人気ブログランキング |

カテゴリ:観望会( 141 )

 

今日は火星大接近観望会in新都心公園

日付が変わったので、今日は15年ぶりの火星大接近。とはいえ昨日や一昨日と見かけの大きさはぜんぜん変わらないし、今週末だって大きさは変わらないので、土曜日に見ても同じ。むしろ後の方が砂嵐が収まって模様も見えてくる可能性は高い。

しかしこういうのはお祭りだから、盛り上がるタイミングというのが世間にはあるみたいなので、最接近の日に盛り上がっていきましょう、ということになる。
a0095470_00080503.jpg
まあそういうわけで、今日はまだ週の前半なのに観望会がある。今はその準備をしているが、高倍率用のアイピースが足りない。ドームにLV4mmが何個か転がっていたかもしれないので、これから捜索隊を出す。

LV2.5mmもどこかにあるはずだが、あれは倍率が高くなりすぎるので探さない。人数の多い観望会では追尾に気を使う倍率は使うべきではないと思っている。

というわけで今夜は火星が撮影できない。まあ曇っているんだけどね。明日はどうだろう。気まぐれな台風が九州あたりに居座っていて、ここまでその影響が出ているのは困ったものだが天気だけは仕方ないか。

ところで口径が大きくなるほど火星はまぶしくて模様は見えにくい。倍率を上げるにも大口径は光量が多すぎるから、まぶしくない倍率はシーイングの影響をもろに受ける倍率になってしまう。眼視でのベストは30cmくらいだと思う。たぶん。20cmでは見やすいけどまぶしさが足りない。まあ今はどれで見ても模様はほとんど見えないけどね。極冠は大丈夫だと思う。

今回はうちから20cmと30cmが出動する。25cmシュミカセはどうしようかな。車に入れっぱなしだと熱で一晩中使い物にならないし。外で使うには管理が難しい鏡筒だ。その点ニュートン反射は冷めやすいのがいい。


by anettait | 2018-07-31 00:30 | 観望会 | Comments(0)  

七夕観望会

今日は七夕、と思ったら日付が変わっている・・・。

夕方から駅前の広場の近くで例年通り七夕観望会。
a0095470_00331272.jpg
ここ数日続いている大雨の影響でダメかと思ったが、雲は多いものの木星、金星、土星を見てもらうことができた。こんなに写真へただったっけと思うほど写真がぶれてしまったが、ちょうど顔がわからなくなったのでまあいい。

その後、沖縄星観の会の例会。火星のマニアックな話題で盛り上がった。



by anettait | 2018-07-08 00:38 | 観望会 | Comments(0)  

KAGAYA氏観望会で考える自動導入のメーカー差

KAGAYA氏の講演会を聞いた後、夕方おこなわれた観望会の手伝いをしてきた。
正確には、観望会のスタッフをしている友人の手伝いをしてきた。

私は30cm自動導入ドブで木星と土星を見せる係。KAGAYA氏は参加者を引き連れて砂浜の方で夕日の撮影をしたり、星座の説明をしたりと大忙し。
私は望遠鏡にずっと張り付いていたのでKAGAYA氏の話を聞くことはほとんどできなかったが、惑星はよく見えたので楽しかった。
a0095470_16090891.jpg
久しぶりにSkyーwatcherの自動導入ドブを使って気がついたのだが、この望遠鏡、月が見えていても自動導入のセッティングができない。アライメントのメニューに月が出てこないのだ。だから最低でも惑星か明るい星が出ないとアライメントがスタートできない。

ところが私がよく使うCERESTRONの9cm自動導入屈折は月だけでセッティング完了。そのまま月を追尾してくれる。その点はすごく優秀で、観望会ではとても使いやすい。ただし他の星の導入精度は確認してないのでそこは不明。

夏場によくある、空がまだ明るいうちにスタートの観望会では、セレストロンは使えてもスカイウォッチャーは使えないし、月だけ見たい人でも他の星でアライメントを取らないといけない。最低2星。口径が圧倒的に大きく良く見えるのに残念だ。星さえ見えればそれなりの導入精度はある。メーカーによる仕様の違いだが、なんだかなと思ってしまう。

たさし9cm屈折は架台もそれなりの強度なので、接眼部に重いアクセサリー(スマホアダプターなど)を付けたら動いてしまい月が見えなくなるなど、汎用性には欠けるのだが。その点は巨大な30cmドブなら圧倒的に有利。ただしどちらも経緯台なので、星雲星団の写真を撮るような使い方には構造的な限度があるのは理解して使いたい。



by anettait | 2017-07-02 16:27 | 観望会 | Comments(0)  

夏休み自治会観望会

知り合いの自治会で観望会があったので手伝いに行ってきた。
今回は25cmシュミカセで土星、20cmシュミカセは火星、9cm屈折で月を見せた。
a0095470_075239.jpg

参加者は250人くらいいたらしい。とりあえず全員に火星と土星、月を見せられたと思う。
この観望会は私の望遠鏡以外にも5,6台望遠鏡が出て、それぞれに担当がつくので、何回も望遠鏡を覗くことができるのがいい。

実際に何度も土星を見に来た子どもも何人かいた。8mmアイピースを使って312倍で見てもらったのだが、シーイングが非常に良く、光軸もちゃんと合っていたので、とてもシャープな土星が見え、大好評だった。

終了前に6mmアイピースを使い416倍にしたところ、像は暗くなるもののシャープさは衰えず、25cmシュミカセの限界に近いようなすごい土星を見ることができた。6mmより短いアイピースは持っていなかったので、それ以上の倍率が出せないのが残念だったほどだ。

最後まで残った何名かの大人や子どもたちもその土星を見て、「さっきよりすごい!」と驚いていたので、違いがわかってもらえたようだ。

通常、観望会ではその望遠鏡の最高倍率は使わないことにしている。倍率が高くなると、像が暗くなるのと、ピントの個人差が大きくなりすぎるからだ。

つまり倍率が高すぎると、人によっては暗くてボケボケで、なにを見ているかわからない可能性がある。
だからそこそこ明るくてピントが合いやすい、そこそこの倍率で星は見せた方がいいと思う。
特に小さな子や高齢者が多い観望会では必要なことだと考えている。

しかし今回は、ちょっともったいなかったかなと思った。こんなに条件のいい観望会は年に1回くらいしかないし。もう少し早く気がつけば良かった。

by anettait | 2016-08-17 00:12 | 観望会 | Comments(0)  

夏休み星空観望会中止のお知らせ

本日予定していました観望会は、天候不良のため、中止します。
非常に残念ですが。
そのうちまたけいかくします

by anettait | 2016-08-10 17:17 | 観望会 | Comments(0)  

夏休み星空観望会のお知らせ

夏休み星空観望会を開催します。これは個人主催の観望会です。

日時:2016年8月10日(水) 午後8時~9時30分
場所:那覇新都心公園 駐車場付近
見るもの:土星、月
参加費:無料(公園駐車場使用の場合は駐車料金が出ます)
使用望遠鏡(予定):25cmシュミカセ(下の写真のもの)、9cm屈折
どなたでも参加できますが、夜のことなので幼児、小中学生は保護者同伴が条件です。
a0095470_1729397.jpg

参加希望者は直接会場に来てください。申し込みは不要です。
「土星観望会」の看板が目印。望遠鏡があって人が並んでいたら、そこです。

雨天、曇天は中止です。その場合はこのブログでお知らせします。

当日の天気予報が曇り時々晴れなので、ちょっと微妙ですが、せっかくの夏休みなので・・・。

by anettait | 2016-08-07 17:35 | 観望会 | Comments(0)  

「宇宙の学校」ついでに太陽観察会

今日は「宇宙の学校」があったので手伝いに行った。
しかし若い人たちが手伝いに来ていて私の出る幕はほとんどなかったので、終了後のベランダでの太陽観察に全力を注いだ。子どもたちに太陽面を確実に見てもらうため、私の最新鋭機材を投入した。
a0095470_0312233.jpg

実はそれほど大したことをしたわけではなかったが、これまでの経験を基に、多少工夫した。

つまりこうだ。低学年の子供たちだと、アイピースを覗いても太陽面の模様やプロミネンスを認識できているか、かなり不安があるどころか、認識するのはたぶん無理だと思う。

そこで確実に太陽が見えるよう、デジカメを太陽望遠鏡のズームアイピースに付けてwifiで映像をタブレットに飛ばし、タブレットの画面を家族で観察するという方法を考え出した。これなら両目で見るので見やすいし、説明もしやすい。親もいっしょに太陽観察が楽しめ、1回で2,3名に見せられる。ひとりずつ交代でアイピースを覗きこむよりはるかに効率的で、多人数のイベントに向いている。

大画面テレビでもいいのだが、そこまでの設備を準備できないのと、実際にやってみたらタブレットよりも臨場感に欠ける気がしたので、1回でやめてしまった。

使ったデジカメはソニーのNEX5R。アンドロイドタブレットにソニーのアプリを入れるとNEX5Rの液晶に出ている画像がリアルタイムでタブレットに表示できる。しかも露出制御も撮影も可能。便利な時代になったものだ。

この手法の思わぬ利点は、日陰で観察できることだ。タブレットは日なたでは画面が見づらいので日陰に入って見るのだが、子供たちが直接太陽を見上げることを防止できるし、日射病熱中症にもかかりにくい。しかも太陽に雲がかかると画像も同時に消えるから、とても臨場感がある。

難点は、子どもがタブレットの関係ないボタンを押してしまって動作がおかしくなるところ。接続が切れてしまう場合もあるが、それは仕方がない部分ではある。また、撮像素子上のゴミが写りやすいのも欠点だ。上の画像でも左上に写っている。

今日の太陽観察会は好評だったと思うが、太陽面がおとなしかったのがとても残念だった。プロミネンスも小さいし、黒点も画面上ではっきりわかるのがなかったし。

by anettait | 2016-05-30 00:44 | 観望会 | Comments(0)  

観望会報告

今回の観望会は急だったこともあり、参加者は2日間で30人くらい。ほとんどがウォーキング中の公園利用者だった。

木星はほとんどの人に見てもらえたが、東側がずっと曇っていたこともあり、火星を見た人はその半分、土星をいたのは数人だった。シーイングは良かったので、雲が多かったのは残念。初めて望遠鏡を覗く人が木星の衛星の影を認識できるほど気流の状態は良かったんだが。

昨日は急に仕事が入ったので中止するつもりだったが、短い時間だったが開催できた。仕事を調整して、そのうちまた開催したい。

ただし、まだ梅雨は終わってないらしい。今週後半はまた雨になりそうだ。

by anettait | 2016-05-30 00:11 | 観望会 | Comments(0)  

突然ですが今夜火星観望会を開催します。

今日は梅雨の晴れ間で良く晴れているので、突然ですが個人的な火星観望会を開催します。
紹介は以下のとおり。
a0095470_13202317.jpg


タイトル:火星観望会
日時:2016年5月27日 午後8時30分~午後10時頃まで
場所:那覇新都心公園の駐車場の近く(現地で決める)
参加資格:もろもろ自己責任で参加できる人、幼児小中学生は保護者同伴のこと
参加費:無料(公園駐車場が4月に有料になったので、たぶん駐車料金が必要)
見るもの:火星
主催:亜熱帯天文台(個人)
注意点:曇ったら見えないし、雨だと中止。
使用機材:25~30cmクラスの反射望遠鏡

天気が良ければ明日もやるかも。
最接近の5月31日頃はまた梅雨空に戻りそうなので、見えるうちに見ておこうという観望会です。

さて今日は休みなので、これから望遠鏡を選ぼうかな。

by anettait | 2016-05-27 13:22 | 観望会 | Comments(0)  

足がつった観望会

明け方ふくらはぎがつって、強烈な痛みで目が覚めた。すぐに治ったが、その後寝ている間にさらに2回つった。こんなことは初めての経験だった。

その原因を考えていたら、前夜の観望会のせいだと気がついた。そこは海のそばの体育館で、津波避難施設としてアピールするために星空観望会を企画したとのことで、なかなか面白い。

しかし現場に到着してわかったのは、観望会の場所は4階だがエレベーターは2階までしかなく、しかもカートもないので機材は建物入口から人力で運ぶしかないし、スタッフも1人しかいないし、なかなか厳しい状況だった。

重いドブソニアンを持ってこなくてよかったとその時は思ったのだが、SE200N+GPD赤道儀とNexstarGT90一式でも私には重すぎたようだ。日頃使わない筋肉を酷使したので、明け方足の筋肉が悲鳴を上げたのだった、たぶん。
重い望遠鏡を持つ時は腰には注意しているが、足に来るとは予想外だった。
a0095470_17452640.jpg

画像は観望会の場所から見た夜景。空はけっこう明るい上に雲も多く、風がやたらと強かった。おかげで望遠鏡はぶれまくり。ちゃんと下見をしろということだな。参加者全員に20cmと9cmで土星を見せられたからよしとしよう。

by anettait | 2015-10-04 17:49 | 観望会 | Comments(0)