン反射で撮影したが、アイピースにカメラレンズを合わせるのが難しい。私は慣れているからいいが、他の人はなかなかできなかった。やはり何事も修行だ。

 開始前に金星も撮影してみたが、これは無理だった。架台が赤道儀ではなくポルタ経緯台なので、金星がすぐに逃げてしまい見失ってしまう。とても難しい。
[PR]

by anettait | 2009-01-31 23:40 | 観望会 | Comments(0)  

雲間のシリウス

 今日は居間がうるさいのでドームで仕事をした。パソコンを使い終えて下に降りる時、雲間で激しく輝くシリウスが見えた。画像はドームとシリウス。
a0095470_2319760.jpg

 夕方の金星と三日月も美しかったが、乾燥ケースから出したデジカメが電池切れという間抜けなミスで、撮影できなかった。別のカメラを出す頃には曇ってしまっていたのだ。

 おまけに雨が降ったりやんだり星が見えたりで、変な天気だ。雲間からシリウスは撮影できたが、撮影中にもう雨が降り出した。
[PR]

by anettait | 2009-01-29 23:20 | | Comments(0)  

旧正月日食

 昨日は旧正月だった。うちは旧正月をしないので特に変わったことはなかったが、職場に某放送局から電話があった。

 「今日、日食があるそうですね。」と電話の相手。以前テレビに出してもらった時にお世話になったアナウンサーの方だ。そういえばそうだった。確か八重山で日没直前に欠けるのがあった。少し欠けたまま沈むはずだ。

 見に行こうかと考えていたのだが、長崎に行くことにしたので、先月末にあきらめてそのまま忘れていた。

 この日食は東南アジアで金環日食になるはずだ。たしかインドネシアあたりだ。日本では八重山あたりしか見えなかったと思う。沖縄本島では欠ける前に日没だ。宮古はどうだっかか調べてない。

 聞けばお天気カメラで中継を考えているとのこと。いい話だ。私が知っていることを全部話したが、もっと細かいことを相手は知りたかったようで、私が知らない部分については国立天文台に聞いてみるとのこと。確かにそれが間違いがなくていい。

 仕事が終わって、急いで家に帰った。もちろんテレビを見るためだ。放送開始にどうにか間に合った。全国ニュースが終わり、ローカルニュースでは出だしに日食の説明がある。ちゃんと図も使ってわかりやすい。

 「さて、石垣島はどうでしょうか。」とカメラが切り替わる。沖縄本島はよく晴れているので、期待して見ていたら、石垣はなんとどん曇り。まったくもって残念だ。せっかくテレビ局が中継してくれたのに。

 「次は7月22日です。全国で見られます。」という意味のことをアナウンサーが明るく言って、そのコーナーは終わった。7月22日には皆既日食帯から中継してくれるのだろうか。私はとても行けそうにないので、ぜひテレビで生中継してほしい。
[PR]

by anettait | 2009-01-28 00:46 | | Comments(0)  

福岡は大雪

 帰る日、福岡の天気予報は曇り時々雪、だった。朝から期待していたが、ちっとも降らない。午後になって宗像市のプラネタリウムを見に行って、さて帰ろうかなと思ったら、「外は雪が積もっている」という。

 ほんの2時間前、入ってくる時はまったく雪は降ってなかった。しかし2時間で10cmも積もり、外は軽い吹雪状態(当社比)。
a0095470_237581.jpg

 飛行機に乗るため、とりあえず博多に戻って荷物を取らないといけない。時間も余裕がない。ラッキーなことに玄関でタクシーを降りた人がいたので、そのまま乗り込む。

 駅に着いたら、乗るつもりだった電車は出たばかりだった。20分ほど待っている間に、まわりの写真を撮りまくる。デジカメで動画も撮る。ポストは雪の帽子。
a0095470_238378.jpg

 次の電車は3分遅れ。しかし博多から空港までは地下鉄なので、出発時刻の40分前には空港に着いた。ところが出発ゲートにたどりつくと、飛行機が30分以上遅れた。

 沖縄便の30分後に出る予定だった東京行は欠航になったので、今回はぎりぎりセーフだったみたいだ。今度から冬の最終便はやめておこう。

 飛行機の外は吹雪状態。パイロットは前が見えるのかと思ってしまうほどだったが、ちゃんと離陸した。そしてちゃんと帰ってこれた。

 今回の席は北西向きだったので、窓からは金星しか見えなかった。次は予約の時に南側を取ろうと思う。

 ところで博多駅周辺では、雪は積もってなかった。ただし路上は水だらけ。もしかして車や建物、人が多いので気温も高く、雪が融けるのかもしれない(仮説)。
[PR]

by anettait | 2009-01-25 23:14 | 星旅 | Comments(0)  

佐賀県立宇宙科学館

 長崎から福岡へ行く途中、佐賀県立宇宙科学館へ寄ってみた。すごい施設だった。かなり大規模で、展示をすべて回る時間がなかった。
a0095470_0511087.jpg

 その中で、これだけはぜひというものを体験してきた。ひとつは「ムーンウォーク」と「宇宙トレーナー」。ムーンウォークは体重が6分の1になって飛び跳ねるというもので、けっこう難しかった。

 でも本当にすごいのは宇宙トレーナーだ。これは写真を撮り忘れたが、イスに座って、いや縛り付けられて、ぐるぐる振り回されるというもの。アメリカのジェミニ計画の時に宇宙飛行士の訓練で使ったものと同じらしいが、最高に気分が悪くなる。昼食を食べてなかったのだが、食べてなくて本当によかったと思った。

 プラネタリウム番組をふたつ見た。ひとつはガンダム、もうひとつは生解説で今夜の星空。解説の方の声と語りが素晴らしくて(美人でもあったけど)、宇宙ぐるぐるのダメージからどうにか回復できた。

 そして今回の目玉。「ガリレオの望遠鏡のレプリカを作ろうコーナー」だ。この科学館ですごいのは、レンズの研磨機を所有しているところ。それでガリレオの望遠鏡と同じ(曲率の)レンズを作ってしまう。本格的なレプリカだ。筒は通常は紙製だが、木製も特注できるらしい。これは高いけど。私は時間がないので今回は見学だけ。

 そこで作った望遠鏡(展示されている)を覗かせてもらったが、これで観測したガリレオは偉いと思った。あまりに視野が狭すぎる。何を見ているのかわからない。「大人の科学」ふろく望遠鏡の比ではない。長さもあれの2倍はある。倍率は14倍らしいが。

 今回はとても勉強になった。ガリレオ望遠鏡のことと、宇宙ぐるぐる。あれに乗って、宇宙飛行士は無理かもと思った。

 ところで帰りの武雄温泉駅で、雪が降るのを生まれて初めて見た。岐阜で雪だるまも作ったし雪合戦もしたが、降る雪を見たのは初めてだった。きっと寒いのが苦手だから、無意識に避けていたのかも。
[PR]

by anettait | 2009-01-24 00:58 | 星旅 | Comments(0)  

長崎2

 長崎の路面電車はのんびりしていて、とてもいい。しかも渋滞は関係ないみたいだし、本数は多いし、路線の周辺をまわるにはとても便利だ。
a0095470_23483518.jpg
 
 夕闇が迫ってくる中、約25年ぶりに諏訪神社に行ってみた。そこには神社ネコが2匹もいた。うち一匹には撮影拒否されたが、もう一匹はいやいやながらもポーズを取ってくれた。
a0095470_2349287.jpg

 その後アーケード街を歩いて中華街へ行ったら、遅かったのか多くの店が閉まっていた。とりあえず角煮まんだけ買って食べる。おいしかった。
a0095470_23554491.jpg

 
[PR]

by anettait | 2009-01-23 23:55 | 星旅 | Comments(0)  

長崎

a0095470_2336266.jpg

 プラネタリウム関係の集まりがあったので、長崎まで出かけた。出張ではない。自費の旅行だ。会場は長崎市科学館。とてもりっぱな施設だ。そこに九州の業界の人が集まった。
a0095470_23364979.jpg

 建物も立派だが、中もすごい。プラネタリウムのドーム径は23mもある。投影機はミノルタ。
a0095470_23373057.jpg

 屋上の9mドームには、なんとドイツの名門カールツァイス社の70cm反射望遠鏡が入っている。ワンダーアイも付いている。ただし例のごとく雨だったので、望遠鏡をのぞくことはできなかった。とても残念。3年前に助手1号2号を連れて遊びに行った時も雷雨だった。
a0095470_2338778.jpg

 夕方街を歩いたら、来週からランタンフェスティバルとのことで、眼鏡橋のかかる中島川周辺がランタンで飾られていた。できれば研修はランタンフェスティバルに合わせてもらうとうれしいが、それだとホテルとか交通とかが取りにくくなるだろうな。
a0095470_2339131.jpg

 長崎県庁の前にもにわとりのランタンが。にわとりがどういう意味があるのかはわからない。ちなみに中島川の一角は金魚のランタンだらけだった。馬や人の形もあたけど。

 雨は降っているが、思ったよりは寒くない。もちろん厚着しているからだけど。週末は雪らしいが。
[PR]

by anettait | 2009-01-22 23:44 | 星旅 | Comments(2)  

やっと土星を撮影

a0095470_22295689.jpg
 今期初めて、まともな土星を撮影できた。まとも、という割にはいまいちな画像だが、真冬のシーイングの悪さを考えるとまともな方だ。

 昼間は快晴、おかげで気温が3月上旬なみという温かさ。夜のドームもそれほど寒くはなかった。時間が遅いことを除けば、撮影は楽だった。

 土星は暗い。木星に比べても暗いが、金星に比べたらとてつもなく暗い。だからあまり拡大できないのがつらい。

 土星の環が線になってしまっている。とても環らしくない。この状態ではガリレオの望遠鏡では見えなかったろう。同架している9cm屈折では細い環が見えた。何cmなら見えるかを試してみなくては。
[PR]

by anettait | 2009-01-19 22:31 | 惑星 | Comments(0)  

15日は金星が東方最大離角だった。

 昨日、1月15日は金星が東方最大離角だった。地球から見て金星が東側にいちばん離れるということだが、金星が見えるのは夕方の西の空なのでちょっとわかりにくい。

 太陽から離れるため、夕方の金星がとても高く見える。昼間の金星も探しやすいらしい。もちろん晴れればだが。昨日は撮影しようと準備したものの、西側の雲が厚くて結局撮影できなかった。他の方向は晴れていたのに。

 そういうわけで、今日になって撮影した。冬型の冷たい空気のせいか、シーイングはとても悪い。モニターの中の金星は、ピントを合わせるのも難しい。適当なところで妥協して撮影した。
a0095470_23415975.jpg

 金星はまだ半月の形。適当なピントでも、画像処理すれば結構見られるものだ。デジタル技術はたいしたものだ。フィルムで撮影していた頃には考えられないほどの写りの良さ。モニター上の金星は炎のように激しくゆらめいていたのに。
[PR]

by anettait | 2009-01-16 23:43 | 惑星 | Comments(0)  

寒い!

 冬だ。とにかく寒い。寒いと動きたくなくなる。動かないと太る。太ると寒さが身にしみる。寒いと動かない。というデブスパイラルにはまってしまいそうだ。

 こういう時こそ運動、粗食と言ってみるが、言ってみただけ。曇っているので星は見ないでいいし、家の中でじっとしている。そうだ、惑星ビデオの編集しなくては。昨日で終わらせるつもりが、ちっとも終わってない。
a0095470_23231473.jpg

 この画像は、昨日ハードディスクの中から発掘した動画を画像処理したもの。この日の画像がたぶん2008年木星の自己ベストだ。われながらよく撮れたと思う。木星はいいのだが、土星にろくなものがなかった。反省。天王星も海王星も撮らなかったし。水星のアップもない。今年はがんばろうっと。
[PR]

by anettait | 2009-01-14 23:26 | 惑星 | Comments(0)