人気ブログランキング |

カテゴリ:流星群( 45 )

 

オリオン座流星群2019

昨夜1時間ほどオリオン座流星群を1時間ばかり観測したが、1個も見えなかった。確かに極大はその前夜だし、観測場所が光害いっぱいの自宅なので期待はしてなかったがまさかの空振り。

しかし撮影した動画には1個写っていた。まあこれでよしとしよう。
a0095470_00134636.jpg
動画では見事な緑色なんだが、その時は下を向いていたのか蚊と戦っていたのか、眼視では見逃してしまった。

今月はジャコビニ流星群もグスクロード公園に遠征して空振りだったし、オリオン座流星群は極大の夜はどん曇りだったしでダメかと思ったがまあいい。残りの動画はまだ見てないが、1個写ったから存在は確認できた。


by anettait | 2019-10-24 00:16 | 流星群 | Comments(0)  

手持ち流星撮影(偶然だが)

そろそろ夏の流星群の時期だ。7月後半から8月中旬までは、いくつかの流星群のピークが集まっていて、1年でもっとも流星を見やすい時期だ(と私は主張している)。

今年はペルセウス座流星群は満月直前で厳しいが、その前のみずがめ座流星群などはそこそこいけるような気がする。
今年は梅雨明けも遅かったためか梅雨明け後の透明度のいい空が広がっていて、星が良く見える。
a0095470_15594358.jpg
透明度のいい空なのでもしかしたら天の川が自宅で見えるかも、と思って撮影してみた。眼視では天の川が分かったが画像ではわからない。しかし偶然流れ星が写っていた。わずか4分の1秒の露出で写っているので、まあ運が良かった。やや手振れで流れているところは間抜けだが手持ちっぽい感じがしていい。

そういえばこの画像を見て、昔のマンガの主人公が「流れ星を点に撮影できるほど流し撮りの得意な凄腕カメラマンと撮影対決をする話」を思い出したが、結果がどうだったのか、そのマンガが何だったのかは思い出せない。
a0095470_15594889.jpg
観望会で重い望遠鏡を運びすぎて腰痛なのと雲が多すぎて雨が降りそうだったので、この日は望遠鏡も出さず撮影にも行かなかった。でも手持ちで流れ星が撮れたので良しとしよう。流れ星を点に撮影する腕はないが、流れ星は線で撮りたい。点だと色の変化がわからなくなるし。

by anettait | 2019-07-28 16:11 | 流星群 | Comments(0)  

しぶんぎ座流星群・どん曇りなのはいつものこと

今朝はしぶんぎ座流星群だった。0時過ぎに寝る頃は少し雲が切れていて期待したが、明け方5時に起きてみるとどん曇り。まあ毎年のことだからがっかりもしないけど。

で、午前中には晴れて、昼休みにはいい青空になった。
a0095470_22304666.jpg
1月4日は毎年仕事始めに当たるので流星観測で徹夜するわけにはいかない。沖縄の冬は天気悪いので、私はこれまでしぶんぎ座流星群は1回も見たことがないはず。

この青空も夕方にはどん曇りに戻った。明日は雨らしい。


by anettait | 2019-01-04 22:33 | 流星群 | Comments(0)  

極大日翌日には激減したふたご座流星群2018

今年の極大日は前日の天気予報とは逆に、そこそこいい天気だがこんな日に限って仕事が長引く。そのまま撮影に向かうが観測地に着いたのが21時。ばんばん流星は流れているが、カメラの写野にはなかなか入ってくれない。
下の画像は、今回流星が写った貴重な1枚。動画もα7Ⅲにしたら露出不足で失敗。テスト撮影はちゃんとしないといかん。
a0095470_23253196.jpg
撮影開始後1時間で雲がやってきた。その後曇ったり晴れたりで流星はなかなか写せない。23時にはどん曇りになり、待機中に数年ぶりに警察の職務質問を受けたりしているうちに雨が落ちてきたので撤収。自宅に戻っても天気が悪く、あきらめて寝た。

翌日は朝から快晴。本島中部では午前4時には晴れていて、流星がたくさん見られたと聞いたがまあいい。その夜は忘年会で酒も飲まずに終了後撮影に直行。しかし流星は激減していて、見たのは0時から3時間で十数個。雲が多くなったので午前3時に撤収。

ウィルタネン彗星が撮影できたのは良かったが、ふたご座流星群は極大後には数がかなり減るという情報は、まあ合っているみたいだ。見えた数が少ないのは彗星撮影でカメラをいじっている時間が長かったせいもあるが、もうちょっと流れると期待していた。極大日に曇ったのが残念だが、天気には勝てないし仕方ないな。

by anettait | 2018-12-16 23:30 | 流星群 | Comments(0)  

2018ペルセウス座流星群は雨のち曇りのち雨たまに晴れ間

今年は台風が多い。多すぎる。何個目か忘れたがその影響が残る中、天気も悪いのにペルセウス座流星群の撮影に出かけた。

到着したらすぐに雨が降ってきたが、止むのを待って機材設置。突然の雨に備えてすぐに撤収可能なカメラと三脚だけ3台分。赤道儀は持っていったが設置せず。

すっきり晴れ渡ることはなく、雲の合間に向けて次々と構図を変えて3台で撮りまくったので非常に忙しかった。そして写った中でいちばん長い流星がこれ。
a0095470_21252822.jpg
やはり雲が多いとダメだな。2時間近く撮影し、全部で900コマになったが写った流星は6個。まあ1コマあたりの露出時間は6秒とか5秒だし、雲が多すぎたし仕方ないか。

なお動画はこれから確認するが、撮影中の感じではまともに写ったのは2、3個程度か?動画が2時間分あるので、確認にも2時間くらいかかりそう。半分は雲ばっかりの予感はしている。

自宅で撮影していても同じ結果だったのではと思うが、いやいや流星はそこそこ見えたのでよしとしておこう。写ってないのはカメラがそこを向いていなかったからで、それはいつものことだ。

by anettait | 2018-08-13 21:30 | 流星群 | Comments(0)  

ペルセウス座流星群を台風ヤギがじゃまをする

そろそろペルセウス座流星群が活発になる頃。しかし今年は台風14号ヤギが近くにいて、ひどい天気だ。
14号のヤギという名前は日本からのもので、やぎ座のヤギとのこと。まったく間が悪いというか、台風の名前はどうでもいいことなんだが星座つながりなので。

昨日の夕方はまだ晴れ間があって観望会ができたが、帰宅するとどん曇りのち雨。しかし午前1時過ぎに晴れたので自宅の屋上で1時間程度、動画を撮影してみた。その後また曇りで今朝からずっと雨。
a0095470_17592993.jpg
結果は流星が4、5個見えたような気がするが、眠くて流星か錯覚かわからないものもあった。上の画像のように明るいものはこの1個だけ。アンドロメダ座を横切っている。左側はカシオペヤ座。流星は暗いのも含めて動画には5個写っていた。

上の画像が点線になっているのは、動画から切り出した静止画を比較明合成したから。暗い流星まで撮るつもりでシャッタースピードを20分の1にしたら、こんな感じになってしまった。加算平均ではもっとなめらかになるが、流星が暗くなる。何かいい処理方法がないか探さないと。

極大は明日の晩の予想だが、この天気では厳しそうだ。今年は月齢の条件は最高なんだが。


by anettait | 2018-08-11 18:08 | 流星群 | Comments(0)  

2017ふたご座流星群の感想

2017年のふたご座流星群は、思ったより多くの流星を見ることができた。
世間でピークと騒がれていた13日夜~14日明け方は天気が悪く、星はまったく見えなかった。

翌日の14日もどん曇りで、期待できそうにはなかったが一応撮影に出かけた。場所はいつもの糸満の海岸。
しかし晴れる気配がなく1時間半粘ったが、ネットの雲の画像から無理と判断して帰った。
しかし10分走ったところで空を見上げたら星が見えたので、引き返して撮影開始。
a0095470_23262410.jpg
準備中も火球クラスの流星が流れて、なんだか損をした気分だったが、自宅に着いて晴れに気がつくよりよほどましだ。
動画と静止画といういつものセットで撮影したが、静止画の方向にはなかなか流れてくれない。

動画はSONYα7s+シグマ14mmF1.8という超高級レンズだが、ペルセ群の後は使ってなかった。その使ってない間に値段が2万円も安くなったのはかなりショックだ。でも流星はよく写るからまあいい。

静止画はEOS5DMarkⅢ+シグマ20mmF1.8(ニコンマウント)という絞りリングのついた古いレンズ。設計が古いので周辺で星が変な形になる。周辺減光も大きい。下の画像参照。
これまではマウントアダプターでEOSマウントに変換し、さらにEOS-αマウントアダプターでα7sに取り付けて使っていたが、14mmの登場で選手交代となった。20mmはできれば最新の20mmF1.4artに買い換えたいがお金がない。
a0095470_23263416.jpg
もう1台、まどかを付けたNEX5Rで全天を撮影したが、ヨドバシで買った非純正のレリーズが途中までしか差し込めなくて使えず、連続撮影はできなかったのが残念だった。α7sには使えたので、何か仕様が違うのかもしれない。

約4時間ほどで流星50個くらいは見えたと思う。最初から数えてなかったので、正確なところはわからない。
前回書いた通り、15日0時から1時の間に明るい流星のピークがあったように見えたが、それ以前は曇りでわからないので、実はピークはもっと前という可能性もある。
その後3時前から暗い流星の小さいピーク。その前は30分程度、ほとんど流れない時間もあった。

撮影した動画はまだチェックしていないが、時間がかかるので面倒だ。年末年始の時間がある時にでも。
静止画は意外に写りが悪く、写野に流れたはずの暗い流星はほとんど写っていなかった。

翌15日夜は天気が良かったが出かける元気はなく、自宅で1時間ほど見ていたが流星はまったく見えなかった。実は途中で寝てしまったので本当に見えなかったかは不明だ。動画は未チェックだが、自宅での撮影なので期待できない。

来年はもっと条件がいいみたいなので、もっときちんと準備をして流星群を迎えたい。レリーズが使えなかったとか極軸がズレていたとか初歩的なミスは次回は避けたい。



by anettait | 2017-12-16 23:44 | 流星群 | Comments(0)  

まどかとふたご座流星群を撮りに行った

今日はまどかとふたご座流星群を撮影してきた。けっこうたくさん流れていた。

知らない人のために書いておくが、まどかはミラーレスカメラ用レンズだ。MADOKAと書く。そんな商品名のレンズがあるのだ。魔法少女とかでは(以下略)
a0095470_05291909.jpg
全天魚眼レンズだが、これでも写るのだから、かなり明るい流星だった。そういうのがけっこう流れた。

14日23時30分までは曇っていて、あきらめて帰る途中で晴れているのに気がついて引き返して撮影。
撮影準備している間にもばんばん流れて、かなりの数を撮りそこなった。

15日0時から1時の間に、明るい流星のピークがあったと思う。それだけ明るい流星が多かった。また、2時45分頃から約30分間、それほど明るくない流星のピークがあったように感じた。

それ以降の30分間はあまり流れず、曇ってきたので撤収。実にいい流星群だった。

他のカメラでも動画とか撮影したが、それはまた次に。


by anettait | 2017-12-15 05:34 | 流星群 | Comments(0)  

台風が来る前にオリオン座流星群を見たんだが (2)

昨夜はいろいろと疲れていたのだが眠りが浅く、午前2時半頃に屋上で流星群を見ることにした。
透明度は普通に戻り、最微光星は前日より落ちて3等級程度。
いつものα7sを三脚に載せて、なんとなくシャッタースピードを13分の1秒にして動画撮影開始。
そしたらいきなり明るいのが流れた。マイナス1等級くらいか。
a0095470_22503200.jpg
動画から静止画に切り出してコンポジットしてみると、雲もあるためか流星がしょぼい。早い流星に特徴的な緑色もはっきりしない。

でもまあ写ったからいいか。シャッタースピードは遅すぎて動画では流星がカクカクだけど。
雲が切れた間の20分ほど見たが、合計で2個見えただけ。その後どん曇りになって終了。

もう台風の雲にかかっているので、オリオン座流星群の極大は見られそうにないが、昨日大きいのを見たからいいか。


by anettait | 2017-10-20 22:56 | 流星群 | Comments(0)  

台風が来る前にオリオン座流星群を見たんだが

週末には台風が来るということで、昨夜の深夜、1時間ほどオリオン座流星群を見てみた。
今日は休みだったので、自宅で午前2時から3時まで(そこしか晴れなかった)見ていたんだが、実際に見たのは1個だけ。

最微光星4等級と、自宅では最高のコンディション。透明度もばっちり、たくさん見えると期待したんだが空振り。
同時にα7sで動画も撮影したので、今朝確認してみたらしょぼいのが3個写っていた。
a0095470_00315080.jpg
やはりピークの3日前というのは早かったか。または光害などの悪条件が影響したのか。
明日から天気が悪くなるようなので、今年は無理かな・・・。

なお、上の画像には流星は写っていない。オリオン座をたくさん撮影したので記念に掲載しただけ。


by anettait | 2017-10-20 00:33 | 流星群 | Comments(0)