カテゴリ:惑星( 238 )

 

赤外カットフィルターを付けて木星を撮影してみる

ひとつ前の記事にある火星を撮影した前の晩、木星も撮影した。
翌日からやっと本格的な梅雨になるという予報だった。晴れているうちに赤外カットフィルターを試してみたかったので、急いで撮影した。

ASIの惑星用カラーカメラは赤外域の感度が高く、そのまま撮影したらカラーバランスが崩れるので紫外・赤外カットフィルターを付けて撮影すべしとどこかに書いてあった。以前から色が変なのに困っていたので「これか」と思って、とりあえず手元にあるフィルターを試してみたわけだ。

まずフィルターなしのいつもの撮影。なんか茶色っぽい。
a0095470_22231957.jpg
フォトショップで自動カラー調整したもの。色が少ない。
a0095470_22232955.jpg
赤外カットフィルター使用。リサイズ前はもっと青っぽかったんだが。
a0095470_22234331.jpg
それをフォトショップで自動カラー調整。茶色っぽくなったけど色は多い。
a0095470_22233675.jpg
フィルターを使ったほうが色が多い。ちゃんとした色にするにはその後の調整によるわけだが、色が多い方が調整の幅があるので、よりいいということになる。

さて、こういう結果が出たら、今悩んでいる「ちゃんとしたメーカー製のUV/IRカットフィルターを買うかどうするか」というのも答が出たようなものだ。買うしかないか。そこらへんにあったフィルターよりもいい結果が期待できそうだし。

でも色をもっと出すならモノクロカメラでRGB分解かなと思ったりする。
今このあたりをぐるぐるしている。モノクロはRGBフィルターとかも必要になってくるし。フィルターターレットも。
梅雨が本気出したので、買ったとしても使うのは少し先になりそうだし。


[PR]

by anettait | 2018-06-14 22:44 | 惑星 | Comments(0)  

今朝の火星 2018/06/13

今朝早起きして撮影した。また寝たから早起きとは言わないかもしれないけど。
a0095470_07365198.jpg
黄雲が広がっていて、どこを見ているのかさっぱりわからない。
そのあたりは帰ってから調べよう。これから仕事だ。


[PR]

by anettait | 2018-06-13 07:37 | 惑星 | Comments(0)  

台風接近中に火星を撮影してみたらピンボケ

やたらと風が強く雲が早いと思ったら、台風が接近中だった。だが雨は降らない。
雲が非常に多いのだが早いので晴れ間もやってくる。だから火星を撮ってみた。

撮影中は気がつかなかったが、画像処理の時ピンボケに気づいた。強風のせいもある。
がっかりしたが一応画像処理してみた。最近発生した黄雲が写ればいいなと思ったが、久しぶりに火星を見たので、元がどうだったか覚えてなくて違いがわからない。もしかして真ん中から左右に広がる明るい部分なのか?他の人の画像を見ると、そんな感じもする。
a0095470_22580546.jpg
言い訳になるが、見えている時間がとても短いので、まずADC(大気差補正プリズム)の調整に時間がかかるし、その後ピントを合わせようとしたら、しばらく雲から出てこない。そのうち面倒になって、ピント合わせもそこそこに撮影してしまった。

短時間の撮影を4,5回したところで火星は雲の中から出てこなくなった。まあこういう日もあるさ。台風だしな。



[PR]

by anettait | 2018-06-09 23:09 | 惑星 | Comments(0)  

2018年5月24日の木星

良く晴れていたので、先ほど木星を撮影した。
今日は朝からまるで梅雨とは思えない天気。抜けるような青空に白い雲。ただし北風なので夜は涼しい。こういう日はシーイングは期待できない。

望遠鏡ではピントが合ったりぼけたりという見え方だったが、撮影してみたらそこそこ写った。
a0095470_00353667.jpg
この時間まで起きていると火星の撮影は難しい。最近火星を撮ってないのは、早起きができない生活パターンだからなのだ。明日も朝から仕事だし。


[PR]

by anettait | 2018-05-25 00:37 | 惑星 | Comments(0)  

2018年5月22日の木星

梅雨なので、時々土砂降りになるが、基本的には晴れが多い。まだカラ梅雨というほどでもないだろうが、ダムの水はぜんぜん貯まらないようだ。

そういう時は水不足の心配をしつつ星を見ている。なんだか矛盾するようだが、どちらも人間にはどうしようもないことなので、矛盾を気にしても意味のないことだ。
a0095470_22235669.jpg
というわけで5月22日はシーイングが抜群にいいという感じではなかったが、なかなかいい画像が撮れた。雲が流れる間から撮ったにしてはすごくいい画像だ。

最近は動画の長さにはこだわらず、ぶれる前に撮影を止めることにしている。また、雲がかかる直前にはシーイングが極端に悪化するので、そうなる前に録画停止。
とにかく条件の悪い画像を混ぜないことで、なんとなく画像のレベルが上がっているような気がする。

シーイングさえ良ければ強い画像処理は必要ないので、静止画は1000コマもあれば十分だと思う。夏場はシーイングがいいので、タイミング重視でいきたい。

[PR]

by anettait | 2018-05-24 22:27 | 惑星 | Comments(0)  

大赤斑の時間

木星を見たらちょうど大赤斑が見えていた。木星の自転はほぼ10時間なので、1度見たら次に見える時刻がだいたいわかる。数日たてば忘れるので、あまりあてにはならないが。

ステラナビゲータ(Vr.9まで)では木星面の模様は実際の木星面に合ってないので、注意が必要だ。ソフト上で大赤班が表示されていても実際には見えないことが多い。
Vr.10は持ってないのでわからない。
a0095470_15474270.jpg
大赤斑が見えていると、とても木星っぽい。大赤斑後方のごちゃごちゃした部分も眼視でもなんとなく見えている。シーイングがいいと見ていて楽しいが、最近蚊が多くて困る。


[PR]

by anettait | 2018-05-19 16:17 | 惑星 | Comments(0)  

風が強くて鏡筒がぶれる

南十字も二日続けて撮影できたし、今日はおとなしく自宅で木星を撮影していた。
しかし南風が強すぎて、ドームの中の鏡筒がぶれて大変だ。

ということで、動画はぶれたら撮影終了ということにして、ぶれの少ない動画をどうにか30秒、3000コマ弱を確保することができた。そこから作成した静止画が下のもの。
a0095470_00502876.jpg
普通より細かい部分が出ているような気もするが、シーイングは良かったんだ。ただ風が強すぎてどうにもならなかった。パソコンの調子が良かったので、30秒で十分なコマ数を稼げただけ。ぶれる兆候が現れたらすぐさま撮影中止にした方が結果はいいようだ。


[PR]

by anettait | 2018-05-17 00:52 | 惑星 | Comments(0)  

木星日和

南十字を撮影しに行ったので、木星の撮影には完全に出遅れてしまった。
撮影開始時点ですでに南中時刻を過ぎていた。
a0095470_18450616.jpg
それにしてもシーイングがいい。風が時々吹くのが難点だが、色もいい感じで出ている。

シーイングはいいのだが撮影中に雲が出てきて、土星と火星はあきらめた。
まあ翌日も仕事なので無理はできない。


[PR]

by anettait | 2018-05-16 18:53 | 惑星 | Comments(0)  

梅雨入り直前の木星を撮る

今日、沖縄地方に梅雨入り宣言が出た。奄美は昨日が梅雨入りで、え?、と思ったが2015年も奄美が1日早かったとテレビで言っていた。そうなんだ。

梅雨入り直前の昨夜、晴れたので木星を撮影した。北から梅雨前線が近づいている影響で強い南西の風が吹いていたので鏡筒はぶれまくり、撮影開始から終了までわずか7分間で7本の動画を撮影した。長くても60秒程度、短いのは6秒。風で激しくぶれたら終了。で、いちばん良かったのが下の44秒のやつ。
a0095470_23112475.jpg
シーイングはまあまあ良かった。だから7.5秒で打ち切ったものもそこそこ写っている。パソコンの調子が良くて7.5秒で600コマ撮影できていたので、惜しいと言えば惜しい。でも仕方ない。それが下の画像。
a0095470_23112832.jpg
これなら、風のないシーイングのいい夜にデジカメで400コマ撮れば、きっといい画像になるのではと思ってしまう。上の静止画は600コマの45パーセントで静止画にしたので、270コマだけ使ったことになる。これなら条件さえそろえばデジカメでいけそうな気がする。


[PR]

by anettait | 2018-05-08 23:14 | 惑星 | Comments(0)  

衝3日前の木星

今日も晴れたので木星を撮影してみた。木星が斜めになっているのは、一発でピントが合ったのでそのまま撮影に入ったから。
a0095470_00321594.jpg
昼間のうちに風対策をしたのだが、効果がなかったとは思えないんだが、とにかく風が強すぎて鏡筒はぶれまくった。
おまけに薄雲がかかってて木星の明るさが常に変化する。非常に撮影しにくかった。

風で鏡筒がぶれると、その影響で撮影画像の線が太くなる傾向にあるようだ。
眼視では瞬間的にはもっと良く見えたような気がする。特に大赤斑後方のぐちゃぐちゃがちゃんと分離して見えた、ような気がする。一瞬だけだが。

シーイングは割と良かったが(7/10くらい)、眼視でもぼやけたりぶれたりが多くて、もっとちゃんと写るかと思ったが画像はいまひとつだった。

風も強かったし、空全体にうす雲が広がったので撮影終了。さらなる風対策を考えなくてはいけない。

[PR]

by anettait | 2018-05-07 00:38 | 惑星 | Comments(0)