人気ブログランキング |

2018年 07月 29日 ( 1 )

 

火星でLRGB合成の練習 2018/07/29

このところ連日の観望会で疲れていて、月食も自宅で明け方見ただけになってしまった。いや、明け方起きて肉眼ではちょっと見たがカメラを出したら雲の中に入って終了だった。そしてまた寝た。

火星はもうすぐ最接近だが、大きさはこの数日ほぼ同じだ。せっかくの機会なのでLRGB撮影を練習してみた。
モノクロカメラはなぜか手元にあったセレストロンのSKYRIS618M。これはすでに製造が終わっていて、640x480の画面しかないので、今となっては性能的に見劣りするがこれしかないので。

フィルターはZWOのLRGBフィルター。この手のフィルターでは安かったので。フィルターターレットは買うか悩んだが、かなり昔に買ったシュミカセ用が出てきたのでそれを使った。これはニュートンではピントが合わない面倒なもの。他に笠井のジャンクで買った3枚もののフィルターターレットがあるが、他社のフィルターがまっすぐ取り付けられないというまさにジャンクだったのでパス。
a0095470_13394038.jpg
さて撮影結果は上の画像。シーイングは北からの風でまあこんなところか、という感じ。3倍バーローだと画面いっぱいにならなくて、5倍だとはみ出す。4倍バーローが必要だったがいまさら買わない。
デローテーションはおこなってない。レジスタックスで処理し、ステライメージで単純にLRGB合成しただけ。火星は自転が遅いので、露出の合計が4分くらいなら大差ないだろうといういいかげんな処理。デローテーションの練習は時間ができたらそのうちに。

全体的に白っぽいのは画像処理でもう少し何とかなるはずだが、まだ何とかならない。もっと練習が必要だ。

その少し前に撮影したいつものカラー画像は下のもの。撮影した画像の大きさは上と下では面積にして4倍くらい違う。眼視では下の画像のように見える。
a0095470_13401109.jpg
まだ画像処理しきれていないものが多いが、時間がない。処理が追いつかない。

眼視ではヘラス盆地がまず目立っていて、そして大シルチスが見えてきて、その他の模様がだんだん見えてくる感じ。以前のまったく見えない状況よりはいいが、初めて望遠鏡を覗く人には模様を見るのは難しいというより無理だろうな。よほどコントラストの高い鏡筒とアイピースならわからないが。


by anettait | 2018-07-29 13:50 | 惑星 | Comments(0)