人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

NGT-18復活計画(3) バッテリー交換 

 曇っていてホームズ彗星が見えないので望遠鏡ネタを。

 さて、うちのNGT-18は中古で手に入れたため、買った時点でバッテリーは死んでいた。この望遠鏡はどこでも単体で使えるように、バッテリー内蔵が売りのひとつ。
 買うときには気にならなかったが、内蔵バッテリーが使えないために、その後いろいろなトラブルにあった。

 まず、お決まりの「バッテリーを持っていくのを忘れた。」または持っていっても「充電してない。」これはこの機種に限らず、かなりがっかりする。それを防止するための内蔵バッテリー。

 外部電源を使用する時に、プラグの形状が特殊なので、「自作が面倒。」適当に作ったら「よく外れる。」または「極性を間違えやすい。」プラス側に赤いテープを巻いておけば済むことなんだけど。

 特殊なところでは、「極性を間違えたままスイッチを入れると、何かのきっかけでモーターが逆回転する。」これには正直あせった。逆回転に気づかず、動かなくなったように見え、壊してしまったと勘違いした。
 販売元の国際光器の工房長にメールで相談し、いろいろと教えてもらった。ジョイントを分解してみたり(イモネジを外すだけだが)した。説明書を隅々まで読んで、スイッチをいろいろいじって、結局逆回転だったことがわかった。南天用に逆回転の設定ができるようになっていたが、必要ないのでそこは読み飛ばしていたのだった。

 そんなこんなで電源には苦労していたのだが、ある日国際光器の処分品に専用バッテリーが出ていたが、値段が高いので買う気はなかった。しかし数週間後いきなり半額になったので、つい注文してしまった。
a0095470_23335912.jpg

 新品バッテリーは国際光器の袋に入って送られてきた。しかし交換方法がどこにも書いてない。日本語、英語両方の説明書にもない。でも電源コードの差込口のパネルの下以外にバッテリーが入る場所はないので、さっそくパネルを止めてあるネジを外しにかかる。

 ここで問題発生。このネジは六角レンチで外すようになっているのだが、このレンチの径がとても小さい。なぜここにこんな小さいレンチを使うのかと文句を言いながら外していると、やってしまった。1本のネジの頭を潰してしまったのだ。ネジがさびて回らず、つい力を入れたら・・・。

 このネジを外さないとバッテリー交換ができない。せっかく買ったバッテリーが無駄になる。仕方がないのでいくつか解決法を考えた。
1.ドリルでネジの頭を削り飛ばす。
  ネジの材質は軟らかそうなので(だからつぶれたんだが)簡単そう。
2.つぶれたネジの補修用具を使ってきちんと取り外す。
  こちらはまともな方法。しかし補修用具は買いに行かなくてはならない。

 とりあえず2の方法を試すことにする。数日後、ホームセンターへ行って補修用具を買う。そして休日に試してみた。しかしこれはネジ本体にドリルで下穴を開けなければならず、難易度が高かった。しかもネジに下穴を垂直に開けるには、NGT-18本体を分解しなければならなかった。重い主鏡、重いなべを外すのは無理がある。その時点でこの方法は無理だとあきらめた。

 試しに斜めから穴を開けてみるが、やはりうまくいかない。こうなると選択肢は1しか残されていない。というわけで、ドリルでネジの頭を削り飛ばした。これは簡単だった。
a0095470_23355851.jpg

 そしてパネルを外した。バッテリーはパネルにネジ止めされていた。アメリカ製の望遠鏡だが、バッテリーはパナソニック製だった。もしかしてこれって、国内で、しかもいつも行くホームセンターで簡単に買えるのでは?しかも安く。
a0095470_2335846.jpg

 もっともな疑問はおいといて、とにかくバッテリー交換を済ませる。スイッチをいれ、通電を確認する。これで望遠鏡単体で何の問題もなく使える。充電器も見つかってめでたしめでたし。

 あとは野外に持ち出すのみ。さて、いったいいつになることやら。

by anettait | 2007-10-30 23:47 | NGT-18関係 | Comments(0)  

ホームズ彗星 撮影4日目

 この日はひとりで観望した。連日の観望会疲れに加えて、昼間の運動会疲れが加わって(別に走ったりしたわけではない)、くたくただった。しかし晴れているからには撮影しなくてはならない。

 天気は快晴、月が恐ろしいほど明るい。ブログ更新をしていたため、開始時間が遅くなる。さっさと済まそうと考え、カメラを取り付けると・・・彗星が暗くなっててピントがあわせにくい。撮影画像を見ながらピントを追い込んでいく。満足できる画像が得られるのに時間がかかった。

 この日もホームズ彗星は成長を続けていて、前日よりも大きくなっていた。しかし暗い。肉眼では大きくなった分見えやすいが、望遠鏡では暗くなったのがはっきりわかる。双眼鏡でも大きくはっきり見える。見た目がだんだん普通の彗星に近くなってきたような気がする。
a0095470_21103742.jpg

 彗星の向こうに小さな恒星が見える。中心と周辺部にある。そういえばヘールボップ彗星の尾が散開星団に重なったことがあった。彗星のまわりの物質は意外に薄いのかも。

 バーローレンズを使って焦点距離を4400mmにしているため、彗星像はもうすぐE-1の写野からはみ出すだろう。それを考えて今回からバーローなしも撮ることにした。

 感度の高いニコンD50で撮影しようとしたら、なんと直焦点でピントが合わない!そういえば鏡筒を作る時、E-1でピントの確認をしたが、それ以外のカメラでは確認していない。これはショックだった。仕方なくバーロー付きで撮影した。写りはD50の方がいい。
a0095470_2111163.jpg

 しかしパソコンに転送してひどいショックを受けた。なんとD50のCCDにゴミが三つもついている!これは気が付かなかった、というよりオリオン座流星群でほぼ半年振りに使ったが、ゴミの付着はまったく気にしてなかった。感度の高いD50を使ったことで、高感度での写りが劣るE-1のダストリダクションの優位性を実証してしまったのだった。まったく困ったもんだ。これは高感度の性能もいい(と思われる)E-3を買うしかないのか。

by anettait | 2007-10-29 21:17 | 彗星 | Comments(0)  

ホームズ彗星緊急観望会 2日目

 緊急観望会2日目は、夕方から小学校での観望会がすでに入ってしまっていたので、それを済ませてからになった。

 小学校での観望会は、見晴らしのいい校舎の屋上でおこなわれた。開始時間が少し遅かったので、木星は校舎の影になって見せられず、大きな月がじゃまで見せるものに苦労した。

 大きな月とおりひめ星は受けたが、天王星はNinja320で見せたにもかかわらず、評判はいまいちだった。ホームズ彗星はよく見えていたし、「とても珍しいものだ!」と強調して説明したので、そこそこ受けた(たぶん)。予定時間を少し過ぎて終了。片付けにもちょっと時間がかかる。

 小学校観望会を終わらせて急いで帰ると、すでにすばるの会のメンバーが待っていた。急いで食事を済ませ、ドームに上がる。雲もなく、月は明るいものの、彗星はよく見えている。40cmニュートンと9cm屈折、5cmファインダーで交互に彗星を見比べる。

 ホームズ彗星は予想どおり、昨日よりもさらに大きくなっている。いや拡散しているわけだが、風がなく気流も落ち着いている分、核がよく見えた。とても小さな核が、きらきら輝いている。しかもこの日は核よりやや暗い恒星が、彗星のコマのすぐ外側にあって、不思議な雰囲気だった。
a0095470_21341492.jpg

 真ん中の明るく丸いダストの固まり(内側のコマと言うべきか?)は、昨日まではダストの噴出による明るさの偏りがよくわかったが、この日は明るさの偏りが弱くなっているような気がする。
中心の核も小さくなって、明るさも落ちたような気がする。ダストの噴出が弱まったのか?

 この日は観望会が遅く始まったので、遅く終わった。参加者は9名、ほとんどがすばるの会のメンバーかその友人だった。

 こういう緊急観望会の場合、広報についての問題が解決できていない。確か数年前にもナントカ彗星(名前は忘れた)の緊急観望会をしたが、あまり集まらなかった。メーリングリストへの投稿も勧められたが、そのままにしてたらパソコンが壊れてアドレスを紛失した。

 集まりすぎても対応できないが、集まらなくてもさびしい。公共施設や公園でおこなうには手続きだったり人手が必要などで面倒だ。

 やはり「ここに行けばいつでも星が見られる」という場所を、星がそこそこ見える場所でいいから、作らなくてはならないと思う。そこなら広報はそれほどいらないし、関心がある人は何度でもいける。もちろんそれなりの星空と機材、人材、資金がなくては成り立たないけど。熱意も必要だな。

by anettait | 2007-10-28 21:39 | 彗星 | Comments(0)  

ホームズ彗星緊急観望会1日目

 26日午前、撮影したビデオテープをNHKに持っていった。きれいに写っていたので、これはみんなに見せないともったいない、しかもタイミングを外してはボツになってしまう、と思ったから。

 NHKのニュースで彗星研究者の人が「一生に一度あるかないかの珍しい現象」と言っていたし。この人は「自分が生きている間に起こってうれしい」というような意味のことも言っていたっけ。それならテープを持っていくのはNHKしかない。

 映像を気に入ってもらえたようで(またはニュース性があると判断されたのかも)、夕方の天気予報の時間に15秒程度流してくれた。ついでに観望会の告知もしてくれたので、実にありがたかった(テープと一緒に観望会の告知も一応頼んでおいた)。放映直後に携帯に電話が数件入った。電話番号は10秒も流れなかったはずだが、記録できた人はすごいと思う。

 その日の午後から、突然発生した台風20号のせいで強風が吹き荒れ、雲も急に増えてきた。観望会ができるか心配だったが、℡があったのでスリットを半分だけ開け、望遠鏡を雲間のホームズ彗星に向ける。

 満月の強烈な輝きと台風によるもやにも負けず、ホームズ彗星は明るく輝いている。しかし雲のためか肉眼での確認は無理。望遠鏡で見ると、昨日よりも大きくなっているような気がする。
実際に撮影して比較すると、2倍程度の大きさになっているのがわかる。彗星は変化しやすいものだが、1日でこんなに変化するのは久しぶりだ。百武彗星以来かも。
a0095470_2054280.jpg

 結局お客さんは2組6名だった。あと3組くるはずだったが、場所がわからなかったのか、雲を見てあきらめたのか、「近くまで来たら電話する」ことになっていたが電話はなかった。

 風が強くて、スリットの扉が飛ぶのではないかと本気で心配したが大丈夫だった。この日は前日の疲れがあったので、デジカメで撮影しただけだった。強風で鏡筒が揺れていたので、ビデオ撮影は難しかったと思う。

 観望会が終わる頃には全天雲で覆われてしまい、月も見えなくなっていた。この日見ることができた人は、ラッキーだったと思う。

by anettait | 2007-10-28 20:56 | 彗星 | Comments(0)  

ホームズ彗星観望会は今夜(27日)10時から!

 ホームページの方にも書いたんだけど、ブログしか見ていない方のために。ホームズ彗星が那覇市内でも余裕で見えているので、緊急観望会を今夜10時からおこないます。場所は亜熱帯天文台。なぜ10時かというと、その前に小学校での観望会をすでに引き受けているから。

 さて、ホームズ彗星はアンドロメダ銀河と取り違えた翌日には、余裕で見つけられた。その日の朝にはアストロアーツのページに、位置を示す星図が載っていたからだ。ステラナビゲータ6の不具合はこれでよしとしよう。ステナビはすでに8になっていて、いつまでも古いソフトを使い続けている方が悪いと言うかもしれないし。そういえば小惑星ベスタと木星の大接近の時の位置表示も間違っていたっけ。

 とにかくホームズ彗星は大光害と満月前の明るい空の中、3cm双眼鏡でもすぐに見つかった。肉眼でもよくわかる。双眼鏡ではピンボケの星のよう。自作30cmドブでは、みごとな惑星状星雲のように見えた。意外に小さい。これでは昨日使った300mm望遠レンズでは恒星との区別はできないことはないが、見栄えはしない。

 主砲の40cm反射で見てみるが、30cmと大差ない。でも赤道儀なので、撮影は楽。望遠鏡の直焦点はホコリに強いオリンパスE-1に決めている。5秒露出で簡単に写った。でもやたらと小さい。しかたないので惑星撮影のように、2倍バーローレンズを使う。これはテレビュー社のビッグバーローという商品名で、2インチサイズなので一眼デジでも余裕で使える。
a0095470_20345420.jpg

 像が暗くなった分、ピントあわせにちょっと手間取ったが十便な大きさに撮れた。中心に核が輝き、噴出物が片方に出ていて、まわりをコマが取り巻いている。ヘールボップ彗星でも核は見たけど、これに似ていたような気がする。でもこの彗星には尾がない。なんといっても太陽から3億6千キロも離れているのだ。でも肉眼でも見える、2等級台半ばの明るさ。なぜここでこんな明るさ?不思議だ。

 結局デジカメ、ウェブカム、ハイビジョンビデオカメラと三種類で撮影。火星まで撮ったので寝たのは午前3時。翌日の仕事はつらかった。

by anettait | 2007-10-27 12:55 | 彗星 | Comments(0)  

ホームズ彗星を探せ!

 10月24日夜、自作ドブで遊んだ。午後11時半をまわったので寝ようと思い、その前にちょっとだけ、とネットをチェックしていたら、なんとホームズ彗星がバーストして増光しているというニュースを見つける。

 位置を示す図が出ていなかったので、ステラナビゲータ6を起動し、位置を確認。今思えばこれがいけなかった。観測室に急いで上がって双眼鏡で探すが、雲が多くて月も明るくて、なかなか探せない。確かアンドロメダ座の足元にあるはず。双眼鏡を振り回していたら、彗星状の天体を補足。早速デジカメと望遠レンズで固定撮影。数コマ撮影した後で雲が広がり、星はすべて見えなくなった。

 再びパソコンの前にすわり、画像をブログにアップしようとするが、写っているものはなんだか見覚えがある。とりあえずまちがいはないか画像をステラナビゲータの画面と照合。

 心配したとおり、写っているのは彗星なんかではなく、アンドロメダ大星雲だった。中心部分しか写ってないが、どうりで見覚えがあるはずだ。撮り直そうと急いで屋上に上がると、同時に雨が降ってきた。かなりのショックを受け、しかたなく撮影を断念。

 ステラナビゲータ6は、彗星の位置が変だった。しかも星食の時の時間もずれていた。これはこまったことだ。いや、探せなかったのはこのソフトのせいだ。実際は彗星はペルセウス座の中にあった。まったく困ったもんだ。

by anettait | 2007-10-27 01:08 | 彗星 | Comments(0)  

十三夜

 日付は変わってしまったが、今夜は十三夜である。朝から天気予報でそう言っていた。夜の天気予報では「今夜は全国的にお月様がきれいに見えるでしょう。」という意味のことを言っていた。

 最近、月のことや流星群の話題がよく天気予報で取り上げられる気がする。普通のニュースや情報番組の中でも、宇宙の話題が取り上げられることも多いような気がする。これは天文への関心が高まっているらしいと、とりあえず単純に喜びたい。

 さて十三夜だが、十五夜を見て十三夜を見ない、または逆は縁起がよくないと昔は言われていたらしい。どのくらい昔かというと、とても昔らしい。現代ではどうでもいいことなんだろうが、今年は両方見ることができた。これも単純に喜びたい。
a0095470_0311093.jpg

 というわけで十三夜の月の画像。最初はラプトル0で撮影。眼視では、口径5cmとは思えないほどシャープでコントラストの高い月面を見ることが出来た。画像は手持ちコリメート撮影なのでレンズが平行にならずに、月のふちで色が付いているが、眼視ではもっとすっきりくっきりの画像だった。火星も面積体として見えた。
a0095470_0313731.jpg

 もうひとつは自作15cmニュートン。こちらも手持ちコリメートなのでぶれている。眼視ではもっとシャープだった。倍率200倍でも月、火星ともきれいに見えた。火星は高度差による色ずれがひどかったけど。

by anettait | 2007-10-24 00:34 | 惑星 | Comments(0)  

「オリンパスEー1をお使いの皆様へ」

 こう書かれた青い封筒が来た。どうしてこんなものがと思ったが、よく考えてみると買った時にユーザー登録したような気がする。それともオーバーホールに出した時かも。
a0095470_2128550.jpg

 封筒の中には「E-3体感フェアの案内」が入っていた。どうやらE-3へ買い換えてくれとのことらしい。お金があったらすぐにでも買い換えたいところなんだけど。
a0095470_21284583.jpg

 E-3体感フェアへこの封筒(中身)を持っていくと、何かがもらえるらしい。近くならそれだけもらいに行きたいところだが、場所は大都市ばかり。東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、広島。こりゃ無理だ。どうして飛行機でなくては行けないような住所に送ってくるんだろう。もしかして沖縄から行く人がいるのか?

 買った時に何かくれるという券も入っていたが、きっとこれはカメラ屋でも配っているだろう。今のところ買い換えるお金はないが、このパンフレットは記念に取っておこう。

by anettait | 2007-10-22 21:33 | カメラ関係 | Comments(0)  

NGT-18復活計画(2) 主鏡を洗う

 今日は土曜日。こんな日に鏡を洗わなくてどうする、というほど晴れていた。午前と夜に仕事があったので、午後の空いた時間を利用してNGT-18の主鏡を洗った。

 まず、大なべのような鏡筒下部から主鏡を出すのが大変。腰を痛めないように注意して、とても重い主鏡をどうにか運び出す。ついでに主鏡を持ったまま、デジタル式のヘルスメータで体重測定。もちろん私の体重はあとで引いて鏡の重さを出す。すると、恐ろしいことに鏡の重さは、

なんと27キロ!
 主鏡はセルに接着されているのでセル込みの重さだが、それにしても重い。重すぎる。非常識だ。C-14鏡筒よりも重いし、Ninja320の全重量よりも重い。Ninja500の鏡筒最下部と同じ重さ。こりゃひどい。腰痛にもなるわけだ。

 主鏡を抱えた私の体脂肪率はなんと58パーセントになっていた。どうやって算出したんだろう、このヘルスメーター。
a0095470_2322264.jpg

 遊んでいると時間がなくなるので、とにかく鏡を洗う。作業は必ず日陰でやること。45cmで反射する太陽光を見てしまったら、目が焼けて星どころか何も見えなくなってしまうから要注意だ、

 作業手順は簡単。まず、主鏡に水をかける。しばらく水に浸して汚れを浮かせたあと、中性洗剤を少し入れた水をかけて汚れが取れるまで放置。
a0095470_23223383.jpg

 でも汚れがひどかったので、指の腹で軽く汚れを落とす。そして最後に盛大に水をかけて洗い流す。洗剤が残らないようにきれいに洗い流す。

 主鏡に映る空は、洗う前よりもかなりきれいに見えた。画像ではわからないが、とにかくひどい汚れだったから。
a0095470_2323193.jpg

 空気が珍しく乾燥していたので、鏡も早く乾いた。それから望遠鏡に鏡を戻すのがまた大変。とにかく重い。鏡の厚さが5cmを越える。どうにか鏡を設置すると、腰が痛かった。
a0095470_23232881.jpg

 夜の仕事を終わって帰る頃には、空はどん曇り。鏡を外すためにトラス棒もトップリングも外してあるので、組み立てて使うのは元気と天気が回復してからになりそうだ。

by anettait | 2007-10-20 23:33 | NGT-18関係 | Comments(1)  

NGT-18復活計画(1) 久しぶりに使う

 久しぶりにNGT-18を使った。この望遠鏡、口径は45cmもあってうちで最大口径なのだが、半年以上前に観測室の下の部屋に運び込んで以来、なかなか出番がない。というのも、今年完成した自作40cm鏡筒が、予想以上の惑星像を見せてくれたからなのだが、ちょっともったいない。

 NGT-18を入れた部屋は特別天井が低いので、トップリングは天井まであと10cmしかなく、狭苦しいことこの上ない。おかげでこの部屋では何も出来ず、機材の格納庫状態だ。それももったいない。
a0095470_2330037.jpg

 しかし星のよく見える場所に持ち出そうにも、重すぎてひとりで4階から降ろすのは無理だ。2年ほど前に無理してひとりで降ろして、ひどい腰痛になったことがある。現在はその時よりも2歳も年をとっているので、用心するに越したことはない。

 というわけで、この階の屋上で使うことにしたのだが、組み立てたまま部屋の外に出すには、もう一息のところでドアがじゃまだ。そこでちょっと考えた。「じゃまな物はどいてもらおう。」ということでドアを外した。
a0095470_2331322.jpg

 アルミのドアなので、想像したより簡単に外れたが、全面ガラスなので重い。でもNGT-18は組み立てたままスムーズに出入りすることができた。
a0095470_23312896.jpg

 標準装備のナビゲータを使おうとすると、電源が入らない。電池を換えてもだめ。別の電池を探しに観測室の中を探し回って降りてくると、いつの間にか電源が入っている。どうやらまったく使わずに放置していたので、起きるのに時間がかかったようだ。

 ナビゲータの使い方を忘れてしまったので、思い出すのに時間がかかったが、初期設定を済ませて天王星に向けると、簡単に視野に入った。緑色に輝いている。透明度はよくないが、Ninja320で見るよりも、自作40cmで見るよりもかなり緑がかって見えた。Ninja320とでは集光力の違いだとわかるが、40cmと45cmではそれほど変わらないはずではないかと思うのだが。
自作40cmだと、もっと青っぽいというか白っぽいというか。
a0095470_233208.jpg

 光軸が合ってなかったので調整するが、なかなか面倒だ。自作40cmの4点調整に慣れてしまっているので、3点調整は戸惑ってしまった。自作15cmはアイピースを覗いたまま光軸調整ネジに手が届くので問題なかった。

 この望遠鏡は鏡筒長が2mもあるので、ネジを回してはアイピースを覗いて、星を中心に持ってきてまた望遠鏡の後ろに回ってネジを回して・・・とても面倒だ。途中で投げ出してしまった。どうせ近いうちに主鏡を洗わなくてはいけないから。半年ほっておいたので鏡面はほこりだらけだ。もしかして天王星が緑に見えたのはほこりのせい?

 望遠鏡を部屋に片付けるのは分解するより楽だったが、ドアを取り付けるのに時間がかかった。この方法はやめた方がいいかもしれない。タイヤが付いているとはいえ望遠鏡は100キロ近くあって重いし、そのあとにドアを取り付けるのはとても疲れる。分解して運び込んだほうが楽かも。日ごろ使わない筋肉を使ったのか、翌日は体中がだるかった。

by anettait | 2007-10-18 23:46 | NGT-18関係 | Comments(0)