人気ブログランキング |

2018年 06月 06日 ( 1 )

 

国内線の飛行機から南十字

5月の定番となった「飛行機から南十字」。いつもならオーストラリア行きの機内から撮影するが今年はオーストラリアに行ってない。国内線でも条件さえそろえば撮影できるので、すでに6月になってしまったが名古屋ー那覇路線で試してみた。
a0095470_23120812.jpg
上の画像では写っていそうにないが、下の画像のように右側を拡大して明るくすれば、ちゃんと写っている。窓の反射がひどいのは、オーストラリアに行く時に持っていく防寒遮光兼用の上着を今回は忘れたからだ。
a0095470_23121205.jpg
カメラはソニーα6500.これまでは同じソニーのα7sだったが、普通の旅行には向いてないので今回は6500と純正ズームレンズで。手振れ補正はがんばっているが、やはりブレブレ。もっと感度を上げるべきだった。

星に説明を入れてみた。これならどれが南十字かよくわかると思う。ぶれているのが星、ぶれてない点はデジカメのノイズ。ISO10000はやっぱりキツイか。
a0095470_23121659.jpg
さて、撮影方法は以下のとおり。
まずロケーション。南十字の南中時刻に鹿児島以南を飛ぶような便を選び、南側が見える席で、しかも翼の上を避けた窓際の席を予約すること。機首に近い少し高い席ならお金はかかるがばっちり。ただし今回はもったいないので高い席のすぐうしろの席を取った。
機材は、超高感度の得意なデジカメと明るいレンズを準備し、感度を上げてひたすら撮るべし。シャッタースピードは写りを見て調整する。もちろんオートフォーカスはきかないのでマニュアルで星にピントを合わせるのは基本中の基本。遮光用の上着もあったほうがいい。窓際で上着を頭からかぶった変な人がいると他人に思われても気にしない。

撮影時期はもう終盤。できれば5月中の月のない晩に撮るといいと思う。南十字は1月の始めから明け方に見え始めるが、飛行機の便を考えると、意外に選択肢は少ないかも。






by anettait | 2018-06-06 23:23 | | Comments(0)