カテゴリ:金星太陽面通過( 9 )

 

今年の惑星食はハズレ?

さて、今年は天文現象の当たり年と言われている。目立つものを上げると、部分(金環)日食、部分月食、金星の太陽面通過、昼間の木星食、金星食。なんと五つもある。しかもこれが8月までに起きる。

今月までに三つは終了した。今のところ私は二勝一分けだ。部分月食は曇ってしまったが、あれは何度も見たし、曇ったのは台風のせいだし、これから何度もあるので負けに入れないことにする。

ところで次の天文現象、7月15日に起こる木星食を調べてみた。なんと沖縄はハズレだった。木星は月の南側の離れたところを通り過ぎるだけ。
昼間の木星食は昔見たがしょぼかったし、肉眼で見るのは無理、最低でも双眼鏡でも見えるかどうか、という程度なので今回はまあいい。

その次の金星食。8月14日の明け方にある。金星食は20年ちょっと前に見たが、すごくきれいだった。これこそは見る価値がある。
というわけで撮影計画を立てるためステラナビゲータで調べてみた。なんと始まりの高度が2度!しかも午前2時45分!

これはきつい。早起きには中途半端な時間だし、前の晩から起きていたら直前で眠りそうだし、観測地は東の水平線が見える場所でないと厳しい。
金星が月の背後から出てくるのは午前3時11分。その時の高度も8度くらい。これは困った。ちょっと雲が出たらアウトだ。

次はいつかと調べたら、2014年にアフリカ大陸の真ん中で見られるようだ。これは無理だ。その後もなかなか条件のいいものはなさそう。

沖縄で次に金星食が見られるのは2022年5月27日の昼間で午後1時40分くらい。
太陽は頭上の高いところだが、金星の高度も45度程度なので、双眼鏡があれば十分楽しめるだろう。でもあと10年ある。

今回の金星食は国内では東の方ほど条件がいい。10年待てない人は飛行機で遠征もありだと思う。晴れる場所がどこか、というのが一番の問題だろうけど。
[PR]

by anettait | 2012-06-20 23:19 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

PSTで撮影した画像を処理しなおしてみた

梅雨だというのに、金星の太陽面通過は奇跡的に晴れた。その後天気は悪いままだ。

特に新しい画像もないので、PSTで撮影したHαの画像を処理しなおしてみた。
a0095470_1124037.jpg

モノクロモードのためか、太陽面の模様がはっきり出てくれた。上半分は雲がかかり、模様が出てない。
カラーよりもこの方がいい気がする。でも色がついていないとHαぽくない。
[PR]

by anettait | 2012-06-16 01:13 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

双眼鏡対決その2(太陽投影部門)

日食も金星太陽面通過もとっくに終わってしまったが、倉庫から出てきたジャンク双眼鏡で太陽を投影してみたのでアップする。
双眼鏡対決「太陽投影部門」だが、他の部門はまだない。太陽の熱で破損する危険があるので、高級な機種はない。

今回のエントリーは5機種。ただし2機種は前回と同じなので、参考記録だ。
a0095470_21541175.jpg

まず星見に最適なスペックとされている7倍50mmの普及品の代表、ビクセンアスコット。
中古で入手したが、残念なことに左右の光軸がずれてしまい、ジャンク状態に。カビまで生えた。
a0095470_21545176.jpg

口径があるだけに光量は十分すぎる。接眼レンズが焼けてしまいそうで、口径を絞る必要がある。
投影された太陽像は明るすぎて、黒点などは白く飛んでしまった。

次にカートン光学のメガネ型オペラグラス。20年以上前に発売された時の衝撃はすごかった。
昼間装着していたら、現在なら通報されるレベルだ。おおらかな時代の遺物かも。

確か8,000円くらいした記憶がある。我ながらよく買ったものだが、実際に使ったのは2,3回だった。
レンズ部が重すぎてずり落ちてくるのでうまく使えない。
それに光学系がガリレオ式で視野が狭いので、装着して歩くことは非常に困難だし、いろんな意味で危険だ。
a0095470_2156473.jpg

意外に投影像はしっかりしていて、オペラグラス特有の明るい像が楽しめる。倍率は低いので、太陽像は小さいのが残念。

次はダハプリズムを使ってコンパクトに仕上げた、バンガードの双眼鏡。
2,000円以下だったと思うが、意外によく見える。
a0095470_21573649.jpg

なぜか太陽像が黄色というか、茶色になる。風景を見てみると、確かに茶色っぽくて暗い。プリズムに問題があるのだろうか。しかし太陽の投影像は大きくて見やすい。適度に減光されているし。

あとは参考記録①のケンコー8×22。他の機種と比べると、投影像が異様に暗いことがわかる。像の暗さと本体重量と値段から、内部はプリズムではなく反射鏡の可能性が大きい。反射鏡の反射率が低いのだろうか?アイレリーフが短く覗きにくいし、暗い。いくら安くても、これではちょっと・・・。
a0095470_21591240.jpg

参考記録②のオペラグラスは像が格段に明るいが、すでに売ってないと思う。総金属製なので、丈夫すぎて分解が面倒だ。
a0095470_2204959.jpg

これは毎度のお約束だが、太陽の観察は危険が伴うので、自己責任でお願いしたい。
投影する場合は、くれぐれも子どもが接眼部を覗いたりしないよう、しっかり気をつけてほしい。
今回作ったような太陽投影器だと、比較的安全だと思う。双眼鏡単体では、うっかり覗く人がいるので要注意だ。
[PR]

by anettait | 2012-06-10 22:11 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

太陽投影器を実際に使ってみた

せっかく自作したのだからと、金星の太陽面通過に太陽投影器を使ってみた。

時間がなくて空き箱そのままの外観。間違えてゴミとして捨てられそうだ。
とても軽いので風で倒れたりした。
a0095470_2315546.jpg

しかし投影はちゃんとできる。太陽像の大きさも十分。追尾も容易で、箱の奥に投影された小さな点がファインダーの役目をしてくれる。
a0095470_231602.jpg

実際に投影された太陽像。金星がよくわかる。
a0095470_2316372.jpg

日食の前に思いついていれば、と思ったが、アイデアはやってくる時にしか来ないものだ。仕方がない。

おまけにPSTによるHαの太陽像。金星が太陽面に完全に入り込んで20分後くらいの画像。手持ち撮影なので、明るさが偏ってしまった。雲のせいか、プロミネンスは眼視ではわからなかった。
a0095470_23164422.jpg

金星は意外に大きかったが、私の視力では日食グラスだけでは、あるような、ないような・・・。
やはり太陽投影器か望遠鏡は私には必須だった。
[PR]

by anettait | 2012-06-07 23:21 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

金星の太陽面通過・これであと105年待たずに済む

沖縄には台風一過という現象はありえないというのが常識だと思っていた。
しかしこの2,3年、なぜか台風の翌日が快晴になることが出てきた。

たまたまか、気象が変わってきたのか。
とにかく今日晴れたことは非常にうれしかった。105年後の現象を待たずに済んだ。

梅雨時の天文現象、しかも一般の人も非常に注目しているものが2回とも晴れるなんて、本当にすごい事だ。
過去の経験からすると、日食と金星太陽面通過の2回とも、天気が悪くて当たり前だった。
どちらも太陽の関係する現象なので、雲の切れ間さえあればどうにか見えるとは思っていたが。

ただし今回は天気が良すぎて、日射病か熱中症か、とにかく観望会の後半は気分が悪くて仕方がなかった。
昨日夜中まで太陽投影器を作っていて、睡眠不足だったのが効いたようだ。

前置きが長くなったが、開始時間が朝早かったので、とりあえず撮影できた。
ただし最初は雲っていたので、第一接触は確認できなかった。
a0095470_237157.jpg

a0095470_2391681.jpg

第二接触は動画撮影中だったので、静止画はない。
しかも雲が多くて、動画ではよくわからなかった。
a0095470_2394647.jpg

a0095470_2310670.jpg


途中は太陽投影器を持って学校を回ったり、職場前で観望会をしていたので、撮影できなかった。
まあそれはそれで仕方がない。たぶん世界中の名人や達人クラスの人が撮影しているに違いない。

とはいうものの私が自由に使える資料画像が必要だったので、終了間際に気力を振り絞って撮影した。まわりが明るいので(昼間だから当たり前)ピント合わせに苦労したし、後で気づいたがCMOS面のゴミがけっこう写りこんでいたのにはがっかりした。
a0095470_23142880.jpg

a0095470_2315812.jpg

第四接触は見ることに専念したので、画像はまともなものがない。
終了時も動画で撮ったが赤道儀ではなかったので、当然だが太陽がいつの間にか画面から出ていたりした。

途中快晴だったが終了直前には雲も多くなり、露出不足で何がなんだかわからない動画も多数。
気力も絞りすぎて思考力や注意力もなくなっていたが、観望会を一緒にやってくれた仲間がいたので、どうにか撮影もできたし、気分が悪くても観望会を中断しなくて済んだのは良かった。

今回は持ち運びを考えて、軽くて小さいカーボン三脚を使ったが、せめてポルタ経緯台くらいは準備すれば良かった。できれば赤道儀。朝の撮影にはモーター付赤道儀を使ったのだが。

次回にこの教訓は生かしたい。もちろん105年後ではなく、8月14日の金星食の事。早起きは苦手なのだが、明け方の現象なので撮影に専念できるかもしれない。
[PR]

by anettait | 2012-06-06 23:33 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

空き箱とメガホンで作る太陽投影器

金星の太陽面通過を、数人で同時に観察できる投影器を考えてみた。
今回は時間もあまりないので、できるだけ手間をかけないで完成することを目標にした。

太陽投影器といえば、某輸入代理店で扱っている紙の箱でできた反射式のものが有名だ。
ただしあれは小さい方で1万円近くするので、とても買う気にはなれない。

試しに前回の金星太陽面通過の時に自作してみた。材料の選定に時間がかかったが、一応使えるものができた。
しかし一般の人が作るには、材料の入手や技術的なハードルが高いと感じた。

今回は工作好きな中学生なら自作は可能だろう。小学校高学年でも大丈夫かも。
前置きはこのくらいにして、以下は説明。

倉庫で100円ショップのメガホンを見た時に、すぐに思いついた。
ただし日食はすでに終わっていたので、いまさらという感じもするが。

まずは材料。
A4再生紙の空き箱2個。
105円メガホン1個。
7倍18mm単眼鏡1個(口径と倍率はもう少し大きくても小さくてもかまわない)。
割ピン2個。
20cm角くらいの画用紙1枚
コルクテープ(厚い両面テープでも可)50cmくらい。
両面テープ(厚くても薄くても可)1mくらい。
ガムテープ少々。
a0095470_23434061.jpg


言葉で製作過程を説明するのは難しいので、完成画像を見てほしい。
a0095470_2344617.jpg

簡単に説明すると、まず空き箱を必要な形に切って、空き箱①の上面に穴を開けてメガホンを貼り付ける。

次にメガホンの先に単眼鏡をくっつける。
a0095470_23445655.jpg

箱①の底面内側に画用紙を貼って、箱①と箱②を上下に動くよう割ピンで留めておしまい。割ピンは開く方をガムテープで抑えないと、すぐに外れてしまう。
a0095470_23452268.jpg

実はこの単眼鏡は今日届いたばかりなので、実際に太陽は投影していない。
実験はほぼ同じスペックの別の双眼鏡でおこなったが、ちゃんと投影できた。

万が一を考え、子どもが単眼鏡を覗けない構造にした。
この単眼鏡は対物レンズを動かしてピントを合わせる構造なので、とても使いやすい。
接眼レンズでピントを合わせるものは、最初でピントを合わせてからメガホンに取り付けなくてはならない。

ところで、同じようなものを作る方には、使用上の注意点がある。
今回も太陽を観察するので、太陽の光と熱は日食の場合と同様、十分注意すること。

この構造だと接眼レンズに太陽の熱が集中するので、長時間の使用は避けること。
そこは十分注意してほしい。「10分太陽投影望遠鏡」と同様に、単眼鏡の対物レンズにマスクをかけて、口径を絞った方がいいだろう。
今回の単眼鏡は口径が小さく、接眼レンズはガラスなのであまり心配はしていないが。
口径20mm以上は使わない方が無難かも。

単眼鏡はガラスレンズでも熱で劣化する可能性が高いので、高級なものは使わない方が無難。
左右の光軸のずれた双眼鏡を分解して利用する手もある。
私も最初はそのつもりだったが、分解が意外に面倒だったので、ジャンクの単眼鏡を入手した。

また、底に重りを入れないと安定しないかもしれない。それは使う時に考えてほしい。

そういえば台風3号が接近するようだ。5日が最接近なので、6日の金星太陽面通過が見られるかは微妙になってきた。絶望視する人もいるが、前回土砂降りだっただけに、今回は少しでいいから見えてほしい。

(6月4日追記)
a0095470_2117280.jpg

今日、この投影器を使って、雲を通して太陽をとらえることができた。
太陽像の大きさのみ確認することができた。この大きさがあれば、太陽面の金星を投影できるはずだ。
[PR]

by anettait | 2012-06-03 23:54 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

太陽像投影:双眼鏡対決

前回のブログにコメントをくれた方のように、双眼鏡で太陽を投影するのもいい方法だ。しかし太陽熱による双眼鏡の光学系の劣化が気になり、なかなか踏み切れない。オペラグラスで試したことはあったが。

ところがカメラのキタムラで698円の双眼鏡を見つけたので、試してみた。
単独ではつまらないので、数年前に入手したオペラグラスと対決させてみた。

まず698円の方。普通の双眼鏡の形をした、ケンコーの8倍22ミリ。中はプリズムかミラーか不明。光学系はケプラー式と思われるが未確認。対物レンズ、接眼レンズともにコーティングなし。プラスチックレンズかも。
本体も安っぽい(実際とても安いが)プラスチック。
アイレリーフが短く、非常に覗きづらい。対物レンズのすぐ内側に絞りがついていて、口径がちゃんと22ミリあるか疑わしい。
a0095470_23225869.jpg

一方のオペラグラスはメーカー不明のJC-430という機種。4倍30ミリが名前の由来だと思われる。JCは何の略かは不明。対物レンズはコーティングされたアクロマート。接眼レンズはコーティングなし。覗きやすいが視野は狭い。確かジャンク扱いで1個数百円だった。本体は金属製で重量感がある。
a0095470_23233391.jpg

まだ梅雨が続いているが、夕方晴れたので実際に太陽を投影してみた。夕日なのでオレンジ色。
まずはケンコー。
a0095470_2324716.jpg

a0095470_23244128.jpg

太陽像は暗い。倍率が高いためだろうが、意外に大きく投影できる。ただし影で太陽を導入するのはとても難しい。そのままでは三脚にもつかないので、一般人にはおすすめできない。

オペラグラスのJC-430は簡単に太陽を導入できた。太陽像も明るいが、倍率が低いためか太陽像は小さい。視野は狭いはずだが、太陽が投影される範囲がなぜか広く、使いやすい。他のオペラグラスも同じかは不明だ。
a0095470_232526.jpg

a0095470_23252761.jpg

大きな太陽像にするためには投影板との距離を取らないといけないが、太陽投影中に子供がうっかり覗いてしまう危険もあるため、十分な注意が必要だ。
それはケンコーも同じではあるし、太陽投影の基本なので安全第一を忘れないようお願いしたい。

さて対決なので結論を出さないといけない。

今回は、使いやすさでオペラグラスのJC-430を勝ちとしたい。ケンコー8×22は太陽の導入に手間取りそうなので、三脚併用は必須だろう。JC-430は手持ちで使えないことはない。

太陽を投影する場合は、太陽像を見やすくするため影を作る遮光板も付けた方がいい。そうなるとケンコー8×22はなおさら導入しにくくなるのが困ったところ。

また、天気がいい日の太陽を投影すると、太陽像がかなり明るくて金星が見づらい可能性がある。その場合は口径を絞るために、事前に画用紙かボール紙でドーナツ状のものを数種類用意しておくと便利だ。

双眼鏡は2個の太陽が投影されるが、子供たちに見せる場合は危険防止のため、片方の対物レンズにはキャップをした方がいい。子どもは時々予想もできない行動を取るので、安全には十分に注意した方がいい。

双眼鏡対決はもっとやってみたいところだが、新たに買うのはお金の無駄かも。高い双眼鏡は太陽投影に使う気にもなれないし。ホームセンターでも行ってみようか。
[PR]

by anettait | 2012-05-31 23:46 | 金星太陽面通過 | Comments(0)  

「10分で完成!望遠鏡」を金星太陽面通過用に仕上げる

日食の時と材料は一緒だが、同じ太陽を観察するので仕方がない。
ただしまったく一緒ではない。投影像に金星が見えてないといけないので。

まずは完成したもの。今回は拡大率を上げるため、牛乳パックを2本つないでみた。
a0095470_2194549.jpg

現象は低空で始まり、天頂を過ぎて終わる。観察場所を探すことを考えると、高度が高い方が楽。
しかし6月の太陽は強烈だ。帽子は必須だろう。日傘でもいい。

まずは作り方。牛乳パックに穴を開け、望遠鏡の接眼部を差し込む。これは前回と同じ。だから一枚画像にまとめた。光量と分解能が不足しそうなので、対物レンズ絞りの口径を大きくしてみた。
a0095470_2110527.jpg

実際に投影された太陽像はこれ。牛乳パック1本と2本バージョンの比較。
a0095470_2113220.jpg

2本は少し拡大しすぎだ。これでは追尾が大変。1本と2本の中間がいいくらいかも。口径ももう少し絞りたい。
天気が悪いので、きれいな投影像が得られなかったのが残念。

次は他の自作品を紹介したい。
[PR]

by anettait | 2012-05-28 21:38 | 金星太陽面通過 | Comments(2)  

金星太陽面通過に向けて(思い出話と前置き)

2012年6月6日は8年ぶりに金星の太陽面通過がある。

a0095470_23332159.jpg

(この画像はイメージです)
8年前はひどい土砂降りだった。県庁前の広場を借りて昼間の観望会をする予定だったのに。
フランスの何とかという報道関係の日本支局から電話があって、「ひどい天気で悔しいでしょうね」なんて事を(もちろん日本語で)聞かれたものだから、「想定の範囲です。8年後もあるし。」と負け惜しみを言った。
なぜそんなところから電話があったのかは謎のままだが。

そして、その8年後がもう目の前。今回は午前7時10分過ぎから午後1時半過ぎまで、6時間以上続く。
天気がいい場合、まともに太陽の相手をしていたら日射病か熱中症で倒れる危険がある。日焼けも要注意だ。

しかし少しでも晴れてくれないと困る。とはいえ雲の間のシャッターチャンスを外で待ち続けるのもいやだ。
8年前の情熱はすでになく、できれば日陰で快適に見たいと思っている。
そんな方法はそのうち考えるとして、まずは観察方法を考えたい。

日食グラスの販売サイトには今回の現象が日食グラスでも見えると書いてあるようだが、「金星が小さいので十分な視力が必要」だと某天文台の方に書いてある。どうせそんなことだろうと思っていた。

月や星がくっきり見える視力が必要らしいが、私の視力だと厳しいし、太陽面で視力検査などしたくないので、望遠鏡に頼ることにする。

最近は大人も子供も目が悪くなっているので(当社比)、簡単な道具で観察できる方法をいくつか考えてみた。

以下次号に続く。
[PR]

by anettait | 2012-05-27 23:40 | 金星太陽面通過 | Comments(0)