人気ブログランキング |

カテゴリ:星旅( 48 )

 

ちょっと勉強しに来てみた

ちょっと勉強するために、久しぶりにシンポジウムに出てみた。
もちろん発表などではなく、聞く方として。
a0095470_07322382.jpg
今回は大阪での開催。いろいろ参考になる話がいろいろあった。
いちばん勉強になったのは、「関西では笑いが重要」ということ。
星に関する発表でも、笑いを取らなきゃいかん。
もちろんまじめな発表ばかりだが、そういう中でも関西勢は笑いを取りに来るというのがすごいと思った。いやまねできないな。



by anettait | 2019-03-04 07:40 | 星旅 | Comments(0)  

キャンセル待ちの期限が切れた

インフルエンザで寝ている間に、ゴールデンウィークのシドニー行きチケットのキャンセル待ち期限が来てしまい、チケットは(従来のマイルでは)取れないことが確定した。今後は新しい基準のマイル数でしか取れないので、空席が少なくなると高くなるということになる。ちなみに4月末は今のところ片道だけで私の手持ちマイル数を超えている。まあ無理だな。
a0095470_00074813.jpg
上の画像は2016年5月5日のみずがめ座流星群。撮影場所はシドニーの西200kmくらいの小さな町の郊外。わかりにくいが右側の天の川の地平線ぎりぎりに流星がある。カメラはEOS5DMkⅢ、レンズは確かサムヤンの超広角14mmF2.8での撮影なので流星は小さいが、実際の流星はそこそこ目立つものだ。ISO6400、15秒露出。レンズに露がついてソフトフォーカスになってしまっている。同じ時間帯の動画では、5分で5個とか写っている。

今年のみずがめ座流星群は仕方がないので地元で見るか。月齢の条件は最高だが、極大の5月6日頃は例年梅雨入りするかどうかのぎりぎりのところだ。しかも北半球だと夜明けが早いので、なかなか厳しい・・・。

by anettait | 2019-02-17 00:22 | 星旅 | Comments(0)  

星が降ってくる感じの画像

先日行った石垣島で撮影した画像を見直していると、星が降ってくるような画像が撮れていたのがわかった。
a0095470_22353078.jpg
これは旅ドブにデジカメをつけて撮影したら、強風と日周運動の合成した動きでこんなことになったというもの。まあ、こんな画像を撮ろうと思ってもなかなか撮れない。しかもどこを撮ったのかもわからない。
a0095470_22354616.jpg
上の画像はその撮影風景。前に掲載したものの失敗カット。地平線が傾いている。
撮影データは失敗しても捨てずに、あとで見直すと面白いこともある、ということで。


by anettait | 2017-11-11 22:40 | 星旅 | Comments(0)  

国内線での重量制限について

先日石垣島に行った時のこと。行きの荷物は自宅で体重計で計量したので、重量制限にひっかかることはなかった。
しかし石垣島で資料の本を買ったり、カメラバッグからスーツケースへ移し替えたものなどがあったので、帰りは重量制限に引っかかって(3キロオーバー)追加料金の1500円を払うことになってしまった。

国内線は預ける荷物は20キロのスーツケース1個と決まっている。今回はうっかりしたことに、望遠鏡などの大量の荷物を持っているくせにスーツケース用のはかりを持っていかなかったのだ。我ながら実にまぬけだ。持っていった三脚3本のうち1本はまったく使わなかったし。

しかも追加1500円で30キロまでOKとのことなので、こんなことなら往復とも追加料金を払って赤道儀も持っていけばよかった。赤道儀と三脚を宅配便で送るよりも安いような気がするし。

まあ今回は風が強すぎたのでドブソニアンで撮影なんて無理だったし、それどころか雲も多いので、赤道儀+カメラレンズでの撮影も無理だった。しかし次回は考える余地がありそうだ。
a0095470_21053809.jpg
上の画像は今回石垣島で固定撮影したペガススとアンドロメダだ。星座写真はもはや赤道儀は不要。

ただし望遠レンズや望遠鏡での撮影となると追尾は必要だ。小さなポタ赤よりも旅ドブが載せられるビクセンGPクラスの赤道儀を次回は検討したい。しかしそれではドブソニアンではなくなってしまうな。

なお国際線の重量制限は23キロまでのスーツケース2個まで。オーストラリアからの追加料金は7000円くらいだったっけ。それで30キロまでOKだったような、うろ覚えなので次に行くときに調べよう。でも行きに追加料金だと、帰りはどうしようもなく重くなりそうな予感もする。


by anettait | 2017-11-04 21:17 | 星旅 | Comments(0)  

むりかぶし望遠鏡を見た

石垣島天文台のドームの中にある、むりかぶし望遠鏡を見せてもらった。もちろん昼間だったので、星は見えない。見たのは望遠鏡本体の方。
a0095470_23481327.jpg
私が最近作っている「ユニバーサル接眼部」は車いす対応接眼部のことで、本物は上の画像のむりかぶし望遠鏡本体の横にくっついている白い屈折望遠鏡みたいなもの。
見る高さが変えられるので、身長に関係なく快適にアイピースを覗くことができる。
a0095470_23481706.jpg
反対側にちゃんとバランスウェイトが付いている。動きも適度な重さとスムーズさがあり、使いやすそう。手を離したところでぴたっと止まる。さすが一流メーカー製(たぶん)。

三鷹のマークはなかったので、ワンダーアイそのものではないのかもしれないが、私がマークを見つけきれなかっただけかも。

本物を見たことで、しっかり作ろうという気になった。今は壁にぶつかり中断していたところだ。
やはり回転装置が必要なようだ。これも昔買ったものがどこかにあったはず・・・。


by anettait | 2017-10-29 23:52 | 星旅 | Comments(0)  

霧の中の木星

今日は梅雨の戻りというか、梅雨前線が南下してきて、朝から土砂降りだった。

特に星の話題もないので、オーストラリアで撮影した星景写真を掲載する。
a0095470_23033745.jpg
霧が牧場の大きな池の方からやってきて、気がついたらこんな幻想的な状態になっていた。
おかげで、これまで撮ったことがないような写真が撮れた。大きな星は木星。
だが全周魚眼で撮影した昇る天の川のタイムラプス動画はほぼ全滅だった。

レンズにK-ASTEC製専用ヒーターを付けたのでレンズに露は付いていなかったが、レンズと星の間に霧がとどまっていたので、レンズに露が付いたのと同じような写りになってしまっていた。

宿を予約する際に見たグーグル航空写真では、池が点在するのはわかっていたが、それがこんなにすごい霧を呼ぶとは考えもしなかった。

まあこれも経験のひとつということで。

by anettait | 2017-06-13 23:09 | 星旅 | Comments(0)  

弧を描く木星

羽田から最終便で帰ってきたのだが、気流が悪く雲の下を飛ぶというアナウンスがあり、星は見えなかった。離陸直後にカノープスを撮るつもりだったので残念。

しかし着陸の少し前に窓から撮影してみると、なんと木星とスピカが写っている。
飛行機はいつの間にか雲の上を飛んでいたが気がつかなかった。
a0095470_00265772.jpg
せっかくなのでさらに数枚撮っていたら、撮影中に飛行機が姿勢を変えて、弧を描いた木星が写った。意図して撮ったわけではないので、何だか新鮮だ。

よく見るとスピカも薄く写っているのだが、画像を縮小したのでわかりにくい。



by anettait | 2017-03-09 00:30 | 星旅 | Comments(0)  

うすだスタードームの60cmカセグレンを見た

長野県にある「うすだスタードーム」に行った。
新幹線の佐久平駅からカーナビまかせで約30分。
道をまったく知らなくても着けるのがすごい。
a0095470_23400147.jpg
三鷹光器製60cmカセグレンとフォーク式赤道儀だが、実に美しい。
そしてものすごく高いんじゃないかと思う。
a0095470_23400318.jpg
上に載っているのは15cm屈折。月を見たが実にシャープで色収差がない。
60cmでも月と木星を見せてもらったが、シーイングが悪すぎて何とも。
シーイングがいい時は大赤斑の中の模様が見えるような気がするほど見えるとのこと。ただしそんな日はそう多くはないみたいなので、星雲星団を期待した方がいいのかも。

光害がなく晴天率と透明度は特にいいらしいので、次に長野に行ったらまた行ってみたい。この日はオリオンの近くに月があって、雲も多くてオリオン大星雲は見なかった。

ドームが変わっていて、過半球ドームというか、半分より少し大きく開く特殊なドームだ。アストロ光学製で、まだ3か所にしかないらしい。
とても解放感のあるドームで、大望遠鏡での観察と星座観望がドームの中で同時に行えるというすごい施設だ。ひとつあると面白いと思う。ただし重そうに見えた。





by anettait | 2017-03-06 23:47 | 星旅 | Comments(0)  

佐久平の月没

長野県佐久平の月没。葉の落ちた木々が寒そうだ。
a0095470_02351918.jpg
確かに寒いが、思ったほどではなかった。もう3月だし、今日は比較的気温の高い日だったみたいだ。

夜空は雲が多いが、明るい星は見えた。


by anettait | 2017-03-06 02:39 | 星旅 | Comments(0)  

ブルーマウンテンズは煙の中

レンタカーの返却や飛行機の出発時刻のこともあるので、シドニーから100キロのブルーマウンテンズに泊まることにして、移動してたらだんだん空が白っぽくなってきた。いや、なんだかまわりも白っぽい。どうやら山火事みたいだ。
a0095470_20252266.jpg

おかげで観光地のブルーマウンテンズは煙で見えず。エコーポイントにあるスリーシスターズという有名な岩も煙の中。みずがめ座流星群を見ようと思っていたのだが、これじゃ無理。まわりも煙のにおいがひどい。

翌朝出発前にエコーポイントに寄ったら、煙は遠くに残っているものの、スリーシスターズはよく見えた。まあこんなこともあるさ。
a0095470_2026192.jpg

ところでアコーポイントのあるカトゥーンバという町は超観光地で、夜もやっている飲食店もあって、灯りが多くて星見には向かないと思う。シドニーから100キロなのでうまくいけば次来る時が楽と思ったのだが・・・。展望台の街灯は白色LEDぽい明るいものだったし。夜中は行ってないから夜中も点いているかどうかは不明だが。

by anettait | 2016-05-07 20:29 | 星旅 | Comments(0)