人気ブログランキング |

カテゴリ:惑星( 250 )

 

2度目の梅雨明けと木星

先週、2度目の梅雨明けがあった。テレビのお天気キャスターが言っていたが、「そう来たか」と思った。気象台から梅雨明け宣言の訂正は出ないと見たんだとテレビを見て思った。

この週末から、やっと夏のシーイングがやってきた。観望会が2夜あったので撮影できたのは昨夜だけ。昨夜は雲は多いものの、木星が今年いちばんよく見えた。あまりによく見えたので、数年ぶりに家族を下の階から呼んで見せたほどだ。
ほとんど望遠鏡を覗いたことがなくても、大赤斑がすぐにわかったみたいだ。さすが大口径。倍率は5倍バーローレンズとプリズムを組み合わせたのでよくわからないが、見えていた木星の大きさからすると500倍くらいあったと思う。
a0095470_21451167.jpg
それにしては撮影結果は期待したほどではない。パソコンの調子が悪くて、動画の記録速度が遅い。しかもドブソニアン+ポンセットマウントは今回は追尾の精度が悪く、30秒もしないうちに木星がカメラの写野から逃げていく。うまくいく時は何とかなるんだが、今回はどうにもならなかった。家族に見せた直後、雲が広がって木星はそこで終了。
a0095470_21452111.jpg
撮影できた動画は静止画でだいたい3ケタ、600~800コマ程度。上の画像はたまたま1600コマ近く撮れたが、期待したほどではない。

さてパソコンを変えるべきか(SSDのパソコン2台使っているがどちらも同じ感じなので変更の効果は期待できないかも)、シュミットで安売りしているグローバルシャッターのカメラに変えると何かうまくいきそうな気がするし(妄想)、そもそも50㎝鏡をちゃんとした赤道儀に載せるのが一番の解決方法なのはわかっているんだが、それは今は無理。ドーム内気流も気になるし。デローテーションでもやるか。あまりうまくいったことないけど、これだけコマ切れの動画があったら効果は期待できるかも。



by anettait | 2019-07-15 22:00 | 惑星 | Comments(0)  

ケレス食を待つ間にα7Ⅲで撮った木星

先日のケレス食を待つ間に、拡大撮影の確認のため木星を撮ってみた。
拡大撮影にフルサイズデジカメは非常に不利なのだが、ケレス食を4K動画で撮ろうと思ったので…。

まずフルサイズだったかAPS-Cモードだったか忘れたけど、5倍バーローを使ったら画面全体に対して思ったより大きく写った。これならマイクロフォーサーズ使えばいい感じになるんじゃないか?
a0095470_22063448.jpg
ということで次は上の画像をトリミングしたもの。画像をクリックすると原寸大の画像が見られるはず。あまりいい画像ではないが、ミラーレスで惑星一枚撮りがどの程度かはわかってもらえると思う。大赤斑の上にある黒っぽい点はCMOS上のごみだと思う。
a0095470_22064597.jpg
先日アップした、この10分後の画像との比較で惑星用CMOSカメラの優位性もわかるはず。
まあこんなことして遊んでいたからバッテリーがなくなってケレス食をとり逃がしたわけなんだが…。

by anettait | 2019-06-18 22:13 | 惑星 | Comments(0)  

梅雨の晴れ間はシーイングがいまいちだった

昨日は梅雨前線が南下したため、よく晴れた。沖縄にしては空気が乾燥して、さわやかな天気。
しかしさわやかの原因は北からの冷たい空気なので、シーイングは悪くなる。
50㎝ドブを組み立てて木星を見た瞬間、組み立てたことを後悔したほどだ。

でも気を取り直して撮影した。木星の高度が上がるにつれてシーイングも改善したので、地上にも何か原因があったんだろう。南中の頃にはそこそこいい感じになった。
a0095470_17264594.jpg
LRGBをやってみたくてL画像を撮影しようとしたらポンセットマウントが止まった。電源のバッテリーがカラになったのだ。そういえばずいぶん前から充電してない。そこで撮影終了。直後にシーイングはまた悪化したのでラッキーだった。

露出オーバーで大赤斑のうしろの部分が飛んでしまったが、梅雨の時期にそこそこ写ったからよしとしよう。週明けからまた雨らしい。

by anettait | 2019-06-16 17:30 | 惑星 | Comments(0)  

土砂降りなので木星画像を再処理してみた

梅雨だから仕方がないが、天気が悪い。時々土砂降り。
仕方がないので、6月6日に撮影した木星の画像を再処理してみた。
久しぶりにde-rotation処理をしてみた。
a0095470_00510603.jpg
今回は1分の動画3本からそれぞれ静止画を作り、それをde-rotation処理した。撮影時刻は動画3本のだいたい中間にした。世界時なので日付は1日前になっている。

まあ、画像は良くなっているような気はするが、もう少し良くなることを期待していた。
元画像がそこそこなら、そこそこの仕上がりになるんだろう。

この後に撮影したものも処理してみたが、シーイングが悪化してからの画像なので、たいして改善しなかった。

使い方はだいたいわかった。もっと画像処理の研究は必要だが、とりあえず天気が回復してもらわないと。


by anettait | 2019-06-10 01:03 | 惑星 | Comments(0)  

雲が多すぎて30分でギブアップ

晴れていたのでNEBULITE50を組み立てたら、どんどん雲が増えて木星が見えなくなった。
雲量8程度になったが、せっかく望遠鏡を組み立てたのでしばし待機。
雲間から短い動画を4,5本撮影したが、ピントを合わせるのも困難だった。
a0095470_01272271.jpg
でもシーイングは割と良かった。少なくとも昨夜よりは良かったので、雲がなければいい画像が撮れたはずだが・・・。
落ち着いて撮影できなかったのは残念だが、粘っても撮れそうになかった。

撤収は10分でできた。また今度がんばろう。


by anettait | 2019-06-07 01:29 | 惑星 | Comments(0)  

梅雨の晴れ間にNEBULITE

機能は梅雨の晴れ間で良く晴れたので、NEBULITE50で木星を撮影した。
a0095470_23192656.jpg
シーイングはそこそこだったが、南中前に急激に悪化した。
また、ハードディスクがいっぱいになり最後の方は録画スピードが極端に落ちたため、下の画像は1分間で750コマ程度しか取れなかった。
a0095470_23193069.jpg
でも画像処理のおかげでそこそこの画像になった。
組み立てにもポンセットマウントの扱いにもだんだん慣れてきたせいもある。

さてこれからまた撮影だ。今夜は昨日より雲が多いが、明日の夜からしばらくは梅雨空が戻ってくるらしいので撮っておかねば。


by anettait | 2019-06-06 23:22 | 惑星 | Comments(0)  

大赤斑の目立つ木星

久しぶりに木星の大赤斑を見ることができた。これまでも時々木星を見ていたが、タイミングが合わなかったりシーイングが悪かったりで大赤斑は見てなかった。

で、何だか木星の目付きが悪くなっていると思ったら、大赤斑のまわりに隈取りのようなものが出来ていて、ちょっと面白いことになっている。
a0095470_18182490.jpg
これは少し前からの現象のようで、私が知らなかっただけみたいだ。50cmドブソニアンで撮影したのが上の画像だが、ドブソニアンは風に弱くてぶれるしポンセットマウントの極軸をきっちり合わせきれないしで、画像が乱れていしまった。

せっかくなので、ドームにある35cmシュミカセでも撮影した。
a0095470_18184293.jpg
南中直後で条件はいいはずだがシーイングは30分前より悪くなっているし、ドーム内気流なのか筒内気流なのか(それでも2時間外気になじませていた)で、ドブソニアンの画像よりも悪くなっている。
東側に出ていた月のまわりには薄雲もあったので、その影響も出ていたかも。

この現象はけっこう変化が早いようなので、今後もできるだけ撮影したいが、そういえば今は梅雨だった。週明けからまた曇りや雨になるらしい。晴れたときに見るしかないか。


by anettait | 2019-05-25 18:32 | 惑星 | Comments(0)  

ドーム内気流が撮影の邪魔をしている(気がする)

先日、満月を撮影した後に、天気が良かったので木星を撮影した。
屋上に出したドブソニアン(ニュートン反射)とドーム内のシュミカセの両方で撮影した。
まずはドブソニアンの画像。
a0095470_23435978.jpg
これはポンセットマウント(ポンセマウント?)に載せてあるので、一応追尾はしている。
しかし極軸が合ってないので、撮影中に木星はどんどん下がっていった。木星を拡大しすぎたので、写野に収まっているのは10~15秒くらい。それ以外は上下どちらかが写野からはみ出しているか、手で鏡筒を押して必死にずれを補正したのでブレブレの状態。撮影コマ数は全部で800コマくらいだが、ちゃんと写っているのはたぶん200か300コマ程度。
でもシーイングが良かったのでけっこう写っている。

次にドーム内の35㎝シュミカセ、C14だ。
a0095470_23442273.jpg
ドームのスリットと出入口を開けて1時間以上温度順応したが、眼視では木星は微妙に波打っている。ドブソニアンと違い落ち着きのない木星像。撮影動画1650コマくらいからいいコマを750コマくらい集めて画像処理。
赤道儀でちゃんと追尾しているのですべてのコマがほぼ真ん中に写っているはずだが、画像にキレがない。

色の濃淡は光学系の違いもあるだろうが、実際に望遠鏡を覗いた感じでは、やはりドーム内気流が悪さをしていると思われる。ちゃんと検証するにはドーム内と外で同じ光学系で比べなくてはならないが、けっこう面倒だ。
赤道儀からシュミカセ降ろしてニュートンを載せるか、それともシュミカセのうち1台を屋上に出すか。梅雨の間に考えてみたい。


by anettait | 2019-05-20 23:53 | 惑星 | Comments(0)  

梅雨入り前に土星を撮る

前回の木星を撮影した直後に、土星も一応撮っておいた。
一応というのは、薄雲が広がってきていて、条件がかなり悪くなっていたからだ。
a0095470_22071512.jpg
薄雲のせいか像も暗かったので、大気による色ズレの補正もうまくいかなかった。
今年の土星は高度が低く、きれいに撮るのは難しい。

奄美は梅雨入りしたが、沖縄はまだ。曇りが主体で、雨時々晴れみたいな天気が続いている。
でもすぐに梅雨入りすると思う。


by anettait | 2019-05-15 22:10 | 惑星 | Comments(0)  

梅雨入り前に木星を撮る

もうすぐ梅雨入りだが、今年は少し遅くなるとの予報で、夜遅くに晴れてきた。
翌日は休みだったので、深夜に木星を撮影した。

シーイングは久しぶりにいいと言いたいところだが、木星を見るのも久しぶりなので、最近のシーイングはどうだったかは不明だ。
a0095470_23403463.jpg
今回はミードの30㎝シュミカセで撮影したが、眼視でもよく見えた。だからもっと良く写っているかと期待したが、処理した画像はそれほどでもなかった。

撮影に使うパソコンをバッテリー駆動にしたためか動画の保存が遅く、上の画像は70秒で1600コマしか撮れなかった。その50パーセントくらいだから800コマをスタックした画像なので、ノイズが多いが仕方がない。

木星がわずかに波打つような気流の乱れがあったし、薄雲も通過していたのでこんなものかも。

南中が深夜3時なのは、撮影するにはなかなか厳しい。梅雨が明ける頃には南中がもっと早くなるので、本格的に撮影するのはそれからだな。すぐに梅雨だし。


by anettait | 2019-05-12 23:46 | 惑星 | Comments(0)