人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

やっと大赤斑が・・・。

 やっと大赤斑が出てきた。しかしドームのスリットが西に向きつつあるので、南西の強い風がドーム内に吹き込み、鏡筒は揺れまくっている。しかもシーイングは悪化傾向。南中時は良かったんだが。
a0095470_1353867.jpg

 この画像は今日撮影した中で特別良かった。たまたま風が吹かず、シーイングも良かった。プリズムの角度もけっこう合っていたし。

 そろそろ体力の限界のようだ。ハードディスクも限界。いっぱいいっぱい。画像処理しつつ外付けハードディスクに移してるのだが、追いつかない。たいしたことない動画はすぐに消しているのに。

by anettait | 2008-06-28 01:37 | 惑星 | Comments(0)  

今夜も撮影中

 夜になって、やっと天気が良くなった。2日間曇り時々雷雨だったが、今日はやっと撮影ができる。風が強くて雲の流れも早く、鏡筒が激しく揺れるが、とりあえず撮影する。
a0095470_2381236.jpg

 撮影した動画では木星が激しく揺れているが、画像処理してみると、なかなかいい。シーイングそのものはわりといいので、いい静止画さえ集めればどうにかなる。

 明日の仕事は午後からなので、今日はちょっとがんばって撮影してみようかと思っている。

by anettait | 2008-06-27 23:10 | 惑星 | Comments(0)  

画像処理中

 今日の夕方は土砂降りだった。今も天気が悪い。だから撮影も望遠鏡遊びもできず、静かに画像処理をしている。

 ところが最近がんばって撮影しすぎたために、処理すべき動画がたくさんたまっている。かなり面倒だ。まだやっと半分終えたところ。

 今はDFK21AF04というカメラで撮影しているのだが、なぜか撮影中にパソコンがかたまってしまい、撮影が途中で中断することがよくある。ハードディスクの残りが少ないために起きる現象ではないかと考えているのだが、途中で固まった動画が量産されてしまうのは困ったものだ。

 ところが今日画像処理していたら、途中で中断された短い動画でも、シーイングさえよければ使えてしまうことがわかった。
a0095470_0164595.jpg

 この画像はわずか39コマからできた。動画から静止画にする場合、普通500コマは必要だと思うし、そういうふうに処理してきた。ところが今回は39コマでもけっこう見られる画像になったし、7コマでもおおまかな模様がわかる画像が得られた。本当に驚いてしまった。

 シーイングがいい時に撮影したものは、短くても使えることになる。昨日のように雲が多くてシーイングがいい時は、雲の隙間を狙って短い動画をたくさん撮り、いい画像を残すことができそうだ。

by anettait | 2008-06-26 00:19 | 惑星 | Comments(0)  

撮影終了、今日はこんなところで。

 雲が多く、流れも早い。南風も強い。しかし木星が見えていたので撮影してみた。

 最初は鏡がなじんでいないし、プリズムの角度も合ってなかったためか、ひどい画像。雲のせいで撮影待機中に画像処理して、プリズムのことに気がつく。雲間から見えた木星で素早くプリズムをセット、少しずれているけど撮影再開。
a0095470_1155871.jpg

 すると驚くほどいい画像になった。今日の天気でこれだけ撮れれば十分すぎるくらい。ということで、天気も下り坂、明日も仕事なのでこれで終了。ねむい。

by anettait | 2008-06-25 01:17 | 惑星 | Comments(0)  

軽量大口径ドブソニアンを作れ!(7)

 主鏡側のバランスウェイトはこの状態。みっともないが製作中の仮の姿、ということにしている。
a0095470_23335142.jpg

 しかし合計4キロにもなる重りは、もう少しうまく作ることで回避できるはずだ。画像はちょっとわかりにくいが、右からダンベル1kgが2個、バーベル用重り1kgが1個、赤道儀同架プレート用バランスウェイト0.5kgが2個。

 早いとこどうにかしたい、この重り。ひもで結んであるだけなので、見た目も悪い。

by anettait | 2008-06-24 23:36 | 大口径ドブソニアン | Comments(4)  

軽量大口径ドブソニアンを作れ!(6)

 現在製作中の軽量大口径ドブソニアンは、高度軸の動きが渋い。主鏡付近に重りを付けてバランスを取ったら、動きにくいおかげでアイピースの着脱や風の影響で動き出すことはない。しかし高倍率での惑星の追尾などでは、とても不便だ。実質追いきれない。
a0095470_22545598.jpg

 ということで、架台の軸受けにフェルトを貼ってみた。これはNinja320のマネだ。家具用のキズ防止フェルトだ。でもうまくいかなかった。なにも貼らないよりはいいが、動きはまだまだ渋い。

 それではということで、100円ショップに行って、敷居すべりのようなものを買ってきた。2種類あったので2種類買った。どうせ100円だし。
a0095470_2254934.jpg

 細い方を試した。長さが30cmしかないので、少し短いけどテストなのでまあいいか。結果は、フェルトよりはまだまし、といったところ。まだ動きが渋い。しかも雲が多くて星がほとんど見えなかったため、追尾できるかはよくわからない。でも動き始めがまだまだ重い。

 この製品はテフロンなどは含まない、ポリプロピレンだか何かのビニール素材のようだ。ここはひとつテフロン入りのものでも試してみるか。と思ったら、片付けのため主鏡を外して鏡筒だけ架台の上に置いていたら、鏡筒が転倒してしまった。

 鏡筒がわずかに傾いていたせいもあるだろう。しかし敷居すべりはフェルトに比べて、加重がない状態では動きはとても軽くなっていた。これでは主鏡を載せない状態で風が吹けば、鏡筒は倒れてしまう。かといって主鏡を載せた鏡筒を架台から降ろすのは、重すぎて辛い。

 テフロンで解決するかと思いきや、なかなかうまくいきそうにない。困ったものだ。倒れた鏡筒にまったく被害がなかったのはよかったが、次はどうしようか。

by anettait | 2008-06-23 23:01 | 大口径ドブソニアン | Comments(0)  

夏至の日、撮影してみた。

 今日は夏至の日。助手2号と観測室へのらせん階段を使って、夏至の日の太陽が南中するのを観察する。北回帰線ではないが、夏至の日には太陽が頭のてっぺんに来ることと、太陽の南中が12時ちょうどより遅いことを助手2号は理解したようだった(たぶん)。

 昨晩無理して撮影したためか、今日は一日体調不良だった。夏至の日観望会でもやろうかと思っていたのだが、やめた。無理はいかん無理は。

 夜になって軽量大口径ドブソニアンで遊ぶ。なにげなく昇ってきた木星を見てみると、高度15度しかないのに大赤斑がしっかり見えている。仕方がないので急いで撮影準備。

 とりあえず撮影してみたが、高度の低い雲と高い雲の両方があって、しかも木星が低空ということもあり、最初のうちはひどい写りだった。それでも撮影しておく。
a0095470_23575271.jpg

 大赤斑が正面を向いている画像は、撮影開始時間が遅かったので撮れなかった。しばらく撮影していると西からすごい雲のかたまりがやってきて、空全体を隠してしまった。撮影終了だな、これは。

 新しいパソコンはとても便利だ。撮影の合間にさっさと画像処理ができて、撮影の合間にブログに画像をアップできる。これも処理速度がとても早いおかげだ。買ってよかった。ノートパソコンにしては重すぎるけど。

by anettait | 2008-06-22 00:00 | 惑星 | Comments(0)  

撮影終了。疲れた。

 途中から雲が発生して、なかなかいい動画が撮影できない。途中で雲に入って暗くなったり、風で鏡筒が揺れて像がぶれたり。

 どうにかこうにか撮影して、雲が多すぎて見込みがなくなったので撮影終了。いちばん撮りたいタイミングは雲に邪魔されながらもどうにか撮れた。赤斑三つどもえは2日間では変化ないようだ。
a0095470_3105322.jpg

 今夜は雲が多くて、眼視で見る余裕がなかったのが残念。先ほどの画像も前回と同じ程度の明るさだと気がついたので、今度のは思いきり明るくしてみた。

by anettait | 2008-06-21 03:12 | 惑星 | Comments(0)  

ただいま撮影中(2)

 今夜も天気がいい。ただし木星は先ほどまで雲がかかっていたので、しばらく自作ドブソニアンを調整して遊ぶ。木星が雲から出たので撮影開始。
a0095470_18522.jpg

 今日は前回撮影した時よりもシーイングは少し悪い。しかし風は西風なので、しばらくは風の影響は少ない。1時間ほど見た感じでは、シーイングは悪化傾向にある。大赤斑が正面にくるまでにシーイングが持つか心配だ。

 ところで画像処理は少し強めに、そして明るめに仕上げた。新しいパソコンは液晶がとても明るくてきれいなのだが、これでちょうどいい感じに処理すると、他のパソコンでは暗い象に見えてしまうようなのだ。

by anettait | 2008-06-21 01:10 | 惑星 | Comments(0)  

大中小の赤斑三つどもえ

 すでに昨日になってしまったが、木星面上の赤斑三つどもえがやっと撮影できた。ここまではっきり写ったのは、やはりシーイングが良くなったからだろう。
a0095470_0133499.jpg

 眼視ではこの画像よりもずっとコントラストが低く、細かい模様は判別できない。あるのはわかるのだが、細かすぎる上にコントラストが低く、はっきり認識できない。
a0095470_013535.jpg

 大赤斑周辺を拡大するとこの画像のようになる。眼視では中赤斑が見づらい。ぱっと見には、大赤斑の上(南)に模様のない白い部分があるだけのように見える。

 今回は、木星の南中と大赤斑の正面を向く時間が一致するという最高のタイミングに、いいシーイングに恵まれたおかげで、やっと眼視でも見ることができた。色は薄い。それに比べると小赤斑は見やすかった。色がはっきりしているのと、輪郭がはっきりしているせいだろう。

 今日は雲がかかっていて、満月がぼんやり見える程度なので、撮影は休み。昨日がんばりすぎたし。また大赤斑が見える時に撮影しよう。

 

by anettait | 2008-06-20 00:17 | 惑星 | Comments(0)