人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 11 )

 

帰る日に晴れる

起きてみると、いい天気。

まあ、よくあることだ。
a0095470_15241656.jpg

帰る前に、石垣島天文台に行った。

by anettait | 2017-10-29 15:20 | Comments(2)  

沖縄本島は台風の目に入ったようだ

先ほど沖縄本島は、台風の目に入ったようだ。

<
a0095470_11301254.png
br>

風も雨も止んでいるらしい。

石垣島はただ天気が悪いだけ。

by anettait | 2017-10-28 11:24 | Comments(0)  

昨日の木星:天気はいいがシーイングがひどく悪い

昨日は天気がとても良かったが寒く、シーイングはとても悪かった。
だから木星を撮影してもひどい写りに納得だ。
a0095470_21282854.jpg
良くなるかと少しまってみたが、無駄だった。


by anettait | 2017-04-03 21:30 | Comments(0)  

月と雲と冬の星座

雨が降ったり星が見えたり、不安定な天気。もう冬の星座が出ているが、昼間はまだ暑いし、夜もあまり涼しくない。
a0095470_01013097.jpg

真ん中の明るいのは下弦前の月。その下にある明るい星みたいなのは、レンズによるゴースト。肉眼では何も見えないし、UFOと間違えないように。
左上にある円弧状の光もゴースト。虹ではない。

by anettait | 2016-10-21 00:54 | Comments(0)  

明けましておめでとうございます。

世界天文年の2009年が終わり、2010年になった。今年は日本史上初の正月月食が起きたが、起ききれなくて見逃した。天気が良かったのかどうかさえ不明。

でも初日の出には間に合った。D4フィルターが使えるBORG50EDⅡを準備して撮影に臨む。もしかしたらと思ったら、やはり初日の出は首里城から昇った。
a0095470_2139222.jpg

わかりにくい画像なので、中心部だけ拡大、ついでに明るくした。手前の白い瓦屋根もわかる。
a0095470_21393355.jpg

雲と電線がじゃまだが、次回の「首里城と満月」までには電線だけでも解決したい。

数分後には太陽の高度も上がり雲から出たので、撮影した。まだ少し変形している。よく見ると黒点がある。
a0095470_2140241.jpg

首里城から太陽が昇るのが冬至とかだと古代遺跡の天文台っぽくていいのだが、それは贅沢というものか。うちは古代遺跡じゃないし。

by anettait | 2010-01-01 21:52 | Comments(0)  

NGT-18復活計画(8) 10秒露出のオリオン大星雲

 NGT-18は極軸の厳密なセッティングが困難(私には無理)なので、星雲星団の撮影は難しい。しかも風にめちゃくちゃ弱いので、ブレまくる。

 ところが写真レンズと考えると、2000mmF4.5という大口径超望遠レンズだ。試しにオリオン大星雲を撮影してみると、極軸セッティングが悪いのか30秒では流れまくり。ところが露出時間を減らしていったら、10秒程度では流れが目立たず、しかもそこそこ写った。中心部は露出オーバー。銀塩時代には考えられないほど、デジカメの性能が上がったおかげだ。

 試しに6秒と10秒の2コマをコンポジットしてみた。画像処理がいいかげんなのでコンポジットの効果は疑問だが、まあこんな感じ。
a0095470_18304452.jpg

 ここは地面が傾斜しているのでこれ以上を望むのは無理だが、ちゃんとした場所でちゃんと撮影すれば、もっといいのが撮れることは確かだ。でも眼視では、画像下の淡い部分がもっとよく見えた。色は中心部の青と赤っぽいのが少しわかる程度だけど。

 撮影するなら眼視を超えるようなものを撮らなくては。もっと高感度が使える(使い物になる)デジカメなら、もっとすごいのが手軽に撮影できるはずだ。ライブニューでピント合わせも楽々だし。

by anettait | 2009-09-22 18:36 | Comments(0)  

今日の土星

 久し振りに晴れたので、土星を撮影した。晴れたといっても薄い雲がかかっていて、月も滲んで見える。これも久しぶりに40cmを使ったが、薄雲のせいか土星がとても暗い。

 仕方がないのでシャッタースピードを落として、明るく撮る。シャッタースピードが遅いとピント合わせにも困る。眼視ではそれほど問題ないが、撮影だとこの程度の雲でもきつい。
a0095470_1393517.jpg

 とはいうものの、とりあえずはまともなものが撮れた。久しぶりなので満足。今日は色もまともだ。眼視ではもっと茶色に見えたけど。

by anettait | 2009-04-04 01:42 | Comments(0)  

那覇新都心で星の見える場所

 つい最近、ウォーキングを始めた。ただウォーキングをしてもすぐに飽きてしまうので、那覇新都心で星がよく見える場所を探してみることにした。これは車では無理なこと。歩いてこそ探せるのだ。

 今日で三日目だが、どうしようもなく星が見えないことに気がついた。以前よりもさらに街灯やビルの照明が増えている。近所のスーパーの職員駐車場も、立派な街灯がついてしまった。これが深夜まで消えないので、パチンコ屋よりひどい。そのスーパーは23時で閉まるはずなのに。

 大きな公園にも行ってみたが、22時に中心部の照明が消えても周辺は消えないので、よく見えない。安全のため公園は仕方がないとは思うが、むき出しの水銀灯はまぶしいだけで意外にまわりがよく見えない。照明器具はよく考えて選ぶべきだと思う。

 これからしばらくは星の見える場所を探すと思うが、あまり期待できないのではないかと思い始めている。遠いところは自転車で、とも考えたが、それでは運動にならない。消費カロリーは歩くのに比べてずいぶん違うはずだ。だから歩く。ただし双眼鏡やカメラの類は持たない。変質者と思われても困るし。暗いとこばかりを探しているという時点でかなり怪しいはずだから。

by anettait | 2008-10-29 01:17 | Comments(5)  

宇宙教育指導者セミナー

 うっかり宣伝し忘れていたけど、沖縄初の宇宙教育指導者セミナーがあります。場所は那覇市久茂地公民館、日時は10月25日(土)午前10時~午後5時30分くらいまで。詳しくは久茂地公民館ホームページで。

 これは申込が必要で、これは直接JAXA宇宙教育センターのページでおこなわないといけないです。

締切が迫ってます。そこそこ人数も集まっているようです。内容等詳細はリンク先を見てください。

by anettait | 2008-10-20 23:35 | Comments(0)  

赤道儀(1) スカイメモNS

 これは15年も前に購入した写真専用赤道儀。現在はモデルチェンジで新型のRになっている。確かオーストラリアに星の写真を撮影に行くために買ったような気がするが、よく憶えていない。もしかしたらもう少し前だったかも。

 スカイメモは望遠鏡を載せるのではなく、カメラを載せて星の写真を撮るための赤道儀。だから赤緯軸はなく、カメラを搭載するためのプレートが付いている。普通2台搭載するが、流星群の時は欲張って4台載せて撮影したこともある。
a0095470_2210317.jpg

 追尾精度は抜群で、巨大な300mm望遠レンズで5分間撮影しても、星をしっかり追ってくれる。極軸望遠鏡が使いやすいのも大きなプラスになっていると思う。初めて南半球の星を撮影に行っても、ちゃんと天の南極に合わせることができた。もちろん予習はしていったが。

 欠点といえばその重さ。4.5キロというが、感覚的にはけっこう重い。専用三脚も一緒に買ったがこちらもひどく重い。重さも望遠鏡の性能のうちだとはいうが、軽量化なんて言葉はこの時代にはなかったのだろうか。でもこのセットで94年にオーストラリアに行き、97年(だったかな)にはタイ日食も撮影した。どちらも荷物は30キロを超え、ひどく重いのによくやったもんだ。ここ数年、離島に持っていく時は本体と軽量カメラ三脚だけにしているが、本体そのものの重さが苦痛になりつつある。

 故障は1度だけ、中のグリスが固まって動かなくなったことがある。2年使わずにほっておいたからそうなったのだが、カバーを外してウォームホイールを手で回したら、何事もなかったかのように動き出した。それからは普通に動いている。まだまだ十分働いてくれそうだ。

 画像は最近グスクロード公園で撮影したもの。エリダヌス座のアケルナルが昇ってきたところ。最近はカメラを2台載せることは少なくなった。慌ただしく2台を操作するよりも1台で撮影しながら、のんびり星を見たくなったから。

by anettait | 2008-10-06 22:22 | Comments(0)