カテゴリ:星( 54 )

 

国内線の飛行機から南十字

5月の定番となった「飛行機から南十字」。いつもならオーストラリア行きの機内から撮影するが今年はオーストラリアに行ってない。国内線でも条件さえそろえば撮影できるので、すでに6月になってしまったが名古屋ー那覇路線で試してみた。
a0095470_23120812.jpg
上の画像では写っていそうにないが、下の画像のように右側を拡大して明るくすれば、ちゃんと写っている。窓の反射がひどいのは、オーストラリアに行く時に持っていく防寒遮光兼用の上着を今回は忘れたからだ。
a0095470_23121205.jpg
カメラはソニーα6500.これまでは同じソニーのα7sだったが、普通の旅行には向いてないので今回は6500と純正ズームレンズで。手振れ補正はがんばっているが、やはりブレブレ。もっと感度を上げるべきだった。

星に説明を入れてみた。これならどれが南十字かよくわかると思う。ぶれているのが星、ぶれてない点はデジカメのノイズ。ISO10000はやっぱりキツイか。
a0095470_23121659.jpg
さて、撮影方法は以下のとおり。
まずロケーション。南十字の南中時刻に鹿児島以南を飛ぶような便を選び、南側が見える席で、しかも翼の上を避けた窓際の席を予約すること。機首に近い少し高い席ならお金はかかるがばっちり。ただし今回はもったいないので高い席のすぐうしろの席を取った。
機材は、超高感度の得意なデジカメと明るいレンズを準備し、感度を上げてひたすら撮るべし。シャッタースピードは写りを見て調整する。もちろんオートフォーカスはきかないのでマニュアルで星にピントを合わせるのは基本中の基本。遮光用の上着もあったほうがいい。窓際で上着を頭からかぶった変な人がいると他人に思われても気にしない。

撮影時期はもう終盤。できれば5月中の月のない晩に撮るといいと思う。南十字は1月の始めから明け方に見え始めるが、飛行機の便を考えると、意外に選択肢は少ないかも。






[PR]

by anettait | 2018-06-06 23:23 | | Comments(0)  

早くもすばるが昇ってきた

今年は異常に暑い気がするのだが、今日は朝から雨で涼しい。でも雨は雨で困るし。

さて、金曜日に夜更かしをして、寝ようとしたらすばるが出ていた。
a0095470_16593996.jpg

早いものだ。もう秋になった気分だが、まだ8月前半。暑さはまだまだ続く。

そろそろペルセウス座流星群が見えてくる頃だが、まだ見てない。
[PR]

by anettait | 2016-08-07 17:00 | | Comments(0)  

今年初の天の川(自宅で)

数日前、非常に天気もシーイングも良かった晩のこと。寝る前に屋上に出たら、透明度もすごいし雲もいつのまにか消えているし。もしかして天の川が見えているかもと思い探したら、すぐに見つかった。
a0095470_125161.jpg

わかりにくい画像だが、せっかく撮ったのでアップする。画面右側

その翌日から再び梅雨空に戻ったので、夜中だけど見ておいて良かった。今日もすごい土砂降りだった。
[PR]

by anettait | 2016-06-12 01:27 | | Comments(0)  

梅雨明け天の川

梅雨が明けたので自宅でも天の川が見えた。透明度は最高だ。だから撮影してみた。
a0095470_235222.jpg

ドブソニアンをいじりながらの撮影なので、あまり力が入ってないが、結果はどちらでも同じような気がする。
眼視でもやっと見える状態なので、写真でも「写っているような」というレベルだ。
それを画像処理で無理に持ち上げてある。だから画像がザラザラになってしまった。

光害が少ない深夜の時間帯だが、夜明け前の方が明かりは少ないかもしれない。というと撮影はもう少し早い時期。しかし梅雨の雨が大気中のちりを洗い落としてくれなければ、ここまでの透明度は出ない。
[PR]

by anettait | 2015-06-17 23:08 | | Comments(0)  

小惑星2012DA14を見ようとしたのだが

沖縄は曇ってダメだった。

ところが夜が明けたら晴れて、1日いい天気だった。夜になると月がとてもきれいだった。

まあよくあることだ。
地球に接近する小惑星もよくあることだし。テレビで見たロシアの隕石の衝撃波には驚いたが。
[PR]

by anettait | 2013-02-17 00:59 | | Comments(0)  

いちばん南のM天体(M7)

M○○(番号)というのはその昔、フランスの天文学者メシエが彗星と間違えやすい天体のリストを作ったことに由来する。そのリストをメシエカタログ、それに記載された天体をM天体と呼ぶ。

M42は有名なオリオン大星雲、M31はアンドロメダ銀河、M45はすばるだ。

ということで今回はいちばん南にあるM天体、M7の画像だ。以前も紹介したような気もするが、今回画像を撮影し直したので掲載する。
a0095470_2205357.jpg

真ん中やや左下の星の集まりがM7、右上側がM6だ。どちらも散開星団である。いて座からさそり座にかけて流れる天の川の真ん中にあり、肉眼でもどうにか見えるが、双眼鏡で見るととてもきれいだ。

さそり座のしっぽの先にあるので、すぐに見つかる。まだ見たことのない人は、この夏ぜひ見た方がいい。その時には双眼鏡をお忘れなく。
画像は糸満市での撮影だが、那覇でも双眼鏡なら見える。
[PR]

by anettait | 2012-08-20 22:03 | | Comments(0)  

スターウィークにまた台風

スターウィークなのに台風がまた来た。前回2個は離れたところを通過したが、風も強くて天気は悪かった。

今日の11号は直撃コース!
しかし今回は暴風域がなく、雨は降るけど風は前回の方が強かったような・・・。
まだ台風は近くにいるけど。

スターウィークに台風3個の影響を受けたのは、今回が初めてのような気がする。
どうやら今年は星の見えないスターウィークで終わりそうだ。
[PR]

by anettait | 2012-08-05 20:55 | | Comments(0)  

スターウィークに台風2個

8月1日からスターウィークだ。ところが今年は星を見るのは厳しい。台風9号、10号が八重山と鹿児島を通過中だからだ。

週間天気予報ではこの後も天気の悪い日が続く。外では時々激しく雨が降っているが、雨も風も昨日の方が強かった。

金星食の時には晴れてほしいものだ。今回のは沖縄では見えにくいけど、良く見える場所ではぜひ晴れてほしい。
[PR]

by anettait | 2012-08-02 00:38 | | Comments(0)  

今日の質問・いちばん大きい星は?

今日、助手2号が「いちばん大きい恒星は何?」と質問してきた。
ちょうど惑星巡りの番組(録画)を見た後だったので、ふと思いついたらしい。
番組では木星や土星の大きさを「地球の〇〇倍」と表現していたから。

確か以前調べたはずだが、ほとんど、いやまったく憶えていない。
助手2号は「ベテルギウスではないのか」と言うが、そうではないはずだ。

というわけで、調べてみた。ウィキペディアによると、いちばん大きい可能性があるのはおおいぬ座VY星。
「いちばん大きい可能性」としてあるのは、そこまで大きくないという説もあるためらしい。

いや、どんな星かまったくわからない。「天文おまかせガイド.net」によると、特殊な恒星らしい。以前何かで読んだようなことが書いてある。いや、確かにこれは見た。だが忘れていた。

ガーネットスターが意外に大きいことや(これも以前読んだはずだ)、ケフェウス座に大きな恒星が多いのも、なんだか見たような、そうでないような。ベテルギウスもなかなか大きい。

とりあえず質問の答は出たが、これはまた忘れそうだ。小学生からの質問でよく出そうな事なので、これから観望会の多い季節、記憶してないとちょっと困るかもしれない。せめてメモしておこう。
[PR]

by anettait | 2012-06-12 00:04 | | Comments(0)  

超光害地でM42を撮影してみた

昨日は珍しく良く晴れた。前日の予報は雨だったが、見事に外れて透明度も抜群。

しかしそういう時に限って用事がいろいろあって、撮影に出かけるわけにはいかないものだ。

仕方がないので、自宅で木星と金星の接近その後を撮影した後、試しに同じ望遠レンズでオリオン座のM42を撮影してみた。

固定撮影の400mm相当なので、2秒で星は流れた。しかも露出オーバー。だから露出設定はISO1600で絞りF5.6開放の1秒露出。

それを9枚連続で撮影、コンポジットしてみた。ちょっと画像処理で暗くしすぎたかも。赤っぽいのは改造デジカメの仕様ということで。
a0095470_014151.jpg

星雲だけのアップは焦点距離の関係で無理。だから中心部分を切り出してみた。カラーバランスいじったけど、やはり色が変。
a0095470_02446.jpg

この夜は透明度が良かったが西側は巨大パチンコ屋からのライトアップで夜空は白い。それにしてはなかなか写ったものだ。

これなら馬頭星雲が写るかも、と試してみたがやっぱり無理だった。
[PR]

by anettait | 2012-03-19 00:08 | | Comments(0)