人気ブログランキング |

カテゴリ:太陽( 201 )

 

registax6で画像処理してみた

最近惑星を撮影していないので、registaxがVr.6になったのは知っていたが使ったことはなかった。
そのことを思い出して、ダウンロードして使ってみた。

惑星の最近の動画はないので、太陽の静止画約30枚で試してみた。
a0095470_23452429.jpg

驚いたことに、なんだか嘘っぽい画像になってしまった。これは処理が強すぎた。

これは縮小して処理した画像なので処理効果が出やすいが、デジカメの大きな画像だと効果が出にくいような気がした。まだまだ研究が必要だな。今回はお試しということで。

Vr.6になってデジカメの大きな画像も普通に扱えることに驚いた。パソコンのパワーは必要だろうけど。

by anettait | 2012-09-27 23:47 | 太陽 | Comments(0)  

9月25日の太陽

朝、出勤前に急いで太陽を撮影した。時間がないのでピント合わせも適当だったが、たまたま合った。

今回は画像処理の方法を変えてみたが、出来上がった画像に大きな変化はない。
a0095470_2313349.jpg

RGBに分解したG画像にはダークフィラメントがよく写っているが、カラーにすると目立たなくなってしまう。
モノクロ画像に色を付けるという方法もなくはないが、もっと別の方法を試してみたい。
a0095470_23142458.jpg

最近大きなプロミネンスが出てない。プロミネンスが見えないと気合が入らず、さっさと撮影をやめてしまう。

休みの日にじっくり太陽を見たいが、今週末も台風のようだ。

by anettait | 2012-09-26 23:16 | 太陽 | Comments(0)  

9月11日の太陽

朝、出勤前にちょっと撮影。
a0095470_21191093.jpg

ダークフィラメントなどが出ているのは見えたが、じっくり撮影する時間がなかった。
画像処理の方法を変えてみたら、プロミネンスが潰れて見えなくなった。コントラストも上げすぎだ。

フィルターによるムラを回避する方法を考えなくてはならない。
これでもフィルターの位置が違う4コマをコンポジットしたのだが、画像処理の苦労の割には効果は出ていない。

できればもう少し早起きして、じっくり撮影したい。

by anettait | 2012-09-11 21:23 | 太陽 | Comments(0)  

ループ状のプロミネンスが出ていた

朝、太陽を見てみると、ループ状のプロミネンスが出ていた。小さかったが、形が面白いので撮影してみた。
a0095470_211468.jpg

いろいろ画像処理を試してみたが、あまりうまくいかない。
結局コントラストを少し上げて、アンシャープマスクをかけただけにした。

今日も暑かったので、部屋の中から撮影した。風が強く、ぶれたコマが多かった。
画像を良く見ると、縦にシマ模様のような明るさのムラが出ている。なぜかは不明。

by anettait | 2012-09-09 02:14 | 太陽 | Comments(0)  

今朝の太陽は割と活発だった

最近早起きするために、朝の太陽を撮影することにした。

実際にはまだ数回しか撮影してなく、しかも日の出直後に撮影して再び寝るというパターンもあるので、とても早起きとは言えない状態だ。

まずPSTで太陽を見て、面白そうな現象が起きていたら撮影している。今朝はプロミネンスが活発だったので撮影してみた。

撮影時間はわずか5分間。望遠鏡をセットするのに2分、撮影2分、片づけ1分。雲が来たら晴れ間を待たずに終了。画像は上がたぶん北。
a0095470_23213238.jpg

撮影中も気にはなったが、太陽の南半球に白く目立つ模様がある。雲も多く、時間がないのでじっくり見なかったが、ちょっともったいないことをした。
a0095470_23215238.jpg

拡大してみると、けっこう複雑な模様だとわかる。もっと良く観察すればよかった。明日も晴れたら見てみよう。

by anettait | 2012-09-04 23:24 | 太陽 | Comments(0)  

8月4日の太陽 PowerShotS95

台風の前日の朝は良く晴れたので、太陽を撮影してみた。

今回は新しいズームアイピースを使い、お手軽にパワーショットS95で撮影。
カラーでは画像処理が難しかったので、今回はモノクロに変換してみた。
a0095470_2212261.jpg

ダークフィラメントが長くて目立つが、太陽とは別の天体のようだ。いや、顕微鏡写真にも見える。
いちばん上の方に黒いワニみたいなのがいる。眼視でもよくわかった。たまたまワニに似た形なだけだろうけど。
プロミネンスは太陽面との輝度差が大きく、処理の過程で消えてしまった。上の方が暗いのは雲のせい?

この後、昼には雲が増えて夕方には曇ってしまった。新しいズームアイピースのレポートはそのうちに。

by anettait | 2012-08-05 22:07 | 太陽 | Comments(0)  

太陽面で凄いことが起こっているらしい。

今日の午後、某所から「太陽面ですごいことが起こっている」との連絡を受けた。
仕事が終わってからPSTで確認すると、確かにすごい。巨大プロミネンスだ。これほど大規模なものは初めて見た。

しかし雲が多く、しかも太陽の高度は下がる一方なので、撮影は厳しい。どうにか4コマを撮影できただけだった。
a0095470_23262295.jpg

プロミネンス部分を拡大してみる。太陽面にはダークフィラメントなども見える。
a0095470_23262616.jpg

こんなすごいのが地球の方向を向いていたら、かなり大変なことになったんじゃないだろうか。

by anettait | 2012-07-26 23:28 | 太陽 | Comments(0)  

伝説の太陽最適デジカメCOOLPIX990・デジカメ対決「太陽編」

いきなりだが伝説の太陽最適デジカメで撮ってみた。有名なニコンCOOLPIX990だ。

10年ほど前、惑星撮影用に新品で買ったのだが、シャッターのタイムラグが大きいのと、暗い惑星面でピントを合わせるのがつらくて、使わなくなってしまった。その頃は太陽望遠鏡も持ってなくて、太陽に最適なんて知らなかった。

ちょうどその頃惑星撮影はWEBカメラが主流となり、そのまま数年間も使わないでいたら壊れてしまった。現在のは中古で買った2代目だ。これは数千円で買えたが、故障している個体も多いうえにメーカー修理も終わっているらしいので、買うにはちょっと覚悟がいる。

このカメラはやや調子が悪く、リモートコードが反応しない。先代も反応がひどく悪かったから、もともとこういうものかもしれない。リモートコードは995ではちゃんと認識するし。

手でシャッターボタンを押すのでぶれるコマもあるが、とりあえずたくさん撮影した。非圧縮画像は記録に数十秒もかかるので、それを待っていたら確実に日射病になる。今回は二番目の画質で撮影。

適当な画像を10コマほどコンポジットして、アンシャープマスクを4、5回とレベル調整、WEB用にリサイズ。すべてステライメージ6で画像処理した。
a0095470_2392362.jpg

なかなかいい写りだ。しかしE-P1やE-1、S95よりはるかに優れているかというと、そうでもない気がする。
参考までにRGBに分解した画像を掲載する。
a0095470_2393977.jpg

a0095470_2395955.jpg

a0095470_23101567.jpg

画像処理して模様を強調している。G画像よりはB画像に模様がよく写っている。これはE-1などと同じ傾向だ。天文ガイドに書いてあったのとは微妙に違う気がする。
太陽カメラとしての写りはもちろん、ボディが半分から回転するタイプなので、望遠鏡に付けての撮影がとても楽だ。E-620の次に使いやすい。

ただし液晶画面が小さいのが残念だ。老眼なら迷わずS95またはE-P1、E-620を勧める。990は故障がいちばん心配だし。割り切って使いつぶすという手もあるけど。

by anettait | 2012-07-03 23:18 | 太陽 | Comments(2)  

今日もプロミネンスがすごい!

今日もよく晴れた。焼けるような日差しの中、日陰に隠れて太陽撮影。
昨日の反省から、今日の撮影は短時間で済ますことに。昨日に引き続きプロミネンスが凄かった。

同心円状の模様が出ないよう、使い慣れたビクセンLV20mmで撮影。延長筒で拡大してみた。
a0095470_0251129.jpg

プロミネンスも太陽面もよく写っているが、同心円状の模様も写っている。

アイピースのせいではないとすると、カメラ?でも別のカメラでも写る。やはりアイピース?

検証することがまた増えてしまい、撮影に時間がかかった。結局今日も日射病か熱中症気味だが、原因はわからずじまい。

E-P1は太陽がよく写るし、動画撮影にケーブルレリーズが使えるのがいい。動画露出はオートだけど。
EOS5DMarkⅡもE-PL1も、動画の露出が調整できるにもかかわらず、なぜか動画撮影にはボディのボタンを押さなくてはならない。
必ず動画の最初がぶれるという困った仕様だ。最近安くなっているE-P3あたりはどうだろうか。

by anettait | 2012-07-02 00:30 | 太陽 | Comments(0)  

プロミネンスがすごい!

デジカメ対決のため太陽をPSTで見てみると、大きなプロミネンスが!

さっそく撮影した。E-1に始まって、E-PL1とニコンD50以外の所有しているデジカメほとんどで撮影した。
D50は電池切れ。E-PL1は時間切れと体力切れでパス。

今回は強拡大のできるマイクロフォーサーズ、E-P1の画像を掲載する。

まずは太陽の全体像。プロミネンスを強調するために、反対側が露出不足になってしまった。
a0095470_0193241.jpg


拡大画像はこのとおり。部屋に転がっていたノーブランドの新品PL9mm使用。
a0095470_0202035.jpg

このPL9mmが問題で、よく見るとニュートンリングのような同心円模様が出ている。撮影後に気づいてがっかり。この画像は4コマコンポジットでごまかした。

同心円模様を画像処理で強調してみた。まったくがっかりだ。もっと注意深く撮影しなくては。
a0095470_0204115.jpg


天文ガイド6月号によると、太陽のHα像撮影には、G画像のHα感度が重要らしい。つまりRGBに分解した場合に、G画像に模様がしっかり写っているといいと私は解釈した。太陽撮影向きと有名なニコンCoolpix990はそこが優れているとのこと。

ということで、上の画像もRGB画像に分解してみた。
a0095470_021612.jpg

E-P1もなかなかいいような気がする。あとは画像処理の腕の問題かも?
撮影のため4時間近くも屋上にいたので、すっかり日焼けしてしまった。日陰にいたのだが、照り返しがきつかった。

by anettait | 2012-07-01 00:28 | 太陽 | Comments(0)