人気ブログランキング |

カテゴリ:太陽( 201 )

 

梅雨明け直後のデジカメ対決「太陽Hα編」

梅雨明け直後は大気の透明度が違う。空は青く、直射日光が肌に痛い。しかし太陽を撮影したい。

というわけで日曜日でもあったので、屋上で日陰に隠れて太陽撮影。しかし日焼けした。

今回はデジカメ対決「太陽Hα編」をおこなった。もちろん最新機種などないので、手持ちのデジカメ数台を撮り比べてHαの波長で太陽面がどう写るかを見るだけ。

まずはオリンパスの本格的デジ一眼1号機、Eー1だ。Hαの赤い星雲が写るという噂があったが、長時間ノイズと高感度ノイズがひどく、本格的な防塵防滴ボディながら星野写真には使えなかったというカメラだ。

発売当初はすごく高かったが、当時気合の入っていた私はなんと新品で買った。5,6年後に出たEOS5DMarkⅡとほぼ同額だったことを考えると、今では自分の行動が信じられない。

それはいいとして、Hαの星雲が写るなら、太陽もよく写るのではないかと考えて撮影してみた。
a0095470_010407.jpg

結果から言うと、期待以上に写った。色が変なのは、主に画像処理の未熟さが原因だ。

E-1はよく写るがピント合わせがとても難しい。現在のデジ一眼と違いモニターが半分程度の大きさしかなく、しかも撮影画像の拡大率もたった4倍。ライブビューもなし。ファインダーで合わせるか、撮影画像をパソコンで拡大して見るしかない。
拡大率14倍でライブビューが当たり前のEー620と比較すると、使いやすさは雲泥の差がある。

しかし太陽はよく写る。2003年10月発売なので9年前の機種だが、現在でも普通に動くのがすごい。500万画素なのが残念なところだが、太陽はあまり関係ないし、強力なダストリダクションシステムは安心感がある。実際、EOSを使うと時々ゴミが写るので、がっかりする。

次回からは最近のデジ一眼(持っている分だけ)との比較をしてみたい。

by anettait | 2012-06-27 00:15 | 太陽 | Comments(0)  

TMBスーパーモノセントリック6mmで太陽撮影

6月17日の続きである。

普通に太陽撮影することに飽きた私は、強拡大して太陽を撮影したくなった。
アイピース袋の中を探したら、販売終了になったTMBスーパーモノセントリックの6mmが出てきたので、使ってみることにした。
a0095470_2349776.jpg

倍率は約67倍。しっかり見えてはいるが、太陽の高度が低いこともあって期待したほどではない。
せっかくなので、とりあえず撮影してみた。

正直なところ、アイピースの視野が狭すぎて非常に撮影しにくい。惑星の眼視では最高峰との噂もあったような気がするほどの高級アイピースだが、像のシャープさと引き換えに視野の広さを犠牲にしている。だからカメラ三脚に簡易微動で使うのは無理だ。
a0095470_23494144.jpg

撮影画像は露出不足、ケラレ、ピンボケでまともなものがなかった。せめて手持ちではなくカメラアダプターを使うべきだった。これではアイピースがかわいそうだ。

by anettait | 2012-06-19 23:52 | 太陽 | Comments(0)  

2012/06/17の太陽面(今日のプロミネンスはそこそこ)

今日は仕事だったので、抜けるような青空だったのに撮影が夕方になってしまった。

夕方のシーイングはあまり良くない。しかも太陽の高度が低いので、地上からの輻射熱の影響が大きい。
昨日のプロミネンスが形を変えているのがわかったが、いい画像は撮影できなかった。
夏の日没2時間前というのは、かなり無理があるようだ。倍率を上げて見たら太陽面がゆらゆら揺れていた。
a0095470_2221619.jpg

透明度はいいが雲が多いし、低空だとよけい雲がかかりやすく、撮影も時間がかかった。

太陽撮影は朝の方がいいと天文雑誌に出ていたっけ。でも仕事の日は無理だし、休みの日の朝は寝ているし。なかなか難しい。

by anettait | 2012-06-17 22:22 | 太陽 | Comments(0)  

2012/6/16の太陽面(プロミネンス凄かった)

休みだったので何となくPSTで太陽を見てみたら、なんと巨大(当社比)なプロミネンスが!

とにかく太陽撮影歴の浅い私としては、なかなかすごいと思った。
だから久しぶりに改造kissX2で太陽面を撮影してみた。

最初はいつものS95で撮影したのだが、早々と電池切れ。そこで選手交代。

なかなかよく写った。今日は初めてズームアイピースを使ってみた。
a0095470_020293.jpg

プロミネンスもよく写った。ここまでの解像度は初めてだ。シーイングも良かったのだろう。眼視でもよく見えた。気のせいか、プロミネンスの立体構造がわかるような気がした。やはり気のせいか。
a0095470_0202468.jpg

しかしこのアイピース、どうも歪曲収差がひどい。中心を外れると、太陽が楕円形に写る。
しかも困ったことにPSTはプロミネンスがきれいに見える範囲が限られていて、視野中心にプロミネンスを持ってこないといけない。すると太陽が中心を外れ、楕円形になるしかない。

撮影中も何か変だとは思ったが、パソコンに画像を移して愕然となった。
もともと安い中古で入手し、メーカーは不明。
ズームアイピースが太陽撮影によく使われているので、試しに使ってみたのだが・・・。

外観、スペックが同じで製造元が違うというコピー商品かも。
次回からは別のアイピースにしよう。

by anettait | 2012-06-17 00:24 | 太陽 | Comments(0)  

5月25日の太陽

今日も梅雨とは思えないほど天気がいい。仕事が終わって、急いで太陽を撮影してみた。
a0095470_2357845.jpg

割とおとなしそうな太陽面。プロミネンスも控えめ。

PowershotS95を使う場合は、ビクセンのPL20mmよりもLV25mmの方が撮影しやすいようだ。

LVアイピース(旧バージョン)は見口のゴムが厚くて長いので、カメラをくっつけても重さに耐えるし、周りから光も入りにくい。ただし太陽高度が低い場合限定。

他のコンパクトデジカメは太陽撮影に使ったことがないが、このデジカメは太陽がよく写る。
おかげで安定して撮影できるようになったが、、画像処理は安定しない。まだ最適な処理とはいえないと思う。

by anettait | 2012-05-26 00:00 | 太陽 | Comments(0)  

太陽が大爆発直前に見える画像

日食の2日前。割といい天気だったので太陽を撮影した。

雲もあって画像にムラができ、しかもプロミネンスを強調しようと無理な画像処理をしたらひどい結果に。
まるで大爆発直前の赤色巨星のようになってしまった。
a0095470_00785.jpg

いちばん上に細長くプロミネンスが伸びている。他にもそこそこ出ている。太陽活動は活発なようだ。
でも太陽の質量だと、超新星爆発はないらしい。太陽の最後まで50億年くらいあるらしいし。

by anettait | 2012-05-24 00:02 | 太陽 | Comments(0)  

5月12日の太陽を画像処理し直してみたが・・・

ふと思いついて、5月12日の画像を処理し直してみた。

太陽は中心と周辺で明るさが違い、両方を1枚の画像で表現するには工夫が必要だ。
天文雑誌に載っているようば画像は太陽本体とプロミネンス部分を別に画像処理したものを合成(重ね合わせ)しているらしい。

というわけで、とりあえずやってみた。
a0095470_030086.jpg

結果はいまいち。左がすでに掲載している画像、右が太陽本体と周辺部を別々に処理して合成したもの。どちらも元画像は同じ。立体視用の画像ではない。

やはり不自然だ。修業が足りない。元画像が良くないと難しいのは当然だが。

by anettait | 2012-05-16 00:32 | 太陽 | Comments(0)  

「怪物級の黒点」らしい。

「NASAの研究所によると、太陽面に怪物級の黒点群が出現し、磁気嵐を伴う大規模フレアの恐れがある」とCNNのサイトに出ていた。

これはそのニュースが出た5月11日の画像。ベランダで日食準備のため、太陽望遠鏡や日食メガネのチェックをしていた時に撮影したもの。手元にコンパクトカメラしかなく、うっかり小さなサイズで撮影してしまった。
a0095470_23433759.jpg

黒点まわりの複雑な様子が何となくわかる。画像が小さいため、強い画像処理は厳しい。でもこのカメラ、太陽がよく写る。手持ち撮影なのだが。

今日は雲が多くて撮影できず。わりと大きめのプロミネンスが出ていたのだが・・・。
夕方からは雨で、一時土砂降り。そろそろ本格的な梅雨かも。日食はどうなる。

by anettait | 2012-05-13 23:48 | 太陽 | Comments(0)  

ネコと太陽

朝から天気が良かったので、太陽を撮影してみた。

大きい黒点や小さなプロミネンスがいくつかあって、見ていて楽しかった。
しかしこの望遠鏡の性能なのか、右と左のプロミネンスを同時に撮影することができなかった。
イメージサークルが小さいせいだろうか。
a0095470_1335651.jpg

画像処理の腕もまだまだ。太陽表面とプロミネンスを同時に表現することが難しい。

屋上まで行くのが面倒で窓から撮影したら、ネコがやってきて隣に寝転んだり三脚のそばから出入りしたり。
a0095470_13353832.jpg

ネコにとって太陽は、たぶん観察するものではなく、光を浴びるもののようだ。

by anettait | 2012-05-12 13:40 | 太陽 | Comments(0)  

5月3日の太陽

今朝までは曇り空だったが、いつのまにか晴れた。しかも快晴。

梅雨明けを思わせるような(そんなわけないが)抜けるような青空で、透明度がすごい。
当然だが日差しも強い。ゴールデンウィークなので、海で泳いでいる人も多いだろう。

そんな中どこにも出かけずに、日焼け対策に長袖を着て帽子をかぶり、首にはタオルを巻いて太陽を撮影した。

というわけでPSTと改造kissX2によるHαの太陽。小さなプロミネンスが多かったので撮影してて楽しかった。
a0095470_0455372.jpg


続いてBORG50EDⅡとオリンパスE-620による可視光の太陽。やや大きめの黒点が目立った。
小さな黒点も多い。
a0095470_0463370.jpg


ひどく暑い中、日向と日陰を行ったり来たりしながら、2時間も屋上で太陽を撮影していた。
首の後ろに保冷剤を当ててはいたが、日焼け対策よりも熱中症対策を優先するべきだと思い知った。

今回は対策が効いて日焼けもせず、運良く熱中症にもならなかった。
夜には星も撮影したかったが、日没後曇ってしまった。

by anettait | 2012-05-04 00:54 | 太陽 | Comments(0)