人気ブログランキング |

カテゴリ:星雲星団( 4 )

 

オメガ星団を撮り比べる

先日南十字を撮るついでに、ω星団も撮ってみた。30㎝GOTOドブも持って行ったので、それを使った。

口径300mmで焦点距離が1500mmもあるから、かなり大きく写る。望遠鏡は自動追尾はするものの経緯台なので、長時間露出はできない。今回はISO32000の感度で露出は8秒までにして、7,8コマコンポジットした。
a0095470_20554785.jpg
口径が大きいので、眼視でもけっこう迫力がある見え方をする。もちろん低空なので大気の影響を受けやすいしシーイングは良くなかったが、この日はちゃんと星に分解して見えた。

ただし撮影した画像を拡大すると、大気のプリズム効果で恒星の色ズレがすべてのコマに出ていたがこれは仕方がない。星団の星がシャープでないのはそれも鯨飲のひとつ。露出時間もドブで撮影するには少し長すぎた。

さて南半球ではどうだろうと思い画像を探したら、2年前に撮影したものが出てきた。
a0095470_20560302.jpg
オーストラリアではω星団は南中時は天頂近くを通るので、大気のプリズム効果は関係なくなる。また、大気の透明度もシーイングもずっと良くなるので、いい画像が得られやすい。上の画像は25㎝ドブの固定撮影で、露出時間は1秒以下。元画像からシャープで、星像がまったく違う。撮影した望遠鏡の焦点距離が違うので、比較しやすいように25㎝の方を少し拡大してある。

使ったデジカメも2年前は超高感度に特化したα7s、今回のはオールラウンドプレーヤーで高感度にも強いα7Ⅲ。最近は流星動画撮影以外は7Ⅲばかり使っている。

今回は画像処理していて、オーストラリアとの画像の差に驚いた。カメラのスペックは今回の方がいいはずだが、やはりボケたりぶれたりした画像はいじってもたいして良くならない、ということを確認しただけになった。

とはいうものの撮り方を工夫すれば、たとえば露出時間を短くするとかすれば、沖縄でももう少しいい像が撮れるかも。また、南半球ならドブソニアンの固定撮影でも工夫すればもっといけるんじゃないかとも思った。また南半球に行かねば。



by anettait | 2019-05-05 21:24 | 星雲星団 | Comments(0)  

森林公園で星雲などを撮ってみる

最近透明度がいいので、久しぶりに国頭村の森林公園に行ってみた。
9月末になるとキャンプする人もいないので、とても静かだった。

ただ雲が多くて、スカイメモを持って行ったのに結局出さずに終わった。
カメラを4台持って行ったのだが、使ったのは2台だけ。
1台はタイムラプス撮影、もう1台はドブソニアンに付けて星雲を撮って遊んだ。

ドブソニアンでの撮影は長焦点の固定撮影だから、露出時間はせいぜい1秒。
高感度勝負なので持っているカメラではSONYのα7sがやっと使えるくらい。
しかもISO12万とか20万という非常識な感度を使う。そうして撮ったのが下の画像。M27、こぎつね座のあれい状星雲だ。眼視ではあれい状だが撮影するとあれい状でなくなるのがちょっと面白い星雲だ。
a0095470_2233061.jpg

これは撮りっぱなしの画像処理なしだが、なぜか全体に緑カブリがひどい。画面周辺の熱カブリもひどい。ISOは20万だったかもしれない。α7sでは数万のISOは意味不明の数字が記録されているので、そこはちょっとやっかいだ。

次にダーク減算して4コマコンポジット、明るさ調整をしたもの。眼視ではこんな色は見えない。白黒だ。
a0095470_2234972.jpg

1秒露出としては、そこそこ見られると思う。合計でも4秒露出だし。星は流れているけど。
M27が西に低くなった時間帯の撮影なので、光害の影響は受けているはずだが透明度に助けられた。

この後いくつか撮影して遊んだが、そのうち完全に曇ったので撤収。下の道路に出たところで雨が落ちてきたので、いいタイミングだった。オリオン大星雲まで見ていくつもりだったが今回は無理だった。

by anettait | 2016-09-25 22:11 | 星雲星団 | Comments(0)  

森林公園で星雲星団を撮る(燃える木と馬頭星雲)

先日の森林公園で、短焦点屈折でも星雲を2,3個撮影してあったのを今日思い出した。
私にしてはまともに撮影できたので、掲載する。
a0095470_23151615.jpg

撮影レンズはタカハシのFS-60Cで、レデューサー付。この望遠鏡は4年も前に個人売買で入手したのだが、なかなか本気で撮影するチャンスがなく、今回やっと使うことができた。

とはいっても拡大して見れば星は少し流れている。赤道儀はスカイメモRSというポータブル赤道儀とは名ばかりの、そこそこ重いやつ。精度はいいはずなのだが、極軸合わせに手間取った割にはいいのが撮れていない。赤道儀に対して望遠鏡本体が重いことはないはずなんだが。

機材はあるのだから、本気で撮影しなくてはもったいない。ということで、これからは屈折で撮影した星雲星団もちらほら出てくるかも。

by anettait | 2015-10-11 23:18 | 星雲星団 | Comments(0)  

梅雨の晴れ間のM13

久しぶりに晴れたので、これも久しぶりにSE250鏡筒を出して撮影してみた。
土星を撮ってみたがいまいち。透明度が悪いので星雲なども無理そう。球状星団ならと考え、M13を撮影してみた。
a0095470_21105071.jpg

赤道儀に載せてはあるが極軸は合ってないので、高感度が得意な5DMarkⅢを使用。フルサイズなので周辺減光がひどいのがわかる。この画像からM13だけを切り出してみる。
a0095470_21152481.jpg

4秒露出だが、そこそこ写っている。驚いたことに、ライブビューでピント合わせをしている時モニターでM13が見えた。カメラの性能もいいが、M13がそれだけ明るいということかも。

撮影画像は背景がかなり明るくなっていたが、もう少し露出を伸ばしても大丈夫かもしれない。

by anettait | 2014-05-26 21:20 | 星雲星団 | Comments(0)