カテゴリ:経緯台( 4 )

 

天気が悪いと買い物がはかどる(2)AZ-Palm

実に天気が悪い。週間天気予報もこの先しばらく晴れそうにない。
こんな時にネットを見ていると、衝動的にポチるから困る。

少し前もこんな感じで、ちょうど笠井トレーディング25周年セール終了直前だったのが良くなかった。何か欲しい病が出てしまい、以前から欲しかったAZ-Palm経緯台をポチってしまった。新型双眼装置が売り切れていたのは不幸中の幸いか。
a0095470_10451239.jpg
見た目に反し、ずっしりとした重みがある。もちろん絶対的な重量はたいしたことはないが、コンパクトなだけにちょっと意外。大きさ比較のためにワンダー(以下略)
a0095470_10452492.jpg
望遠鏡取付のためのアリミゾは別売り。M6ネジで固定するようになっている。

ビクセン純正はM8ネジなので、穴の位置は合うが穴が大きいので、固定ネジにワッシャーを付けた方が安心感があると思う。
a0095470_10453173.jpg
サードパーティー製のアリガタ(どこ製か不明)は微妙に穴の位置が違う。軽いだけに残念。これを使うなら、ドリルで穴の位置を調整しなくては。(矢印の部分)
a0095470_10453633.jpg
これは旅ドブに最適かと思い購入したが、ゴールデンウィークは月齢と天気が厳しそうなので、旅はまだ何も計画していない。沖縄はその頃から梅雨に入ることもあるし。




[PR]

by anettait | 2018-04-22 10:58 | 経緯台 | Comments(0)  

GR-3にSE-200Nを載せてみた

バランスウエイトを使わなかったので、うっかり倒すところだった。
やはり反射20cmだけを片側に載せるのは無理があるようだ。
a0095470_1350071.jpg

動きは実にスムーズ。バランス以外は何も問題はなさそう。接眼部の位置もニュートン反射なら、ちょうどいい感じだ。イスに座ったまま覗ける。大きな水平回転の際にはイスを持って移動する必要があるけど。
a0095470_13501655.jpg

天気が良かったので、ついでに撮影してみた。M31を撮ったのだが、光害地なので中心部しか写ってない。しかもこの鏡筒は専用アダプターがないと2インチのアクセサリーがつかない。その専用アダプターはやたらと長い(10cmくらい)し、いつもは使わないのですぐになくす。

仕方がないので今回は手もちで撮影。だから片ボケぶれのため使える画像は2枚だけだった。やれやれ。
[PR]

by anettait | 2015-09-19 13:51 | 経緯台 | Comments(0)  

GR-3(中古)を買った

笠井トレーディングで販売していて、いつの間にか販売終了になっていたGR-3経緯台の中古が出ていたので、ついつい買ってしまった。以前から興味はあったので。

ポルタでは搭載できないような15cm屈折とか、20cm反射とかの重い鏡筒を載せるために欲しかった。まずは試しに15cmF8屈折を載せてみた。
a0095470_2246105.jpg

とてもスムーズに動く。この程度の重さなら、反対側にバランスウェイトも必要ない。
旅行用の架台としてもいいかなと思っていたのだが、実際に手にしてみると旅行用としては少し重い感じではある。これに載せなきゃならないような重い望遠鏡を旅行に持っていくわけないし。

ビクセンの三脚にそのまま載せられるし、大型三脚の大ねじでもそのまま付くのは便利だ。
ただし15cmF8屈折だと焦点距離が1200mmあるので、かなり長い三脚でないと天頂を見る場合に厳しい。短いシュミカセやニュートン反射に合いそうだ。
[PR]

by anettait | 2015-09-12 22:53 | 経緯台 | Comments(0)  

AOK AYOtraveler経緯台を買った

去年の話だが、新しい経緯台を買った。中古だけど。
AOK AYOtraveler経緯台という笠井トレーディングで輸入販売しているものでスイス製。
a0095470_2358917.jpg

travelerというだけあって軽い。でも旅行の予定があったわけじゃない。
20cm軽量ドブソニアンの架台として使えないかと考えてのことだ。

写真用三脚を使うので、架台の大きさで三脚が選べる。これは普通の経緯台にはないメリットで、機材によってはとことん軽くできる可能性がある。

せっかく買ったのだからと、テストを兼ねて観望会に持ちだした。使ってみてびっくり、アリガタが入らない。
どうやらビクセン純正(世界標準といってもいいが)のアリガタがぴったり入る形のアリミゾ(上の画像参照)。

横からスライドしてアリミゾを入れないといけないので、下にネジが飛び出していると入らない。
私が持っている中国製(主にケンコー)の鏡筒のほとんどがネジが飛び出しているため、これでは使えない。
a0095470_23584132.jpg

日本製だってBORG純正鏡筒バンドは使えない。上の画像では、Bの下ネジなしは大丈夫だが、Aのネジありはダメ。

ビクセン純正アリミゾならネジの頭がアリミゾの中に隠れるので大丈夫。ケンコー製などは使う方がアリミゾの取り付けを工夫しなくてはならない。

観望会では短焦点12cm屈折(SE120)のアリガタのネジを片方外して取り付け、またネジを締めるというややこしい方法で観望会を続行した。使ってみれば、スムーズで12cmF5でも問題はない。
a0095470_23591785.jpg

今回BORG100アクロマートを載せてみた。この望遠鏡はレンズが重いが、鏡筒も金属で重いので天頂プリズム1個でバランスが取れた。

ところでドブソニアンではまだ試してない。その前に軽量20cm鏡筒を作らないといけないから。
[PR]

by anettait | 2011-01-07 00:03 | 経緯台 | Comments(0)