カテゴリ:観測できなかった天文現象( 2 )

 

皆既月食はまったく見えない。

皆既月食が現在進行中だ。テレビのニュースでも昨日からその話題が流れていて、今はネットでも中継している。

しかし沖縄は小雨。観望会は中止になったので、今は自宅待機で晴れ間を待っている。
月食の欠け始めからずっと曇っていて、今も小雨で月はまったく見えない。
沖縄の冬の月食はダメだな。天気が悪すぎる。
a0095470_23031197.jpg
昨日は夜中にいきなり晴れたので、テスト撮影ができた。それが上の画像。なかなかシャープ。望遠鏡はBORG100EDの直焦点。

こんな感じで今回は珍しく準備万端だったのだが、結果は雨。まあよくあることだ。天気に文句を言っても仕方がない。

次回は7月だが、明け方の皆既はつらい。その次は2021年5月の宵。こっちが楽。次は2022年。その番は、国立天文台のウェブサイトを見るとわかる。2010年から2030年までの月食が出ている。



[PR]

by anettait | 2018-01-31 23:22 | 観測できなかった天文現象 | Comments(0)  

2017年最も近い満月は雨天で見えず

今日(正確には日付が明日に変わった直後)の満月は、今年いちばん地球に近い満月いわゆるスーパームーンだが、沖縄は雨が降っていて見えそうもない。

今回から、観測できなかったものも可能な限り記録を付けることにした。そうでないと、同じような天文現象が毎年起こる場合、自分が見たのかどうかが分からなくなってしまうからだ。

最近では天気のせいで見えなかったのは11月のしし座流星群(もともと数は少なかったはず)、朝起ききれなくて見えたかどうかさえわからないのが明け方の木星と金星の大接近。
見るつもりですっかり忘れていたのが11月前半のはくちょう座χ星の極大とおうし座流星群(これも出現数は少ない)。

他にも忘れたり天気が悪くて見なかったものが多数あるはずだが、それ自体忘れてしまったので記録できない。

[PR]

by anettait | 2017-12-03 21:25 | 観測できなかった天文現象 | Comments(0)